人気ブログランキング |

5月5日Ⅱ歴代13-15章『主の願いを知る』

懸賞 2010年 05月 05日 懸賞

5月5日Ⅱ歴代13-15章『主の願いを知る』_d0155777_8594835.jpg
『主の願いを知る』
14:11 アサはその神、主に叫び求めて言った。「主よ。力の強い者を助けるのも、力のない者を助けるのも、あなたにあっては変わりはありません。私たちの神、主よ。私たちを助けてください。」14:12 主はアサの前とユダの前に、クシュ人を打ち破られたので、クシュ人は逃げ去った。・・・15:1 すると、神の霊がオデデの子アザルヤの上に臨んだ。「・・・15:7 しかし、あなたがたこそ強くあってほしいのです。力を落としてはなりません。あなたがたの働きには報いが伴っているからです。」15:8 アサは、これらのことばを聞いたとき、奮い立って、忌むべき物を除いた。そして、主の玄関の前にあった主の祭壇を新しくした。・・・

①アサ王は、クシュ人から百万の兵で攻められた時、主は助けられました。主にとっては、強い者を助けるのも、弱い者を助けるのも同じなのです。②その後主は、「強くあって欲しい」とアサ王に語られ、彼は主の願いを行いました。・・・主は私たちの状況の中で「願い」を持っておられます。私たちが主と個人的に交わり、主にお聞きするこころを持っていると、奮い立つ力が与えられるのです。主の願いを知りましょう。主は計画を持っておられるのです。YCCFuji

コメント
昨日まで、一泊二日の東海聖会が行われました。細井眞教団理事長による3回のメッセージがあり、大変恵まれた時を持ちました。先生は、神との交わりの大切さを語られ、自分の願いではなく、神の願いを聞き続ける大切さを語ってくださいました。

私たちは、主と交わっていると言いながらも、自分の願いを一方的にリストアップして、主にお願いするだけで終わってしまうならば、それは主の願いではないことを気がつかされます。

主は単に願いを聞いてくださる「便利なお方」ではないのです。
主は、そんな幼い祈りさえも聞いてくださいますが、しかし主と深く交わり、主の願いを聞くいことを主はさらに願っておられるのです。

主は良い神様です。ですから私たちにすでに良い計画を持っておられるのです。
主と心を開いて交わる時を持ちましょう。
一方的に言いっ放しではなく、主のみ声を聞くこころを持ちましょう。

私たちは毎日、主に尋ねながら、主の素晴らしい祝福の道(主の願う道)を歩んで行きたいのです。

by happiness-eachday | 2010-05-05 09:03 | 2010年5月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/11056394
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 5月5日Ⅱ歴代16-18章『主...   5月4日Ⅱ歴代10-12章『不... >>