人気ブログランキング |

1月22日出エジプト13-15章『主には道が見えている』

懸賞 2011年 01月 22日 懸賞

『主には道が見えている』
【13:21 【主】は、昼は、途上の彼らを導くため、雲の柱の中に、夜は、彼らを照らすため、火の柱の中にいて、彼らの前を進まれた。彼らが昼も夜も進んで行くためであった。13:22 昼はこの雲の柱、夜はこの火の柱が民の前から離れなかった。14:1 【主】はモーセに告げて仰せられた。14:2 「イスラエル人に、引き返すように言え。・・・」
14:10 パロは近づいていた。それで、イスラエル人が目を上げて見ると、なんと、エジプト人が彼らのあとに迫っているではないか。イスラエル人は非常に恐れて、【主】に向かって叫んだ。・・・
14:15 【主】はモーセに仰せられた。「なぜあなたはわたしに向かって叫ぶのか。イスラエル人に前進するように言え。14:16 あなたは、あなたの杖を上げ、あなたの手を海の上に差し伸ばし、海を分けて、イスラエル人が海の真ん中のかわいた地を進み行くようにせよ。」】

①主はエジプト脱出の後、昼は雲の柱、夜は火の柱で民を導きました。
しかし民の「迷いやすい心」をよく御存じであった神は、
一番ふさわしい道へと民を導いたのでした。

②神の導いたのは、前は海であり後ろには敵の兵隊が襲い来る、
絶体絶命の状況でした。
民もモーセも主に叫びますが、
主は見えない海の道を、前進するようにと語られたのです。

③主が命じた通りモーセが杖を伸ばすと、
海が分かれ道ができ、
民は無事に渡ることができました。
しかし敵はおぼれ死にました。

④これらの奇跡を見て、民は主の偉大な力を畏れ、
モーセを信じたのです(14:31)。

・・・主は私たちと共におられ、奇跡を行う力を持たれた神です。
そして主は道無きところに道を作られるお方なのです。
しかし、道は主には見えていますが、私たちには見えていないことが多いのです。
1月22日出エジプト13-15章『主には道が見えている』_d0155777_1251347.jpg
・・・道を戻るように見えても、主に導きの中で歩んでいるならば、
その先に道が続いていることを、信じましょう。
そして主と共に、前進しましょう。

・・・主は私たちの守り(14:20)、
私たちがゴールまで進むように、
昼も夜も導いて下さる神なのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-01-22 12:51 | 2011年1月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/12739121
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 1月23日出エジプト16-18...   1月21日出エジプト10-12... >>