人気ブログランキング |

11月18日使徒25-28章『主からの励ましと先を見る力』

懸賞 2010年 11月 18日 懸賞

『主からの励ましと先を見る力』
【27:33 ついに夜の明けかけたころ、パウロは、一同に食事をとることを勧めて、こう言った。「あなたがたは待ちに待って、きょうまで何も食べずに過ごして、十四日になります。27:34 ですから、私はあなたがたに、食事をとることを勧めます。これであなたがたは助かることになるのです。あなたがたの頭から髪一筋も失われることはありません。」27:35 こう言って、彼はパンを取り、一同の前で神に感謝をささげてから、それを裂いて食べ始めた。27:36 そこで一同も元気づけられ、みなが食事をとった。27:37 船にいた私たちは全部で二百七十六人であった。】

①私たちは未来を知ることができません。日常の変化がない中なら良いのですが、大きな変化が起ころとする時には、私たちは無力さと恐怖を感じるのです。
②主はパウロに、天使を用いて、船に乗り嵐によって遭難しかけている中で「必ずカイザルの前に立ち、同船の人々の命も助かる」と語りかけました。
③パウロはそれを聞き、船が座礁する前に、食事を取らせ、体力を備えることができました。

・・・主と共にいる人は、時を知る人となります。本人は無意識でも、後から見ると最善の選択をするように導かれるのです。・・・もし人生の中で良い働きをしたいならば、主と共に生活し、主に用いられることです。自己実現ではありません。
・・・主はあなたに志と信仰を与え、あなたを用いようとされていると信じます。

今日で聖霊行伝とも呼ばれる、使徒の働きが終わります。
主に導かれ、用いられる、あなたの人生に祝福がありますように。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2010-11-18 00:34 | 2010年11月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/12294986
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 11月19日ローマ1-3章『創...   11月17日使徒22-24章『... >>