7月1日詩篇119-120篇『主の御言葉は足のともしび』

懸賞 2010年 07月 01日 懸賞

d0155777_9352856.jpg
『主の御言葉は足のともしび』
【119:92 もしあなたのみおしえが私の喜びでなかったら、私は自分の悩みの中で滅んでいたでしょう。・・119:97 どんなにか私は、あなたのみおしえを愛していることでしょう。これが一日中、私の思いとなっています。119:98 あなたの仰せは、私を私の敵よりも賢くします。それはとこしえに、私のものだからです。119:99 私は私のすべての師よりも悟りがあります。それはあなたのさとしが私の思いだからです。119:105 あなたのみことばは、私の足のともしび、私の道の光です。】

①主の御言葉によって、私たちは人生の方向性などの多くの知恵や判断力をいただくことができます。それは信頼する人からのアドバイスのようなものです。②主の言葉が語られると、暗い道が明るく照らされるように、道をはっきり知ることができるのです。・・主の教えを愛しましょう。その教えの御そばにいつもいましょう。主の言葉は悩みから解放してくださる言葉なのです。YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2010-07-01 09:35 | 2010年7月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/11441087
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 7月2日詩篇121-125篇『...   6月30日詩篇114-118篇... >>