人気ブログランキング |

3月13日士師記4-6章『主は小さなものを用いられる』

懸賞 2011年 03月 13日 懸賞

『主は小さなものを用いられる』
【6:11 さて【主】の使いが来て、アビエゼル人ヨアシュに属するオフラにある樫の木の下にすわった。このとき、ヨアシュの子ギデオンはミデヤン人からのがれて、酒ぶねの中で小麦を打っていた。6:12 【主】の使いが彼に現れて言った。「勇士よ。【主】があなたといっしょにおられる。」6:13 ギデオンはその御使いに言った。「ああ、主よ。もし【主】が私たちといっしょにおられるなら、なぜこれらのことがみな、私たちに起こったのでしょうか。私たちの先祖たちが、『【主】は私たちをエジプトから上らせたではないか』と言って、私たちに話したあの驚くべきみわざはみな、どこにありますか。今、【主】は私たちを捨てて、ミデヤン人の手に渡されました。」6:14 すると、【主】は彼に向かって仰せられた。「あなたのその力で行き、イスラエルをミデヤン人の手から救え。わたしがあなたを遣わすのではないか。」6:15 ギデオンは言った。「ああ、主よ。私にどのようにしてイスラエルを救うことができましょう。ご存じのように、私の分団はマナセのうちで最も弱く、私は父の家で一番若いのです。」6:16 【主】はギデオンに仰せられた。「わたしはあなたといっしょにいる。・・・」】

①主は、女性を用いられたり(4章)、6章では、若いギデオンを用いられました。
②主が共におられるならば、(自分の力が弱いと感じていても)
「主の大きな働き」のお手伝いができることが分かります。

・・・昨日は外国の様々な方々から地震に関しての心配の連絡を頂きました。
そして「祈っています」と仰って下さいました。

現在の東北の被災状況をテレビやネットで見る時に、あまりの被害に呆然とし、
そのようにしたらよいか困惑するばかりです。

しかし世界中のつながりのある方の祈りが積み上げられています。
そして協力体制が整いつつあります。
(教団や教区の情報収集と調整が始まっています)

私たちは主の助けを頂く時に、弱さを感じても、
主の準備された良い働きをすることができるのです。

祈りを捧げ続けましょう。
そして協力して「主に導かれた最善のこと」をしていきましょう。
主は小さな「私たち」を用いられる神なのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-03-13 00:16 | 2011年3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/13115405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 3月14日士師記7-9章『確認...   3月12日士師記1-3章『祈り... >>