3月18日申命記11-12章 使徒21:1-16

懸賞 2017年 03月 18日 懸賞

『本物の信仰と、信仰の継承』

【申11:18 あなたがたは、私のこのことばを心とたましいに刻みつけ、それをしるしとして手に結びつけ、記章として額の上に置きなさい。11:19 それをあなたがたの子どもたちに教えなさい。あなたが家にすわっているときも、道を歩くときも、寝るときも、起きるときも、それを唱えるように。11:20 これをあなたの家の門柱と門に書きしるしなさい。11:21 それは、【主】があなたがたの先祖たちに、与えると誓われた地で、あなたがたの日数と、あなたがたの子孫の日数が、天が地をおおう日数のように長くなるためである。】

①主は私たちを、親として愛しておられます。
そして愛を受け、幸せを受けるために「主の命令に生きるように」と命じられているのです。

②主の命令とは、口先だけのものではありません。
それは「たましいに刻み付けられる」ほどのものなのです。
寝る時も、道を歩くときにも、唱えるようなものなのです。
そのレベルで私たちは、「み言葉に生きる」ように願われているのです。

③これは人間的に努力しても不可能です。
唯一の希望は「聖霊の働き」です。
特に荒野の中(深い呻きと悔い改めの中で)取り扱いを受ける時に、
このような悟りの領域に入ることができるのです。

そしてその信仰を「子供たちに伝えていく」のです。
それが「信仰が継承」となるのです。


『キリストのために生きる』

【使21:10 幾日かそこに滞在していると、アガボという預言者がユダヤから下って来た。21:11 彼は私たちのところに来て、パウロの帯を取り、自分の両手と両足を縛って、「『この帯の持ち主は、エルサレムでユダヤ人に、こんなふうに縛られ、異邦人の手に渡される』と聖霊がお告げになっています」と言った。21:12 私たちはこれを聞いて、土地の人たちといっしょになって、パウロに、エルサレムには上らないよう頼んだ。21:13 するとパウロは、「あなたがたは、泣いたり、私の心をくじいたりして、いったい何をしているのですか。私は、主イエスの御名のためなら、エルサレムで縛られることばかりでなく、死ぬことさえも覚悟しています」と答えた。】

①パウロは、聖霊に示されて、エルサレムに行き、ローマに行くことを願っていました。
それがどのような旅になるかは分かりませんでしたが、
ただ「御霊の導きの実行(キリストの願いの実行)」だけをパウロは願っていました。

②それが「死に至るもの」であっても、パウロは気にしませんでした。
なぜなら主の願いは「自分の命よりも価値がある」とパウロは感じていたからです。

これがパウロの信仰です。
イエス様と出会い、「十字架の意味と価値」を知った人は、
ここまで「キリストのために生きること」ができるのです。YccFuji







20170318



[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-03-18 05:36 | 2017年 | Trackback

3月17日申命記8-10章 使徒20:17-38

懸賞 2017年 03月 17日 懸賞

『荒野の生活の意味』
【申8:2 あなたの神、【主】が、この四十年の間、荒野であなたを歩ませられた全行程を覚えていなければならない。それは、あなたを苦しめて、あなたを試み、あなたがその命令を守るかどうか、あなたの心のうちにあるものを知るためであった。8:3 それで主は、あなたを苦しめ、飢えさせて、あなたも知らず、あなたの先祖たちも知らなかったマナを食べさせられた。それは、人はパンだけで生きるのではない、人は【主】の口から出るすべてのもので生きる、ということを、あなたにわからせるためであった。】

①イスラエルの民が荒野で苦しんだ意味は、
彼らの本当の姿が「主を愛しているか」「自分を愛しているか」を明らかにするためでした。

②モーセは主を愛し、主との交わりを持っていましたから、
苦しみの中で「主に従い続け」ました。
③私たちも、荒野で「本当の信仰」が明らかになるのです。
主を愛し、主の命令に従うとは「口先だけ」ではありません。
苦しみの中でこそ、「同じように」主に従い続けるのです。


『苦しみの中の信仰』
【使20:22 いま私は、心を縛られて、エルサレムに上る途中です。そこで私にどんなことが起こるのかわかりません。20:23 ただわかっているのは、聖霊がどの町でも私にはっきりとあかしされて、なわめと苦しみが私を待っていると言われることです。20:24 けれども、私が自分の走るべき行程を走り尽くし、主イエスから受けた、神の恵みの福音をあかしする任務を果たし終えることができるなら、私のいのちは少しも惜しいとは思いません。】

①パウロは、エルサレムに行こうと考えていました。
それは主の計画であったからです。
しかしその道は「苦しみの道」であることを、パウロは聖霊によって知らされていました。

②主の計画ならば「苦しみの道」であっても、
喜んで「前進し続けた」のがパウロの信仰だったのです。YccFuji







20170317


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-03-17 05:58 | Trackback

3月17日申命記8-10章 使徒20:17-38

懸賞 2017年 03月 17日 懸賞

『荒野の生活の意味』
【申8:2 あなたの神、【主】が、この四十年の間、荒野であなたを歩ませられた全行程を覚えていなければならない。それは、あなたを苦しめて、あなたを試み、あなたがその命令を守るかどうか、あなたの心のうちにあるものを知るためであった。8:3 それで主は、あなたを苦しめ、飢えさせて、あなたも知らず、あなたの先祖たちも知らなかったマナを食べさせられた。それは、人はパンだけで生きるのではない、人は【主】の口から出るすべてのもので生きる、ということを、あなたにわからせるためであった。】

①イスラエルの民が荒野で苦しんだ意味は、
彼らの本当の姿が「主を愛しているか」「自分を愛しているか」を明らかにするためでした。

②モーセは主を愛し、主との交わりを持っていましたから、
苦しみの中で「主に従い続け」ました。
③私たちも、荒野で「本当の信仰」が明らかになるのです。
主を愛し、主の命令に従うとは「口先だけ」ではありません。
苦しみの中でこそ、「同じように」主に従い続けるのです。


『苦しみの中の信仰』
【使20:22 いま私は、心を縛られて、エルサレムに上る途中です。そこで私にどんなことが起こるのかわかりません。20:23 ただわかっているのは、聖霊がどの町でも私にはっきりとあかしされて、なわめと苦しみが私を待っていると言われることです。20:24 けれども、私が自分の走るべき行程を走り尽くし、主イエスから受けた、神の恵みの福音をあかしする任務を果たし終えることができるなら、私のいのちは少しも惜しいとは思いません。】

①パウロは、エルサレムに行こうと考えていました。
それは主の計画であったからです。
しかしその道は「苦しみの道」であることを、パウロは聖霊によって知らされていました。

②主の計画ならば「苦しみの道」であっても、
喜んで「前進し続けた」のがパウロの信仰だったのです。YccFuji







20170317


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-03-17 05:58 | Trackback

3月16日申命記5-7章 使徒20:1-16

懸賞 2017年 03月 16日 懸賞

『主の教え』
【申6:3 イスラエルよ。聞いて、守り行いなさい。そうすれば、あなたはしあわせになり、あなたの父祖の神、【主】があなたに告げられたように、あなたは乳と蜜の流れる国で大いにふえよう。6:4 聞きなさい。イスラエル。【主】は私たちの神。【主】はただひとりである。6:5 心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして、あなたの神、【主】を愛しなさい。6:6 私がきょう、あなたに命じるこれらのことばを、あなたの心に刻みなさい。6:7 これをあなたの子どもたちによく教え込みなさい。あなたが家にすわっているときも、道を歩くときも、寝るときも、起きるときも、これを唱えなさい。】

①主は、私たちが主を愛し、主の命令を守り、子供たちにそれらを伝えることを願っておられます。
しかしこれは、私たちの努力と共に、聖霊に助けと導き(知恵)が必要なのです。
主に祈りましょう。
そしてそのようにできるように助けて頂きましょう。
主は私たちを用いて業を進められるのです。


『死人を生き返らせて下さるお方』
【使20:9 ユテコというひとりの青年が窓のところに腰を掛けていたが、ひどく眠けがさし、パウロの話が長く続くので、とうとう眠り込んでしまって、三階から下に落ちた。抱き起こしてみると、もう死んでいた。20:10 パウロは降りて来て、彼の上に身をかがめ、彼を抱きかかえて、「心配することはない。まだいのちがあります」と言った。
20:12 人々は生き返った青年を家に連れて行き、ひとかたならず慰められた。】

①パウロはギリシャでみ言葉を語っていた時、一人の青年が三階から落ちて死んでしまいました。
しかし主に祈ると、主はその青年を生き返らせて下さったのです。
・・・私たちには失敗や「もうだめだ」と思える時、
主はその状況から「助け出して下さる」お方であることを知りましょう。

死人を生き返らせて下さるお方は、
私たちの周りの問題の「解決の奇跡」を与えて下さるお方でもあるのです。YccFuji









20170316


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-03-16 05:16 | Trackback

3月15日申命記3-4章 使徒19:8-41

懸賞 2017年 03月 15日 懸賞

『幸せに生きる道』
【申4:39 きょう、あなたは、上は天、下は地において、【主】だけが神であり、ほかに神はないことを知り、心に留めなさい。4:40 きょう、私が命じておいた主のおきてと命令とを守りなさい。あなたも、あなたの後の子孫も、しあわせになり、あなたの神、【主】が永久にあなたに与えようとしておられる地で、あなたが長く生き続けるためである。】

①出エジプトを導かれた主は、私たちの信じる主でもあります。
その主を信じ、「おきてと命令」を守るならば、主は私たちに「幸せ」を与えて下さるのです。
そのことを信じ、受けとめましょう。
そして「聖霊の導き」を受けましょう。
聖霊に導かれ、主と共に歩むならば、主は約束したことを実現して下さるのです。



『み言葉の広まり』
【使19:17 このことがエペソに住むユダヤ人とギリシヤ人の全部に知れ渡ったので、みな恐れを感じて、主イエスの御名をあがめるようになった。19:18 そして、信仰に入った人たちの中から多くの者がやって来て、自分たちのしていることをさらけ出して告白した。19:19 また魔術を行っていた多くの者が、その書物をかかえて来て、みなの前で焼き捨てた。その値段を合計してみると、銀貨五万枚になった。
19:20 こうして、主のことばは驚くほど広まり、ますます力強くなって行った。】

①イエス様の権威と証が伝わる中で、多くの人々はイエス様をあがめるようになりました。
そして魔術をしていたものは悔い改めて、その高価な本を焼き捨てたのです。

②イエス様の権威と価値は、地上の様々なものよりも「大きな価値」なのです。
そのことが聖霊によって、示され始めると
「イエス様の恵み」が多くの人々に伝わるようになるのです。YccFuji






20170315



[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-03-15 05:39 | 2017年 | Trackback

3月14日申命記1-2章 使徒18:24-19:7

懸賞 2017年 03月 14日 懸賞

『向きを変えて出発』
【申1:6 私たちの神、【主】は、ホレブで私たちに告げて仰せられた。「あなたがたはこの山に長くとどまっていた。1:7 向きを変えて、出発せよ。そしてエモリ人の山地に行き、その近隣のすべての地、アラバ、山地、低地、ネゲブ、海辺、カナン人の地、レバノン、さらにあの大河ユーフラテス川にまで行け。1:8 見よ。わたしはその地をあなたがたの手に渡している。行け。その地を所有せよ。これは、【主】があなたがたの先祖アブラハム、イサク、ヤコブに誓って、彼らとその後の子孫に与えると言われた地である。」】

①申命記は、モーセからヨシュアに指導者が変わり、カナンに入る直前、
最も大切なこととして語られた内容です。

②主は、モーセに「向きを変えて出発せよ」と語られたのです。
これは40年荒野を放浪していた民が、カナンに入る転換点でした。
主が留めている間は、変化は起こりません。
しかし主が「動くように」と命じたならば、それは「動く時」なのです。

あなたは今どのような時なのでしょうか。
留まる時なら、留まり、動く時ならば、動きましょう。
しかし「大切なこと」は「主の願いを忘れないこと」です。
主の願いから外れたならば、どんなに頑張っても上手くいかないからです。


『聖霊の満たし(バプテスマ)』
【使19:1 アポロがコリントにいた間に、パウロは奥地を通ってエペソに来た。そして幾人かの弟子に出会って、19:2「信じたとき、聖霊を受けましたか」と尋ねると、彼らは、「いいえ、聖霊の与えられることは、聞きもしませんでした」と答えた。・・・19:4 そこで、パウロは、「ヨハネは、自分のあとに来られるイエスを信じるように人々に告げて、悔い改めのバプテスマを授けたのです」と言った。19:5 これを聞いたその人々は、主イエスの御名によってバプテスマを受けた。・・・19:6 パウロが彼らの上に手を置いたとき、聖霊が彼らに臨まれ、彼らは異言を語ったり、預言をしたりした。】

①エペソの信者たちは、イエス様を信じていても「聖霊の満たし」を体験していませんでした。
しかしパウロが、聖霊の正しい教えを語り、手を置いて祈ると「聖霊に満たされた」のです。
クリスチャンは「聖霊の満たし」を体験します。
しかしそれには、導き手が必要なことがあるのです。

・・・聖霊に自分自身が満たされましょう。
あなたはもしかすると後に、人を聖霊で満たす「導き手となる」かもしれないのです。




20170314


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-03-14 05:08 | 2017年 | Trackback

3月13日民数記34-36章 使徒18:1-23

懸賞 2017年 03月 13日 懸賞

『境界線』
【民34:13 モーセはイスラエル人に命じて言った。「これが、あなたがたがくじを引いて相続地とする土地である。【主】はこれを九部族と半部族に与えよと命じておられる。34:14 ルベン部族は、その父祖の家ごとに、ガド部族も、その父祖の家ごとに相続地を取っており、マナセの半部族も、受けているからである。34:15 この二部族と半部族は、ヨルダンのエリコをのぞむ対岸、東の、日の出るほうに彼らの相続地を取っている。」】

①主は、約束の地カナンの範囲を明確に定めました(34:112)。
その上でモーセは、各部族の相続地を定めたのです。
それはくじによって、平等に配分されました。

②約束の地にあっても、話し合いがなされ、不満が出ないように「境界線」が定められたのです。
私たちの仕事や人間関係にも「境界線」が存在します。
それを乗り越えてしまうと、問題が起こるのです。
そのために話し合いが必要であり、約束事が必要なのです。
そして主は、そのような「人間の調整」を用いられるのです。


『主は身近にいて下さる』
【使 18:9 ある夜、主は幻によってパウロに、「恐れないで、語り続けなさい。黙ってはいけない。18:10 わたしがあなたとともにいるのだ。だれもあなたを襲って、危害を加える者はない。この町には、わたしの民がたくさんいるから」と言われた。18:11 そこでパウロは、一年半ここに腰を据えて、彼らの間で神のことばを教え続けた。】

①パウロはコリントに導かれ、主の働きを始めました。
そこで、協力者と出会い、順調な宣教活動が進められたのです。

②しかし同時に、迫害も起こりました。
パウロは人間的に「恐れ」を感じていたようです。
しかし「主からの励まし」によって奮い立ち、宣教の働きを進めることが出来たのです。

・・・私たちも「現実の問題」の中で、恐れを感じることがあります。
しかし主の働きを願うものを「主は見捨てることなく」、
特別に「近くにいて」「助けて下さる」のです。YccFuji




20170313


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-03-13 05:17 | 2017年 | Trackback