人気ブログランキング |

3月31日Ⅱサムエル4-6章『主の喜ばれることを、しつづけるには(人への恐れから解放されるには)』

懸賞 2011年 03月 31日 懸賞

『主の喜ばれることを、しつづけるには(人への恐れから解放されるには)』
【6:12そこでダビデは行って、喜びをもって神の箱をオベデ・エドムの家からダビデの町へ運び上った。6:14 ダビデは、【主】の前で、力の限り踊った。ダビデは亜麻布のエポデをまとっていた。
6:20 ダビデが自分の家族を祝福するために戻ると、サウルの娘ミカルがダビデを迎えに出て来て言った。「イスラエルの王は、きょう、ほんとうに威厳がございましたね。ごろつきが恥ずかしげもなく裸になるように、きょう、あなたは自分の家来のはしための目の前で裸におなりになって。」
6:21 ダビデはミカルに言った。「あなたの父よりも、その全家よりも、むしろ私を選んで【主】の民イスラエルの君主に任じられた【主】の前なのだ。私はその【主】の前で喜び踊るのだ。」6:23 サウルの娘ミカルには死ぬまで子どもがなかった。】

①ダビデは王となり、神の箱をようやくエルサレムに運ぶことができました。
ダビデは喜びのために、王衣を脱いで、下着の上にエポテを着た姿で踊りました。

②彼の妻がそれを見て体裁を気にして、ダビデを責めましたが、
ダビデは「人の目よりも神の目を意識」していることを妻に語ったのです。

ダビデは、この世界を作られた父なる神を、感謝しつつ非常に愛していました。
ですからダビデの判断基準は、主に喜ばれることであり、
人の目ではなかったのです。

3月31日Ⅱサムエル4-6章『主の喜ばれることを、しつづけるには(人への恐れから解放されるには)』_d0155777_9325421.jpg

・・・私たちが何かをする時に、
他の人があなたを見下したり裁いたりすることがあります。
この時「神の目をより気にする」ことが大切です。

そうすれば、人の目が次第に気にならなくなるのです。
(しかし自分の我を押し通すこととは違います)

・・・いつも私たちを見て下さっている
「神の目」を意識して生活しましょう。
そのことによって、私たちは自由になり、

人への恐れから解放され、

主の喜ばれることをし続けることができるのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-03-31 09:33 | 2011年3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/13279995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 4月1日Ⅱサムエル7-9章『主...   3月30日Ⅱサムエル1‐3章『... >>