人気ブログランキング |

4月18日Ⅱ列王13-15章『信仰による応答』

懸賞 2011年 04月 18日 懸賞

『信仰による応答』
【13:18 ついでエリシャは、「矢を取りなさい」と言った。彼が取ると、エリシャはイスラエルの王に、「それで地面を打ちなさい」と言った。すると彼は三回打ったが、それでやめた。13:19 神の人は彼に向かい怒って言った。「あなたは、五回、六回、打つべきだった。そうすれば、あなたはアラムを打って、絶ち滅ぼしたことだろう。しかし、今は三度だけアラムを打つことになろう。」】

①イスラエルの王、ヨアシュは、
エリシャが亡くなる直前に、助けを求めにやってきました。

②エリシャはヨアシュに弓を持たせ、「勝利の象徴」として矢を射させました。
しかしヨアシュはその声を聞きながらも、わずかしか射ませんでした。
そして射た分だけ、3度アラムを打ったのです。

③・・・ここに神の計画のパターンがあります。
すべきことが見せられた後、本人が前進した分だけ与えられるのです。
(足で踏んだ所が与えられるという意です)。
ですから本人に意欲がなければ、神の業が少ししか進まないのです。

④イエス様も弟子たちに「深みに漕ぎ出しなさい」と命じ、
弟子たちが深みの漕ぎだした時に、奇跡を体験させました。
主から語られた範囲の中で、精一杯信仰の応答をすることは、主に喜ばれることなのです。
(独りよがりにならないようには気をつけなければなりません。そのためには全体を理解している方との交わりが大切です)

⑤今週は受難週です。イエス様は父なる神の計画の中で、十字架の道を忠実に歩まれました。
・・・私たちも主が準備された道を、毎日の主との交わりの中で意欲的に歩みたいのです。

4月18日Ⅱ列王13-15章『信仰による応答』_d0155777_858076.jpg
「信仰の意欲」を持って主の願いに応答しましょう。
そうすればあなたは、主が準備して下さった
素晴らしい道を歩むことができるのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-04-18 08:58 | 2011年4月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/13404604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 4月19日Ⅱ列王16‐18章『...   4月17日Ⅱ列王10-12章『... >>