6月15日2歴代23-25章 ルカ16章

懸賞 2017年 06月 15日 懸賞

『主に従っているつもりの信仰』

【Ⅱ歴代24:1 ヨアシュは七歳で王となり、エルサレムで四十年間、王であった。彼の母の名はツィブヤといい、ベエル・シェバの出であった。24:2 ヨアシュは、祭司エホヤダの生きている間は、【主】の目にかなうことを行った。24:17 エホヤダが死んで後、ユダのつかさたちが来て、王を伏し拝んだ。それで、王は彼らの言うことを聞き入れた。24:18 彼らはその父祖の神、【主】の宮を捨て、アシェラと偶像に仕えたので、彼らのこの罪過のため、御怒りがユダとエルサレムの上に下った。24:19 主は、彼らを【主】に立ち返らせようと預言者たちを彼らの中に遣わし、預言者たちは彼らを戒めたが、彼らは耳を貸さなかった。・・・】

①ヨアシュ王は、殺される直前で、救い出され、
祭司エホヤダに守られ、7歳で王として任命されました。

彼は「エホヤダが生きている間は」主に仕え、主に従ったのです。

②主に従っているようでも、人やプライドに従っている人がいます。
「事情」や「欲」を優先して、主に従うことを止めるのです。

③その「間違った選択」は、最初は「小さなように」見えても、
それが当たり前となるうちに、「誰が見ても間違い」と分かるような大きなものとなるのです。

・・・主に従うとは、主の御言葉に(主ご自身に)従うことです。
人に従うのでもなく、自分の欲やプライドに従うのではありません。
その区別を明確にしましょう。
そして間違いに気がついたら、罪を素直にそのまま「悔い改める」のです。





『奇跡の限界』

【ルカ 16:30 彼は言った。『いいえ、父アブラハム。もし、だれかが死んだ者の中から彼らのところに行ってやったら、彼らは悔い改めるに違いありません。』16:31 アブラハムは彼に言った。『もしモーセと預言者との教えに耳を傾けないのなら、たといだれかが死人の中から生き返っても、彼らは聞き入れはしない。』」】

①イエス様のたとえ話で、「金持ちとラザロの話」の個所です。
地獄で苦しむ金持ちは、こんなに苦しい所に兄弟が来ることが無いように、
天国のアブラハムにラザロを送って兄弟たちを説得してほしいと、願い出ました。

②しかし天国のアブラハムの答えは、NOでした。
奇跡が起きても、聖書の教えを求めないならば、その人は「救いを得ることができない」と言うのです。

聖書に反発する人は、自分の考えが強すぎる人です。
真理よりも、自分の自我(欲・願望)を優先する人なのです。

・・・真理(創造主)を求めましょう。
切実に求め、特に聖書の御言葉から真剣に求めましょう。

主を求め続ける者は、必ず与えられる(答えを得る)のです。
それは奇跡を見る以上に「素晴らしい恵み」です。
(そして自然に奇跡も体験するのです)







20170615




[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-06-15 05:19 | 2017年 | Trackback

6月14日2歴代20-22章 ルカ15:11-32

懸賞 2017年 06月 14日 懸賞

『勝利の方程式』

【Ⅱ歴代20:11 ご覧ください。彼らが私たちにしようとしていることを。彼らは、あなたが私たちに得させてくださったあなたの所有地から私たちを追い払おうとして来ました。20:12 私たちの神よ。あなたは彼らをさばいてくださらないのですか。私たちに立ち向かって来たこのおびただしい大軍に当たる力は、私たちにはありません。私たちとしては、どうすればよいかわかりません。ただ、あなたに私たちの目を注ぐのみです。」・・・】

①ヨシャパテ王は、大群が自分たちの国に攻めてきた時、
ひたすら主にすがって助けを求めました。
そして彼の家族も同じように主を求めたのです。

②すると主は「この戦いは神の戦いである」と言われ、
ヨシャパテが戦いの最前線で「賛美をさせた時」、
主は伏兵によって敵を打ち負かして下さったのです。

ここには「大切な教訓」があります。
「主にひたすらすがること」と、
賛美を持って「主の戦いを前進していくこと」です。

・・・私たちも、自分手に負えない問題の時には、
「ひたすら主にすがり」ましょう。
そして「主の御言葉を聞き」、
「賛美と感謝によって」前進していきましょう。

同じ戦いは一つもありません。
主が教えて下さった「原則」を実行する時、
「新しい戦い」に、勝利していくことができるのです。





『私たちが居るべき場所』

【ルカ15:17 しかし、我に返ったとき彼は、こう言った。『父のところには、パンのあり余っている雇い人が大ぜいいるではないか。それなのに、私はここで、飢え死にしそうだ。15:18 立って、父のところに行って、こう言おう。「お父さん。私は天に対して罪を犯し、またあなたの前に罪を犯しました。15:19 もう私は、あなたの子と呼ばれる資格はありません。雇い人のひとりにしてください。」』15:20 こうして彼は立ち上がって、自分の父のもとに行った。ところが、まだ家までは遠かったのに、父親は彼を見つけ、かわいそうに思い、走り寄って彼を抱き、口づけした。】

①父の財産を食いつぶし、放蕩三昧をした弟が、
苦しみの中が「気がついた瞬間」がここに書かれています。
みじめな境遇になった弟は、
「父の元は幸せだった」ことに気がついたのです。
そして父の元に帰ろうとします。

②その弟を、父は「ずった待っておられた」のです。
そして父は大喜びで弟を歓迎したのです。

・・・天の父は「私たちのお父さん」です。
この方の元には「恵みがあふれて」います。

今あなたが「どこに居るか」を考えましょう。
そして「父の御そばから離れない」ようにしましょう。

「主の元」が「私たちの幸せ」であり、
本来「居るべき場所」なのです。
天の父は「ひたすら待っておられるの」です。




20170614


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-06-14 20:21 | 2017年 | Trackback

6月13日2歴代誌16-19章 ルカ14:25-15:10

懸賞 2017年 06月 13日 懸賞

『主の心と同じ心で』

【Ⅱ歴代16:8 あのクシュ人とルブ人は大軍勢ではなかったでしょうか。戦車と騎兵は非常におびただしかったではありませんか。しかし、あなたが【主】に拠り頼んだとき、主は彼らをあなたの手に渡されたのです。 16:9 【主】はその御目をもって、あまねく全地を見渡し、その心がご自分と全く一つになっている人々に御力をあらわしてくださるのです。・・・】

①主は、晩年のアサ王に、
「主と心が一つになっている者」に「御力をあらわしてくださる」ことを語りました。
主は全てを見ておられます。
そして「主と同じ心」を持っている人を、捜し求めておられるのです。

・・・私たちの心はどのような状態でしょうか。
主(聖霊)は私の中に住んでおられて、いつもとりなし祈っておられます。
聖霊が「共におられる」ことを知りましょう。
そしていつも意識し、主と語り合いましょう。
「主の心に近づくほど」に主は御力を表されるのです。



『主の愛と心』

【ルカ15:4 「あなたがたのうちに羊を百匹持っている人がいて、そのうちの一匹をなくしたら、その人は九十九匹を野原に残して、いなくなった一匹を見つけるまで捜し歩かないでしょうか。15:5 見つけたら、大喜びでその羊をかついで、15:6 帰って来て、友だちや近所の人たちを呼び集め、『いなくなった羊を見つけましたから、いっしょに喜んでください』と言うでしょう。15:7 あなたがたに言いますが、それと同じように、ひとりの罪人が悔い改めるなら、悔い改める必要のない九十九人の正しい人にまさる喜びが天にあるのです。」】

①主は、百匹のうちの一匹の羊を、大切にし、心にかけて下さるお方です。
たくさん人がいたとしても「あなたのこと」を気にかけ、心配し、配慮して下さるお方です。
主の配慮が「あなたの周りにも」たくさんあるのです。
そのことに気がつき、感謝と賛美を捧げていきましょう。

・・・感謝すればするほど、現状を受け入れ、主の導きを歩むことができます。
主は「百匹のうちの一匹の羊」のように、あなたのことを愛し、心配しておられるのです。
その事実を、「受けとめ」ましょう。





20170613


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-06-13 05:54 | 2017年 | Trackback

6月12日2歴代12-15章 ルカ14:1-24

懸賞 2017年 06月 12日 懸賞

『近づく者には、助けられる主』

【Ⅱ歴代15:1 すると、神の霊がオデデの子アザルヤの上に臨んだ。15:2 そこで、彼はアサの前に出て行き、彼に言った。「アサおよび、すべてユダとベニヤミンの人々よ。私の言うことを聞きなさい。あなたがたが【主】とともにいる間は、主はあなたがたとともにおられます。もし、あなたがたがこの方を求めるなら、あなたがたにご自身を示してくださいます。もし、あなたがたがこの方を捨て去るなら、この方はあなたがたを捨ててしまわれます。15:3 長年の間、イスラエルにはまことの神なく、教師となる祭司もなく、律法もありませんでした。15:4 しかし、その悩みのときに、彼らがイスラエルの神、【主】に立ち返り、この方を尋ね求めたところ、彼らにご自身を示してくださいました。」】

①主は、主の御心に従おうとしたアサ王に、預言者を通じて語られました。
人間が、主を求めると、主は働かれ、
人間が、主を否むと、主は距離を開けられるのです。
また、へりくだって主に助けを求めると、主は助けて下さるのです。

②このことは、変わらない主の御性質です。
ですから私たちは、へりくだって「主を求める」のです。

難しい状況下に立てば立つほど、「主を求め続ける」のです。

そのような信仰を持つ者には、主は「祝福」を与えて下さいます。
私たちは、危機の中で信仰が試されるのです。

・・・目先の状況で、「右往左往」するのは止めましょう。
変わらない神の御言葉と「内に住んでおられる御聖霊」の助けによって、立ちましょう。
私たちが「信じて主に近づけ」ば、主は「確実に働かれる」のです。





『招かれた人と、恵みを受ける人』

【ルカ14:16 するとイエスはこう言われた。「ある人が盛大な宴会を催し、大ぜいの人を招いた。14:17 宴会の時刻になったのでしもべをやり、招いておいた人々に、『さあ、おいでください。もうすっかり、用意ができましたから』と言わせた。14:18 ところが、みな同じように断り始めた。最初の人はこう言った。『畑を買ったので、どうしても見に出かけなければなりません。すみませんが、お断りさせていただきます。』14:19 もうひとりはこう言った。『五くびきの牛を買ったので、それをためしに行くところです。すみませんが、お断りさせていただきます。』・・・
14:23 主人は言った。『街道や垣根のところに出かけて行って、この家がいっぱいになるように、無理にでも人々を連れて来なさい。14:24 言っておくが、あの招待されていた人たちの中で、私の食事を味わう者は、ひとりもいないのです。』」】

①イエス様は、招かれた者が、すべて「主との交わり(恵み)」を受けるのではない、ことを伝えました。
招かれても、ある人たちは「様々な理由をつけて」「拒否をする」のです。
これは恐ろしいことです。

主の恵みが目の前にあるのに、自分から避けてしまうのです。

②どうしてこのような対応をしてしまうのでしょうか。
それは自分考えやプライドのために、主の願いを受けとめない(拒否)してしまうからです。
聖霊が共におられるのに、その聖霊の語り掛けを受け止められられないのです。

主に祈りましょう。
聖霊の導きを受けましょう。
まず「導かれたい」と強く願うことです。
求める者が受けることができるからです。

信じて求めましょう。
求める心をあきらめないようにしましょう。
求め続けることが大事なのです。






20170612


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-06-12 04:11 | 2017年 | Trackback

6月11日2歴代8-11章 ルカ13:22-35

懸賞 2017年 06月 11日 懸賞

『人生のすべての領域で、主に従う大切さ』

【Ⅱ歴代8:11 ソロモンはパロの娘を、ダビデの町から彼女のために建てた家に連れて上った。「私の妻はイスラエルの王ダビデの家に住んではならない。【主】の箱を迎え入れた所は聖なる所だからである」と彼が言ったからである。8:12 それから、ソロモンは、彼が玄関の前に建てた【主】の祭壇の上に、【主】のために全焼のいけにえをささげた。
8:14 彼はその父ダビデの定めに従い、祭司たちの組分けを定めてその務めにつかせ、レビ人もその任務につかせ、毎日の日課として、祭司たちの前で賛美と奉仕をさせた。門衛たちも、その組分けに従って、おのおのの門に立たせた。神の人ダビデの命令がこうだったからである。】

①ソロモンは、父ダビデの言いつけを守り、神殿に仕える奉仕をし続けました。
言われたことは守りましたが、すべての領域ではなかったのです。

②ソロモンは、パロの娘をめとり、多くの女性たちと結婚しました。
パロの娘と結婚すること自体、すでに主の律法に背く行為でした。
ソロモンは、多くめ命令を守りましたが、いくつかの致命的な失敗をしたのです。

特に女性関係での誘惑に負けてしまい、
「人生の重要な部分」をサタンに明け渡してしまったのです。

・・・主に祈りましょう。主はあなたの心の内に「住んでおられる」のです。
その主が悲しむことは、止めましょう。

信仰生活の秘訣は単純です。
「主が喜ぶこと」を選び、
人生のすべての領域で、「主の悲しまれること」を避けるのです。





『イエス様のように・・・』

【ルカ13:33 だが、わたしは、きょうもあすも次の日も進んで行かなければなりません。なぜなら、預言者がエルサレム以外の所で死ぬことはありえないからです。』13:34 ああ、エルサレム、エルサレム。預言者たちを殺し、自分に遣わされた人たちを石で打つ者、わたしは、めんどりがひなを翼の下にかばうように、あなたの子らを幾たび集めようとしたことか。それなのに、あなたがたはそれを好まなかった。・・・】

①イエス様は、ご自分の使命が
「十字架による罪の贖い(代価の支払い)」であることを知っておられました。
ですから死ぬことを覚悟されて、十字架の道を進まれたのです。

そして「何度も招いても」「振り返らない」イスラエルの民を愛し、
働きかけ続けたのです。

②私たちも、「自分使命のために」「覚悟」する時があります。
また「愛し続けても」「報われないこと」もあるのです。

しかしイエス様が歩まれた通りに歩みましょう。
理解をしてくれる人は、稀です。

しかし確実に「天のお父様の喜ばれること」ならば、
イエス様と同じように、進んで行きたいのです。






201780611


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-06-11 05:48 | 2017年 | Trackback

5月10日2歴代5-7章 ルカ13:1-21

懸賞 2017年 06月 10日 懸賞

『祈りに応えられる主』

【Ⅱ歴代7:1 ソロモンが祈り終えると、火が天から下って来て、全焼のいけにえと、数々のいけにえとを焼き尽くした。そして、【主】の栄光がこの宮に満ちた。7:2 祭司たちは【主】の宮に入ることができなかった。【主】の栄光が【主】の宮に満ちたからである。7:3 イスラエル人はみな、火が下り、【主】の栄光がこの宮の上に現れたのを見て、ひざをかがめて顔を地面の敷石につけ、伏し拝んで、「主はまことにいつくしみ深い。その恵みはとこしえまで」と【主】をほめたたえた。7:4 それから、王と民はみな、【主】の前にいけにえをささげた。7:5 ソロモン王は牛二万二千頭と羊十二万頭のいけにえをささげた。こうして、王とすべての民は、神の宮を奉献した。・・・】

①ソロモンの神殿が完成し、ソロモンは主の前に「奉献の祈り」を捧げました。
すると主は「火でもって応えられた」のです。

②主が働かれると「何か」が起こります。
それは人間の力を超えた業です。
そのことによって、主が「生きておられ」、
私たちがしたことを「見て下さっている」ことが分かるのです。

PUSHPray UntilSomething Happen何かが起こるまで祈れ)という言葉があります。
祈りはPush(押す)です。
「何かが起こるまで祈り続ける」必要があるのです。

途中であきらめてはいけません。
主を本気で信じるなら、「主と出会うまで」祈るのです。
そして、「その信仰を持つ者」は「必ず主に出会うことができる」のです。





『良いことを実行する』

【ルカ 13:10 イエスは安息日に、ある会堂で教えておられた。13:11 すると、そこに十八年も病の霊につかれ、腰が曲がって、全然伸ばすことのできない女がいた。・・・
13:15 しかし、主は彼に答えて言われた。「偽善者たち。あなたがたは、安息日に、牛やろばを小屋からほどき、水を飲ませに連れて行くではありませんか。13:16 この女はアブラハムの娘なのです。それを十八年もの間サタンが縛っていたのです。安息日だからといってこの束縛を解いてやってはいけないのですか。」13:17 こう話されると、反対していた者たちはみな、恥じ入り、群衆はみな、イエスのなさったすべての輝かしいみわざを喜んだ。】

①主は安息日に、癒しを行いました。
周りの宗教家たちは、安息日に働いたと言って、イエス様を批判しました。
しかし主は「安息日だからといってこの束縛を解いてやってはいけないのですか。」と言われ
「安息日に良いことをするのは、良いこと」と言われたのです。

・・・「見かけの批判」、「言い訳や正当化のための批判」は止めましょう。
ルールを大切にしつつ、人のこだわりに振り回されないようにしましょう。

「良いことは良いこと」として「受け止め」「実行する」のです。





20170610


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-06-10 05:28 | 2017年 | Trackback

6月9日2歴代1-4章 ルカ12:49-59

懸賞 2017年 06月 09日 懸賞

『使命のバトンを受け取り、実行する』

【Ⅱ歴代2:3 ソロモンはツロの王フラムのもとに人をやって言わせた。「あなたが私の父ダビデに行い、父の住む家を建てるための杉材を送ってくださったように、私にもしていただけないでしょうか。2:4 実は、私も、私の神、【主】の名のために宮を建てて、これを主にささげ、主の前にかおりの高い香をたき、パンを常に並べ供え、また、朝ごと夕ごとに、また安息日ごと新月の祭りごとに、私たちの神、【主】の例祭ごとに、全焼のいけにえをささげようとしています。このことは、とこしえにイスラエルに命じられているのです。・・・
2:7 そこで今、私のもとに、金、銀、青銅、鉄の細工に長じ、紫、紅、青などの製造に熟練した人で、各種の彫り物の技術を心得ている人を送ってください。私の父ダビデが備えておいたユダとエルサレムにいるこちらの熟練した者たちもいっしょに働きます。】

①ソロモンは、父ダビデから命じられていた「神殿建築」を着々と実行し始めました。
父から受けた「主の使命」を、相続し、
自分の仕事として、動き始めたのです。

②使命のバトンを渡されたならば、「自分の使命(バトン)」とする意識が大切です。
そしてその使命を実行していくのです。

・・・あなたは「どんな使命」を受け取っていますか。
それは誰からですか。

その使命が明確になったならば、コツコツと実行していきましょう。
あなたがそれをすることにより、
時代や世代を超えた「神の業」が成し遂げられることがあるのです。





『み言葉が語られると、心の中と人間関係に、分裂が起こる』

【ルカ12:49 わたしが来たのは、地に火を投げ込むためです。だから、その火が燃えていたらと、どんなに願っていることでしょう。12:50 しかし、わたしには受けるバプテスマがあります。それが成し遂げられるまでは、どんなに苦しむことでしょう。12:51 あなたがたは、地に平和を与えるためにわたしが来たと思っているのですか。そうではありません。あなたがたに言いますが、むしろ、分裂です。12:52 今から、一家五人は、三人がふたりに、ふたりが三人に対抗して分かれるようになります。】

①イエス様は、「わたしは地に火を投げ込むために来た」と言われました。
そして「み言葉を聞く」と「分裂が起こる」と言われたのです。

み言葉を聞くと、「同意する」か「反発するか」に分かれます。

②「み言葉に従う人(同意する人)」には、
「火」は、罪が燃やされ「聖めと人格的な成長」として用いられます(ヘブル12:29)。

しかし「み言葉に反発する人」には、
「火」は「焼き尽くし滅ぼすもの」として用いられるのです(1コリント3:13-15

・・・あなたは「どちら」に立っていますか。
「み言葉に従うところ(心)」に立ちましょう。

あなたのすべてを主が見ておられ、
主の導きの中、
あなたは、キリストの十字架と聖霊の力によって、
「み言葉に立つ(心)」ように助けられるのです。






20170609



[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-06-09 05:45 | 2017年 | Trackback