人気ブログランキング |

3月26日1サムエル19-21章『その人を敵と見るか、愛するか』

懸賞 2011年 03月 26日 懸賞

『その人を敵と見るか、愛するか』
【20:32 ヨナタンは父サウルに答えて言った。「なぜ、あの人は殺されなければならないのですか。あの人が何をしたというのですか。」20:33 すると、サウルは槍をヨナタンに投げつけて打ち殺そうとした。それでヨナタンは、父がダビデを殺そうと決心しているのを知った。20:34 ヨナタンは怒りに燃えて食卓から立ち上がり、新月祭の二日目には食事をとらなかった。父がダビデを侮辱したので、ダビデのために心を痛めたからである。】

①サウルの長男ヨナタンは、ダビデをとても大切に思っていました。
ですから、父サウルの
「自国民のために戦っているダビデを評価しない心」
が理解できませんでした。
ダビデのした素晴らしいことや彼の態度を見るならば、
ダビデは味方であり、愛すべき存在だと理解していたのです。

②一方サウルは、嫉妬のためダビデを憎んでいました。
息子の忠告も聞かず、自分の感情にまかせて、ダビデを殺そうとし続けたのです。
サウルは嫉妬心によって正しい判断を見誤ることになりました。

・・・人を「愛する」か「敵と見る」かで、私たちの態度は変わります。
その人を愛するならば、正しい判断ができるのです。
しかし嫉妬や感情によって憎むならば、誤った行動に出てしまいます。
(もし誤っていることに気がついたなら、
すぐに誤りを認め、罪を告白し、赦しを受けましょう)

3月26日1サムエル19-21章『その人を敵と見るか、愛するか』_d0155777_11274526.jpg
・・・私たちは関わる人に対して「愛の眼差し」で見ていきましょう。
その人がどれほど脅威を与える人であっても、
「創り主がその人を愛し見る」ように見ていきましょう。

「愛する」ことが「正しい判断」に土台なのです。
そして「正しい判断」をし続けるならば
(時に失敗することがあったとしても)、
ダビデのようにあなたは祝福の道を歩み続けることができるのです。

あなたの心の目が
「愛するチャンネル」であることが大切なのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-03-26 11:28 | 2011年3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/13244159
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 3月27日Ⅰサムエル22‐24...   3月25日Ⅰサムエル16-18... >>