6月14日詩篇42-45篇『主を待ち望む』

懸賞 2010年 06月 14日 懸賞

『主を待ち望む』
【42:1 鹿が谷川の流れを慕いあえぐように、神よ。私のたましいはあなたを慕いあえぎます。42:2 私のたましいは、神を、生ける神を求めて渇いています。いつ、私は行って、神の御前に出ましょうか。42:3 私の涙は、昼も夜も、私の食べ物でした。人が一日中「おまえの神はどこにいるのか。」と私に言う間。42:4 私はあの事などを思い起こし、御前に私の心を注ぎ出しています。私があの群れといっしょに行き巡り、喜びと感謝の声をあげて、祭りを祝う群集とともに神の家へとゆっくり歩いて行ったことなどを。42:5 わがたましいよ。なぜ、おまえは絶望しているのか。御前で思い乱れているのか。神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。御顔の救いを。】

①私たちの支えと慰めのお方は、この世界を造られた創造主です。ですから、私たちは主を慕い求めるのです。②涙が流れるようなことも現実に起こります。人から不条理なことをされる時もあるのです。③かつての主の恵みを思い起こすことも力になります。しかしそれでも絶望が消えない時、私たちは自分に語るのです。『なぜ絶望しているのか。主を待ち望め』と。そして全能者、主からの解決を先取りして、ほめたたえるのです。YCCFuji
 
[PR]

# by happiness-eachday | 2010-06-14 00:22 | 2010年6月 | Trackback

6月13日詩篇38-41篇『主は私を見て下さっている』

懸賞 2010年 06月 13日 懸賞

『主は私を見て下さっている』
【40:7 そのとき私は申しました。「今、私はここに来ております。巻き物の書に私のことが書いてあります。40:8 わが神。私はみこころを行なうことを喜びとします。あなたのおしえは私の心のうちにあります。」40:9 私は大きな会衆の中で、義の良い知らせを告げました。ご覧ください。私は私のくちびるを押えません。主よ。あなたはご存じです。】

①主は私たち一人ひとりのことを見ておられ、知ってくださっています。私たちの言動も、その背後の動機も知っておられ、見守っておられるのです。②ですから、私たちは主が喜ばれる「御心」を行うことを喜びとしているのです。③主が共におられ、すべて見て下さり、記録されていることを意識しましょう。これは本当のことだからです。・・・弱さを主に告白しましょう。ダビデは弱さを何度も告白し、その度に助けられ、主の救いの御業を会衆に語りました。主に前ですべて覚えられていることを知った人は、主と深く関わり、多くの主の恵みを語ることができるのです。YCCFuji
[PR]

# by happiness-eachday | 2010-06-13 07:56 | 2010年6月 | Trackback

6月12日詩篇34-37篇『苦難の時のとりで』

懸賞 2010年 06月 12日 懸賞

d0155777_1183989.gif
『苦難の時のとりで』
【37:1 悪を行なう者に対して腹を立てるな。不正を行なう者に対してねたみを起こすな。37:2 彼らは草のようにたちまちしおれ、青草のように枯れるのだ。37:3 主に信頼して善を行なえ。地に住み、誠実を養え。37:4 主をおのれの喜びとせよ。主はあなたの心の願いをかなえてくださる。37:5 あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。37:6 主は、あなたの義を光のように、あなたのさばきを真昼のように輝かされる。・・・37:23 人の歩みは主によって確かにされる。主はその人の道を喜ばれる。・・・37:39 正しい者の救いは、主から来る。苦難のときの彼らのとりでは主である。】

①この詩もダビデ作です。ダビデは、悪を行うものに悪い影響を受けないように、②主に信頼して善を行い続けるならば、願いがかなえられると勧めています。③しかし自分の我の思いを握り続けては上手くいきません。自分の思いを主に委ねることです。主があなたのこころと環境を握って下さるならば、主の力で成し遂げられるのです。④苦難の時ほど、主に委ね、主の救いを求めましょう。主はあなたの最善のそして最強のとりでなのです。YCCFuji
[PR]

# by happiness-eachday | 2010-06-12 11:09 | 2010年6月 | Trackback

6月11日詩篇30-33篇『夕暮れに涙があっても・・』

懸賞 2010年 06月 11日 懸賞

d0155777_859482.jpg
『夕暮れに涙があっても・・』
【30:2 私の神、主よ。私があなたに叫び求めると、あなたは私を、いやされました。30:3 主よ。あなたは私のたましいをよみから引き上げ、私が穴に下って行かないように、私を生かしておかれました。30:4 聖徒たちよ。主をほめ歌え。その聖なる御名に感謝せよ。30:5 まことに、御怒りはつかの間、いのちは恩寵のうちにある。夕暮れには涙が宿っても、朝明けには喜びの叫びがある。・・・30:10 聞いてください。主よ。私をあわれんでください。主よ。私の助けとなってください。30:11 あなたは私のために、嘆きを踊りに変えてくださいました。あなたは私の荒布を解き、喜びを私に着せてくださいました。】

①詩篇30篇はダビデの感謝の詩です。②主は多く、苦しみを用いられます。その苦しみの中で、主に助けを求めると、主は癒し助け出してくださるのです。③そして夕暮れには涙でも、朝明けには喜び叫ぶように変えてくださるのです。・・・主に助けを求めましょう。自分の我(わがまま)を十字架につけましょう。私たちのこころが取り扱われて、真の喜びにつくり変えられるのです。YCCFuji
[PR]

# by happiness-eachday | 2010-06-11 08:59 | 2010年6月 | Trackback

6月10日詩篇26-29篇『主を見上げ慕い求める』

懸賞 2010年 06月 10日 懸賞

d0155777_954440.jpg

『主を見上げ慕い求める』
【27:4 私は一つのことを主に願った。私はそれを求めている。私のいのちの日の限り、主の家に住むことを。主の麗しさを仰ぎ見、その宮で、思いにふける、そのために。27:5 それは、主が、悩みの日に私を隠れ場に隠し、その幕屋のひそかな所に私をかくまい、岩の上に私を上げてくださるからだ。27:6 今、私のかしらは、私を取り囲む敵の上に高く上げられる。私は、その幕屋で、喜びのいけにえをささげ、歌うたい、主に、ほめ歌を歌おう。27:7 聞いてください。主よ。私の呼ぶこの声を。私をあわれみ、私に答えてください。27:8 あなたに代わって、私の心は申します。「わたしの顔を、慕い求めよ。」と。主よ。あなたの御顔を私は慕い求めます。】

①ダビデが一番願っていたことは、主と共にいることでした。なぜならその主こそが、人間の力を超えて、私たちを守ってくださる一番のお方だからです。②どのような失望や苦しみの中でも、主はそこから引き上げ、私たちが希望的に将来を見ることができるようにして下さるのです。③ですから私たちは自分自身で自分に語るのです「主を見上げ慕い求めよ」と。ここにこそ、希望と解決の光があるのです。YCCFuji
[PR]

# by happiness-eachday | 2010-06-10 09:06 | 2010年6月 | Trackback

6月9日詩篇22-25篇『主と共に生きる幸せの道』

懸賞 2010年 06月 09日 懸賞

『主と共に生きる幸せの道』
【25:4 主よ。あなたの道を私に知らせ、あなたの小道を私に教えてください。25:5 あなたの真理のうちに私を導き、私を教えてください。あなたこそ、私の救いの神、私は、あなたを一日中待ち望んでいるのです。25:7 私の若い時の罪やそむきを覚えていないでください。あなたの恵みによって、私を覚えていてください。主よ。あなたのいつくしみのゆえに。・・25:12 主を恐れる人は、だれか。主はその人に選ぶべき道を教えられる。25:13 その人のたましいは、しあわせの中に住み、その子孫は地を受け継ごう。】

①私たちは、ダビデのこの詩を通じて「主にいつも導きを求める大切さ」を学ぶことができます。②地上で生きている間は、私たちは、どうしても自分勝手に歩みがちです。③ですから絶えず主に祈り、導きを求める姿勢が大切なのです。・・・主は私たちが祈る前から私たちの必要をご存知です。しかし私たちがその必要を自覚し、祈り求め始めた時から、主の業が始まるのです。主の道を求め続けましょう。そうすれば、私たちも子孫も祝福と幸せの中を歩むことができるのです。YCCFuji
[PR]

# by happiness-eachday | 2010-06-09 08:45 | 2010年6月 | Trackback

6月8日詩篇18-21篇『主の教えは完全』

懸賞 2010年 06月 08日 懸賞

『主の教えは完全』
【19:7 主のみおしえは完全で、たましいを生き返らせ、主のあかしは確かで、わきまえのない者を賢くする。19:8 主の戒めは正しくて、人の心を喜ばせ、主の仰せはきよくて、人の目を明るくする。19:9 主への恐れはきよく、とこしえまでも変わらない。主のさばきはまことであり、ことごとく正しい。19:10 それらは、金よりも、多くの純金よりも好ましい。蜜よりも、蜜蜂の巣のしたたりよりも甘い。19:12 だれが自分の数々のあやまちを悟ることができましょう。どうか、隠れている私の罪をお赦しください。】

①主の教えは、私たちに命を与え、知恵を与えてくださいます。その教えによって、私たちが物事を良く見えるようになるのです。②しかし同時に、主の光によって自分自身が照らされ、自分の中にあるものが、(それが良いものでも悪いものであっても)はっきりと見させられるのです。・・・私たちのコンディションがどのようであっても、主の教えは完全なのです。主の教えに毎日心を合わせていきましょう。それは祝福の道であると同時に、誘惑を避ける安全の道なのです(19:13)。YCCFuji
[PR]

# by happiness-eachday | 2010-06-08 18:00 | 2010年6月 | Trackback