人気ブログランキング |

6月7日詩篇14-17篇 『主を目に前におく祝福』

懸賞 2010年 06月 07日 懸賞

『主を目に前におく祝福』
【16:8 私はいつも、私の前に主を置いた。主が私の右におられるので、私はゆるぐことがない。16:9 それゆえ、私の心は喜び、私のたましいは楽しんでいる。私の身もまた安らかに住まおう。16:10 まことに、あなたは、私のたましいをよみに捨ておかず、あなたの聖徒に墓の穴をお見せにはなりません。16:11 あなたは私に、いのちの道を知らせてくださいます。あなたの御前には喜びが満ち、あなたの右には、楽しみがとこしえにあります。】

①人生は人間の視点だけでは限界があり、ともすると不安や恐れに襲われることがあります。②しかし主を目の前に置く・・すなわち主の後に、いつも付き従うならば、平安が与えられるのです。③主が共におられるならば、恐れがありません。そして魂に喜びがわき上がるのです。・・・自分の考えだけではなく、いつも主を意識する人は、迷いがなくなります。そして平安の中、喜び楽しむことができるのです。YCCFuji

by happiness-eachday | 2010-06-07 17:57 | 2010年6月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/11276384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 6月8日詩篇18-21篇『主の...   6月6日詩篇10-13篇『多く... >>