人気ブログランキング |

1月12日創世記34‐36章『選んだ者に祝福を与えられる主』

懸賞 2011年 01月 12日 懸賞

『選んだ者に祝福を与えられる主』
【35:1 神はヤコブに仰せられた。「立ってベテルに上り、そこに住みなさい。そしてそこに、あなたが兄エサウからのがれていたとき、あなたに現れた神のために祭壇を築きなさい。」・・
35:9 こうしてヤコブがパダン・アラムから帰って来たとき、神は再び彼に現れ、彼を祝福された。35:10 神は彼に仰せられた。「あなたの名はヤコブであるが、あなたの名は、もう、ヤコブと呼んではならない。あなたの名はイスラエルでなければならない。」それで彼は自分の名をイスラエルと呼んだ。35:11 神はまた彼に仰せられた。「わたしは全能の神である。生めよ。ふえよ。一つの国民、諸国の民のつどいが、あなたから出て、王たちがあなたの腰から出る。35:12 わたしはアブラハムとイサクに与えた地を、あなたに与え、あなたの後の子孫にもその地を与えよう。」】

①主はヤコブを祝福されました。そして主はイスラエル「神の王子」と言う名を与えられました。
それは、神の一方的な選びと計画によるのです。

②主はイスラエルを選ばれ、住む場所に導き、主を第一に礼拝するように願われました。
そしてイスラエルの子孫が祝福されたように、あなたの信仰を通じて、あなたの子孫をも祝福されるよう計画しておられるのです。

・・・主は選ばれた者に祝福を与え、選んだ者を主の備えた教会に集め、互いに励まし合い、信仰に歩むように召されています。
1月12日創世記34‐36章『選んだ者に祝福を与えられる主』_d0155777_821994.jpg
・・・与えられた教会の交わりを大切にしましょう。
ヤコブがアブラハムの孫として生まれたように、あなたが教会を選んだのではなく、主があなたを選び、教会に加わらせて下さいました。

・・・交わりを大切にしましょう。
主を第一にし、主が召された場所で、神の家族との「和解と交わり」を保つことが、
信仰と愛のバロメーターなのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-01-12 08:21 | 2011年1月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/12679333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 1月13日創世記37‐39章『...   1月11日創世記31‐33章『... >>