カテゴリ:2017年( 104 )

懸賞 懸賞

3月21日申命記18-21章 使徒22:22-23:11

懸賞 2017年 03月 21日 懸賞

『戦いの準備(覚悟)』

【申20:1 あなたが敵と戦うために出て行くとき、馬や戦車や、あなたよりも多い軍勢を見ても、彼らを恐れてはならない。あなたをエジプトの地から導き上られたあなたの神、【主】が、あなたとともにおられる。・・・
20:8 つかさたちは、さらに民に告げて言わなければならない。「恐れて弱気になっている者はいないか。その者は家に帰れ。戦友たちの心が、彼の心のようにくじけるといけないから。」20:9 つかさたちが民に告げ終わったら、将軍たちが民の指揮をとりなさい。】

①主は、戦いに出る前に、祭司によって、
準備が出来ていない者、恐れ弱気になった者を
「戦いから退けるように」と命じました。
それは「悪い影響」は他に伝染してしまうからです。

②主の戦いは「一致して」「強い勝利の確信」をもって進んで行くものです。
準備ができない者は、まず「戦いの準備」をすることが先決なのです。
その上で、「主に役立つ者」として働きをすることができるのです。


『励ましの神』

【使23:10 論争がますます激しくなったので、千人隊長は、パウロが彼らに引き裂かれてしまうのではないかと心配し、兵隊に、下に降りて行って、パウロを彼らの中から力ずくで引き出し、兵営に連れて来るように命じた。23:11 その夜、主がパウロのそばに立って、「勇気を出しなさい。あなたは、エルサレムでわたしのことをあかししたように、ローマでもあかしをしなければならない」と言われた。】

①パウロはエルサレムで捕らえられ、議会で裁判を受けました。
パウロに対する批判があまりに激しく、
パウロは「殺されそうな恐怖」を体験したのです。
そして「ローマに行くことは不可能」という「恐れ」を感じたのです。

②しかしその夜、主はパウロに現れ、
「ローマに行く約束」を与えて下さいました。
そしてパウロは「新しい信仰」を与えられ、
「勇気」と「確信」を持つことが出来たのです。

・・・昨日もお語りしましたが、
パウロは「何度も励まされて」主の働きをすることが出来たのです。
私たちも「主の励まし」を頂いて、
私たちの前に置かれている「主の働き」を歩むことができるのです。YccFuji









20170321


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-03-21 05:07 | 2017年 | Trackback

3月20日申命記16-17章 使徒21:37-22:21

懸賞 2017年 03月 20日 懸賞

『指導者の責任』

【申17:18 彼がその王国の王座に着くようになったなら、レビ人の祭司たちの前のものから、自分のために、このみおしえを書き写して、17:19 自分の手もとに置き、一生の間、これを読まなければならない。それは、彼の神、【主】を恐れ、このみおしえのすべてのことばとこれらのおきてとを守り行うことを学ぶためである。17:20 それは、王の心が自分の同胞の上に高ぶることがないため、また命令から、右にも左にもそれることがなく、彼とその子孫とがイスラエルのうちで、長くその王国を治めることができるためである。】

①主は、もし王を立てるなら、その王に対して命令を書き記しました。
王は立場があるので、影響力を持つのです。
そのため、主と共に生きることが願われたからです。

②指導者が主と共に生きるならば、良い影響を周りに与えます。
しかし指導者が、わがままにふるまうならば、悪影響を与えるのです。
私たちは、親であったり、人を助ける立場であったり、友人であったり、
人に影響を与える立場に立たされます。

ですから「自分のため」だけでなく「影響を与える人にため」にも、
まず「主のみ言葉を聞き、従い続けること」が大切なのです。
あなたが主に従うならば、主はあなたを「良いことのため」に用いることができるのです。


『主の語り掛けと励まし』

【使22:17 こうして私がエルサレムに帰り、宮で祈っていますと、夢ごこちになり、22:18 主を見たのです。主は言われました。『急いで、早くエルサレムを離れなさい。人々がわたしについてのあなたのあかしを受け入れないからです。』 22:19 そこで私は答えました。『主よ。私がどの会堂ででも、あなたの信者を牢に入れたり、むち打ったりしていたことを、彼らはよく知っています。22:20 また、あなたの証人ステパノの血が流されたとき、私もその場にいて、それに賛成し、彼を殺した者たちの着物の番をしていたのです。』22:21 すると、主は私に、『行きなさい。わたしはあなたを遠く、異邦人に遣わす』と言われました。」】

①パウロは、イエス様を信じ、しばらくの後にエルサレムに戻った時、再び主の幻を見たのです。
そして「異邦人伝道」に遣わすと、主から使命を語られたのです。

②主は一人の人間を用いるために、何度も働かれます。
その人物がイエス様を信じ、使命を受け取り、その道に歩むためには、
何度も語られる必要があるのです。
なぜなら、自分の頑張りの力では「不可能」だからです。
主の励ましと助けがあって、初めて主の願いをすることができるのです。

あなたは主の願いをしたいですか。
主はそんなあなたを、何度も「励まし」「導いて」下さるお方なのです。YccFuji








20170320


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-03-20 05:16 | 2017年 | Trackback

3月19日申命記13-15章 使徒21:17-36

懸賞 2017年 03月 19日 懸賞

『穢れや不信仰を取り除く』

【申13:14 あなたは、調べ、探り、よく問いたださなければならない。もし、そのような忌みきらうべきことがあなたがたのうちで行われたことが、事実で確かなら、13:15 あなたは必ず、その町の住民を剣の刃で打たなければならない。その町とそこにいるすべての者、その家畜も、剣の刃で聖絶しなさい。
13:18 あなたは、必ずあなたの神、【主】の御声に聞き従い、私が、きょう、あなたに命じるすべての主の命令を守り、あなたの神、【主】が正しいと見られることを行わなければならない。】

①主は、不純なものを取り除くように命じられています。
どれほど身近なものが誘ったとしても、それを断固、聖絶するように主は願うのです。

②特に私たちの心の中にやって来る、
不信仰・穢れ・高慢からくるすべての言葉や態度は、
厳然たる態度を取って、拒否しなければならないのです。

それを避けることが主の願いであり、
それをそのままにすることは「非常に危険」なことだからです。


『主の計画の実現』

【使21:30 そこで町中が大騒ぎになり、人々は殺到してパウロを捕らえ、宮の外へ引きずり出した。そして、ただちに宮の門が閉じられた。21:31 彼らがパウロを殺そうとしていたとき、エルサレム中が混乱状態に陥っているという報告が、ローマ軍の千人隊長に届いた。21:32 彼はただちに、兵士たちと百人隊長たちとを率いて、彼らのところに駆けつけた。人々は千人隊長と兵士たちを見て、パウロを打つのをやめた。】

①御霊の言葉通り、パウロはエルサレムで捕らえられました。
殺されそうになりながらも、主によって守られ、
この後パウロは、主の計画通り「ローマ」へ行くことができたのです。

②主の計画や方法は、「不思議な道を通ること」があります。
しかし「主の計画」は実現し、
「主のみ手」は信じる者から「離れることがない」のです。YccFuji







20170319


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-03-19 06:14 | 2017年 | Trackback

3月18日申命記11-12章 使徒21:1-16

懸賞 2017年 03月 18日 懸賞

『本物の信仰と、信仰の継承』

【申11:18 あなたがたは、私のこのことばを心とたましいに刻みつけ、それをしるしとして手に結びつけ、記章として額の上に置きなさい。11:19 それをあなたがたの子どもたちに教えなさい。あなたが家にすわっているときも、道を歩くときも、寝るときも、起きるときも、それを唱えるように。11:20 これをあなたの家の門柱と門に書きしるしなさい。11:21 それは、【主】があなたがたの先祖たちに、与えると誓われた地で、あなたがたの日数と、あなたがたの子孫の日数が、天が地をおおう日数のように長くなるためである。】

①主は私たちを、親として愛しておられます。
そして愛を受け、幸せを受けるために「主の命令に生きるように」と命じられているのです。

②主の命令とは、口先だけのものではありません。
それは「たましいに刻み付けられる」ほどのものなのです。
寝る時も、道を歩くときにも、唱えるようなものなのです。
そのレベルで私たちは、「み言葉に生きる」ように願われているのです。

③これは人間的に努力しても不可能です。
唯一の希望は「聖霊の働き」です。
特に荒野の中(深い呻きと悔い改めの中で)取り扱いを受ける時に、
このような悟りの領域に入ることができるのです。

そしてその信仰を「子供たちに伝えていく」のです。
それが「信仰が継承」となるのです。


『キリストのために生きる』

【使21:10 幾日かそこに滞在していると、アガボという預言者がユダヤから下って来た。21:11 彼は私たちのところに来て、パウロの帯を取り、自分の両手と両足を縛って、「『この帯の持ち主は、エルサレムでユダヤ人に、こんなふうに縛られ、異邦人の手に渡される』と聖霊がお告げになっています」と言った。21:12 私たちはこれを聞いて、土地の人たちといっしょになって、パウロに、エルサレムには上らないよう頼んだ。21:13 するとパウロは、「あなたがたは、泣いたり、私の心をくじいたりして、いったい何をしているのですか。私は、主イエスの御名のためなら、エルサレムで縛られることばかりでなく、死ぬことさえも覚悟しています」と答えた。】

①パウロは、聖霊に示されて、エルサレムに行き、ローマに行くことを願っていました。
それがどのような旅になるかは分かりませんでしたが、
ただ「御霊の導きの実行(キリストの願いの実行)」だけをパウロは願っていました。

②それが「死に至るもの」であっても、パウロは気にしませんでした。
なぜなら主の願いは「自分の命よりも価値がある」とパウロは感じていたからです。

これがパウロの信仰です。
イエス様と出会い、「十字架の意味と価値」を知った人は、
ここまで「キリストのために生きること」ができるのです。YccFuji







20170318



[PR]

by Happiness-eachday | 2017-03-18 05:36 | 2017年 | Trackback

3月15日申命記3-4章 使徒19:8-41

懸賞 2017年 03月 15日 懸賞

『幸せに生きる道』
【申4:39 きょう、あなたは、上は天、下は地において、【主】だけが神であり、ほかに神はないことを知り、心に留めなさい。4:40 きょう、私が命じておいた主のおきてと命令とを守りなさい。あなたも、あなたの後の子孫も、しあわせになり、あなたの神、【主】が永久にあなたに与えようとしておられる地で、あなたが長く生き続けるためである。】

①出エジプトを導かれた主は、私たちの信じる主でもあります。
その主を信じ、「おきてと命令」を守るならば、主は私たちに「幸せ」を与えて下さるのです。
そのことを信じ、受けとめましょう。
そして「聖霊の導き」を受けましょう。
聖霊に導かれ、主と共に歩むならば、主は約束したことを実現して下さるのです。



『み言葉の広まり』
【使19:17 このことがエペソに住むユダヤ人とギリシヤ人の全部に知れ渡ったので、みな恐れを感じて、主イエスの御名をあがめるようになった。19:18 そして、信仰に入った人たちの中から多くの者がやって来て、自分たちのしていることをさらけ出して告白した。19:19 また魔術を行っていた多くの者が、その書物をかかえて来て、みなの前で焼き捨てた。その値段を合計してみると、銀貨五万枚になった。
19:20 こうして、主のことばは驚くほど広まり、ますます力強くなって行った。】

①イエス様の権威と証が伝わる中で、多くの人々はイエス様をあがめるようになりました。
そして魔術をしていたものは悔い改めて、その高価な本を焼き捨てたのです。

②イエス様の権威と価値は、地上の様々なものよりも「大きな価値」なのです。
そのことが聖霊によって、示され始めると
「イエス様の恵み」が多くの人々に伝わるようになるのです。YccFuji






20170315



[PR]

by Happiness-eachday | 2017-03-15 05:39 | 2017年 | Trackback

3月14日申命記1-2章 使徒18:24-19:7

懸賞 2017年 03月 14日 懸賞

『向きを変えて出発』
【申1:6 私たちの神、【主】は、ホレブで私たちに告げて仰せられた。「あなたがたはこの山に長くとどまっていた。1:7 向きを変えて、出発せよ。そしてエモリ人の山地に行き、その近隣のすべての地、アラバ、山地、低地、ネゲブ、海辺、カナン人の地、レバノン、さらにあの大河ユーフラテス川にまで行け。1:8 見よ。わたしはその地をあなたがたの手に渡している。行け。その地を所有せよ。これは、【主】があなたがたの先祖アブラハム、イサク、ヤコブに誓って、彼らとその後の子孫に与えると言われた地である。」】

①申命記は、モーセからヨシュアに指導者が変わり、カナンに入る直前、
最も大切なこととして語られた内容です。

②主は、モーセに「向きを変えて出発せよ」と語られたのです。
これは40年荒野を放浪していた民が、カナンに入る転換点でした。
主が留めている間は、変化は起こりません。
しかし主が「動くように」と命じたならば、それは「動く時」なのです。

あなたは今どのような時なのでしょうか。
留まる時なら、留まり、動く時ならば、動きましょう。
しかし「大切なこと」は「主の願いを忘れないこと」です。
主の願いから外れたならば、どんなに頑張っても上手くいかないからです。


『聖霊の満たし(バプテスマ)』
【使19:1 アポロがコリントにいた間に、パウロは奥地を通ってエペソに来た。そして幾人かの弟子に出会って、19:2「信じたとき、聖霊を受けましたか」と尋ねると、彼らは、「いいえ、聖霊の与えられることは、聞きもしませんでした」と答えた。・・・19:4 そこで、パウロは、「ヨハネは、自分のあとに来られるイエスを信じるように人々に告げて、悔い改めのバプテスマを授けたのです」と言った。19:5 これを聞いたその人々は、主イエスの御名によってバプテスマを受けた。・・・19:6 パウロが彼らの上に手を置いたとき、聖霊が彼らに臨まれ、彼らは異言を語ったり、預言をしたりした。】

①エペソの信者たちは、イエス様を信じていても「聖霊の満たし」を体験していませんでした。
しかしパウロが、聖霊の正しい教えを語り、手を置いて祈ると「聖霊に満たされた」のです。
クリスチャンは「聖霊の満たし」を体験します。
しかしそれには、導き手が必要なことがあるのです。

・・・聖霊に自分自身が満たされましょう。
あなたはもしかすると後に、人を聖霊で満たす「導き手となる」かもしれないのです。




20170314


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-03-14 05:08 | 2017年 | Trackback

3月13日民数記34-36章 使徒18:1-23

懸賞 2017年 03月 13日 懸賞

『境界線』
【民34:13 モーセはイスラエル人に命じて言った。「これが、あなたがたがくじを引いて相続地とする土地である。【主】はこれを九部族と半部族に与えよと命じておられる。34:14 ルベン部族は、その父祖の家ごとに、ガド部族も、その父祖の家ごとに相続地を取っており、マナセの半部族も、受けているからである。34:15 この二部族と半部族は、ヨルダンのエリコをのぞむ対岸、東の、日の出るほうに彼らの相続地を取っている。」】

①主は、約束の地カナンの範囲を明確に定めました(34:112)。
その上でモーセは、各部族の相続地を定めたのです。
それはくじによって、平等に配分されました。

②約束の地にあっても、話し合いがなされ、不満が出ないように「境界線」が定められたのです。
私たちの仕事や人間関係にも「境界線」が存在します。
それを乗り越えてしまうと、問題が起こるのです。
そのために話し合いが必要であり、約束事が必要なのです。
そして主は、そのような「人間の調整」を用いられるのです。


『主は身近にいて下さる』
【使 18:9 ある夜、主は幻によってパウロに、「恐れないで、語り続けなさい。黙ってはいけない。18:10 わたしがあなたとともにいるのだ。だれもあなたを襲って、危害を加える者はない。この町には、わたしの民がたくさんいるから」と言われた。18:11 そこでパウロは、一年半ここに腰を据えて、彼らの間で神のことばを教え続けた。】

①パウロはコリントに導かれ、主の働きを始めました。
そこで、協力者と出会い、順調な宣教活動が進められたのです。

②しかし同時に、迫害も起こりました。
パウロは人間的に「恐れ」を感じていたようです。
しかし「主からの励まし」によって奮い立ち、宣教の働きを進めることが出来たのです。

・・・私たちも「現実の問題」の中で、恐れを感じることがあります。
しかし主の働きを願うものを「主は見捨てることなく」、
特別に「近くにいて」「助けて下さる」のです。YccFuji




20170313


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-03-13 05:17 | 2017年 | Trackback

3月12日民数記32-33章 使徒17:16-34

懸賞 2017年 03月 12日 懸賞

『良い地に入る約束』
【民数記33:53 あなたがたはその地を自分の所有とし、そこに住みなさい。あなたがたが所有するように、わたしがそれを与えたからである。】

①主は、カナンに入るまでの40年間、主の民を導かれました。
それは約束の地に入るためでした。
主は無駄なことはなさいません。
主の導きには、目的があることを知りましょう。
そして信仰をもって前に進みましょう。
主の導きに従いさえすれば、良い地に入ることが出来るのです。
見るだけで終わらないのです。


『主は近くにおられる』
【使17:26 神は、ひとりの人からすべての国の人々を造り出して、地の全面に住まわせ、それぞれに決められた時代と、その住まいの境界とをお定めになりました。17:27 これは、神を求めさせるためであって、もし探り求めることでもあるなら、神を見いだすこともあるのです。確かに、神は、私たちひとりひとりから遠く離れてはおられません。・・・】

①主は、すべての人を造られ、人生を導いておられます。
それに気が付かない人も多くいますが、しかし本当に心から求める人は、主と出会うことが出来るのです。

②人は、どこかで人生のむなしさに悩みます。
そしてその時が「主とお出会い出来るチャンス」なのです。

③主を求め続けましょう。
やみくもに何かを求める時代はもう終わりました。
聖書を読み、祈り、クリスチャンの集まりに参加する中で、
あなたは確実に、主に近づいているのです。

そしてあなたが「主に近づく」ほどに、
「主は近くにおられる」ことを、私たちは気がつかされるのです。YccFuji






20170312


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-03-12 01:05 | 2017年 | Trackback

3月11日民数記29-31章 使徒17:1-15

懸賞 2017年 03月 11日 懸賞

『誓約の大切さ』
【民30:2 人がもし、【主】に誓願をし、あるいは、物断ちをしようと誓いをするなら、そのことばを破ってはならない。すべて自分の口から出たとおりのことを実行しなければならない。・・・】

①主は、私たちが「主の前に誓ったこと」を実行するようにと命じています。
神への誓約は「厳粛なもの」であり、簡単に破るようなものではないのです。

②しかし若者の軽はずみな誓いや、夫と妻、父と娘の関係に影響を与える誓約に関しては、
特別な規定を定められたのです。
それは神への誓約が簡単に破られないための規定だったのです。

人との約束が大事なように、神様との約束は「非常に大切」です。
見えない神だからこそ、約束を誠実に守り続けることが重要なのです。



『主の御言葉を熱心に求める』
【使17:10 兄弟たちは、すぐさま、夜のうちにパウロとシラスをベレヤへ送り出した。ふたりはそこに着くと、ユダヤ人の会堂に入って行った。17:11 ここのユダヤ人は、テサロニケにいる者たちよりも良い人たちで、非常に熱心にみことばを聞き、はたしてそのとおりかどうかと毎日聖書を調べた。17:12 そのため、彼らのうちの多くの者が信仰に入った。】

①迫害によって、パウロたちはバレヤに移動しました。
ペレヤの人たちは、パウロの語る御言葉を聞いて、本当かどうか「聖書を調べ」たのです。

②聖書は神の言葉です。
ですから真剣に求めて調べるならば、聖霊が働き、真理を知ることが出来るのです。

・・・あなたは真理を知りたいですか。
その気持ちを持っている人は、主の願いの中を進むことが出来るのです。

真理ではなく、自分の感情やプライドを重視する人は、
大変な道を歩むことがあり得ます。
私たちは「憐れみ深い」主にすがって、救いと恵みを頂くだけの立場なのです。YccFuji





20170311


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-03-11 00:38 | 2017年 | Trackback

3月10日民数記27-28章 使徒16:16-40

懸賞 2017年 03月 10日 懸賞

『後継者の選び』
【民27:12 ついで【主】はモーセに言われた。「このアバリム山に登り、わたしがイスラエル人に与えた地を見よ。27:13 それを見れば、あなたもまた、あなたの兄弟アロンが加えられたように、あなたの民に加えられる。・・・
27:18 【主】はモーセに仰せられた。「あなたは神の霊の宿っている人、ヌンの子ヨシュアを取り、あなたの手を彼の上に置け。27:19 彼を祭司エルアザルと全会衆の前に立たせ、彼らの見ているところで彼を任命せよ。」】

①主は、モーセの後継者としてヨシュアを選ばれました。
地上での使命は、いつかは終わりの時が来ます。
そして私たちは、天国へと帰っていくのです。

②しかしながら地上では、新天新地がやって来るまで、使命は継続するのです。
ですから主は、「ある種類の使命」を次の世代に受け継がせるのです。

・・・あなたは地上でどのような使命を持っていますか。
その使命は次の人に渡すべき種類のものでしょうか。
地上だけを考えたら、釣り合わないように思えても、
永遠の天国を視野に入れる時、「十分な報い」が与えられるのです。


『賛美の力』
【使16:25 真夜中ごろ、パウロとシラスが神に祈りつつ賛美の歌を歌っていると、ほかの囚人たちも聞き入っていた。 16:26 ところが突然、大地震が起こって、獄舎の土台が揺れ動き、たちまちとびらが全部あいて、みなの鎖が解けてしまった。・・・
16:30 そして、(看守は)ふたりを外に連れ出して「先生がた。救われるためには、何をしなければなりませんか」と言った。16:31 ふたりは、「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます」と言った。16:32 そして、彼とその家の者全部に主のことばを語った。】

①パウロとシラスは、騒動に巻き込まれ、一方的に鞭打たれ、牢獄に監禁されました。
このひどい仕打ちの中で、彼らは「賛美」を【主】に捧げたのです。

「賛美には力」があります。
なぜなら【主】は「賛美の中に住まわれる」からです。

②その結果、主の力が解き放たれ、看守とその家族が救われたのです。
そして有名な16:31の御言葉が与えられました。

・・・厳しい中でも、「感謝と賛美」を捧げましょう。
主はそこから働かれるのです。
そして約束を伴う
「あなた」と「あなたの家族」を救う「計画」を進められるのです。YccFuji









20170310
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-03-10 05:53 | 2017年 | Trackback