「ほっ」と。キャンペーン

2月7日出エジプト32-33章 マタイ26:1-30

懸賞 2017年 02月 07日 懸賞

『あなたの道を教えてください』
【出33:13 今、もしも、私があなたのお心にかなっているのでしたら、どうか、あなたの道を教えてください。そうすれば、私はあなたを知ることができ、あなたのお心にかなうようになれるでしょう。この国民があなたの民であることをお心に留めてください。」33:14 すると主は仰せられた。「わたし自身がいっしょに行って、あなたを休ませよう。」33:15 それでモーセは申し上げた。「もし、あなたご自身がいっしょにおいでにならないなら、私たちをここから上らせないでください。33:16 私とあなたの民とが、あなたのお心にかなっていることは、いったい何によって知られるのでしょう。それは、あなたが私たちといっしょにおいでになって、私とあなたの民が、地上のすべての民と区別されることによるのではないでしょうか。」】

①モーセは、「あなたのお心にかなっているのでしたら、あなたの道を教えてください」
と祈りました。
主の計画を行う重責を成し遂げるには
「主に道を教えて頂かなくては」不可能だからです。

②私たちも「このような祈り」をする時が来るのです。
それは苦しみを通じてであり、
苦しみの祈りの中で、答えが与えられるものなのです。

実は苦しみさえも「神様の許し」がなければ起こり得ません。
私たちはその中で「感謝しつつ」受け取る恵みがあるのです。


『心を見て下さるお方』
【マタイ26:12 この女が、この香油をわたしのからだに注いだのは、わたしの埋葬の用意をしてくれたのです。26:13 まことに、あなたがたに告げます。世界中のどこででも、この福音が宣べ伝えられる所なら、この人のした事も語られて、この人の記念となるでしょう。】

①イエス様は、マリヤがイエス様のために、高価な香油を注ぐことで
「イエス様に愛を示した行為」を喜ばれました。

キリスト教信仰は、イエス様を愛し、イエス様に仕えることが第一の目的であり、
特権であることを忘れてはいけないのです。(FB:P1699)

②弟子たちは、この心を理解せずに、憤慨しましたが、
イエス様は「マリヤの心」をしっかり受け止めて下さったのです。

イエス様は「私たちに対しても」
同じように「心を受け取って下さる」お方なのです。YccFuji







20160207
[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-02-07 05:35 | 2017年 | Trackback

2月6日出エジプト31章 マタイ25:31-46

懸賞 2017年 02月 06日 懸賞

『安息日を守る』
【出 31:12 【主】はモーセに告げて仰せられた。31:13 「あなたはイスラエル人に告げて言え。あなたがたは、必ずわたしの安息を守らなければならない。これは、代々にわたり、わたしとあなたがたとの間のしるし、わたしがあなたがたを聖別する【主】であることを、あなたがたが知るためのものなのである。・・・31:17 これは、永遠に、わたしとイスラエル人との間のしるしである。それは【主】が六日間に天と地とを造り、七日目に休み、いこわれたからである。」】

①主は、「安息日を覚えるように」命令をされました。
主を第一にして、主に礼拝を捧げることを主は願われたのです。
現代にあっては、原則通りにいかないこともあるかもそれません。
しかしその中でも「主を第一にする」ことが大切なのです。
基準があることは感謝なことです。
その習慣によって、守られ、助けられるからです。


『愛の行為を見ておられるイエス様』
【マタイ25:31 人の子が、その栄光を帯びて、すべての御使いたちを伴って来るとき、人の子はその栄光の位に着きます。25:32 そして、すべての国々の民が、その御前に集められます。彼は、羊飼いが羊と山羊とを分けるように、彼らをより分け、25:33 羊を自分の右に、山羊を左に置きます。25:34 そうして、王は、その右にいる者たちに言います。『さあ、わたしの父に祝福された人たち。世の初めから、あなたがたのために備えられた御国を継ぎなさい。25:35 あなたがたは、わたしが空腹であったとき、わたしに食べる物を与え、わたしが渇いていたとき、わたしに飲ませ、わたしが旅人であったとき、わたしに宿を貸し、・・・』】

①イエス様は、再臨時に羊とヤギが分けられると語られました。
羊とは「イエス様と関係を持っている者」です。
本当のキリスト教信仰と救いは、
愛の行動と具体的な同情が伴うものなのです。

②「もっとも小さな者たちに(25:40)」手を差し伸べた行為を、
主は見ておられ
「わたしのためにした」と言って下さるのです。YccFuji







20170206
[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-02-06 20:22 | 2017年 | Trackback

2月5日出エジプト記29-30章 マタイ25:1-30

懸賞 2017年 02月 05日 懸賞

『罪のための犠牲』
【出エジプト29:10 あなたが、雄牛を会見の天幕の前に近づけたなら、アロンとその子らがその雄牛の頭に手を置く。29:11 あなたは、会見の天幕の入口で、【主】の前に、その雄牛をほふり、29:12 その雄牛の血を取り、あなたの指でこれを祭壇の角につける。その血はみな祭壇の土台に注がなければならない。・・・】

①祭司が雄牛の頭に手を置くことは、
その動物と一体化したことを象徴的に示すことでした。
この儀式を通じて、雄牛は人々の身代わりとなり、
人々の罪のために死の罰を受けたのです。

この儀式は、「キリストの完全な犠牲」を指しているのです。
イエス様は、私たちの罪の「捧げもの」となられたのです。


『再臨に備える信仰生活』
【マタイ25:1 そこで、天の御国は、たとえて言えば、それぞれがともしびを持って、花婿を出迎える十人の娘のようです。25:2 そのうち五人は愚かで、五人は賢かった。25:3 愚かな娘たちは、ともしびは持っていたが、油を用意しておかなかった。25:4 賢い娘たちは、自分のともしびといっしょに、入れ物に油を入れて持っていた。・・・】

①このたとえを通じて、
イエス様は「再臨の時まで忠実に目を覚ましている」大切さを教えられました。

②油は、「本当の信仰」
「神との正しい関係」
「聖霊がいつも臨在しておられること」を表しています。

備えていた娘たちは「婚礼の祝宴」に入ることが出来ましたが、
備えていなかった娘たちは、入ることが出来なかったのです。

・・・このたとえを教訓として、
信仰生活をいつも備えていきたいものです。YccFuji







20170205
[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-02-05 00:12 | 2017年 | Trackback

2月4日出エジプト28章 マタイ24:36-51

懸賞 2017年 02月 04日 懸賞

『様々な役割と働き』
【出エジプト 28:1 あなたは、イスラエル人の中から、あなたの兄弟アロンとその子、すなわち、アロンとその子のナダブとアビフ、エルアザルとイタマルを、あなたのそばに近づけ、祭司としてわたしに仕えさせよ。28:2 また、あなたの兄弟アロンのために、栄光と美を表す聖なる装束を作れ。28:3 あなたは、わたしが知恵の霊を満たした、心に知恵のある者たちに告げて、彼らにアロンの装束を作らせなければならない。彼を聖別し、わたしのために祭司の務めをさせるためである。】

①主は、神と民との間で、祭司としての働きをさせるために、
アロンとその子供たちを立てました。
そしてその働きのために、
祭司の装束を「主の知恵に満ちた人」を用いて、作らせたのです。

②主は、主の働きのために「ある人たち」を任命します。
しかしその人だけではなく、
様々な「主の働きをする人たち」も、必要とされているのです。

主は「あなた」にも何かの働きを願っておられます。
その働きをしていく時に、神様の計画が進んで行くのです。


『再臨に備える』
【マタイ24:36 ただし、その日、その時がいつであるかは、だれも知りません。天の御使いたちも子も知りません。ただ父だけが知っておられます。・・・ 24:37 人の子が来るのは、ちょうど、ノアの日のようだからです。・・・24:41 ふたりの女が臼をひいていると、ひとりは取られ、ひとりは残されます。
24:42 だから、目をさましていなさい。あなたがたは、自分の主がいつ来られるか、知らないからです。】

①患難時代とイエス様の再臨は、いつかは必ずやってきますが、
その時は、人には「知ること」は出来ません。
主は「目を覚ましていなさい」と言われたのです。
それは「備えをするように」という主の願いなのです。

②「目を覚ましていなさい」は、
ギリシャ語で「命令形」であり、「現在進行中の行動」を現しています。
それは「いつ来られても良いように」、
「今からずっと」備えていなさいという意味になるのです。YccFuji






20170204
[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-02-04 05:17 | 2017年 | Trackback

2月3日出エジプト25-27章 マタイ24:1-35

懸賞 2017年 02月 03日 懸賞

『主がいつも共におられるしるし』
【出エジプト27:20 あなたはイスラエル人に命じて、燈火用に上質の純粋なオリーブ油を持って来させ、ともしびを絶えずともしておかなければならない。27:21 アロンとその子らは、あかしの箱の前の垂れ幕の外側にある会見の天幕で夕方から朝まで、【主】の前にそのともしびを整えなければならない。これはイスラエル人が代々守るべき永遠のおきてである。】

①燃え続けるともしびは、
神が人々の間に、絶えず臨在されていることを象徴しています。
ともしびを見ることで、誰もが「いのちの光」を見ることが出来たのです。

しかしこれは同時に「人々の奉仕」でもありました。
その奉仕によって「主の御臨在」が人々に伝わったのです。

②私たちの信仰生活にも似たところがあります。
主はいつもいて下さいますが、
私たちの聖霊との関係(祈りの生活や応答)によって、
主の現れが「明らかになる」のです。

主は「人間の奉仕」を通じて、
主の業を示されることがあるのです。


『終わりの時代、主の再臨に備える』
【マタイ24:32 いちじくの木から、たとえを学びなさい。枝が柔らかになって、葉が出て来ると、夏の近いことがわかります。24:33 そのように、これらのことのすべてを見たら、あなたがたは、人の子が戸口まで近づいていると知りなさい。】

①イエス様は、この個所で「終わりの時代」について語っています。
そのことはいつか必ず起こることですが、いつ起きるかは誰にもわからないのです。
しかし社会や自然界の激変を見る時に、
患難時代が「近づいていること」は理解できるのです。

・・・終わりの時代と主の再臨とを待ち望み、備えて毎日の生活をしましょう。
来ないと思って備えていない人は、
重大な過ちを犯しているのです。YccFuji








20170203
[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-02-03 05:02 | 2017年 | Trackback

2月2日出エジプト24-25章 マタイ23章

懸賞 2017年 02月 02日 懸賞

『主が共におられる、体験をする』
【24:15 モーセが山に登ると、雲が山をおおった。24:16 【主】の栄光はシナイ山の上にとどまり、雲は六日間、山をおおっていた。七日目に主は雲の中からモーセを呼ばれた。24:17 【主】の栄光は、イスラエル人の目には、山の頂で燃え上がる火のように見えた。24:18 モーセは雲の中に入って行き、山に登った。そして、モーセは四十日四十夜、山にいた。】

①モーセは主に呼ばれ、シナイ山に登りました。
そしてそこには、主の御臨在の象徴である雲がとどまったのです。

②主は霊ですから、通常私たちは見ることができません。

③新約の現代は、旧約よりも恵まれています。
なぜならイエス様を信じることを通じて、
私たち自身が「聖霊の宮」となっているのです。
それはいつも「主が共にいてくださる」ということなのです。

・・・あなたは主を「身近に感じ」ますか。
そして主を求めていますか。
主に近づけば、主は近づいて下さいます。

仮にあなたが感じることができなくても、
主は「あなたと共におられる」のです。


『イエス様の招き』
【マタイ23:37 ああ、エルサレム、エルサレム。預言者たちを殺し、自分に遣わされた人たちを石で打つ者。わたしは、めんどりがひなを翼の下に集めるように、あなたの子らを幾たび集めようとしたことか。それなのに、あなたがたはそれを好まなかった。】

①この個所には、イエス様の「お気持ち」が書かれています。
人間には自由意思(選択し、願い、意図する自由)があるので、
イエス様の願いや恵みを「拒むこと」ができるのです。

しかしイエス様は、それでも「招き続けた」お方なのです。

・・・イエス様の願いを知りましょう。
その招きを受け取りましょう。
主はあなたが「自分の意思」で応答することを待っておられるのです。YccFuji





20170202
[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-02-02 05:47 | 2017年 | Trackback

2月1日出エジプト22-23 マタイ22:15-46

懸賞 2017年 02月 01日 懸賞

『主と共に生きる者の守り』
【出エジプト23:22 しかし、もし御声に確かに聞き従い、わたしが告げることをことごとく行うなら、わたしはあなたの敵には敵となり、あなたの仇には仇となろう。・・・23:24 あなたは彼らの神々を拝んではならない。仕えてはならない。また、彼らの風習にならってはならない。これらを徹底的に打ちこわし、その石の柱を粉々に打ち砕かなければならない。23:25 あなたがたの神、【主】に仕えなさい。主はあなたのパンと水を祝福してくださる。わたしはあなたの間から病気を除き去ろう。・・・23:27 わたしは、わたしへの恐れをあなたの先に遣わし、あなたがそこに入って行く民のすべてをかき乱し、あなたのすべての敵があなたに背を見せるようにしよう。】

①主を第一にして、主の願いに生きることは、
人生設計をする上で、最も大切なことです。
主と共に、歩み続けることが出来るならば、
「主は私たちを守って」くださいます。
そして敵を退け、主の働きを前進させて下さるのです。

・・・今朝も主を最初に礼拝して、一日をスタートしましょう。
祈りの中で、聖霊に導かれて歩むことが出来るように、求めましょう。
主はあなたの信仰を引き上げ、導いて下さるのです。


『最も大切な2つの戒め』
【マタイ22:36 「先生。律法の中で、たいせつな戒めはどれですか。」22:37 そこで、イエスは彼に言われた。「『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』22:38 これがたいせつな第一の戒めです。22:39 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』という第二の戒めも、それと同じようにたいせつです。22:40 律法全体と預言者とが、この二つの戒めにかかっているのです。」】

①イエス様は、最も大切な戒めをここで語られました。
旧約聖書(律法全体と預言者)の要求は、
この2つの命令を心からできるならば、満たされるのです。
新約(イエス様の教え)は、旧約(律法)の本質を語っているのです。

・・・主を「全身全霊で」愛しましょう。
自分を愛するように、隣人を愛しましょう。

これは「ある状況下」では、非常に難しいことです。
しかし聖霊に助けて頂いて、できるように導いて頂きましょう。
導かれるためには、神の言葉を知り、
「あなたがそれを願っているか」が最も大切なポイントなのです。YccFuji







20170201
[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-02-01 05:27 | 2017年 | Trackback