12月2日Ⅱコリント10-13章『弱さに働く神の力』

懸賞 2010年 12月 02日 懸賞

『弱さに働く神の力』
【12:9 しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現れるからである」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。12:10 ですから、私は、キリストのために、弱さ、侮辱、苦痛、迫害、困難に甘んじています。なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです。】

①パウロは自分の体験として、弱い時にこそ、強くなることを教えています。
②なぜなら、私たちが弱さを感じる時は、主により頼むしか方法がありません。しかし反対に自分でできると思う時には、自分の力で行ってしまうのです。

③主へのへりくだりとは、頭の中だけではできません。現実に苦しみと弱さを感じ、主に叫びつつ祈る時、私たちは主にへりくだることができるのです。
④主は、苦難や私たちの弱さを用いて、主に近づき主の力を受けるように、導かれることが多くあるのです。
d0155777_8242993.jpg
・・・パウロは「誇るなら、自分の弱さを誇る(11:30)」と語っています。
・・・弱さを感じる時こそ、主に寄り頼む、大切な時です。
その時こそあなたは、今まで以上の「主の力と恵み」を体験できるチャンスなのです。
YCCFuji
[PR]

# by happiness-eachday | 2010-12-02 08:25 | 2010年12月 | Trackback

12月1日Ⅱコリント7-9章『与える生き方の素晴らしさ』

懸賞 2010年 12月 01日 懸賞

『与える生き方の素晴らしさ』
【9:6 私はこう考えます。少しだけ蒔く者は、少しだけ刈り取り、豊かに蒔く者は、豊かに刈り取ります。9:7 ひとりひとり、いやいやながらでなく、強いられてでもなく、心で決めたとおりにしなさい。神は喜んで与える人を愛してくださいます。・・・
9:10 蒔く人に種と食べるパンを備えてくださる方は、あなたがたにも蒔く種を備え、それをふやし、あなたがたの義の実を増し加えてくださいます。9:11 あなたがたは、あらゆる点で豊かになって、惜しみなく与えるようになり、それが私たちを通して、神への感謝を生み出すのです。9:12 なぜなら、この奉仕のわざは、聖徒たちの必要を十分に満たすばかりでなく、神への多くの感謝を通して、満ちあふれるようになるからです。】

①主は私たちに太陽を輝かせ、雨を降らせて下さる、与え続けられるお方です。
そして神の子である私たちにも、主の働きのために、自らの意思で「与えること」「捧げること」を願われているのです。

②それは物質ではなく、私たちの心なのです。

③そして主は、「蒔く人に、(蒔く)種と食べるパン」を備え、増やして下さるお方です。
d0155777_941739.jpg
・・・「与える人」として生きていきましょう。水にパンを投げるようなことが続いたとしても(伝道者11:1)、蒔き続けるならば、聖徒の必要を満たすばかりか、必要な人々に満ち溢れるようになるのです。
YCCFuji
[PR]

# by happiness-eachday | 2010-12-01 09:04 | 2010年12月 | Trackback

11月30日Ⅱコリント4-6章『キリストによって、新しく造られたもの』

懸賞 2010年 11月 30日 懸賞

『キリストによって、新しく造られたもの』
【4:8 私たちは、四方八方から苦しめられますが、窮することはありません。途方にくれていますが、行きづまることはありません。・・・
5:17 だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。5:18 これらのことはすべて、神から出ているのです。神は、キリストによって、私たちをご自分と和解させ、また和解の務めを私たちに与えてくださいました。】

①パウロはクリスチャンの恵みと使命について語っています。復活の主の力があるので(4:14)、四方八方から苦しめられる状態でも、不思議な助けを経験するのです。

②また私たちが「キリストの内」にいるならば、既に全てが新しくされているのです。それは同時に(内なる人4:16)(生き方や日常の考え方)が日々新たにされることでもあります。
d0155777_10544725.jpg
・・・主から和解を受けたもの(罪を赦され、癒され整えられたもの)が主からの愛と力を頂いて、和解の務め(愛し赦す務め)を果たすことができます。
これは素晴らしいことです。
・・・あなたの身近な人を愛していきましょう。これは主から与えられた使命なのです。
YCCFuji
[PR]

# by happiness-eachday | 2010-11-30 10:55 | 2010年11月 | Trackback

11月29日Ⅱコリント1‐3章『慰め続け、私たちを助ける神』

懸賞 2010年 11月 29日 懸賞

『慰め続け、私たちを助ける神』
【1:4 神は、どのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。こうして、私たちも、自分自身が神から受ける慰めによって、どのような苦しみの中にいる人をも慰めることができるのです。1:5 それは、私たちにキリストの苦難があふれているように、慰めもまたキリストによってあふれているからです。
・・1:8 兄弟たちよ。私たちがアジヤで会った苦しみについて、ぜひ知っておいてください。私たちは、非常に激しい、耐えられないほどの圧迫を受け、ついにいのちさえも危くなり、1:9 ほんとうに、自分の心の中で死を覚悟しました。これは、もはや自分自身を頼まず、死者をよみがえらせてくださる神により頼む者となるためでした。1:10 ところが神は、これほどの大きな死の危険から、私たちを救い出してくださいました。また将来も救い出してくださいます。なおも救い出してくださるという望みを、私たちはこの神に置いているのです。】

①パウロは人生の中で、多くの苦しみを経験しました。しかし生きておられる神は、彼を慰め、死を経験するような苦しみから救い出して下さったのです。

②創造主からの慰めを受けると、自分が慰められるばかりか、人を憐れみ慰める心を持つ人へと変えられます。③そして仮に死を覚悟するような状況に入ったとしても、そこから助け出さして下さるのです。
d0155777_8422098.jpg
・・・主からの慰めを受け取りましょう。慰められた分、癒され、人に慰めの心を語りかけられる人になります。
・・・助け出して下さる、主の奇跡を経験しましょう。
主は、今日もあなたと共におられ、あなたを慰め、助けて下さるのです。
YCCFuji
[PR]

# by happiness-eachday | 2010-11-29 08:43 | 2010年11月 | Trackback

11月28日Ⅰコリント13-15章『最も優れているものは愛(アガペー)』

懸賞 2010年 11月 28日 懸賞

『最も優れているものは愛(アガペー)』
【13:3 また、たとい私が持っている物の全部を貧しい人たちに分け与え、また私のからだを焼かれるために渡しても、愛(アガペー)がなければ、何の役にも立ちません。13:4 愛(アガペー)は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。・・・
13:11 私が子どもであったときには、子どもとして話し、子どもとして考え、子どもとして論じましたが、おとなになったときには、子どものことをやめました。・・・
13:13 こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛(アガペー)です。その中で一番すぐれているのは愛(アガペー)です。】

①私たちの人生には、さまざま大切なものがありますが、聖書は愛(アガペー)が最も大切であると語ります。「アガペー」とは、「与える愛」です。

②身体が自然に成長するように、心も成長するように主は願われています。ですからこころや振る舞いも、私たちは大人へと成長していくのです。
②こころの栄養をたっぷり取りましょう。愛を受け経験しましょう。身体が栄養失調になるように、心も栄養失調になり得るのです。毎日愛を受け取りましょう。
d0155777_23194893.jpg
イエス・キリストが私たちのために命を捨てて下さった、この十字架の愛が私たちの原動力です。・・・愛(アガペー)を受け、経験した分だけ、私たちは愛(アガペー)を流すことができるのです。
イエス様を信じたということは、愛(アガペー)を知り、経験できるということなのです。
YCCFuji
[PR]

# by happiness-eachday | 2010-11-28 00:12 | 2010年11月 | Trackback

11月27日Ⅰコリント10-12章『全てが神の栄光のために』

懸賞 2010年 11月 27日 懸賞

『全てが神の栄光のために』
【10:13 あなたがたの会った試練はみな人の知らないものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを、耐えられないほどの試練に会わせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます。
・・・10:31 こういうわけで、あなたがたは、食べるにも、飲むにも、何をするにも、ただ神の栄光を現すためにしなさい。10:32 ユダヤ人にも、ギリシヤ人にも、神の教会にも、つまずきを与えないようにしなさい。】

①私たちは人生の中で、多くの試練に出会います。時には「なぜ・・」と思うことがありますが、この壊れた世界にあって、主は「試練と共に脱出の道」を用意されているのです。
②主に祈り信頼し求めるならば、それを見つけることができます。

③また私たちは選択の自由が与えられています(10:23)。しかし考え行動したことの結果は、自分で責任を取らなければなりません。

④良い悪いには基準があります。その基準となる考えが「神の栄光に沿っているか」どうかなのです。
d0155777_1017845.jpg
・・・私たちは「神の栄光」に合わせて、創造主が喜ばれることを選択しましょう。
あなたが良い種をまけば・・・必ず良い実を結ぶようになるのです。
YCCFuji
[PR]

# by happiness-eachday | 2010-11-27 10:17 | 2010年11月 | Trackback

11月26日Ⅰコリント7-9章『全てのことを福音のために』

懸賞 2010年 11月 26日 懸賞

『全てのことを福音のために』
【9:22 すべての人に、すべてのものとなりました。それは、何とかして、幾人かでも救うためです。9:23 私はすべてのことを、福音のためにしています。それは、私も福音の恵みをともに受ける者となるためなのです。9:24 競技場で走る人たちは、みな走っても、賞を受けるのはただひとりだ、ということを知っているでしょう。ですから、あなたがたも、賞を受けられるように走りなさい。9:25 また闘技をする者は、あらゆることについて自制します。彼らは朽ちる冠を受けるためにそうするのですが、私たちは朽ちない冠を受けるためにそうするのです。】

①使徒パウロは、自分のできることを、イエス様を伝えるために、あえて使わず、放棄をしました。それは、一人でも多くの人に福音を伝えるためです。
・・・私たちも、自分が大切だと思うことに対して、自分を犠牲にすることがあります。それが正しいものであるならば、主は喜んで下さるのです。

②しかし何を大切にするかを吟味しなければなりません。人を裁くことあげつらうこと、分裂分派(ガラテヤ5:19-)は、主の願いではありません。
主は人を愛し赦し、教会全体の徳(イエス様の身体である教会の徳)を高めることを大切にするようにと、願われているのです。
d0155777_8542551.jpg
・・・いつも動機を吟味しましょう。
私たちの願いはイエス様に喜ばれることです。助言しなければならない時こそ、最大限に注意しましょう。
私たちに与えられた「自制」を最大限に使い、「イエス様に喜ばれるように」話し行動することが大切です。
イエス様はそんなあなたに「すばらしい賞賛」を準備されているのです。
YCCFuji
[PR]

# by happiness-eachday | 2010-11-26 08:55 | 2010年11月 | Trackback