5月20日2列王4-5章 ルカ4:14-44

懸賞 2017年 05月 20日 懸賞

『プライドを超えるもの』

【Ⅱ列王5:9 こうして、ナアマンは馬と戦車をもって来て、エリシャの家の入口に立った。5:10 エリシャは、彼に使いをやって、言った。「ヨルダン川へ行って七たびあなたの身を洗いなさい。そうすれば、あなたのからだが元どおりになってきよくなります。」5:11 しかしナアマンは怒って去り、そして言った。「何ということだ。私は彼がきっと出て来て、立ち、彼の神、【主】の名を呼んで、この患部の上で彼の手を動かし、このツァラアトに冒された者を直してくれると思っていたのに。5:12 ダマスコの川、アマナやパルパルは、イスラエルのすべての川にまさっているではないか。これらの川で洗って、私がきよくなれないのだろうか。」こうして、彼は怒って帰途についた。・・・】

①アラムの将軍、ナアマンは、
イスラエルに主の預言者がおり、その人が癒しの祈りができることを聞きました。
そして預言者エリシャの元にやって来たのです。

②ここで、エリシャが語った命令は、ナアマンの気分を害しました。
彼の考え通りではない言葉が、彼の自尊心(プライド)を傷つけたのです。

③しかし、彼のしもべたちの助言により、
ナアマンはへりくだって、主からの命令に「従った」のです。
その時「癒し」が起きました。

・・・私たちは「プライド」を持っています。
そしてプライドが傷つく時、私たちは「すべきこと」ができなくなるのです。

プライドを主に委ねましょう。
主はどんな時も、私たちを「支えて」下さいます。
ですからプライドに執着する必要が無いのです。

真剣に求める者は、様々な助けを通して、
プライドを乗り越え「正しいこと」ができるのです。





 『プライドの限界を越えるイエス様の力』

【ルカ4:23 イエスは言われた。「きっとあなたがたは、『医者よ。自分を直せ』というたとえを引いて、カペナウムで行われたと聞いていることを、あなたの郷里のここでもしてくれ、と言うでしょう。」・・・
4:27 また、預言者エリシャのときに、イスラエルには、ツァラアトに冒された人がたくさんいたが、そのうちのだれもきよめられないで、シリヤ人ナアマンだけがきよめられました。」4:28 これらのことを聞くと、会堂にいた人たちはみな、ひどく怒り、4:29 立ち上がってイエスを町の外に追い出し、町が立っていた丘のがけのふちまで連れて行き、そこから投げ落とそうとした。4:30 しかしイエスは、彼らの真ん中を通り抜けて、行ってしまわれた。】

①イエス様は、故郷で重んじられませんでした。
それは、イエス様の小さい頃を知っている人が
「イエス様の価値を理解できなかった」からです。

②彼らにはイエス様に対する「先入観」がありました。

「イエスはこの程度」という勝手なイメージが、
「彼らのプライド」となって「本当のイエス様」受け入れられなくしたのです。

③人間は、自分の考えが「プライド」になる時があります。
それによって「現実を否定」し、正しいものが「見れなくなる」のです。

・・・聖書の御言葉も同じです。
自分が知っていると思うと「神様の言葉」が見えなく(盲目に)なるのです。

・・・祈りましょう。
聖霊様が働かなければ、自我というプライドを乗り越えることは不可能です。
しかし主は、困難な中で
「迫害の真ん中を歩むように」私たちを助けることができるのです。






20170520


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-05-20 05:37 | 2017年 | Trackback

5月19日2列王記1-3章 ルカ4:1-13

懸賞 2017年 05月 19日 懸賞

『高慢の結果、へりくだりの結果』

【Ⅱ列王1:13 王はまた、第三の五十人隊の長と、その部下五十人を遣わした。この三人目の五十人隊の長は上って行き、エリヤの前にひざまずき、懇願して言った。「神の人よ。どうか私のいのちと、このあなたのしもべ五十人のいのちとをお助けください。1:14 ご承知のように、天から火が下って来て、先のふたりの五十人隊の長と、彼らの部下五十人ずつとを、焼き尽くしてしまいました。今、私のいのちはお助けください。」1:15 【主】の使いがエリヤに、「彼といっしょに降りて行け。彼を恐れてはならない」と言ったので、エリヤは立って、彼といっしょに王のところに下って行き・・・】

①アハズヤ王は、主に反逆して、バアルの力を求めました。
主は、エリヤを通じてその「罪と問題」を指摘し、「王は死ぬ」と語ったのです。

その言葉を聞いた王は、エリヤに自分の元に来るように「家来たち」に「命じ」ました。

②その命令を受けた、最初の五十人隊長は、神の人エリヤに「命令」し、主から打たれました。
次の五十人隊長も同じように「命令」し、主から打たれたのです。

しかし3人目の五十人隊長は、神の人エリヤに「懇願し、救いを求めた」のです。
すると主は、「彼らについていくように」とエリヤに語られたのです。

・・・主は「へりくだった者」の言葉を聞いて下さいます。
それだけ厳しい状況(罪の中)でも、主に「懇願する者の言葉」を、聞かれるのです。

③主に対する「私たちの姿勢」を、吟味しましょう。
人は「何かの権威」を自分のものとすると「高慢」になるのです。

しかしその「支え、プライド」を「主以上」ではありません。
主の前では「へりくだること」、
このことが「自分の身を守り」、「神の祝福を受ける」大切な秘訣なのです。
このことを忘れてはいけないのです。




『悪魔の誘惑』

【ルカ 4:1 さて、聖霊に満ちたイエスは、ヨルダンから帰られた。そして御霊に導かれて荒野におり、4:2 四十日間、悪魔の試みに会われた。その間何も食べず、その時が終わると、空腹を覚えられた。4:3そこで、悪魔はイエスに言った。「あなたが神の子なら、この石に、パンになれと言いつけなさい。」4:4 イエスは答えられた。「『人はパンだけで生きるのではない』と書いてある。」・・・】

①イエス様は、公生涯を始める前に、悪魔からの誘惑を受けました。
その誘惑に、イエス様は「み言葉」で勝利をしました。

第一に私たちは「悪魔がいること」を理解しなければなりません。
悪魔は創造の産物でも、架空の存在でもなく、現実なのです。

次に「悪魔の攻撃があること」を忘れてはいけないのです。
悪魔は、あなたを「ほっておかれません」。
あなたが「神様のことを考え」「神の導きに生きよう」と考えるならば、
攻撃を受けることは覚悟すべきです。

しかし安心してください。
イエス様が勝利をしたように、
私たちも「キリストの力により」「み言葉を通じて」悪魔に勝利をすることができるのです。

神に従いましょう。悪魔に立ち向かいましょう(ヤコブ4:7)。
み言葉が武器になります。

イエス様が公生涯前に、誘惑を受け、勝利をたように、
私たちも人生の「大切な場面」で、「み言葉」により、勝利をすることができるのです。






20170519


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-05-19 05:41 | 2017年 | Trackback

5月18日1列王22章 ルカ3章

懸賞 2017年 05月 18日 懸賞

『主をごまかすことはできない』

【Ⅰ列王22:34 ところが、ひとりの兵士が何げなく弓を放つと、イスラエルの王の胸当てと草摺の間を射抜いた。そこで、王は自分の戦車の御者に言った。「手綱を返して、私を敵陣から抜け出させてくれ。傷を負ってしまった。」・・・】

①北イスラエルの悪王、アハブ王の最後がここに描かれています。
彼は主の前に罪を犯し続け、主からの裁きを受けました。

②アハブ王は自分の身の危険を感じ、
南ユダのヨシャパテ王を自分の身代わりとして、
自分は助かろうと考えました。

しかし実際、ヨシャパテ王は助け出され、
アハブ王は弓で殺されてしまうのです。

③私たちは、主に喜ばれるかどうかで、「人生の方向性」が決まってしまいます。
人間的な小細工をいくらしても、
「主の裁き」を変えることはできないのです。

④ですから、「悪」に気がついたならば、
私たちは素直になって、心から悔い改め、赦しを頂くだけなのです。
そこにしか「解決の道」はないのです。





『深い、悔い改めのために』

【ルカ3:7 それで、ヨハネは、彼からバプテスマを受けようとして出て来た群衆に言った。「まむしのすえたち。だれが必ず来る御怒りをのがれるように教えたのか。3:8 それならそれで、悔い改めにふさわしい実を結びなさい。『われわれの父はアブラハムだ』などと心の中で言い始めてはいけません。よく言っておくが、神は、こんな石ころからでも、アブラハムの子孫を起こすことがおできになるのです。3:9 斧もすでに木の根元に置かれています。だから、良い実を結ばない木は、みな切り倒されて、火に投げ込まれます。」】

①イエス様の「道備え」をした、洗礼者ヨハネの言葉がここに書かれています。
彼は人々に「悔い改め」を説きました。
なぜなら「すべてを見ておられる」主は、
私たちが「心の奥に持っている罪」を、「見過ごすこと」はないからです。

②そして「口先で表面的に悔い改める」のではなく、
「心から悔い改め」、
悔い改めに相応しい実(行動)を取るようにと命じたのです。

「生活が変わるまで」悔い改めるには、「相当深い」悔い改めが必要になります。

・・・あなたは自分を直視できますか。
自分が100%愚かでも、それをすべて見た上で、
受け止めて下さるイエス様(そして天の父)の愛と支えを体験していますか。

天の父の愛を知ると「本当の自分を見ること」が怖くなくなります。
その上で、「深い」悔い改めができ。
私たちは「変えて頂ける」のです。





20170518


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-05-18 05:35 | 2017年 | Trackback

5月17日1列王20-21章 ルカ2:21-52

懸賞 2017年 05月 17日 懸賞

『主の憐みの大きさ』

【Ⅰ列王21:25 アハブのように、裏切って【主】の目の前に悪を行った者はだれもいなかった。彼の妻イゼベルが彼をそそのかしたからである。21:26 彼は偶像につき従い、【主】がイスラエル人の前から追い払われたエモリ人がしたとおりのことをして、忌みきらうべきことを大いに行った。21:27 アハブは、これらのことばを聞くとすぐ、自分の外套を裂き、身に荒布をまとい、断食をし、荒布を着て伏し、また、打ちしおれて歩いた。21:28 そのとき、ティシュベ人エリヤに次のような【主】のことばがあった。21:29 「あなたはアハブがわたしの前にへりくだっているのを見たか。彼がわたしの前にへりくだっているので、彼の生きている間は、わざわいを下さない。しかし、彼の子の時代に、彼の家にわざわいを下す。」】

①アハブ王は、北イスラエルの悪王で、妻の影響を受けて、バアルの神を拝み、
非道徳的なことをした人物でした。

しかしこの時、預言者の指摘を受け、心からへりくだり「悔い改めた」のです。
すると主は、その「悔い改め」を受け取られ、
アハブに寛大な措置をされたのです。

②主の「御気質」がここに描かれています。
どんなに酷い人物でも「素直に悔い改める」ならば、災いが減少するのです。
ですから私たちは、「単純に悔い改めること」が非常に大切なのです。

言い訳や理屈を言うのではなく、「単純に」罪を告白するのです。

・・・このことを素直に実行しましょう。
主の裁きは「恐ろしい」ですが、
主の憐みはそれ以上に「大きい」のです。




『主の語り掛けと、その真実さ』

【ルカ2:25 そのとき、エルサレムにシメオンという人がいた。この人は正しい、敬虔な人で、イスラエルの慰められることを待ち望んでいた。聖霊が彼の上にとどまっておられた。2:26 また、主のキリストを見るまでは、決して死なないと、聖霊のお告げを受けていた。2:27 彼が御霊に感じて宮に入ると、幼子イエスを連れた両親が、その子のために律法の慣習を守るために、入って来た。2:28 すると、シメオンは幼子を腕に抱き、神をほめたたえて言った。2:29 「主よ。今こそあなたは、あなたのしもべを、みことばどおり、安らかに去らせてくださいます。2:30 私の目があなたの御救いを見たからです。・・・」】

①シメオンは、主から「救い主を見るまでは死なない」と預言を受けていました。
そしてその通り、イエス様にお会いすることができたのです。

主の語り掛けは「真実」です。
そして主の約束は「成就」するのです。

②あなたは「主の語り掛け」を受けたことはありますか。
主は特別な方法で、語られることがありますが、
現在多くは「聖書の御言葉」から(聖霊を通じて)語られるのです(ヨハネ14:26)。

ですから、「毎日み言葉を祈りつつ読むこと」は非常に有効なのです。

あなたは「主の語り掛け」を聞きたいですか。
その人は聖書を「本気で読むように」なるのです。





20170517


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-05-17 04:43 | 2017年 | Trackback

5月16日1列王18-19章 ルカ2:1-20

懸賞 2017年 05月 16日 懸賞

『回復の主』

【Ⅰ列王19:12 地震のあとに火があったが、火の中にも【主】はおられなかった。火のあとに、かすかな細い声があった。19:13 エリヤはこれを聞くと、すぐに外套で顔をおおい、外に出て、ほら穴の入口に立った。すると、声が聞こえてこう言った。「エリヤよ。ここで何をしているのか。」19:14 エリヤは答えた。「私は万軍の神、【主】に、熱心に仕えました。しかし、イスラエルの人々はあなたの契約を捨て、あなたの祭壇をこわし、あなたの預言者たちを剣で殺しました。ただ私だけが残りましたが、彼らは私のいのちを取ろうとねらっています。」】

①エリヤは、バアルの預言者たちとの対決と勝利の後、
燃え尽きたように、荒野に退きました。
主はそのエリヤを回復させられたのです。

②主は御使いを遣わし、「食べて休息をさせ(9:6)」ました。
そして少し力を得ると、神の山ホレブに向かわせたのです。

③疲れすぎている時、主は私たちをまず、休ませてくださいます。
そして力を得た後に、主の元に近づけさせるのです。
肉体的な回復の後に、精神的(霊的)な回復を主は導かれるのです。

④その時に私たちは、エリヤのように「本音で主と交わる」時間が必要です。
主と深い部分で交わらなければ、本当の意味での解決(回復)はあり得ないからです。




『へりくだった者に、救いを伝える主』

【ルカ 2:8 さて、この土地に、羊飼いたちが、野宿で夜番をしながら羊の群れを見守っていた。
2:9 すると、主の使いが彼らのところに来て、主の栄光が回りを照らしたので、彼らはひどく恐れた。
2:10御使いは彼らに言った。「恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。2:11 きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。」】

①主はイエス様の誕生を、最初に貧しい羊飼いたちに伝えました。
忘れ去られたような人たちに、主は救い主の誕生を伝えたのです。

②聖書は「この世の取るに足りない者、見下されている者」が
クリスチャンとして選ばれた(1コリント1:28)とはっきりと書いています。

私たちは、「良い人だから」クリスチャンになったのではないのです。
「頑張ったから」でもありません。
「神のひとり子」が私たちのために生まれ、命を犠牲にして下さったから、私たちはクリスチャンとなったのです。
むしろ「愚かだったから」こそ、その「愚かさ」に気がつき、私たちは救いを求めたのです。

ですから高ぶることはできません。

・・・主は貧しくもへりくだった「羊飼いたち」に最初に救いを伝えられたことを、
もう一度覚えたいのです。





20170516


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-05-16 05:09 | 2017年 | Trackback

5月15日1列王15-17章 ルカ1:57-80

懸賞 2017年 05月 15日 懸賞

『主に従う者に与えられる、恵み』

【Ⅰ列王17:2 それから、彼に次のような【主】のことばがあった。17:3 「ここを去って東へ向かい、ヨルダン川の東にあるケリテ川のほとりに身を隠せ。17:4 そして、その川の水を飲まなければならない。わたしは烏に、そこであなたを養うように命じた。」17:5それで、彼は行って、【主】のことばのとおりにした。すなわち、彼はヨルダン川の東にあるケリテ川のほとりに行って住んだ。17:6 幾羽かの烏が、朝になると彼のところにパンと肉とを運んで来・・・】

①北イスラエルの悪王アハブの時代、
主は預言者エリヤに、ケリテ川のほとりで身を隠すように、と命じられました。
それはエリヤの預言活動に反対するアハブ王に、殺される可能性があったからです。

②エリヤは主の命令に応答し、何もないケリテ川のほとりに移動しました。
そして約束通り、主は「エリヤを養われた」のです。
この時主は「カラス」を用いられました。
主が働かれると、私たちにも「エリヤのカラス」のような現象が起きるのです。

・・・信仰が大切です。
エリヤは主に信頼しきっていました。
(ですから何もない荒地に行くことができました)
また、行動が大切です。
主に信頼する人は、言われた通りに行動するのです。
(行動したので、エリヤは主の奇跡を体験しました)。

もし信じていると言いながら、行いがないならば、体験はできません。
ヤコブが言うところの「死んだ信仰(ヤコブ2:26)と言われしまうのです。




『主の最善の導き』

【ルカ1:63 すると、彼は書き板を持って来させて、「彼の名はヨハネ」と書いたので、人々はみな驚いた。1:64すると、たちどころに、彼の口が開け、舌は解け、ものが言えるようになって神をほめたたえた。1:65 そして、近所の人々はみな恐れた。さらにこれらのことの一部始終が、ユダヤの山地全体にも語り伝えられて行った。・・・】

①バプテスマのヨハネが生まれる前、
父ザカリヤは、不信仰のため一時期、口がきけないくなりました。
しかしヨハネが誕生した時に、ザカリヤは口が利けるようになり、
その噂がユダヤ中に広まったのです。

②「奇跡によって誕生した」ヨハネは、
好むと好まざるとに関わらず、注目されました。

主は、「ザカリヤの不信仰」さえも用いられて、
バプテスマのヨハネが活躍する「準備をさせた」のです。

③主のされることは、「スマート(賢い)」です。
そして無駄がありません。

私たちは「主と共に歩むこと」を通じて、
その素晴らしい恵みの中を歩むことができるのです。

疑いながら進むものは、自我によって主の道を踏み外してしまいます。
しかし主は、そのことさえも「最善に変えて」下さるお方なのです。






20170515


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-05-15 05:47 | 2017年 | Trackback

5月14日1列王12-14章 ルカ1:26-56

懸賞 2017年 05月 14日 懸賞

『神様の願いを無視し、自分の野望を優先すると・・・』

【Ⅰ列王14:7 帰って行ってヤロブアムに言いなさい。イスラエルの神、【主】は、こう仰せられます。『わたしは民の中からあなたを高くあげ、わたしの民イスラエルを治める君主とし、14:8 ダビデの家から王国を引き裂いてあなたに与えた。あなたは、わたしのしもべダビデのようではなかった。ダビデは、わたしの命令を守り、心を尽くしてわたしに従い、ただ、わたしの見る目にかなったことだけを行った。14:9 ところが、あなたはこれまでのだれよりも悪いことをし、行って、自分のためにほかの神々と、鋳物の像を造り、わたしの怒りを引き起こし、わたしをあなたのうしろに捨て去った。・・・』】

①ヤロブアムは、北イスラエルを任せられましたが、
ダビデのように「主に従う」のではなく、
自分の野望を優先して、民に偶像礼拝をさせました。

それが大きな罪となったのです。

②主に喜んで頂くように判断していれば、すべて上手く導かれるのですが、
自分の欲を優先すると、与えられたものまでも無くしてしまうのです。

この原則は、単純です。
しかしごまかそうとする人は、
「単純な原則」を、(自分の都合の良いように)「歪めて解釈」をするのです。

・・・「すべての汚れや悪を」捨て去り、「みことば」を素直に受け入れる(ヤコブ1:21)ことが、
誘惑に会った時に「私たちが絶対にしなければならないこと」なのです。

「自分の心を正直」に見て「対処すれば」問題が起きないのですが、
「小さなこと」をごまかすと、
それがいつの間にか「非常に大きなこと」(取り返しのつかないこと)になってしまうのです。
恐ろしいことです。





『マリヤの信仰』

【ルカ1:38 マリヤは言った。「ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。」】

①この言葉は、マリヤの信仰の言葉です。
神様に長い歴史の中で準備されたマリヤは、
み使いの語り掛けを通じて「偉大な信仰の言葉」を残したのです。

②処女降誕は、「人間的には理解できないこと」です。
そして受け止めることに戸惑いもあったことでしょう。
(これを受け止めることで、マリヤは激動の人生を歩むことになるのです)

しかしこれが「主から出ていること」だと悟った時、
「お言葉通りこの身になりますように」とマリヤは毅然として答えたのです。

・・・主に準備された人は、「主の願い」をするようになります。
それは「あなたも同じ」なのです。

マリヤが神様の準備の中、様々な段階を経て、「信仰の言葉」を語ったように、
私たちも様々な経験を通じて、力強い「信仰の言葉」を語るようになるのです。





20170514


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-05-14 05:54 | 2017年 | Trackback