人気ブログランキング |

1月11日創世記31‐33章『エソウとヤコブの和解』

懸賞 2011年 01月 11日 懸賞

『エソウとヤコブの和解』
【31:3 【主】はヤコブに仰せられた。「あなたが生まれた、あなたの先祖の国に帰りなさい。わたしはあなたとともにいる。」・・・
32:3 ヤコブはセイルの地、エドムの野にいる兄のエサウに、前もって使者を送った。32:6 使者はヤコブのもとに帰って言った。「・・あの方も、あなたを迎えに四百人を引き連れてやって来られます。」32:7 そこでヤコブは非常に恐れ、心配した。それで彼はいっしょにいる人々や、羊や牛やらくだを二つの宿営に分けて、・・・
32:22 しかし、彼はその夜のうちに起きて、ふたりの妻と、ふたりの女奴隷と、十一人の子どもたちを連れて、ヤボクの渡しを渡った。32:23・・自分の持ち物も渡らせた。32:24 ヤコブはひとりだけ、あとに残った。すると、ある人が夜明けまで彼と格闘した。・・・
33:3 ヤコブ自身は、彼らの「先に立って」進んだ。彼は、兄に近づくまで、七回も地に伏しておじぎをした。33:4 エサウは彼を迎えに走って来て、彼をいだき、首に抱きついて口づけし、ふたりは泣いた。】

①ヤコブは、自分のまいた種の刈り取りのため、伯父のラバンの下で20年間苦しみました。しかし主は彼と共におられ、財産を増やし、故郷に帰らせたのです。

②ヤコブは、兄エソウに対して恐れていました。なぜなら彼は兄をだまし、恨みを買っていたからです。そして使者の報告を聞いて、益々恐れました。彼は人間的な知恵を持って、なだめの計画を立てますが、それでも平安はありませんでした。

③ヤコブは、エソウと会う前の夜に一晩、ヤボク川のほとりで主の使いと格闘しました。これは主との死に物狂いの祈りでもありました。そして主からの勝利の祝福が与えられたのです(32:28)。

④このことによって、ヤコブには平安が与えられました。そして次の日、家族の「先頭に立って」エソウと再会し、素晴らしい和解の時を持つことができたのです。
1月11日創世記31‐33章『エソウとヤコブの和解』_d0155777_926284.jpg
・・・主は私たちと共におられ、人生を祝福と和解の方向に導いて下さいます。
人間的な知恵も役には立ちますが、
しかし主との深い祈りこそが、人生の導きや和解を得るために最も大きな力になるのです。

・・・主の導きの声を毎日聞き続けましょう。
そして大きな困難に出会った時には、特別な主への祈りの時を持ちましょう。

主は、問題を犯したヤコブを助けて下さったように、
あなたの人生を導き、助けて下さるのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-01-11 09:27 | 2011年1月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/12673459
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 1月12日創世記34‐36章『...   1月10日創世記28‐30章『... >>