人気ブログランキング |

2月19日民数記31‐33章『個人の利益と全体の利益』

懸賞 2011年 02月 19日 懸賞

『個人の利益と全体の利益』
【32:16 彼らはモーセに近づいて言った。「私たちはここに家畜のために羊の囲い場を作り、子どもたちのために町々を建てます。32:17 しかし、私たちは、イスラエル人をその場所に導き入れるまで、武装して彼らの先頭に立って急ぎます。私たちの子どもたちは、この地の住民の前で城壁のある町々に住みます。32:18 私たちは、イスラエル人がおのおのその相続地を受け継ぐまで、私たちの家に帰りません。32:19 私たちは、ヨルダンを越えた向こうでは、彼らとともに相続地を持ちはしません。私たちの相続地は、ヨルダンのこちらの側、東のほうになっているからです。」】

①ルベン族とガド族は非常の多くの家畜を持っていました。
そしてヨルダン川の手前に家畜に適した場所を見つけました(32:1)。

②彼らはモーセたちに、
「ヨルダン川を越えてカナンで最前線で戦い、その後にこの地に戻ってきたい」
と願いを語り、許可されました。
彼らは自分たちの利益を願いましたが、全体の利益も忘れませんでした。

・・・神様のチームにとっても個人プレイは危険です。
そこには分裂と不満の危険性があるからです。
モーセはその問題点をはっきりと指摘しました(32:6)。

しかし彼らは「最前線で最後まで戦う」という困難な道を提案し、
認められたのです。

2月19日民数記31‐33章『個人の利益と全体の利益』_d0155777_1041109.jpg
・・・私たちに個人的な利益がある時、自分のことだけを考えることは良くありません。
その周りに対する影響を考え、判断することは非常に大切なのです。
神様の計画を求めるならば、いつも 「全体の利益」 を考える視点が必要です (1コリ10:24)。

・・・「全体の利益」を追求する中で、「個人の利益」を追求するのです。
神様は全体の益を考えておられますから、
神様に近い心であなたが判断するならば、

その考えは認められ、
非常に祝福されるのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-02-19 10:42 | 2011年2月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/12932713
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 2月20日民数記34‐36章『...   2月18日民数記28‐30章『... >>