人気ブログランキング | 話題のタグを見る

4月16日Ⅱ列王7-9章『主の言葉の通りになる』

懸賞 2011年 04月 16日 懸賞

『主の言葉の通りになる』
【7:1 エリシャは言った。「【主】のことばを聞きなさい。【主】はこう仰せられる。『あすの今ごろ、サマリヤの門で、上等の小麦粉一セアが一シェケルで、大麦二セアが一シェケルで売られるようになる。』」7:2 しかし、侍従で、王がその腕に寄りかかっていた者が、神の人に答えて言った。「たとい、【主】が天に窓を作られるにしても、そんなことがあるだろうか。」そこで、彼は言った。「確かに、あなたは自分の目でそれを見るが、それを食べることはできない。」】

①北イスラエルは、飢饉と敵の包囲によって、食糧が無くなり悲惨な状況となりました。
そして人々は希望を無くしていました。

②エリシャが神の言葉を語った時、王の従者はエリシャの言葉を信じることができず
、不信仰な告白をしました。

③するとエリシャは「あなたは見ることができるが、食べることはできない」と語り、
事実その通りになったのです。

・・・主が計画されたことは実行されます。
それがどれ程、不可能に見えたとしても
「主の言葉」であるならば、実現するのです。

・・・私たちは信仰の心で、主に言葉を待ち望むことが大切です。
ぎりぎりまで追い込まれることもあります。
しかしそれでも希望を失わず、
主の言葉を持ち望むことが重要なのです。

4月16日Ⅱ列王7-9章『主の言葉の通りになる』_d0155777_13161140.jpg
「主が語って下さった」ならば、奇跡が起こります。
私たちのその「主の言葉」を待ち望みたいのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-04-16 13:16 | 2011年4月 | Trackback

<< 4月17日Ⅱ列王10-12章『...   4月15日Ⅱ列王4-6章『求め... >>