4月17日Ⅱ列王記10-12章『生涯主と共に歩む』

懸賞 2010年 04月 17日 懸賞

『生涯主と共に歩む』「10:30 主はエフーに仰せられた。『あなたはわたしの見る目にかなったことをよくやり遂げ、アハブの家に対して、わたしが心に定めたことをことごとく行なったので、あなたの子孫は四代目まで、イスラエルの王座に着こう。』10:31 しかし、エフーは、心を尽くしてイスラエルの神、主の律法に歩もうと心がけず、イスラエルに罪を犯させたヤロブアムの罪から離れなかった。」・・「12:1 ヨアシュはエフーの第七年に王となり、12:2 ヨアシュは、祭司エホヤダが彼を教えた間はいつも、主の目にかなうことを行なった。」

①エフーは主の計画を行いましたが、生涯主の心と一つではありませんでした。②ヨアシュ王も、自分を育てた祭司エホヤダの存命中は、主に従いましたが、死後はそうではありませんでした。③主の願いは、生涯主と共に歩むことです。・・・人生にはいろいろな時があります。順調な時も逆境もあります。働く時も休息もあります。そのすべてにいつも、主に従うことが大切なのです。毎日コツコツと歩みましょう。派手なことよりも地道に継続することこそ、生涯の知恵なのです。YCCFuji
[PR]

# by Happiness-eachday | 2010-04-17 17:38 | 2010年4月 | Trackback

4月16日Ⅱ列王記7-9章『主の言われた通りのことが成る』

懸賞 2010年 04月 16日 懸賞

『主の言われた通りのことが成る』7:18 神の人が王に、『あすの今ごろ、サマリヤの門で、大麦二セアが一シェケルで、上等の小麦粉一セアが一シェケルで売られるようになる。』と言ったとき、7:19 侍従は神の人に答えて、『たとい、主が天に窓を作られるにしても、そんなことがあるだろうか。』と言った。そこで、彼は、『確かに、あなたは自分の目でそれを見るが、それを食べることはできない。』と言った。7:20 そのとおりのことが彼に実現した。民が門で彼を踏みつけたので、彼は死んだ。」①北イスラエルでは、敵の包囲によって極度の飢饉が続きました。②しかし主が御手を動かすと、その難しい状況が一変したのです。③奇跡を信じられなかった侍従は、言われた通り食べることが出来なかったのです。・・主の奇跡は突然やってきます。目の前には見えなくても、私たちの考えを超えてやってくるのです。それを受け入れる余裕を持ちましょう。忙しすぎると余裕がなくなります。主の前に祈り、思いをめぐらし、時間や予定、精神的でも、主が働いてくださるスペースをいつも確保して生きるのです。YCCFuji
[PR]

# by Happiness-eachday | 2010-04-16 17:37 | 2010年4月 | Trackback

4月15日Ⅱ列王記4-6章『求める者に応える主』

懸賞 2010年 04月 15日 懸賞

『求める者に応える主』4:1 「・・貸し主が来て、私のふたりの子どもを自分の奴隷にしようとしております。」4:2 エリシャは彼女に言った。「何をしてあげようか。あなたには、家にどんな物があるか、言いなさい。」彼女は答えた。「はしための家には何もありません。ただ、油のつぼ一つしかありません。」4:3 彼は言った。「外に出て行って、隣の人みなから、器を借りて来なさい。からの器を。それも、一つ二つではいけません。」・・・4:6 器がいっぱいになったので、彼女は子どもに言った。「もっと器を持って来なさい。」子どもが彼女に、「もう器はありません。」と言うと、油は止まった。①預言者の妻は、夫が死に借金ために子供が奴隷になるという状況で、神の人エリシャに助けを求めました。②主は、彼女が持つ油壺を用いて彼女を助け、空の器の分、満たしてくださり、生活も守られたのです。4章のシュネムの女性の息子の癒しの奇跡も、5章のナアマン将軍の癒しの奇跡も、求めた者に与えられる祝福の例です。心を尽くして求め続けましょう。主はあなたの持つもの、その状況で、求めた分満たして下さるお方なのです。YCCFuji
[PR]

# by Happiness-eachday | 2010-04-15 17:36 | 2010年4月 | Trackback

4月14日Ⅱ列王記1-3章『主の霊の力』

懸賞 2010年 04月 14日 懸賞

『主の霊の力』「2:9 渡り終わると、エリヤはエリシャに言った。『私はあなたのために何をしようか。私があなたのところから取り去られる前に、求めなさい。』すると、エリシャは、『では、あなたの霊の、二つの分け前が私のものになりますように。』と言った。」・・・2:15 「エリコの預言者のともがらは、遠くから彼を見て、『エリヤの霊がエリシャの上にとどまっている。』と言い、地に伏して彼に礼をした。」①エリシャは、エリヤの使命を受け継ぎ、預言者としての働きを開始しました。②人々はエリシャの奇跡を見て、神が彼と共におられることを悟ったのです。・・・私たちは。一人一人それぞれ神によって造られ、使命が与えられています。その私たちに神の霊、聖霊の働きが加わる時、人間の業を超えたことが出来るのです。新約の時代、すべての人に聖霊が注がれます。そして御聖霊は求めた者に与えられるのです(ルカ11:13)。エリシャが2倍の祝福を求めたように(2:9)、私たちも主に求めましょう。主の祝福を頂く時、私たちはこの地上にあって、素晴らしいことができるのです。YCCFuji
[PR]

# by Happiness-eachday | 2010-04-14 17:35 | 2010年4月 | Trackback

4月13日1列王記19-22章『認め支えてくださる主』

懸賞 2010年 04月 13日 懸賞

『認め支えてくださる主』19:12火のあとに、かすかな細い(主の)声があった。19:13「エリヤよ。ここで何をしているのか。」19:14 エリヤは答えた。「私は万軍の神、主に、熱心に仕えました。しかし、イスラエルの人々はあなたの契約を捨て、あなたの祭壇をこわし、あなたの預言者たちを剣で殺しました。ただ私だけが残りましたが、彼らは私のいのちを取ろうとねらっています。」19:15 主は彼に仰せられた。「さあ、ダマスコの荒野へ帰って行け。そこに行き、ハザエルに油をそそいで、アラムの王とせよ。・・・」①18章で大勝利を得たエリヤでしたが、その後にイゼベルの悪い言葉を心に入れてしまい、燃え尽き状態になってしまいました。(19章)。②主はそのエリヤを休ませ、食べさせ、肉体的に回復させた後、この箇所で「主の言葉」を与えられました。そして今後の彼の使命を語られたのです。・・・主は私たちが疲れている時には、ゆっくりと休ませて下さるお方です。そして休息の後、新しいことを語りかけてくださるのです。・・・主の前で安息の時を持ちましょう。主と交わり続けましょう。そうすれば、主は御言葉でもって私たちを導かれるのです。YCCFuji
[PR]

# by Happiness-eachday | 2010-04-13 17:32 | 2010年4月 | Trackback

4月12日Ⅰ列王記16-18章『養ってくださる主』

懸賞 2010年 04月 12日 懸賞

『養ってくださる主』17:2 彼(エリヤ)に次のような主のことばがあった。17:3 「ここを去って東へ向かい、ヨルダン川の東にあるケリテ川のほとりに身を隠せ。17:4 そして、その川の水を飲まなければならない。わたしは烏に、そこであなたを養うように命じた。」17:6 幾羽かの烏が、朝になると彼のところにパンと肉とを運んで来、また、夕方になるとパンと肉とを運んで来た。彼はその川から水を飲んだ。17:7 しかし、しばらくすると、その川がかれた。その地方に雨が降らなかったからである。17:9 「さあ、シドンのツァレファテに行き、そこに住め。見よ。わたしは、そこのひとりのやもめに命じて、あなたを養うようにしている。」①主に従い続けた預言者エリヤに、主はカラスを用い不思議な方法で、生活ができるように導かれました。②水が枯れると、今度は貧しいやもめを通じ、超自然的な方法で、やもめとエリヤを養いました。・・主は主を愛するものたちを養ってくださるのです。その奇跡のカギは、主の計画の中を歩むことです。エリヤを養われた同じ主が私たちの主です。私たちも主に期待をしましょう。YCCFuji
[PR]

# by Happiness-eachday | 2010-04-12 17:30 | 2010年4月 | Trackback

4月11日Ⅰ列王記13-15章『ひとりの信仰の影響』

懸賞 2010年 04月 11日 懸賞

『ひとりの信仰の影響』15:1「アビヤムはユダの王となり、15:2 エルサレムで三年間、王であった。彼の母の名はマアカといい、アブシャロムの娘であった。15:3 彼は父がかつて犯したすべての罪を行ない、彼の心は父ダビデの心のようには、彼の神、主と全く一つにはなっていなかった。15:4 しかし、ダビデに免じて、彼の神、主は、エルサレムにおいて彼に一つのともしびを与え、彼の跡を継ぐ子を起こし、エルサレムを堅く立てられた。15:5 それはダビデが主の目にかなうことを行ない、ヘテ人ウリヤのことのほかは、一生の間、主が命じられたすべてのことにそむかなかったからである。」①ダビデ王のひ孫、アブヤム王は、主の前に悪い王でした。しかし主はダビデ王の信仰によって、彼の子孫から祝福を奪うことをされませんでした。・・・私たちは失敗することもありますが、ダビデのように、悔い改めて主に立ち返るならば、主はその罪を赦し、私たちの祝福だけでなく、子孫の祝福も約束されるお方なのです。今の私たちの信仰は、私たちで終わるものではありません。その事を知って、主にお仕えしましょう。YCCFuji
[PR]

# by Happiness-eachday | 2010-04-11 17:29 | 2010年4月 | Trackback