人気ブログランキング |

9月21日ダニエル7-9章『主に仕え、主に教えられたことを行う』

懸賞 2010年 09月 21日 懸賞

『主に仕え、主に教えられたことを行う』
【8:19 そして言った。「見よ。私は、終わりの憤りの時に起こることを、あなたに知らせる。それは、終わりの定めの時にかかわるからだ。8:20 あなたが見た雄羊の持つあの二本の角は、メディヤとペルシヤの王である。8:21 毛深い雄やぎはギリシヤの王であって、その目と目の間にある大きな角は、その第一の王である。8:22 その角が折れて、代わりに四本の角が生えたが、それは、その国から四つの国が起こることである。しかし、第一の王のような勢力はない。8:23 彼らの治世の終わりに、彼らのそむきが窮まるとき、横柄で狡猾なひとりの王が立つ。」】

①主はダニエルに、後の時代の支配国の移り変わりを知らされました。バビロンの後は、ペルシャ、そしてギリシャ、ローマ・・・②主は歴史を支配し、国々の隆盛さえも支配したおられます。

②ダニエルは未来を知らず、全てを理解していたわけではありませんでした。しかし主に仕え、主の語られたことを告げる時、主の計画が明らかにされたのです。

9月21日ダニエル7-9章『主に仕え、主に教えられたことを行う』_d0155777_9124859.jpg
・・・「主に仕えること」が私たちの信仰の姿勢です。私たちの自己目的の達成ではなく、主の計画に仕えていく・・・個人、家庭、教会を通じて仕えていく・・・このことが的(まと)を得た人生を歩む、秘訣なのです。YCCFuji

by happiness-eachday | 2010-09-21 09:13 | 2010年9月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/11954363
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 9月22日ダニエル10-12章...   9月20日ダニエル4-6章『危... >>