人気ブログランキング |

3月9日ヨシュア記16-18章『境界線の中を適切に管理する』

懸賞 2011年 03月 09日 懸賞

『境界線の中を適切に管理する』
【16:4 こうして、ヨセフ族、マナセとエフライムは、彼らの相続地を受けた。・・
16:10 彼らはゲゼルに住むカナン人を追い払わなかったので、カナン人はエフライムの中に住んでいた。今日もそうである。カナン人は苦役に服する奴隷となった。・・
17:14 ヨセフ族はヨシュアに告げて言った。「【主】が今まで私を祝福されたので、私は数の多い民になりました。あなたはなぜ、私にただ一つのくじによる相続地、ただ一つの割り当て地しか分けてくださらなかったのですか。」17:15 ヨシュアは彼らに言った。「もしもあなたが数の多い民であるなら、ペリジ人やレファイム人の地の森に上って行って、そこを自分で切り開くがよい。エフライムの山地は、あなたには狭すぎるのだから。」・・】

①ヨセフ族はカナンに地で、土地を得ました。
ヨセフ族は2つの部族からなり、それぞれ広大な土地を与えられましたが、
彼らはその土地に不足を感じたのです。

②彼らの境界線は定められていました。
ヨセフ族は、その広大な境界線の『内側を正しく管理すること』が、使命だったのです。

③しかしながら、ヨセフ族はそれができなかったにも関わらず、
(エフライム出身の縁故者である)指導者ヨシュアに願い、他の土地を求めました。

④ヨシュアは、ヨセフ族の土地(エフライムの山地)を管理し、
余力があれば自分の力で他を切り開くようにと諭したのです。
ヨシュアは縁故者であっても時別扱いをしませんでした。

・・・境界線が定められるということは大切なことです。
それは自分の責任の範囲が明確になることだからです。
そして内側を正しく管理し、外側は自分の能力に合わせて進出するということでもあります。
またそれは「棚ぼた式」で与えられるものではなく、自分自身の管理能力によるのです。

3月9日ヨシュア記16-18章『境界線の中を適切に管理する』_d0155777_13564431.jpg
・・・あなたの境界線はどこまでですか。
まずそれを明確にするならば、すべきことが見えてきます。

そしてコツコツと『境界線の内側を正しく管理すること』が
最優先なのです。

そうすれば、すべてのことが平等に上手くいくのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-03-09 09:57 | 2011年3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/13087344
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 3月10日ヨシュア記19-21...   3月8日ヨシュア記13-15章... >>