カテゴリ:2017年( 313 )

懸賞 懸賞

11月7日エレミヤ13-14章 ヨハネ7:25-8:11

懸賞 2017年 11月 07日 懸賞

『主の憐みにすがる』

【エレミヤ14:21 御名のために、私たちを退けないでください。あなたの栄光の御座をはずかしめないでください。あなたが私たちに立てられた契約を覚えて、それを破らないでください。14:22 異国のむなしい神々の中で、大雨を降らせる者がいるでしょうか。それとも、天が夕立を降らせるでしょうか。私たちの神、【主】よ。それは、あなたではありませんか。私たちはあなたを待ち望みます。あなたがこれらすべてをなさるからです。】

①エレミヤは、神の民が裁きを受けることを知り、神の前で涙を流し、懇願をしました。
彼は、民の代表として、主に訴え、主の憐みにすがったのです。
主は憐れみ深いお方です。
そしてへりくだった者の祈りを聞いて下さるお方です。
裁きのような状況下でも、主にすがりましょう。
主はその祈りを聞かれ、最善を進めて下さるお方なのです。



『イエス様の赦し』

【ヨハネ8:7 けれども、彼らが問い続けてやめなかったので、イエスは身を起こして言われた。「あなたがたのうちで罪のない者が、最初に彼女に石を投げなさい。」8:8 そしてイエスは、もう一度身をかがめて、地面に書かれた。8:9 彼らはそれを聞くと、年長者たちから始めて、ひとりひとり出て行き、イエスがひとり残された。女はそのままそこにいた。8:10 イエスは身を起こして、その女に言われた。「婦人よ。あの人たちは今どこにいますか。あなたを罪に定める者はなかったのですか。」8:11 彼女は言った。「だれもいません。」そこで、イエスは言われた。「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。今からは決して罪を犯してはなりません。」】

①人々は、この女性の罪を指摘し、責め立てましたが、イエス様は、責めませんでした。
そして「今からは罪を犯してはいけない」と言われたのです。
イエス様は、私たちの「的外れ(罪)」を赦してくださるお方です。
その赦しを受け取る時、私たちは「自由」になり、「解放」されるのです。






20171107


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-11-07 05:51 | 2017年 | Trackback

11月6日エレミヤ11-12章 ヨハネ7:1-24

懸賞 2017年 11月 06日 懸賞

『悪者が栄えることへの訴え』

【エレミヤ12:1 【主】よ。私があなたと論じても、あなたのほうが正しいのです。それでも、さばきについて、一つのことを私はあなたにお聞きしたいのです。なぜ、悪者の道は栄え、裏切りを働く者が、みな安らかなのですか。12:2 あなたは彼らを植え、彼らは根を張り、伸びて、実を結びました。あなたは、彼らの口には近いのですが、彼らの思いからは遠く離れておられます。】

①エレミヤは、主が正しい方であることを知っていましたが、
現実の世界に悪があることを見る時、
なぜこのような不平等が起きるのか、と主に問うたのです。

地上で見える範囲では、不平等に見える現実があります。
しかしそれでも主はすべてを支配しておられ、主の計画が進められるのです。



『無理解に対するイエス様の対応』

【ヨハネ7:3 そこで、イエスの兄弟たちはイエスに向かって言った。「あなたの弟子たちもあなたがしているわざを見ることができるように、ここを去ってユダヤに行きなさい。7:4 自分から公の場に出たいと思いながら、隠れた所で事を行う者はありません。あなたがこれらの事を行うのなら、自分を世に現しなさい。」7:5 兄弟たちもイエスを信じていなかったのである。】

①イエス様の兄弟たちは、イエス様の十字架前には、イエス様を理解していませんでした。
しかしイエス様はそのことを知りながらも、落ち込むことなく、神の計画を進められたのです。
イエス様の「芯」は、どんな時でもぶれませんでした。
私たちは、そのような主を見習うことができるのです。





20171106


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-11-06 05:12 | 2017年 | Trackback

11月5日エレミヤ9-10章 ヨハネ6:60-71

懸賞 2017年 11月 05日 懸賞

『主が声を出すと』

【エレミヤ10:12 主は、御力をもって地を造り、知恵をもって世界を堅く建て、英知をもって天を張られた。10:13主が声を出すと、水のざわめきが天に起こる。主は地の果てから雲を上らせ、雨のためにいなずまを造り、その倉から風を出される。10:14 すべての人間は愚かで無知だ。すべての金細工人は、偶像のために恥を見る。】

①主は全能者です。
この地を造り、私たちを造られました。
私たちの願ったタイミングでは動かれないことが多いですが、
主が働き始めると「不思議なこと」が起きるのです。
それは人々にはっきりと分かるものです。

創造主以外のものに頼ることは、力になりません。
創造主に寄り頼み、助けを求めることが、最善の方法なのです。




『イエス様の語られた霊的真理』

【ヨハネ6:60 そこで、弟子たちのうちの多くの者が、これを聞いて言った。「これはひどいことばだ。そんなことをだれが聞いておられようか。」6:61 しかし、イエスは、弟子たちがこうつぶやいているのを、知っておられ、彼らに言われた。「このことであなたがたはつまずくのか。6:62 それでは、もし人の子がもといた所に上るのを見たら、どうなるのか。6:63 いのちを与えるのは御霊です。肉は何の益ももたらしません。わたしがあなたがたに話したことばは、霊であり、またいのちです。6:64 しかし、あなたがたのうちには信じない者がいます。」──イエスは初めから、信じない者がだれであるか、裏切る者がだれであるかを、知っておられたのである──】

①イエス様のみ言葉は、言葉だけをとらえたならば、理解しにくいことがあります。
イエス様が伝えたいことは、その言葉の背後にある「霊的な意味」なのです。
この霊的意味は「御霊に助けられ」なければ、理解できません。
そのためには謙遜になって、御霊に求めることが大切なのです。
低くなる者が、霊的真理を教えて頂けるのです。






20171105


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-11-05 05:39 | 2017年 | Trackback

11月4日エレミヤ7-8章 ヨハネ6:25-59

懸賞 2017年 11月 04日 懸賞

『エレミヤのとりなしの祈り』

【エレミヤ8:18 私の悲しみはいやされず、私の心は弱り果てている。8:19 聞け。遠くの地からの私の民の娘の叫び声を。「【主】はシオンにおられないのか。シオンの王は、その中におられないのか。」「なぜ、彼らは自分たちの刻んだ像により、外国のむなしいものによって、わたしの怒りを引き起こしたのか。」8:20 「刈り入れ時は過ぎ、夏も終わった。それなのに、私たちは救われない。」8:21 私の民の娘の傷のために、私も傷つき、私は憂え、恐怖が、私を捕らえた。8:22 乳香はギルアデにないのか。医者はそこにいないのか。それなのに、なぜ、私の民の娘の傷はいやされなかったのか。】

①エレミヤは、神様との交わりと、民の不信仰の間に立って、引き裂かれそうに心が痛みました。
主に素直に近づくならば、民は苦しみを経験することはないのに、
民が反逆し続けた現実を見て、心が痛んだのです。
民のためにとりなし祈る者は、このような心を持ちます。
しかし主はその「とりなしの祈り」を用いて下さるのです。




『イエス様は、いのちのパン』

【ヨハネ6:35 イエスは言われた。「わたしがいのちのパンです。わたしに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者はどんなときにも、決して渇くことがありません。6:36 しかし、あなたがたはわたしを見ながら信じようとしないと、わたしはあなたがたに言いました。6:37 父がわたしにお与えになる者はみな、わたしのところに来ます。そしてわたしのところに来る者を、わたしは決して捨てません。6:38 わたしが天から下って来たのは、自分のこころを行うためではなく、わたしを遣わした方のみこころを行うためです。6:39 わたしを遣わした方のみこころは、わたしに与えてくださったすべての者を、わたしがひとりも失うことなく、ひとりひとりを終わりの日によみがえらせることです。」】





20171104


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-11-04 04:19 | 2017年 | Trackback

11月3日エレミヤ5-6章 ヨハネ6:1-24

懸賞 2017年 11月 03日 懸賞

『主への反逆を退ける』

【エレミヤ5:22 あなたがたは、わたしを恐れないのか。──【主】の御告げ──それとも、わたしの前でおののかないのか。わたしは砂を、海の境とした。越えられない永遠の境界として。波が逆巻いても勝てず、鳴りとどろいても越えられない。5:23 ところが、この民には、かたくなで、逆らう心があり、彼らは、そむいて去って行った。5:24 彼らは心の中でも、こう言わなかった。『さあ、私たちの神、【主】を恐れよう。主は大雨を、先の雨と後の雨を、季節にしたがって与え、刈り入れのために定められた数週を私たちのために守ってくださる』と。5:25 あなたがたの咎が、これを追い払い、あなたがたの罪が、この良い物を拒んだのだ。】

①主は、私たちが主を信じ、主に近づくことを願っておられます。
しかし主を恐れず、頑なな心で逆らい続ける心があると、
主に近づくことができないのです。
主に癒して頂きましょう。
素直に主に近づくことが、祝福の道であり、良い道なのです。




『私たちの奉仕を用いて下さるイエス様』

【ヨハネ6:8 弟子のひとりシモン・ペテロの兄弟アンデレがイエスに言った。6:9 「ここに少年が大麦のパンを五つと小さい魚を二匹持っています。しかし、こんなに大ぜいの人々では、それが何になりましょう。」6:10 イエスは言われた。「人々をすわらせなさい。」その場所には草が多かった。そこで男たちはすわった。その数はおよそ五千人であった。6:11 そこで、イエスはパンを取り、感謝をささげてから、すわっている人々に分けてやられた。また、小さい魚も同じようにして、彼らにほしいだけ分けられた。6:12 そして、彼らが十分食べたとき、弟子たちに言われた。「余ったパン切れを、一つもむだに捨てないように集めなさい。」6:13 彼らは集めてみた。すると、大麦のパン五つから出て来たパン切れを、人々が食べたうえ、なお余ったもので十二のかごがいっぱいになった。6:14 人々は、イエスのなさったしるしを見て、「まことに、この方こそ、世に来られるはずの預言者だ」と言った。】

①イエス様は、私たちの「精一杯の奉仕」を用いて、必要を満たして下さるお方です。
私たちには「足りない」と思えても、主はそれを最善に用いて下さるのです。




20171103


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-11-03 05:49 | 2017年 | Trackback

11月2日エレミヤ3-4章 ヨハネ5:31-47

懸賞 2017年 11月 02日 懸賞

『背信を癒される主』

【エレミヤ3:22 背信の子らよ。帰れ。わたしがあなたがたの背信をいやそう。」「今、私たちはあなたのもとにまいります。あなたこそ、私たちの神、【主】だからです。3:23 確かに、もろもろの丘も、山の騒ぎも、偽りでした。確かに、私たちの神、【主】に、イスラエルの救いがあります。」】

①主は、何度も神の民を招き、待ち続けておられます。
そして主に帰るならば、背信も癒されるのです。
私たちがどれほど、自己中心で生きていたとしても、
主の語り掛けを聞き、それに応えたならば、
主からの癒しと救いを受けることができるのです。



『聖書はイエス様のことを指し示している』

【ヨハネ5:37 また、わたしを遣わした父ご自身がわたしについて証言しておられます。あなたがたは、まだ一度もその御声を聞いたこともなく、御姿を見たこともありません。5:38 また、そのみことばをあなたがたのうちにとどめてもいません。父が遣わした者をあなたがたが信じないからです。5:39 あなたがたは、聖書の中に永遠のいのちがあると思うので、聖書を調べています。その聖書が、わたしについて証言しているのです。】

①イエス様は、父と一つであり、豊かな交わりの中で生きておられました。
イエス様は、いつも神様の声を聞いておられたのです。
聖書は、そのような神の子であるイエス様を指し示している書物なのです。




20171102


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-11-02 05:11 | 2017年 | Trackback

11月1日エレミヤ1-2章 ヨハネ5:1-30

懸賞 2017年 11月 01日 懸賞

『選んだものを助けて下さる神』

【エレミヤ1:4 次のような【主】のことばが私にあった。1:5 「わたしは、あなたを胎内に形造る前から、あなたを知り、あなたが腹から出る前から、あなたを聖別し、あなたを国々への預言者と定めていた。」1:6 そこで、私は言った。「ああ、神、主よ。ご覧のとおり、私はまだ若くて、どう語っていいかわかりません。」1:7 すると、【主】は私に仰せられた。「まだ若い、と言うな。わたしがあなたを遣わすどんな所へでも行き、わたしがあなたに命じるすべての事を語れ。1:8 彼らの顔を恐れるな。わたしはあなたとともにいて、あなたを救い出すからだ。──【主】の御告げ──」】

①エレミヤは、主によって選ばれ、預言者として定められていました。
そして主は「エレミヤを助ける」と言われたのです。
私たちも、主によって選ばれています。
働きはエレミヤと違っていても、主は選んだ者を助けて下さるのです。



『信仰を引き出されるイエス様』

【ヨハネ5:5 そこに、三十八年もの間、病気にかかっている人がいた。5:6 イエスは彼が伏せっているのを見、それがもう長い間のことなのを知って、彼に言われた。「よくなりたいか。」5:7 病人は答えた。「主よ。私には、水がかき回されたとき、池の中に私を入れてくれる人がいません。行きかけると、もうほかの人が先に降りて行くのです。」5:8 イエスは彼に言われた。「起きて、床を取り上げて歩きなさい。」5:9 すると、その人はすぐに直って、床を取り上げて歩き出した。】

①この男性は、38年間病気が治りませんでした。
イエス様はこの男性に「良くなりたいか」と言われたのです。
男性は直ることを求めていましたが、しかしあきらめの気持ちもあったのです。

②イエス様はこの男性に、信仰を湧き上がらせました。
そして彼を癒されたのです。
・・・イエス様は私たちにも「良くなりたいか」と問われるのです。
その言葉に応答する者は、主の奇跡を見るのです。






20171101


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-11-01 05:20 | 2017年 | Trackback

10月31日ゼパニヤ1-3章 ヨハネ4:27-54

懸賞 2017年 10月 31日 懸賞

『回復の時』

【ゼパニヤ3:19 見よ。その時、わたしはあなたを苦しめたすべての者を罰し、足のなえた者を救い、散らされた者を集める。わたしは彼らの恥を栄誉に変え、全地でその名をあげさせよう。3:20 その時、わたしはあなたがたを連れ帰り、その時、わたしはあなたがたを集める。わたしがあなたがたの目の前で、あなたがたの繁栄を元どおりにするとき、地のすべての民の間であなたがたに、名誉と栄誉を与えよう、と【主】は仰せられる。】

①主は回復の時を備えておられます。
その時が来ると、すべてが回復に向かうのです。
主は時を定めています。
その時を期待し、本音で祈りつつ、待ち望みましょう。



『イエス様の言葉の権威』

【ヨハネ4:50 イエスは彼に言われた。「帰って行きなさい。あなたの息子は直っています。」その人はイエスが言われたことばを信じて、帰途についた。4:51 彼が下って行く途中、そのしもべたちが彼に出会って、彼の息子が直ったことを告げた。4:52 そこで子どもがよくなった時刻を彼らに尋ねると、「きのう、第七時に熱がひきました」と言った。4:53 それで父親は、イエスが「あなたの息子は直っている」と言われた時刻と同じであることを知った。そして彼自身と彼の家の者がみな信じた。】

①イエス様に言葉には権威があります。
どれ程離れた場所にいたとしても、「イエス様が言葉を発すれば」その言葉の通りになるのです。




20171031


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-10-31 05:49 | 2017年 | Trackback

10月30日ハバクク1-3章 ヨハネ4:1-26

懸賞 2017年 10月 30日 懸賞

『ハバククの祈り』

【ハバクク 1:1 預言者ハバククが預言した宣告。1:2 【主】よ。私が助けを求めて叫んでいますのに、あなたはいつまで、聞いてくださらないのですか。私が「暴虐」とあなたに叫んでいますのに、あなたは救ってくださらないのですか。1:3 なぜ、あなたは私に、わざわいを見させ、労苦をながめておられるのですか。暴行と暴虐は私の前にあり、闘争があり、争いが起こっています。1:4 それゆえ、律法は眠り、さばきはいつまでも行われません。悪者が正しい人を取り囲み、さばきが曲げて行われています。】

①ハバククは、敬虔な人物で、主を信じていましたが、
主の正直に訴え、答えを求めました。
そして主はハバククに返答されたのです。

一見、不信仰に見えるような祈りがあります。
しかし主は私たちの心を見ておられ、正しく受け取って下さるお方なのです。
ですから「心の思った言葉をそのまま」正直に祈り、訴えることができるのです。



『いのちの水の力』

【ヨハネ4:13 イエスは答えて言われた。「この水を飲む者はだれでも、また渇きます。4:14 しかし、わたしが与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことがありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ます。」】

①イエス様は、イエス様を信じる者に与えられる「いのちの水」の力と恵みを語られました。
私たちイエス様を信じる者は、その水(霊的な力)が与えられているのです。
祈りの中で触れて頂きましょう。
触れて頂いた者が、その力で満たされるのです。




20171030


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-10-30 05:16 | 2017年 | Trackback

10月28日ミカ6-7章 ヨハネ3:1-21

懸賞 2017年 10月 28日 懸賞

『ミカの祈り』

【ミカ7:14 どうか、あなたの杖で、あなたの民、あなたご自身のものである羊を飼ってください。・・・
7:18あなたのような神が、ほかにあるでしょうか。あなたは、咎を赦し、ご自分のものである残りの者のために、そむきの罪を見過ごされ、怒りをいつまでも持ち続けず、いつくしみを喜ばれるからです。7:19 もう一度、私たちをあわれみ、私たちの咎を踏みつけて、すべての罪を海の深みに投げ入れてください。7:20 昔、私たちの先祖に誓われたように、真実をヤコブに、いつくしみをアブラハムに与えてください。】




『天の父の願い』

【ヨハネ3:14 モーセが荒野で蛇を上げたように、人の子もまた上げられなければなりません。3:15 それは、信じる者がみな、人の子にあって永遠のいのちを持つためです。」3:16 神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。3:17 神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救われるためである。】

①天の神様は、私たちにイエス様という方を与えて下さいました。
それは私たちへの大きな愛です。
天の父は、私たちがイエス様を信じ、罪赦され、永遠の命を受けることを願っておられます。
私たちが滅びることを願っておられないのです。




20171028


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-10-28 05:55 | 2017年 | Trackback