人気ブログランキング |

4月10日Ⅰ列王10-12章『誘惑の入り口』

懸賞 2011年 04月 10日 懸賞

『誘惑の入り口』
【11:1 ソロモン王は、パロの娘のほかに多くの外国の女、すなわちモアブ人の女、アモン人の女、エドム人の女、シドン人の女、ヘテ人の女を愛した。11:2 この女たちは、【主】がかつてイスラエル人に、「あなたがたは彼らの中に入って行ってはならない。彼らをもあなたがたの中に入れてはならない。さもないと、彼らは必ずあなたがたの心を転じて彼らの神々に従わせる」と言われたその国々の者であった。それなのに、ソロモンは彼女たちを愛して、離れなかった。11:3 彼には七百人の王妃としての妻と、三百人のそばめがあった。その妻たちが彼の心を転じた。11:4 ソロモンが年をとったとき、その妻たちが彼の心をほかの神々のほうへ向けたので、彼の心は、父ダビデの心とは違って、彼の神、【主】と全く一つにはなっていなかった。】

①ソロモンは知恵に満ち、地位も権力も他に並ぶものはありませんでした。
しかし晩年、彼が愛した異教の女性によって、主の道から外れたのです。

②彼は異教の女性たちを愛することによって、
自ら子孫を「混乱と分裂の道」に進めてしまったのです。
彼の愛着が「誘惑の入り口」だったのです。

③愛情にも判別力が要求されます。
良い愛情と悪い愛情があり、
その判断によって人生が良くにも悪くにもなってしまうのです。

・・・愛情や情熱だからと言ってすべて肯定しないようにしましょう。
その善悪の判別力を主から教えて頂きましょう。
危険なものであるならば、一切近づかないことが賢明です。
誘惑の入り口は、あなたの愛情(執着)からやってくることが多いのです。

4月10日Ⅰ列王10-12章『誘惑の入り口』_d0155777_23282681.jpg

「主からの判断力」を
「あなたの愛情」以上に
価値あるものとしましょう。

そして、それを実行できたならば、
幸いです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-04-10 00:26 | 2011年4月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/13348842
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 4月11日Ⅰ列王13-15章『...   4月9日Ⅰ列王7‐9章『主は約... >>