4月5日ヨシュア23-24章 マルコ3:13-35

懸賞 2017年 04月 05日 懸賞

『主のお従いする、前提(土台)』

【ヨシュア24:15 もしも【主】に仕えることがあなたがたの気に入らないなら、川の向こうにいたあなたがたの先祖たちが仕えた神々でも、今あなたがたが住んでいる地のエモリ人の神々でも、あなたがたが仕えようと思うものを、どれでも、きょう選ぶがよい。私と私の家とは、【主】に仕える。」24:16 すると、民は答えて言った。「私たちが【主】を捨てて、ほかの神々に仕えるなど、絶対にそんなことはありません。」】

①ヨシュアは、年をとって天に帰る直前、民に選択を迫りました。
そして民は「私たちは主に仕えます」と応答したのです。

②主の声に従うことは、「自分から進んで」することです。
「いやいや」とか「義務感」で主に従うことは、「本来の応答ではない」のです。

③主への応答は、「主への感謝」によってなされます。
そして主への感謝は、「主がして下さったこと」をどれだけ「自分のこととしているか」によるのです。

④主は「私を助け」「私を愛し」「私に期待をして」ておられる
・・・このことが、主にお従いする「前提(土台)」となるのです。



『イエス様が家族を考えている人』

【マルコ3:32 大ぜいの人がイエスを囲んですわっていたが、「ご覧なさい。あなたのお母さんと兄弟たちが、外であなたをたずねています」と言った。3:33 すると、イエスは彼らに答えて言われた。「わたしの母とはだれのことですか。また、兄弟たちとはだれのことですか。」3:34 そして、自分の回りにすわっている人たちを見回して言われた。「ご覧なさい。わたしの母、わたしの兄弟たちです。3:35 神のみこころを行う人はだれでも、わたしの兄弟、姉妹、また母なのです。」】

①イエス様は、「神の御心を行う者」が「私の家族である」、と語られたのです。
私たちが、「イエス様の愛と願い」を知り、「イエス様のために生きたい」と願い始めた時、
イエス様はあなたのことを「わたしの家族」と見ておられるのです。

②イエス様の恵みは「当たり前」ではありません。
そして「イエス様が家族と呼ばれること」も「当たり前」ではないのです。

・・・私たちが「家族と呼んで頂けること」は非常に特別なこと、
「大きな恵み」として受け止めることが「大切」です。
恵みを「当然」と思うならば、「過ちを犯す」こととなるのです。YccFuji





20170405


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-04-05 04:58 | 2017年 | Trackback

4月4日ヨシュア20-22章 マルコ2:13-3:12

懸賞 2017年 04月 04日 懸賞

『神に約束と人の忠実』

【ヨシュア21:43 こうして【主】は、イスラエルの先祖たちに与えると誓った地をすべて、イスラエルに与えられたので、彼らはそれを占領して、そこに住んだ。21:44 【主】は、彼らの先祖たちに誓ったように、周囲の者から守って、彼らに安住を許された。すべての敵の中で、ひとりも彼らの前に立ちはだかる者はいなかった。【主】はすべての敵を彼らの手に渡された。21:45 【主】がイスラエルの家に約束されたすべての良いことは、一つもたがわず、みな実現した。】

①主は、神の民イスラエルに約束したことを実現されました。
主は忠実なお方であり、約束したことは破らないお方なのです。

②しかし人間側が「主に忠実に歩む」ことも重要でした。
そうしなければ、約束の地を完全に所有できないのです(1:6-923:6-14

③新約の私たちも同じなのです。
もし神の約束を完全に手に入れたのであれば、
私たちも「自分たちの役割」を果たし、神に「忠実に従う」必要があるのです。



『頑なな心を退ける主』

【マルコ 3:3 イエスは手のなえたその人に「立って真ん中に出なさい」と言われた。3:4 それから彼らに、「安息日にしてよいのは、善を行うことなのか、それとも悪を行うことなのか。いのちを救うことなのか、それとも殺すことなのか」と言われた。彼らは黙っていた。3:5 イエスは怒って彼らを見回し、その心のかたくななのを嘆きながら、その人に、「手を伸ばしなさい」と言われた。彼は手を伸ばした。するとその手が元どおりになった。】

①イエス様は、権威をもったお方です。
頑な心でイエス様を批判している人々の前で、
「手を伸ばしなさい」と言われ、癒しをされました。
それを見た批判者は「何も言えなくなった」のです。

私たちに対しても、イエス様は「そのような奇跡」をする力を持っておられるのです。
頑なな心が、退けられるような奇跡を、
今日も、イエス様はして下さるお方なのです。YccFuji





20170404


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-04-04 05:40 | Trackback

4月3日ヨシュア16-19章 マルコ2:1-22

懸賞 2017年 04月 03日 懸賞

『恵みを当たり前に受け取らない』

【ヨシュア17:14 ヨセフ族はヨシュアに告げて言った。「【主】が今まで私を祝福されたので、私は数の多い民になりました。あなたはなぜ、私にただ一つのくじによる相続地、ただ一つの割り当て地しか分けてくださらなかったのですか。」17:15 ヨシュアは彼らに言った。「もしもあなたが数の多い民であるなら、ペリジ人やレファイム人の地の森に上って行って、そこを自分で切り開くがよい。エフライムの山地は、あなたには狭すぎるのだから。」17:16 ヨセフ族は答えた。「山地は私どもには十分ではありません。それに、谷間の地に住んでいるカナン人も、ベテ・シェアンとそれに属する村落にいる者も、イズレエルの谷にいる者もみな、鉄の戦車を持っています。」・・・】

①カナンの地の分割で、ヨセフ族は文句を言いました。
自分たちは大人数だから「もっと多くの土地が欲しい」と要求したのです。

②しかしヨシュアの答えは「大人数で強い」ならば「残された山地」を切り開くべきである、というものでした。

③ヨセフ族は、与えられたものは「当たり前」であり、当然もっと多くのものがもらえるはずだ、と考えました。
ここに罪があるのです。
頂いた土地は「当たり前」ではなく「恵み」によるものなのです。
それをしっかり受け止めるならば、発言が変わっていくのです。



『赦しの宣言』

【マルコ 2:3 そのとき、ひとりの中風の人が四人の人にかつがれて、みもとに連れて来られた。2:4 群衆のためにイエスに近づくことができなかったので、その人々はイエスのおられるあたりの屋根をはがし、穴をあけて、中風の人を寝かせたままその床をつり降ろした。2:5 イエスは彼らの信仰を見て、中風の人に、「子よ。あなたの罪は赦されました」と言われた。・・・
2:10 「人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを、あなたがたに知らせるために。」こう言ってから、中風の人に、2:11 「あなたに言う。起きなさい。寝床をたたんで、家に帰りなさい」と言われた。】

①イエス様は、中風の人の友人の信仰を見て「罪の赦しの宣言」をされました。
イエス様は「その権威」を持っておられるからです。

②私たちにも残念ながら「罪」があります。
それも「隠れた罪」があるのです。
しかしイエス様はその罪も「赦す権威」を持っておられるのです。

③「赦されて」はじめて「自由」になり「解放」されます。
私たちは「赦しを宣言」して頂く必要があるのです。YccFuji






20170403


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-04-03 06:00 | 2017年 | Trackback

4月2日ヨシュア13-15章 マルコ1:21-45

懸賞 2017年 04月 02日 懸賞

『まだ支配すべき土地が残っている』

【ヨシュア13:1 ヨシュアは年を重ねて老人になった。【主】は彼に仰せられた。「あなたは年を重ね、老人になったが、まだ占領すべき地がたくさん残っている。・・・
13:6 レバノンからミスレフォテ・マイムまでの山地のすべての住民、すなわちシドン人の全部。わたしは彼らをイスラエル人の前から追い払おう。わたしが命じたとおりに、ただあなたはその地をイスラエルに相続地としてくじで分けよ。】

11:23で「その地に戦争はやんだ」と書かれているので、
イスラエルは土地を占領し、組織的な抵抗はなくなりました。
しかし占領する土地はまだ残っていたのです。

②主は、「カナン人を追い払う」と約束されましたが、
それは「彼らの信仰によって」に条件付きでした。
約束の地が与えられていても、
「信仰」によらなければ、その土地を「管理(支配)し続けること」はできません。
その信仰は、「ただ知っている」ということではありません。
その言葉を聞き、その命令に応答することが、本当の意味での「信仰(応答)」なのです。



『癒しと解決を与えて下さるイエス様』

【マルコ1:40 さて、ツァラアトに冒された人がイエスのみもとにお願いに来て、ひざまずいて言った。「お心一つで、私をきよくしていただけます。」1:41 イエスは深くあわれみ、手を伸ばして、彼にさわって言われた。「わたしの心だ。きよくなれ。」1:42 すると、すぐに、そのツァラアトが消えて、その人はきよくなった。】

①重い皮膚病に侵された人が、イエス様に助けを求めてやってきました。
イエス様は彼を「憐れみ」癒して下さったのです。

②主は「憐れみ深いお方」であることを知りましょう。
そして主に求めましょう。
主は「応えて下さる」のです。
そして「癒し」も「解決の力」も持っておられるのです。

そのことを知っている私たちは、
「主の憐みにすがり」、解決するまで「祈り求める」ことが出来るのです。YccFuji





20170402


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-04-02 06:22 | Trackback

4月1日ヨシュア10-12章 マルコ1:1-20

懸賞 2017年 04月 01日 懸賞

『勝利は主の恵みによる』

【ヨシュア10:8 【主】はヨシュアに仰せられた。「彼らを恐れてはならない。わたしが彼らをあなたの手に渡したからだ。彼らのうち、ひとりとしてあなたの前に立ち向かうことのできる者はいない。」10:9 それで、ヨシュアは夜通しギルガルから上って行って、突然彼らを襲った。・・・
10:11 彼らがイスラエルの前から逃げて、ベテ・ホロンの下り坂にいたとき、【主】は天から彼らの上に大きな石を降らし、アゼカに至るまでそうしたので、彼らは死んだ。イスラエル人が剣で殺した者よりも、雹の石で死んだ者のほうが多かった。】

①イスラエルと同盟を結んだギブオンが攻撃された時、主はヨシュアに語り掛けられました。
その言葉に勇気を得て、ヨシュアは大きな勝利を得たのです。
しかしそれはヨシュアたちの力ではなかったのです。
神ご自身が「奇跡によって勝利」を与えたのです。

②私たちは、「主の恵み」を感謝しなければなりません。
主の奇跡(助け)は「当たり前」ではないのです。
それを「当たり前」と思う時、
人々は自分を過信し、崩れていくのです。
自己中心になり、主の願いを逸脱し、ズレていくのです。



『主の言葉の力』

【マルコ 1:14 ヨハネが捕らえられて後、イエスはガリラヤに行き、神の福音を宣べて言われた。
1:15「時が満ち、神の国は近くなった。悔い改めて福音を信じなさい。」1:16 ガリラヤ湖のほとりを通られると、シモンとシモンの兄弟アンデレが湖で網を打っているのをご覧になった。彼らは漁師であった。1:17 イエスは彼らに言われた。「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしてあげよう。」
1:18すると、すぐに、彼らは網を捨て置いて従った。】

①イエス様は公生涯を始めるにあたって「悔い改めて」「福音を信じなさい」と人々に語りました。
人間は「自己中心」であり、人の事よりも自分ことを重視してしまうのです。
理想の高い人でも、自分に余裕がなくなるとやはり
「他人の事」を考えられなくなるのです。
実は、そんな精神状態の時は「神様の願い」も無視してしまうのです。

②私たちは「余裕を持つ」ことが大切です。
そのためには「主の言葉の力」を体験することが大切なのです。

弟子たちは「イエス様の言葉」を頂きました。
その言葉は彼らの人生の方向を「180度」変える力を持っていたのです。





20170401


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-04-01 05:39 | Trackback

3月31日ヨシュア記7-9章 使徒28:17-31

懸賞 2017年 03月 31日 懸賞

『悔い改めと主の新しい祝福』

【ヨシュア8:1 【主】はヨシュアに仰せられた。「恐れてはならない。おののいてはならない。戦う民全部を連れてアイに攻め上れ。見よ。わたしはアイの王と、その民、その町、その地を、あなたの手に与えた。8:2 あなたがエリコとその王にしたとおりに、アイとその王にもせよ。ただし、その分捕り物と家畜だけは、あなたがたの戦利品としてよい。あなたは町のうしろに伏兵を置け。」】

①主はアカンの罪によって敗北したアイとの戦いの後、
罪を悔い改めと、処罰をさせました(7章)。
②そして悔い改めの後、「アイを与える」と言われたのです。
そして勝利のための「具体的な方法」を伝えたのです。

③主は罪を嫌われるお方です。
しかし罪を悔い改めるならば、新しい祝福で満たした下さるお方でもあるのです。

・・・罪に対して「敏感」になりましょう。
「悔い改め」が、祝福の前提条件なのです。



『主の計画の素晴らしさ』

【使28:22 「私たちは、あなたが考えておられることを、直接あなたから聞くのがよいと思っています。この宗派については、至る所で非難があることを私たちは知っているからです。」28:23 そこで、彼らは日を定めて、さらに大ぜいでパウロの宿にやって来た。彼は朝から晩まで語り続けた。神の国のことをあかしし、また、モーセの律法と預言者たちの書によって、イエスのことについて彼らを説得しようとした。28:24 ある人々は彼の語る事を信じたが、ある人々は信じようとしなかった。】

①パウロは、囚人としてローマに護送された後、
ユダヤ人の主だった人々と語り合うことができました。
そして真理の言葉を冷静に人々に語る機会を得たのです。

そしてその後、満2年間、比較的自由にローマで福音を語り、
多くの人々が「イエスキリスト」を信じたのです。

・・・主の計画は、人間の理解を越えています。
私たちには理解できない時がありますが、
しかしその計画は「素晴らしい」のです。







20170331



[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-03-31 05:45 | Trackback

3月30日ヨシュア5-6章 使徒28:1-16

懸賞 2017年 03月 30日 懸賞

『主の奇跡を見るタイミング』

【ヨシ6:16 その七度目に祭司たちが角笛を吹いたとき、ヨシュアは民に言った。「ときの声をあげなさい。【主】がこの町をあなたがたに与えてくださったからだ。・・・
6:20 そこで、民はときの声をあげ、祭司たちは角笛を吹き鳴らした。民が角笛の音を聞いて、大声でときの声をあげるや、城壁がくずれ落ちた。そこで民はひとり残らず、まっすぐ町へ上って行き、その町を攻め取った。】

①主は、イスラエルの民に「エリコの町を与える(6:2)」と言われました。
そして具体的な命令と指示を出したのです。

6日間は、何も起こりませんでした。
また7日目には6日間と違ったことをするように命じられました。
そしてその命令通りに従った民は「神の奇跡(エリコの陥落)」を見たのです。

・・・私たちは「神の導き通り」に生きることが大切です。
特に、人間的には不可能な状況下にある時には、「主に導き」しか脱出の道がありません。
そして「求め、従い続ける時」に「あなたの信仰」が大きく成長するのです。



『主の言われた言葉の実現』

【使28:1 こうして救われてから、私たちは、ここがマルタと呼ばれる島であることを知った。・・・28:3 パウロがひとかかえの柴をたばねて火にくべると、熱気のために、一匹のまむしがはい出して来て、彼の手に取りついた。・・・28:5 しかし、パウロは、その生き物を火の中に振り落として、何の害も受けなかった。28:6 島の人々は、彼が今にも、はれ上がって来るか、または、倒れて急死するだろうと待っていた。しかし、いくら待っても、彼に少しも変わった様子が見えないので、彼らは考えを変えて、「この人は神さまだ」と言いだした。・・・
28:16 私たちがローマに入ると、パウロは番兵付きで自分だけの家に住むことが許された。】

①パウロは船が難破をしましたが、マルタ島に漂着しました。
主は、パウロを「毒蛇から守り」、「人々を癒す中」で、島の人々はパウロたちを助けてくれたのです。
そして無事にローマ行の船に乗り、ローマに到着できたのです。

②問題が起こる中でも、主は不思議な方法で「パウロを助けた」のです。
主は、今も働いておられます。
その主の導きを受けるならば、「あなたも助けられる」のです。YccFuji







20170330


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-03-30 05:35 | 2017年 | Trackback