人気ブログランキング |

10月30日ルカ13-15章『父なる神の心』

懸賞 2010年 10月 30日 懸賞

『父なる神の心』
【15:20 こうして彼は立ち上がって、自分の父のもとに行った。ところが、まだ家までは遠かったのに、父親は彼を見つけ、かわいそうに思い、走り寄って彼を抱き、口づけした。15:21 息子は言った。『おとうさん。私は天に対して罪を犯し、またあなたの前に罪を犯しました。もう私は、あなたの子と呼ばれる資格はありません。』15:22 ところが父親は、しもべたちに言った。『急いで一番良い着物を持って来て、この子に着せなさい。それから、手に指輪をはめさせ、足にくつをはかせなさい。15:23 そして肥えた子牛を引いて来てほふりなさい。食べて祝おうではないか。15:24 この息子は、死んでいたのが生き返り、いなくなっていたのが見つかったのだから。』そして彼らは祝宴を始めた。】

①イエス様は父なる神の心を、たとえ話で語りました。②父の財産を、遠い国で湯水のように使い果たした青年が、食べるのにも事欠いて、自分の愚かさに気付き、父の許に帰った時の会話が今日の個所です。

③父は、「まだ家から遠く歩く息子を見つけ出し」「走り寄って抱き、口づけをし」「一番良い服と、指輪靴を履かせ」「喜んで大宴会を設けました」・・・父は亡くなっていたような息子が帰ってきたことを、大きな喜びで迎えたのです。

・・・私たちの天の父なる神は、救い主を信じ、父の許に帰った私たちをこのように見て下さいました。
10月30日ルカ13-15章『父なる神の心』_d0155777_9185489.jpg
・・・私をこのように愛しておられる、父なる神そしてイエス様のまなざしを知りましょう。そして同じまなざしで、私たちの周りや友人たちを見ている父の気持を受け取りましょう。
父なる神の心を知る時に、私たちは父の願いを行うようになるのです。YCCFuji

by happiness-eachday | 2010-10-30 09:22 | 2010年10月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/12163393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 10月31日ルカ16-18章『...   10月29日ルカ10-12章『... >>