人気ブログランキング | 話題のタグを見る

5月18日Ⅰ列王22章 ルカ3章

懸賞 2022年 05月 18日 懸賞

『正しい裁きをされる創造主』
【Ⅰ列王22:41 アサの子ヨシャパテがユダの王となったのは、イスラエルの王アハブの第四年であった。22:42 ヨシャパテは三十五歳で王となり、エルサレムで二十五年間、王であった。その母の名はアズバといい、シルヒの娘であった。22:43 彼はその父アサのすべての道に歩み、その道からそれることなく、【主】の目にかなうことを行った。】①南ユダのヨシャパテ王は、良い王で信仰深い人であり、人柄もよかったようです。北イスラエルのアハブ王の悪だくみによって、身代わりに殺されそうになりましたが(22:32)、しかし主はヨシャパテ王を守り、アハブ王は結局殺されたのです。主は、「主を愛し主に従う者」を守られるのです。イエス様もマタイ25章で、羊と山羊を分けるたとえを語られています。裁きや結果は、すぐに起きないことがあります。しかし真実な創造主は、必ず「正しい裁き」をされるのです。


『悔い改めと、その実』
【ルカ3:7 それで、ヨハネは、彼からバプテスマを受けようとして出て来た群衆に言った。「まむしのすえたち。だれが必ず来る御怒りをのがれるように教えたのか。3:8 それならそれで、悔い改めにふさわしい実を結びなさい。『われわれの父はアブラハムだ』などと心の中で言い始めてはいけません。よく言っておくが、神は、こんな石ころからでも、アブラハムの子孫を起こすことがおできになるのです。3:9 斧もすでに木の根元に置かれています。だから、良い実を結ばない木は、みな切り倒されて、火に投げ込まれます。」】①バプテスマのヨハネは、イエス様の道備えをした人物です。そしてその中心は『悔い改め』でした。『悔い改め』とは、自分の罪を自覚し、深く主の前に赦しを求めることです。自分の罪が分からない人は、悔い改めができません。(本音では自分が正しいと思っているからです)そして祈っても「生活が変わらない」のです。・・・「自分の罪やプライド」を主によって教えていただきましょう。「真実の悔い改め」は、人生を変えるのです。


# by Happiness-eachday | 2022-05-18 05:17 | 2022年 | Trackback

5月17日Ⅰ列王20-21章 ルカ2:21-52

懸賞 2022年 05月 17日 懸賞

『誘惑の恐ろしさと悔い改めの恵み』
【Ⅰ列王21:27 アハブは、これらのことばを聞くとすぐ、自分の外套を裂き、身に荒布をまとい、断食をし、荒布を着て伏し、また、打ちしおれて歩いた。21:28 そのとき、ティシュベ人エリヤに次のような【主】のことばがあった。21:29 「あなたはアハブがわたしの前にへりくだっているのを見たか。彼がわたしの前にへりくだっているので、彼の生きている間は、わざわいを下さない。しかし、彼の子の時代に、彼の家にわざわいを下す。」】①アハブ王は、邪悪な妻のイゼベルの助言を受け入れ、ナポテを殺し。彼のブドウ畑を取り上げました。アハブは、人が良かったかもしれませんが、悪い助言を受け入れて、罪を犯したのです。イゼベルのような人は、人をコントロールし、自分思い通りに事を運ばせることが好きです。しかしその「悪の誘惑」に乗ってはいけません。いくら親しい人からの言葉でも、「悪は悪」なのです。そしてもし罪に気が付いたのならば、すぐに悔い改め、行動を改めることが、最善の手段のです。


『主の働きに備える』
【ルカ2:25 そのとき、エルサレムにシメオンという人がいた。この人は正しい、敬虔な人で、イスラエルの慰められることを待ち望んでいた。聖霊が彼の上にとどまっておられた。2:26 また、主のキリストを見るまでは、決して死なないと、聖霊のお告げを受けていた。2:27 彼が御霊に感じて宮に入ると、幼子イエスを連れた両親が、その子のために律法の慣習を守るために、入って来た。】①救い主イエス様を証しするために、主は何人もの人を準備しておられました。シメオンもその一人です。彼の人生の目的は「メシアに出会うこと」であり、神様はその約束を果たして下さったのです。イエス様を証しする時に、人が用いられます。あなたも、大切な人にイエス様を証しするために「準備された人」です。備えましょう。備える時に、神様からの使命を果たすことができるのです。

# by Happiness-eachday | 2022-05-17 05:13 | 2022年 | Trackback

5月16日Ⅰ列王18-19章  ルカ2:1-20

懸賞 2022年 05月 16日 懸賞

『悪い言葉を入れない』
【Ⅰ列王 19:1 アハブは、エリヤがしたすべての事と、預言者たちを剣で皆殺しにしたこととを残らずイゼベルに告げた。19:2 すると、イゼベルは使者をエリヤのところに遣わして言った。「もしも私が、あすの今ごろまでに、あなたのいのちをあの人たちのひとりのいのちのようにしなかったなら、神々がこの私を幾重にも罰せられるように。」19:3 彼は恐れて立ち、自分のいのちを救うため立ち去った。ユダのベエル・シェバに来たとき、若い者をそこに残し、19:4 自分は荒野へ一日の道のりを入って行った。彼は、えにしだの木の陰にすわり、自分の死を願って言った。「【主】よ。もう十分です。私のいのちを取ってください。私は先祖たちにまさっていませんから。」】①イザヤは、カルメル山での異教の祭司たちとの戦い、主によって大きな勝利を得ました(18章)。しかし大きな戦いの後に、彼は燃え尽きてしまったのです。原因は、疲れもあったでしょうが、心に「悪い言葉」を入れたことです。エリヤほどの人物でも、心に「悪い言葉」が入ると崩れるように落ち込むのです。私たちも、心を守らなければいけません。


『心を見ておられる主』
【ルカ2:10 御使いは彼らに言った。「恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。2:11 きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。2:12 あなたがたは、布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。これが、あなたがたのためのしるしです。」】①人類が待ち望んでいた「救い主の誕生」を最初に伝えられたのは、身分の低い、貧しい羊飼いたちでした。主は「地位や立場」を見ているのではありません。「信仰」を見ておられるのです。主は「素直で純粋な信仰」を大切にされるのです。

# by Happiness-eachday | 2022-05-16 05:53 | 2022年 | Trackback

5月15日Ⅰ列王15-17章 ルカ1:57-80

懸賞 2022年 05月 15日 懸賞

『目に見えないもの(神様との約束)を重要視する』
【Ⅰ列王17:13 エリヤは彼女に言った。「恐れてはいけません。行って、あなたが言ったようにしなさい。しかし、まず、私のためにそれで小さなパン菓子を作り、私のところに持って来なさい。それから後に、あなたとあなたの子どものために作りなさい。17:14 イスラエルの神、【主】が、こう仰せられるからです。『【主】が地の上に雨を降らせる日までは、そのかめの粉は尽きず、そのつぼの油はなくならない。』」】①主は、エリヤを通じて、この貧しいやもめにチャレンジを与えました。やもめは「目に見えるもの」(粉と油)よりも「目に見えないもの」(神様への信頼)を尊重することを求められたのです。信仰は「目に見える支え」と「目に見えない約束(み言葉)」のどちらを「より重要視するか」、の選択でもあります。神様を信頼し、応答した者は、「物質的な祝福」までも与えられるのです。この「霊的な原則」は、どんな時代にも有効なのです。

『不信仰の後の信仰』
【ルカ1:59 さて八日目に、人々は幼子に割礼するためにやって来て、幼子を父の名にちなんでザカリヤと名づけようとしたが、1:60 母は答えて、「いいえ、そうではなくて、ヨハネという名にしなければなりません」と言った。1:61 彼らは彼女に、「あなたの親族にはそのような名の人はひとりもいません」と言った。1:62 そして、身振りで父親に合図して、幼子に何という名をつけるつもりかと尋ねた。1:63 すると、彼は書き板を持って来させて、「彼の名はヨハネ」と書いたので、人々はみな驚いた。1:64 すると、たちどころに、彼の口が開け、舌は解け、ものが言えるようになって神をほめたたえた。】①ザカリヤは、神殿で御使いから「子供が与えられる」と約束されましたが、信じることができませんでした。その結果、口がきけなくなってしまったのです。しかし口がきけない間に、彼は祈り、悔い改め、神様の計画を受け入れるように変えられたのです。・・・不信仰な時期があったとしても、神様を信頼する人は、変えられるのです。神様が働かれると、過去の不信仰や失敗さえも「神の栄光」のために、用いられるのです。


# by Happiness-eachday | 2022-05-15 05:56 | 2022年 | Trackback

5月14日Ⅰ列王12-14章  ルカ1:26-56

懸賞 2022年 05月 14日 懸賞

『誘惑と失脚』
【Ⅰ列王 12:26 ヤロブアムは心に思った。「今のままなら、この王国はダビデの家に戻るだろう。
12:27 この民が、エルサレムにある【主】の宮でいけにえをささげるために上って行くことになっていれば、この民の心は、彼らの主君、ユダの王レハブアムに再び帰り、私を殺し、ユダの王レハブアムのもとに帰るだろう。」12:28 そこで、王は相談して、金の子牛を二つ造り、彼らに言った。「もう、エルサレムに上る必要はない。イスラエルよ。ここに、あなたをエジプトから連れ上ったあなたの神々がおられる。」】①ヤロブアムは、北イスラエルの王になりました。主はそのヤロブアムに対して「あなたが、主に従うなら祝福する」と約束されました。(11:38)しかしヤロブアムは、主に従うよりも、自分の人間的な策略で、権力をつなぎとめようとしました。これが罪となりました。結果ヤロブアムは祝福を落としたのです。人間には誘惑がやってきます。特に成功した時には、必ずやってくるのです。・・・「打算は当たり前」と考える人は、ヤロブアムのように、失脚していくのです。

『素直な信仰』
【ルカ1:38 マリヤは言った。「ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。」こうして御使いは彼女から去って行った。】①マリヤは、天使から「イエス様の誕生」を聞いた時、「おことばどおりこの身になりますように」と答えました。これは「単純で素直な信仰」ですが、その意味することは「非常に重大なこと」です。マリヤは処女で子供を産み、人々の無理解とさげすみを受け、大変な人生に進むことを「承諾した」ことにもなるのです。「素直な信仰」は、それを持ち続ける時に、大きなチャレンジを経験します。しかし主の助けによって、「良い信仰」を持ち続けることができるのです。

# by Happiness-eachday | 2022-05-14 05:01 | 2022年 | Trackback