人気ブログランキング |

5月14日エズラ記4-6章『励ましの必要』

懸賞 2010年 05月 14日 懸賞

5月14日エズラ記4-6章『励ましの必要』_d0155777_8391127.jpg
『励ましの必要』
【6:13 このように、ダリヨス王が書き送ったので、川向こうの総督タテナイと、シェタル・ボズナイと、その同僚たちとは、これをまちがいなく行なった。6:14 ユダヤ人の長老たちは、預言者ハガイとイドの子ゼカリヤの預言によって、これを建てて成功した。彼らはイスラエルの神の命令により、また、クロスと、ダリヨスと、ペルシヤの王アルタシャスタの命令によって、これを建て終えた。6:15 こうして、この宮はダリヨス王の治世の第六年、アダルの月の三日に完成した。6:16 そこで、イスラエル人、すなわち、祭司、レビ人、その他、捕囚から帰って来た人々は、この神の宮の奉献式を喜んで祝った。】

①主は、時代を超えて素晴らしい計画を成就されますが、しかし計画に邪魔が入ることも事実です。②バビロン捕囚から解放の後、クロス王による神殿再建の命令も、敵の妨害によって中止されてしまいました(4:24)。③しかしここで主は、預言者を通じて人々を励まし、計画が進むようにされたのです。そして同時に主は、政治的にも神殿再建の許可を再度、当時のダリオス王を通じて与えられ、神殿再建は完成したのです。・・・主は私たちを励ましてくださり、助けてくださるお方です。この主の助けを頂いて私たちは計画を完成することができるのです。YCCFuji

コメント
私たちには、一人ひとり、生きていく上での使命が与えられています。
(その使命を職業として人を、天職についたと言います)
しかし、使命に進む前に、大きなチャレンジがあることは、多くの人生の先輩方が経験しているところです。

あなたが、「これは大切だ・・・」という仕事をしようとする時、
今までにないような恐れを感じたり、家族にトラブルがあったり、病気になってしまったり・・
そんなことはありませんでしたか?

自分の悪い種まきの刈り取りならば、素直に反省し謝罪をし、再出発をすべきですが、
思い当たることがなく、
上手くいくはずなのに、邪魔が入るかのようなことはありませんでしたか?

こんな時、祝福を与えようとされている創造主は、あなたに分かる形で励ましを与えてくださるのです。
周りの人からかもしれませんし、状況からかもしれません。思わぬ援助かもしれません。

創造主は、私たちを励まし、主の素晴らしい計画を進めようとされているのです。
この励ましを聞き受け取るならば、あなたは人生の中での使命を果たすことができるのです。

あなたの使命は何ですか?
それを創造主から教えられる人(気がつかされる人)は幸いです。

そしてあなたに覚えて欲しいことは、
「創造主の励ましは、悪い力よりも強い」のです。
あなたは、この創造主の力を、体験できるのです。

by happiness-eachday | 2010-05-14 08:39 | 2010年5月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/11108490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 5月15日エズラ記7-10章『...   5月13日エズラ記1-3章『主... >>