<   2017年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

8月31日箴言5-7章 ガラテヤ3:1-14

懸賞 2017年 08月 31日 懸賞

『みことばの力』

【箴7:1 わが子よ。私のことばを守り、私の命令をあなたのうちにたくわえよ。7:2 私の命令を守って、生きよ。私のおしえを、あなたのひとみのように守れ。7:3 それをあなたの指に結び、あなたの心の板に書きしるせ。7:4 知恵に向かって、「あなたは私の姉妹だ」と言い、悟りを「身内の者」と呼べ。7:5 それは、あなたを他人の妻から守り、ことばのなめらかな見知らぬ女から守るためだ。】

①誘惑から逃れるには、主の言葉をたくわえ、自分のものとしなければなりません。
誘惑が大きい程、主の力も大きいのです。
要は私たちが、「実際に使える力」として、みことばの力を活用する必要があるのです。

・・・あなたに誘惑があるにならば、
その力以上に「みことばを慕い求める」必要があります。

選ぶのはあなた自身です。
主は誘惑を退ける方法(み言葉)を準備しておられるのです。
もう一度書きますが、「選ぶのはあなた自身」なのです。





『純粋に受け取る信仰の大切さ』

【ガラテヤ3:1 ああ愚かなガラテヤ人。十字架につけられたイエス・キリストが、あなたがたの目の前に、あんなにはっきり示されたのに、だれがあなたがたを迷わせたのですか。3:2 ただこれだけをあなたがたから聞いておきたい。あなたがたが御霊を受けたのは、律法を行ったからですか。それとも信仰をもって聞いたからですか。3:3 あなたがたはどこまで道理がわからないのですか。御霊で始まったあなたがたが、いま肉によって完成されるというのですか。】

①「律法」では、人は救われません。
人はどれだけ努力しても、自分の罪の代価を支払いきることはできないのです。

②「救い」は、信仰によって、ただ純粋に受け取ることによって、頂くことができるのです。
そして私たちは天国での完成を体験できるのです。
(そのしるしとして「御霊を受けた」のです)

・・・「行い」よりも「信仰」が大切です。
信じて受け取ることによって、行いも、生活も、変えられていくのです。






20170831


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-08-31 05:28 | 2017年 | Trackback

8月30日箴言3-4章 ガラテヤ2章

懸賞 2017年 08月 30日 懸賞

『主を恐れる知恵』
【箴3:1 わが子よ。私のおしえを忘れるな。私の命令を心に留めよ。3:2 そうすれば、あなたに長い日と、いのちの年と平安が増し加えられる。3:3 恵みとまことを捨ててはならない。それをあなたの首に結び、あなたの心の板に書きしるせ。3:4 神と人との前に好意と聡明を得よ。3:5 心を尽くして【主】に拠り頼め。自分の悟りにたよるな。3:6 あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。3:7自分を知恵のある者と思うな。【主】を恐れて、悪から離れよ。】


『信仰による義』
【ガラテヤ2:16 しかし、人は律法の行いによっては義と認められず、ただキリスト・イエスを信じる信仰によって義と認められる、ということを知ったからこそ、私たちもキリスト・イエスを信じたのです。これは、律法の行いによってではなく、キリストを信じる信仰によって義と認められるためです。なぜなら、律法の行いによって義と認められる者は、ひとりもいないからです。
2:20 私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。いま私が肉にあって生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです。2:21 私は神の恵みを無にはしません。もし義が律法によって得られるとしたら、それこそキリストの死は無意味です。】




20170830


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-08-30 05:42 | 2017年 | Trackback

8月29日箴言1-2章 ガラテヤ1章

懸賞 2017年 08月 29日 懸賞

『主を恐れることは、知識の初め』

【箴1:7 【主】を恐れることは知識の初めである。愚か者は知恵と訓戒をさげすむ。1:8 わが子よ。あなたの父の訓戒に聞き従え。あなたの母の教えを捨ててはならない。1:9 それらは、あなたの頭の麗しい花輪、あなたの首飾りである。1:10 わが子よ。罪人たちがあなたを惑わしても、彼らに従ってはならない。1:11 もしも、彼らがこう言っても。「いっしょに来い。われわれは人の血を流すために待ち伏せし、罪のない者を、理由もなく、こっそりねらい、1:12 よみのように、彼らを生きたままで、のみこみ、墓に下る者のように、彼らをそのまま丸のみにしよう。」】



『偽りの福音に気をつける』

【ガラテヤ1:9 私たちが前に言ったように、今もう一度私は言います。もしだれかが、あなたがたの受けた福音に反することを、あなたがたに宣べ伝えているなら、その者はのろわれるべきです。1:10 いま私は人に取り入ろうとしているのでしょうか。いや。神に、でしょう。あるいはまた、人の歓心を買おうと努めているのでしょうか。もし私がいまなお人の歓心を買おうとするようなら、私はキリストのしもべとは言えません。】

①パウロは啓示によって(112)キリストの福音の真理を教えられました。
その結果、かつてはキリスト者を迫害した者が、
キリストの福音を宣べ伝えるものへと変えられたのです。

②ですからパウロにとって「福音をゆがめること」はあってはならないことだったのです。

③神様に喜ばれるためではなく、
人間的な動機(欲)で、聖書の言っている結論と違うことを言い始めた人がいたならば、
気をつけなければなりません。

その人は神を愛するのではなく、
自分を愛し、称賛を愛する人なのです。
いくら滑らかな言葉を使ったとしても、私たちは吟味をしなければならないのです。




20170829


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-08-29 05:55 | Trackback

8月28日詩篇146-150篇 ロマ16章

懸賞 2017年 08月 28日 懸賞

『神に頼る勧め』

【詩146:1 ハレルヤ。私のたましいよ。【主】をほめたたえよ。146:2 私は生きているかぎり、【主】をほめたたえよう。いのちのあるかぎり、私の神に、ほめ歌を歌おう。146:3君主たちにたよってはならない。救いのない人間の子に。146:4 霊が出て行くと、人はおのれの土に帰り、その日のうちに彼のもろもろの計画は滅びうせる。146:5 幸いなことよ。ヤコブの神を助けとし、その神、【主】に望みを置く者は。146:6 主は天と地と海とその中のいっさいを造った方。とこしえまでも真実を守り、146:7 しいたげられる者のためにさばきを行い、飢えた者にパンを与える方。【主】は捕らわれ人を解放される。】




『ローマ人への手紙の最後の祈り』

【ロマ16:25 26 私の福音とイエス・キリストの宣教によって、すなわち、世々にわたって長い間隠されていたが、今や現されて、永遠の神の命令に従い、預言者たちの書によって、信仰の従順に導くためにあらゆる国の人々に知らされた奥義の啓示によって、あなたがたを堅く立たせることができる方、16:27 知恵に富む唯一の神に、イエス・キリストによって、御栄えがとこしえまでありますように。アーメン。】





20170828


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-08-28 05:44 | 2017年 | Trackback

8月27日詩篇142-145篇 ロマ15:14-33

懸賞 2017年 08月 27日 懸賞

『主は呼び求める者に、近くおられる』

【詩145:18 主を呼び求める者すべて、まことをもって主を呼び求める者すべてに【主】は近くあられる。145:19また主を恐れる者の願いをかなえ、彼らの叫びを聞いて、救われる。145:20 すべて主を愛する者は【主】が守られる。しかし、悪者はすべて滅ぼされる。145:21 私の口が【主】の誉れを語り、すべて肉なる者が聖なる御名を世々限りなくほめたたえますように。】




『パウロの使命』

【ロマ15:14 私の兄弟たちよ。あなたがた自身が善意にあふれ、すべての知恵に満たされ、また互いに訓戒し合うことができることを、この私は確信しています。15:15 ただ私が所々、かなり大胆に書いたのは、あなたがたにもう一度思い起こしてもらうためでした。15:16 それも私が、異邦人のためにキリスト・イエスの仕え人となるために、神から恵みをいただいているからです。私は神の福音をもって、祭司の務めを果たしています。それは異邦人を、聖霊によって聖なるものとされた、神に受け入れられる供え物とするためです。】

①パウロは、自分が異邦人にキリストの福音を伝える使命が与えられていることを自覚していました。
そしてローマの信徒たちが「互いに訓戒しあうこと」を願っていました。

②主は私たちが成長し、他の人を助け、
みことばの基準によって互いに教えあうことを願っておられるのです。

使命を知ることができた人は幸いです。
(試練と艱難はあっても)
それをすることで、主に喜ばれるならば、
(天国で地上の人生を振り返った時に)
意義があることなのです。





20170827


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-08-27 05:50 | 2017年 | Trackback

8月26日詩篇139-141篇 ロマ15:5-13

懸賞 2017年 08月 26日 懸賞

『信じる者の祈り(ダビデ)』

【詩139:1 【主】よ。あなたは私を探り、私を知っておられます。139:2 あなたこそは私のすわるのも、立つのも知っておられ、私の思いを遠くから読み取られます。139:3あなたは私の歩みと私の伏すのを見守り、私の道をことごとく知っておられます。139:4 ことばが私の舌にのぼる前に、なんと【主】よ、あなたはそれをことごとく知っておられます。139:5 あなたは前からうしろから私を取り囲み、御手を私の上に置かれました。139:6 そのような知識は私にとってあまりにも不思議、あまりにも高くて、及びもつきません。139:7 私はあなたの御霊から離れて、どこへ行けましょう。私はあなたの御前を離れて、どこへのがれましょう。・・・
139:23 神よ。私を探り、私の心を知ってください。私を調べ、私の思い煩いを知ってください。139:24 私のうちに傷のついた道があるか、ないかを見て、私をとこしえの道に導いてください。】




『望みの神(パウロ)』

【ロマ15:5 どうか、忍耐と励ましの神が、あなたがたを、キリスト・イエスにふさわしく、互いに同じ思いを持つようにしてくださいますように。15:6 それは、あなたがたが、心を一つにし、声を合わせて、私たちの主イエス・キリストの父なる神をほめたたえるためです。15:7 こういうわけですから、キリストが神の栄光のために、私たちを受け入れてくださったように、あなたがたも互いに受け入れなさい。・・・
15:13 どうか、望みの神が、あなたがたを信仰によるすべての喜びと平和をもって満たし、聖霊の力によって望みにあふれさせてくださいますように。】



20170826


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-08-26 05:13 | 2017年 | Trackback

8月25日詩篇135-138篇 ロマ14:1-15:4

懸賞 2017年 08月 25日 懸賞

『切実に求め、主と出会う』

【詩138:3 私が呼んだその日に、あなたは私に答え、私のたましいに力を与えて強くされました。
138:4 【主】よ。地のすべての王たちは、あなたに感謝しましょう。彼らがあなたの口のみことばを聞いたからです。138:5 彼らは【主】の道について歌うでしょう。【主】の栄光が大きいからです。138:6 まことに、【主】は高くあられるが、低い者を顧みてくださいます。しかし、高ぶる者を遠くから見抜かれます。138:7 私が苦しみの中を歩いても、あなたは私を生かしてくださいます。私の敵の怒りに向かって御手を伸ばし、あなたの右の手が私を救ってくださいます。138:8 【主】は私にかかわるすべてのことを、成し遂げてくださいます。【主】よ。あなたの恵みはとこしえにあります。あなたの御手のわざを捨てないでください。】

①主は生きておられるので、私たちが祈る祈りを聞いて下さいます。
しかし「わたしの魂に力を与えて下さる」ためには、
私たちが「魂が満たされるほどに」求める必要があります。
(人間は、神以外のものを偶像にして、真剣に神ご自身の助けを求めないことが多いのです)

②神は「苦しみ」を通じて(私たちの足りなさを自覚させ)
「主に出会わせようと」計画されているのです。

主の前でへりくだりましょう。
主にお出会いするまで、「祈り求める切実さ」が用いられるのです。



『主の為に生きること(パウロ)』

【ロマ14:7 私たちの中でだれひとりとして、自分のために生きている者はなく、また自分のために死ぬ者もありません。14:8 もし生きるなら、主のために生き、もし死ぬなら、主のために死ぬのです。ですから、生きるにしても、死ぬにしても、私たちは主のものです。14:9 キリストは、死んだ人にとっても、生きている人にとっても、その主となるために、死んで、また生きられたのです。
14:12 こういうわけですから、私たちは、おのおの自分のことを神の御前に申し開きすることになります。
14:19 そういうわけですから、私たちは、平和に役立つことと、お互いの霊的成長に役立つこととを追い求めましょう。
14:22 あなたの持っている信仰は、神の御前でそれを自分の信仰として保ちなさい。自分が、良いと認めていることによって、さばかれない人は幸福です。】




20180825


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-08-25 05:31 | 2017年 | Trackback

8月24日詩篇128-134篇 ロマ12:17-13:14

懸賞 2017年 08月 24日 懸賞

『兄弟の一致』

【詩133:1 見よ。兄弟たちが一つになって共に住むことは、なんというしあわせ、なんという楽しさであろう。133:2それは頭の上にそそがれたとうとい油のようだ。それはひげに、アロンのひげに流れてその衣のえりにまで流れしたたる。133:3 それはまたシオンの山々におりるヘルモンの露にも似ている。【主】がそこにとこしえのいのちの祝福を命じられたからである。】



『悪に打ち勝つ』

【ロマ12:17 だれに対してでも、悪に悪を報いることをせず、すべての人が良いと思うことを図りなさい。12:18あなたがたは、自分に関する限り、すべての人と平和を保ちなさい。12:19 愛する人たち。自分で復讐してはいけません。神の怒りに任せなさい。それは、こう書いてあるからです。「復讐はわたしのすることである。わたしが報いをする、と主は言われる。」12:20 もしあなたの敵が飢えたなら、彼に食べさせなさい。渇いたなら、飲ませなさい。そうすることによって、あなたは彼の頭に燃える炭火を積むことになるのです。12:21 悪に負けてはいけません。かえって、善をもって悪に打ち勝ちなさい。】




20170824


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-08-24 05:39 | Trackback

8月23日詩篇120-127篇 ロマ12:1-16

懸賞 2017年 08月 23日 懸賞

『繁栄を元通りにされる主』

【詩126:1 【主】がシオンの繁栄を元どおりにされたとき、私たちは夢を見ている者のようであった。126:2そのとき、私たちの口は笑いで満たされ、私たちの舌は喜びの叫びで満たされた。そのとき、国々の間で、人々は言った。「【主】は彼らのために大いなることをなされた。」126:3 【主】は私たちのために大いなることをなされ、私たちは喜んだ。126:4 【主】よ。ネゲブの流れのように、私たちの繁栄を元どおりにしてください。126:5 涙とともに種を蒔く者は、喜び叫びながら刈り取ろう。126:6 種入れをかかえ、泣きながら出て行く者は、束をかかえ、喜び叫びながら帰って来る。】




『生きた供え物』

【ロマ12:1 そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。12:2 この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。(変えて頂きなさい)12:3 私は、自分に与えられた恵みによって、あなたがたひとりひとりに言います。だれでも、思うべき限度を越えて思い上がってはいけません。いや、むしろ、神がおのおのに分け与えてくださった信仰の量りに応じて、慎み深い考え方をしなさい。12:4 一つのからだには多くの器官があって、すべての器官が同じ働きはしないのと同じように、12:5 大ぜいいる私たちも、キリストにあって一つのからだであり、ひとりひとり互いに器官なのです。】



20170823


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-08-23 05:33 | 2017年 | Trackback

8月22日詩篇119:89-176 ロマ11:25-36

懸賞 2017年 08月 22日 懸賞

『神のみ教えは足のともしび』

【詩119:105 あなたのみことばは、私の足のともしび、私の道の光です。119:106 私は誓い、そして果たしてきました。あなたの義のさばきを守ることを。119:107 私はひどく悩んでいます。【主】よ。みことばのとおりに私を生かしてください。119:108 どうか、私の口の進んでささげるささげ物を受け入れてください。【主】よ。あなたのさばきを私に教えてください。119:109 私は、いつもいのちがけでいなければなりません。しかし私は、あなたのみおしえを忘れません。119:110 悪者は私に対してわなを設けました。しかし私は、あなたの戒めから迷い出ませんでした。119:111 私は、あなたのさとしを永遠のゆずりとして受け継ぎました。これこそ、私の心の喜びです。119:112 私は、あなたのおきてを行うことに、心を傾けます。いつまでも、終わりまでも。】



『パウロの祈り』

【ロマ11:33 ああ、神の知恵と知識との富は、何と底知れず深いことでしょう。そのさばきは、何と知り尽くしがたく、その道は、何と測り知りがたいことでしょう。11:34 なぜなら、だれが主のみこころを知ったのですか。また、だれが主のご計画にあずかったのですか。11:35 また、だれが、まず主に与えて報いを受けるのですか。11:36 というのは、すべてのことが、神から発し、神によって成り、神に至るからです。どうか、この神に、栄光がとこしえにありますように。アーメン。】




20170822


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-08-22 05:43 | 2017年 | Trackback