カテゴリ:2017年( 213 )

懸賞 懸賞

1月14日創世記34-35章 マタイ10:24-42

懸賞 2017年 01月 14日 懸賞

『信仰によって、再出発をする時』
【35:1 神はヤコブに仰せられた。「立ってベテルに上り、そこに住みなさい。そしてそこに、あなたが兄エサウからのがれていたとき、あなたに現れた神のために祭壇を築きなさい。」35:2 それでヤコブは自分の家族と、自分といっしょにいるすべての者とに言った。「あなたがたの中にある異国の神々を取り除き、身をきよめ、着物を着替えなさい。35:3 そうして私たちは立って、ベテルに上って行こう。私はそこで、私の苦難の日に私に答え、私の歩いた道に、いつも私とともにおられた神に祭壇を築こう。」】

①ヤコブとその一族は、シュケムの地に長く住む中で、
異教の影響を受けるようになりました。
主は彼らをそこから出ていかなければならない状況に導かれたのです(34章)。

②そして主は「ベテルに行き、祭壇を築きなさい」と命令されたのです。
主の命令を受け、ヤコブは「異教の神々を取り除き、身を清めなさい」
と人々に伝えたのです。

人生にはもう一度「原点に返らなければならない時」があります。
その時、すべて悪しきものを清算し、
信仰によって「新しく再出発をする」のです。


『イエス様を一番にすること』
【マタイ10:37 わたしよりも父や母を愛する者は、わたしにふさわしい者ではありません。また、わたしよりも息子や娘を愛する者は、わたしにふさわしい者ではありません。10:38 自分の十字架を負ってわたしについて来ない者は、わたしにふさわしい者ではありません。10:39 自分のいのちを自分のものとした者はそれを失い、わたしのために自分のいのちを失った者は、それを自分のものとします。】

①主は、「わたしが来たのは剣をもたらすため」と言われました(10:34)。
キリストを信じる信仰は、
神を敬わない生き方とは、「分離する」ものです。
神様に対する「優先順位」が大切なのです。
(そのように生きるのです)

②時に「自分の命」さえ、「捨てる覚悟」が必要な時があります。
捨てる覚悟を持った人は、生き残ります(自分の命を自分のものにします)が、
捨てる覚悟を持たない人は、「失うこと」があるのです。

「イエス様を一番にする」とは、
「重大な決断」を伴うものなのです。YccFuji







20160114
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-01-14 05:08 | 2017年 | Trackback

1月13日創世記31-33章 マタイ10:1-23

懸賞 2017年 01月 13日 懸賞

『祝福を積極的に求める』
【創32:24 ヤコブはひとりだけ、あとに残った。すると、ある人が夜明けまで彼と格闘した。32:25 ところが、その人は、ヤコブに勝てないのを見てとって、ヤコブのもものつがいを打ったので、その人と格闘しているうちに、ヤコブのもものつがいがはずれた。32:26 するとその人は言った。「わたしを去らせよ。夜が明けるから。」しかし、ヤコブは答えた。「私はあなたを去らせません。私を祝福してくださらなければ。」32:27 その人は言った。「あなたの名は何というのか。」彼は答えた。「ヤコブです。」32:28 その人は言った。「あなたの名は、もうヤコブとは呼ばれない。イスラエルだ。あなたは神と戦い、人と戦って、勝ったからだ。」】

①ヤコブは、主から故郷に帰るように言われ、出発しました(31章)。
故郷カナンに入る直前、
ヤコブは「祝福を求めて」神の使いと「格闘」したのです。

その結果、だます者「ヤコブ」から、
神と格闘する者「イスラエル」に名前を変えられたのです。

②私たちクリスチャンも、
「神のイスラエル(ガラ6:16)」と呼ばれています。
祝福を、「受け身」ではなく、
「積極的に求める」のです。
主は、「あなたにも」そのことを望んでおられるのです。


『福音を伝える時に、伴うしるし』
【マタ 10:6 イスラエルの家の失われた羊のところに行きなさい。10:7 行って、『天の御国が近づいた』と宣べ伝えなさい。10:8 病人をいやし、死人を生き返らせ、ツァラアトに冒された者をきよめ、悪霊を追い出しなさい。あなたがたは、ただで受けたのだから、ただで与えなさい。・・・】

①イエス様は、12弟子を選び、
「汚れた霊を制する権威」をお与えになりました(10:1)。
その結果、弟子たちは、福音を宣べ伝える時に、
「神の権威の証拠」が与えられたのです。

②私たちも「弟子のひとり」です。
ですから真剣に信じて証する時に、
神が働く「しるしと証拠」が与えられるのです。

主は「語るべきこと」を教え(10:20)、
迫害の中でも、奇跡によって導いて下さるのです。
そのことを信じ、期待しましょう。YccFuji








20160113
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-01-13 05:22 | 2017年 | Trackback

1月12日創世記29-30章 マタイ9:18-38

懸賞 2017年 01月 12日 懸賞

『悲しみの人を、神の祝福で守って下さる』
【創29:31 【主】はレアがきらわれているのをご覧になって、彼女の胎を開かれた。しかしラケルは不妊の女であった。29:32 レアはみごもって、男の子を産み、その子をルベンと名づけた。・・・
29:35 彼女はまたみごもって、(4番目の)男の子を産み、「今度は【主】をほめたたえよう」と言った。それゆえ、その子を彼女はユダと名づけた。それから彼女は子を産まなくなった。】

①主は、レアがヤコブから嫌われていることを知っておられ、
レアを祝福し、この時までに、4人の男の子を続けて与えました。

特に4男ユダは、イエス様の先祖になった人物です。

主は、「苦しみを受けている人」を忘れないのです。
悲しんでいる人を、特別の「神の祝福」で守って下さるお方なのです。


『イエス様に触れて、神の奇跡を受ける』
【マタイ9:20 すると、見よ。十二年の間長血をわずらっている女が、イエスのうしろに来て、その着物のふさにさわった。9:21 「お着物にさわることでもできれば、きっと直る」と心のうちで考えていたからである。9:22 イエスは、振り向いて彼女を見て言われた。「娘よ。しっかりしなさい。あなたの信仰があなたを直したのです。」すると、女はその時から全く直った。】

①イエス様はとても優しいお方です。
この女性は長く女性の病で苦しみ、多くの金銭を使い果していたのです。

②しかし彼女は信仰を持っていました。
「お着物に触ることが出来ればきっと直る」と強く信じていたのです。
そして群衆の中、人波をかき分けて、イエス様に「触れた」のです。

・・・あなたはイエス様があなたに「何をして下さる」と信じていますか。
癒しですか、問題解決ですか、知恵ですか。

今の時代、イエス様は目には見えませんが、
あなたの信仰で「イエス様に触れ」ましょう。

イエス様に(信仰の目で霊的に)触れることが出来たならば、
神の奇跡が起こるのです。YccFuji






20160112
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-01-12 05:53 | 2017年 | Trackback

1月11日創世記27-28章 マタイ8:28-9:17

懸賞 2017年 01月 11日 懸賞

『見放すことのない主』
【創28:10 ヤコブはベエル・シェバを立って、ハランへと旅立った。28:11 ある所に着いたとき、ちょうど日が沈んだので、そこで一夜を明かすことにした。彼はその所の石の一つを取り、それを枕にして、その場所で横になった。28:12 そのうちに、彼は夢を見た。・・・28:13 そして、見よ。【主】が彼のかたわらに立っておられた。そして仰せられた。「わたしはあなたの父アブラハムの神、イサクの神、【主】である。わたしはあなたが横たわっているこの地を、あなたとあなたの子孫とに与える。・・・
28:15 見よ。わたしはあなたとともにあり、あなたがどこへ行っても、あなたを守り、あなたをこの地に連れ戻そう。わたしは、あなたに約束したことを成し遂げるまで、決してあなたを捨てない。」】

①ヤコブは「祝福の約束」を主から受けていましたが、
父と兄をだますことによって、「長子の権利」を得ようとしました。

しかしその結果、叔父の元に逃げなければならなくなり、
孤独な旅をしなければならなくなったのです。

②しかし主は、ヤコブの傍らに立たれ
「あなたを守り連れ戻そう」と約束して下さったのです。

・・・主はこのようなお方です。
たとえ失敗し、その為に刈り取りをしなければならなくなっても
「見放すことがない」お方なのです。

主はいつも「あなたを愛し、守っておられる」ことを知りましょう。
すべてのクリスチャンは、選ばれた「神の子」なのですから。


『人間的に不可能な状況から、助け出されるお方』
【マタイ8:28 それから、向こう岸のガダラ人の地にお着きになると、悪霊につかれた人がふたり墓から出て来て、イエスに出会った。彼らはひどく狂暴で、だれもその道を通れないほどであった。・・・
8:32 イエスは彼らに「行け」と言われた。すると、彼らは出て行って豚に入った。すると、見よ、その群れ全体がどっとがけから湖へ駆け降りて行って、水におぼれて死んだ。】

①イエス様は、悪霊を追い出す権威を持っておられるお方です。
そしてイエス様は、悪霊につかれた二人を「解放するために」
目的をもってこの地に来られたのです。

人間にはできないことを「イエス様」はして下さいます。
そしてイエス様は「彼らの解放」を願われたのです。

・・・イエス様は「私たちの叫び」も聞いてくださるお方です。
そして私たちを「助ける」ことを願って下さるお方です。

すべての権威を持っておられるお方に「助け」を求めましょう。
主はあなたを「あなたの能力を超えた問題」からも
「助け出されるお方」なのです。YccFuji





20160111
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-01-11 05:04 | 2017年 | Trackback

1月10日創世記25-26章 マタイ8:1-27

懸賞 2017年 01月 09日 懸賞

『約束を受け取る、積極的な信仰』
【創25:21 イサクは自分の妻のために【主】に祈願した。彼女が不妊の女であったからである。【主】は彼の祈りに答えられた。それで彼の妻リベカはみごもった。】

①主は、アブラハムの信仰と従順のゆえに、その子孫イサクを祝福すると約束しました。
しかしイサクは40歳で結婚しましたが、20年間も子供が与えられなかったのです。

「イサクは約束の子供を求めて」
主に祈らなければならなかったのです。

②主は祝福を約束されても、自動的には与えないことがあるのです。
それは本人の信仰によって「主に願い求める」ことが必要だからです。

イサクはどちらかというと「受け身的な性格」だったようです。
しかし約束を受け取るには、「自分の意志」で「切実に求める信仰」が要求されたのです。

③あなたに与えられている祝福は何でしょうか。
あなたはそれを「積極的に知りたい」「求めたい」と願いますか。

あなたが祝福を「自分の手」に受け取るためには、
そのような「自分の意思(積極的な信仰)」を表明する必要があるのです。

あなたは主との祈りの中で「何を求めようとしていますか?」
(主と関係ない方法では、当然与えられませんから、祈りの中で求めるのです)


『イエス様の権威を信じ、依頼をする』
【マタイ8:10 (百人隊長の信仰を聞き)イエスは、これを聞いて驚かれ、ついて来た人たちにこう言われた。「まことに、あなたがたに告げます。わたしはイスラエルのうちのだれにも、このような信仰を見たことがありません。・・・
8:13 それから、イエスは百人隊長に言われた。「さあ行きなさい。あなたの信じたとおりになるように。」すると、ちょうどその時、そのしもべはいやされた。】

①イエス様は、異邦人である百人隊長の信仰を評価されました。
それは「癒しの命令を下されば、しもべは癒される」と信じて、
イエス様に願ったからです。

②百人隊長は、「イエス様の言葉の権威」を信じていました。
それと同時に「自分のしもべ」にその言葉を適応してほしいと願い、
行動に移したのです。

・・・あなたは「イエス様の権威」を信じていますか。
信じているならば、もう一度「切実に願って」みましょう。

あなたの「その信仰」によって願いが実現されると純粋に信じて、
行動をするのです。YccFuji







20160110
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-01-09 21:09 | 2017年 | Trackback

1月9日創世記23-24章 マタ7:7-29

懸賞 2017年 01月 09日 懸賞

『神の計画に沿って、判断する』
【創24:6 アブラハムは彼に言った。「私の息子をあそこへ連れ帰らないように気をつけなさい。24:7 私を、私の父の家、私の生まれ故郷から連れ出し、私に誓って、『あなたの子孫にこの地を与える』と約束して仰せられた天の神、【主】は、御使いをあなたの前に遣わされる。あなたは、あそこで私の息子のために妻を迎えなさい。・・・」】

①アブラハムは、息子イサクのために故郷から妻を見つけてくるように、と僕に命じました。
僕は、その女性が故郷を離れようとしない場合、どうしたらよいですか、
と質問した答えこの個所です。

②アブラハムは、状況ではなく
「主の約束」に従って判断しました。
ですから状況に流されることはなかったのです。

③私たちは選択に悩む時、
「状況を見過ぎていること」が多いのです。

一番大切なことを「一番に優先」して考えましょう。
そうすれば、物事の本質が見え、
判断を間違えることはないのです。

『求めること』
【マタイ 7:7 求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。・・・
7:11 してみると、あなたがたは、悪い者ではあっても、自分の子どもには良い物を与えることを知っているのです。とすれば、なおのこと、天におられるあなたがたの父が、どうして、求める者たちに良いものを下さらないことがありましょう。】

①祈りには忍耐がいることをイエス様は語られました。
求め続け、探し続け、たたき続ける・・・そうすれば、主は応えて下さると言われたのです。

②イエス様は、「父なる神」は、私たちを失望させることはないと、はっきりと約束されました。
「父なる神」は、地上のどんな素晴らしい父親よりも、
私たちを「愛しておられる」お方なのです。

そして必要なことは「何でも願うように」と「望んでおられる」お方なのです。YccFuji








20160109
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-01-09 05:20 | 2017年 | Trackback

1月8日創世記20-22章 マタイ6:19-7:6

懸賞 2017年 01月 08日 懸賞

『試練と、それを乗り越えた報い』
【22:1 これらの出来事の後、神はアブラハムを試練に会わせられた。神は彼に、「アブラハムよ」と呼びかけられると、彼は、「はい。ここにおります」と答えた。22:2 神は仰せられた。「あなたの子、あなたの愛しているひとり子イサクを連れて、モリヤの地に行きなさい。そしてわたしがあなたに示す一つの山の上で、全焼のいけにえとしてイサクをわたしにささげなさい。」・・・
22:16 仰せられた。「これは【主】の御告げである。わたしは自分にかけて誓う。あなたが、このことをなし、あなたの子、あなたのひとり子を惜しまなかったから、22:17 わたしは確かにあなたを大いに祝福し、あなたの子孫を、空の星、海辺の砂のように数多く増し加えよう。」】

①神はアブラハムに試練を与えました。
第一に行く先を知らないまま出発させ、
第二に25年間、子が与えられるのを待たせ、
第三に、約束の子イサクを捧げるように命じられたのです。

真の神を信じる者は、多かれ少なかれ、
アブラハムのような試練を受けるのです。

②その試練を越えた者は、
主に喜ばれ、約束の祝福を受けることが出来ます。

信仰生活には、「つらいこと」があるのです。
しかし試練を乗り越えた者には
「それ以上の報い」があることを
私たちは「聖書を通じて」教えられるのです。


『神様を一番とする、絶大な価値』
【マタイ6:20 自分の宝は、天にたくわえなさい。そこでは、虫もさびもつかず、盗人が穴をあけて盗むこともありません。6:21 あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。・・・
6:32 あなたがたの天の父は、それがみなあなたがたに必要であることを知っておられます。6:33 だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。】

①イエス様は、神の国とその義をまず求めるようにと命じました。
天の父は、私たちに必要なものをすべてご存知です。

ですから「地上のことをあれこれ思い煩う」のではなく、
「神様のこと」をまず第一に求めれば良いのです。

②「地上のこと」は一時的なものです。
しかし「神様が喜ばれること(天上)」は、
さびもつかず、永遠に価値を持つのです。

「神様のことを一番」にすると、犠牲や苦難があるかもしれません。
しかしその価値は「計り知れない大きさ」なのです。YccFuji








20160108
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-01-08 05:13 | 2017年 | Trackback

1月7日創世記18-19章 マタイ6:1-18

懸賞 2017年 01月 07日 懸賞

『ソドムに対するとりなしの祈り』
【創18:20 そこで【主】は仰せられた。「ソドムとゴモラの叫びは非常に大きく、また彼らの罪はきわめて重い。・・・18:22 その人たちはそこからソドムのほうへと進んで行った。アブラハムはまだ、【主】の前に立っていた。
18:23 アブラハムは近づいて申し上げた。「あなたはほんとうに、正しい者を、悪い者といっしょに滅ぼし尽くされるのですか。
18:24 もしや、その町の中に五十人の正しい者がいるかもしれません。・・・
18:32 彼はまた言った。「主よ。どうかお怒りにならないで、今一度だけ私に言わせてください。もしやそこに十人見つかるかもしれません。」すると主は仰せられた。「滅ぼすまい。その十人のために。」】

①アブラハムは、ソドムが亡ぼされることを聞き、
主の前に「とりなし」をしました。
そして最終的には「10人の正しい人」がいれば、
滅ぼさないという「約束」を取り付けたのです。

②主は、「私たちの祈り」を聞いて下さるお方です。
「罪を裁かれる」と同時に、
「赦しのためのとりなし」を聞いて下さるお方なのです。

そのことを覚えて、祈りましょう。
私たちの罪と、
周りにあふれる罪のために
「赦しをお願い」しましょう。

主はその祈りを聞き、最善のことをして下さるのです。


『赦すことの祝福』
【マタイ6:12(主の祈りの最後の部分) 私たちの負いめをお赦しください。私たちも、私たちに負いめのある人たちを赦しました。6:13 私たちを試みに会わせないで、悪からお救いください。』〔国と力と栄えは、とこしえにあなたのものだからです。アーメン。〕
6:14 もし人の罪を赦すなら、あなたがたの天の父もあなたがたを赦してくださいます。6:15 しかし、人を赦さないなら、あなたがたの父もあなたがたの罪をお赦しになりません。】

①イエス様が教えて下さる真理は、
「赦し」は「実行しなさい」という命令です。
イエス様が私を赦して下さったように、
私も赦すように、「命じられて」いるのです。

そして、この命令を受け取る人は、
「赦しの素晴らしさ」を、体験するのです。

②赦さないことは、「罪」です。
赦さないことによって、
自分自身の霊に「苦みと滅び」を招き入れることになるのです。(FB:P1632)

これは「神様が私たちを赦す尺度」として使われる
「重要な原則」なのです。(マタイ18:35、マコ11:26)

・・・あなたを傷つけた人を「赦し」ましょう。
これが神の御心なのです。YccFuji








20160107
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-01-07 05:45 | 2017年 | Trackback

1月6日創世記15-17章 マタイ5:21-48

懸賞 2017年 01月 06日 懸賞

『信仰による「本音」の祈り』
【創15:1 これらの出来事の後、【主】のことばが幻のうちにアブラムに臨み、こう仰せられた。「アブラムよ。恐れるな。わたしはあなたの盾である。あなたの受ける報いは非常に大きい。」15:2 そこでアブラムは申し上げた。「神、主よ。私に何をお与えになるのですか。私には子がありません。私の家の相続人は、あのダマスコのエリエゼルになるのでしょうか。」】

①アブラハム(アブラム)は、大きな勝利を得ましたが、
彼の跡取り息子がまだ与えられていませんでした。

そのため彼は、主の「祝福の約束」に対して、「質問」をして訴えたのです。

②主は良いお方です。
そして約束を必ず守って下さるお方です。

しかし人は、あまりにも長く待ち続けた時に、
悲しみから「約束を見失ってしまうこと」があるのです。

③この時にはアブラハムは「正直に訴え」ました。
すると主は「み言葉としるし(15:5)」でもって、答えを与えて下さったのです。

・・・人間は完全ではありません。
しかし完全なお方にすがり切実に求める中で、
「素晴らしい解決の道」を教えて頂けるのです。

信仰による「本音の祈り」が大切なのです。


『イエス様とつながる信仰生活』
【マタイ5:43 『自分の隣人を愛し、自分の敵を憎め』と言われたのを、あなたがたは聞いています。5:44 しかし、わたしはあなたがたに言います。自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい。5:45 それでこそ、天におられるあなたがたの父の子どもになれるのです。天の父は、悪い人にも良い人にも太陽を上らせ、正しい人にも正しくない人にも雨を降らせてくださるからです。5:46 自分を愛してくれる者を愛したからといって、何の報いが受けられるでしょう。取税人でも、同じことをしているではありませんか。・・・5:48 だから、あなたがたは、天の父が完全なように、完全でありなさい。】

①イエス様は「自分の敵を愛しなさい」と言われました。
「愛すること」は、神様の御性質であり、正しいことだからです。

②この「愛しなさい」というイエス様の言葉を、
素直に受け入れる時、
「自分の中の罪(悪)」がはっきりと分かるのです。
(人間の力では愛せないからです)

しかしイエス様の言葉を無視する時に
「正しいこと(善)が分からなくなる」のです。

・・・イエス様の言葉を尊重しましょう。
「理想論・不可能」と思える時でも、「最優先に尊重する」のです。

それによって「本当のもの」が見えてきます。
これが「イエス様とつながる信仰生活」なのです。YccFuji







20160106
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-01-06 05:28 | 2017年 | Trackback

1月4日創世記9-11章 マタイ4章

懸賞 2017年 01月 04日 懸賞

『一番価値のある選択、をするには』
【 9:1(洪水後) それで、神はノアと、その息子たちを祝福して、彼らに仰せられた。「生めよ。ふえよ。地に満ちよ。9:2 野の獣、空の鳥、──地の上を動くすべてのもの──それに海の魚、これらすべてはあなたがたを恐れておののこう。わたしはこれらをあなたがたにゆだねている。】

①人々の悪の満ちる中、
ノアは「正しい人」として生きていました。
創造主は、そのノアを通じて、ご自分の計画を進めたのです。

②楽な方に流れるのは、簡単です。
しかし、神様が悲しまれることをし続けるならば、
結局は「悪い結果」になるのです。

③目先の利益だけを考えないようにしましょう。
ノアは、逆境の中でも「良いこと」を選び続けた結果、
神に用いられ「大きな祝福」を頂いたのです。

今の地上の生活だけでなく、
「永遠の命の観点」(創造主に喜ばれる観点)で物事を考えるようにしましょう。
それが最終的に、「一番価値のある選択」につながるのです。

『誘惑に打ち勝つ』
【4:1 さて、イエスは、悪魔の試みを受けるため、御霊に導かれて荒野に上って行かれた。4:2 そして、四十日四十夜断食したあとで、空腹を覚えられた。4:3 すると、試みる者が近づいて来て言った。「あなたが神の子なら、この石がパンになるように、命じなさい。」4:4 イエスは答えて言われた。「『人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる』と書いてある。」】

①悪魔は、イエス様の公けの働きの前に、3つの誘惑をしかけました。
しかしイエス様は「み言葉」を用いて、悪魔を退けたのです。

②悪魔は私たちの弱いところを知って攻撃してきます。
しかし「語られているみ言葉」を用いて、
「すべての悪魔の攻撃」を退けることが出来るのです。

③しかし、そのためには「語られたみ言葉」を「心の中」に入れ、
「絶えず思い巡らす」必要があります。
そして自分と神に対して(誘惑に対しても)「口に出して告白する」のです。

・・・イエス様を模範として、悪の誘惑に打ち勝ちましょう。
主は「み言葉」によって「勝利の方法」を教えて下さるのです。YccFuji








20160104
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-01-04 05:48 | 2017年 | Trackback