7月25日イザヤ4-6章『主による罪の赦し』

懸賞 2010年 07月 25日 懸賞

『主による罪の赦し』
【6:1 ウジヤ王が死んだ年に、私は、高くあげられた王座に座しておられる主を見た。そのすそは神殿に満ち、6:2 セラフィムがその上に立っていた。6:5 そこで、私は言った。「ああ。私は、もうだめだ。私はくちびるの汚れた者で、くちびるの汚れた民の間に住んでいる。しかも万軍の主である王を、この目で見たのだから。」6:6 すると、私のもとに、セラフィムのひとりが飛んで来たが、その手には、祭壇の上から火ばさみで取った燃えさかる炭があった。6:7 彼は、私の口に触れて言った。「見よ。これがあなたのくちびるに触れたので、あなたの不義は取り去られ、あなたの罪も贖われた。」6:8 私は、「だれを遣わそう。だれが、われわれのために行くだろう。」と言っておられる主の声を聞いたので、言った。「ここに、私がおります。私を遣わしてください。」】

①イザヤは、神の臨在に出会い、主を賛美するセラフィム(天使)を見ました。②神の聖さに出会うと、自分の罪深さに気がつかされ、恐がわき上がります。・・しかし主はその罪を赦して下さり、私たちを罪の縄目から解放して下さるのです。主の赦しを受け取りましょう。主の赦しを頂いた者が真の自由を生きることができるのです。YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2010-07-25 06:54 | 2010年7月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/11615238
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 7月26日イザヤ7-9章『信じ...   7月24日イザヤ1-3章『主の... >>