1月4日創世記10-12章『神の国とその義を第一にするときに』

懸賞 2011年 01月 04日 懸賞

『神の国とその義を第一にするときに』
【12:1 その後、主はアブラムに仰せられた。「あなたは、あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、わたしが示す地へ行きなさい。12:2 そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大いなるものとしよう。あなたの名は祝福となる。12:3 あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。地上のすべての民族は、あなたによって祝福される。」12:4 アブラムは主がお告げになったとおりに出かけた。ロトも彼といっしょに出かけた。アブラムがカランを出たときは、七十五歳であった。】

①アブラハムは主によって選ばれ、自分の親族の中より特別に召されました。
彼は、多くの失敗をも犯しましたが、
神に従い続ける中で、主は彼の問題さえも助け導き、彼と彼の子孫を大いに祝福されたのです。

②そしてこの祝福はイエス様を信じることを通じてあなたにも与えたれているのです。

③マタイ6:33に「 神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。」とあるように、
この世界にあって、ます『神の国とその義』を第一にする時に、
すべての祝福が与えられるのが聖書の約束です。
d0155777_10284863.jpg
・・・あなたが家族の中でクリスチャンとして最初の人であったとしても、主を第一にしましょう。
クリスチャン2世3世はこの良い伝統を受け継ぎ、ますます主を第一にしましょう。
そうすれば、アブラハム(アブラム)を祝福された同じ主は、
あなたを通じて周りの人々を祝福すると同時に、
あなたを祝福し、子孫を祝福されるのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-01-04 10:30 | 2011年1月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/12630693
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 1月5日創世記13-15章『不...   1月3日創世記7-9章『主の約束』 >>