人気ブログランキング |

9月7日エゼキエル13-15章『上塗りをはがされる主』

懸賞 2010年 09月 07日 懸賞

『上塗りをはがされる主』
【13:10 実に、彼らは、平安がないのに『平安。』と言って、わたしの民を惑わし、壁を建てると、すぐ、それをしっくいで上塗りしてしまう。13:11 しっくいで上塗りする者どもに言え。『それは、すぐはげ落ちる。』大雨が降り注ぎ、わたしが雹を降らせ、激しい風を吹きつける。13:12 すると、壁が倒れ落ちる。・・13:14 あなたがたがしっくいで上塗りした壁を、わたしが打ちこわし、地に倒してしまうので、その土台までもあばかれてしまう。それが倒れ落ちて、あなたがたがその中で滅びるとき、あなたがたは、わたしが主であることを知ろう。】

①平安がないのに、「平安だ」と偽りの言葉を語る預言者に対して、主は厳しい言葉を語っています。②私たちも、問題の本質を見ずに、表面だけで解決しようとするならば同じことが起こります。いつかその上塗りがはがれ、問題の本質が皆の前で明らかになり、せっかく作った壁(実績)までも崩れる時が来るのです。それは壁の土台が弱かったからです。
③本来、石を積み上げて壁を立てたならば、セメントで固めて強いものにしなければなりません。私たちに対する人生を確実にするセメントは、「創造主の言葉」です。創造主の言葉で、まず心を固めましょう。上塗りはその後に塗ればよいのです。そうすれば、上塗りがはがれても、土台が強いので壁が崩れることがないからです。YCCFuji

by happiness-eachday | 2010-09-07 08:54 | 2010年9月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/11876752
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 9月8日エゼキエル16-18章...   9月6日エゼキエル10-12章... >>