カテゴリ:2017年( 104 )

懸賞 懸賞

4月17日1サムエル1-2章 マルコ9:33-50

懸賞 2017年 04月 17日 懸賞

『祈りに応える神』

【Ⅰサムエル 1:10 ハンナの心は痛んでいた。彼女は【主】に祈って、激しく泣いた。1:11 そして誓願を立てて言った。「万軍の【主】よ。もし、あなたが、はしための悩みを顧みて、私を心に留め、このはしためを忘れず、このはしために男の子を授けてくださいますなら、私はその子の一生を【主】におささげします。そして、その子の頭に、かみそりを当てません。」】

①ハンナは、切なる願いとして「自分の子ども」を求めました。
既にこの時、彼女はまだ生まれていない子供を「神の目的の実現」のために捧げていたのです。
そして子供が与えられると、
十分な世話をした後、主への約束通り、主に捧げるため祭司の元に預けたのです。

・・・主は「切なる願い」を聞いて下さるお方です。
また、その祈りの答えには「主の計画」があります。
私たちが、実際に応答をして「主の計画が実現」するのです。

「主の助けと答え」があることを、信じて祈りましょう。
そして主に約束したことは「果たし」ましょう。
このシンプルなことが、「信仰生活」には「非常に重要なこと」なのです。




『つまずきを与えることを、極力避ける』

【マルコ9:42 また、わたしを信じるこの小さい者たちのひとりにでもつまずきを与えるような者は、むしろ大きい石臼を首にゆわえつけられて、海に投げ込まれたほうがましです。9:43 もし、あなたの手があなたのつまずきとなるなら、それを切り捨てなさい。・・・】

①イエス様は、ルカ17章では
「つまずきが起きることは避けられないが、つまずきを起こさせる者はわざわいだ」と語られています。
つまずきは「わざとではない」かもしれませんが、極力避けることが大切なのです。

私たちは「イエス様の弟子」です。
イエス様が仰るように、「自分を捨て」「日々自分の十字架を負って」主に従うことが願われているのです。
これを完ぺきにすることは人間の力では不可能ですが、
「そのように生きていきたい」と願い、祈ることは「可能」であり、
その祈りを通じて「主の助け」が与えられるのです。YccFuji






20170417


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-04-17 05:25 | 2017年 | Trackback

4月16日ルツ記1-4章 マルコ9:14-32

懸賞 2017年 04月 16日 懸賞

『主にすがるものを、見捨てることがないお方』

【ルツ2:12 【主】があなたのしたことに報いてくださるように。また、あなたがその翼の下に避け所を求めて来たイスラエルの神、【主】から、豊かな報いがあるように。」2:13 彼女は言った。「ご主人さま。私はあなたのご好意にあずかりとう存じます。私はあなたのはしためのひとりでもありませんのに、あなたは私を慰め、このはしためにねんごろに話しかけてくださったからです。」】

①主は、義母ナオミとナオミの信じる主に従って、故郷を離れてやってきた、ルツを見ておられました。
そして親類のボアズの畑に導き、ボアズに好意を持たせたのです。
主は「主にすがる者」を見捨てることなく、助けて下さるお方なのです。
たとえ故郷を離れ「一人ぼっち」に感じるようなことが起きても、
あなたを離れない主は、あなたを守り、導かれるのです。

主は全能者、そして生きておられるお方です。

・・・今日はイエス様の復活を祝う、イースターです。
主に十字架と復活の勝利を、喜びお祝いしましょう。
イエス様はよみがえられ、今も生きておられる現実のお方なのです。
あなたの苦しみを知り、あなたを助けて下さるお方なのです。




『私たちを助けて下さる主』

【マルコ9:23 するとイエスは言われた。「できるものなら、と言うのか。信じる者には、どんなことでもできるのです。」9:24 するとすぐに、その子の父は叫んで言った。「信じます。不信仰な私をお助けください。」9:25 イエスは、群衆が駆けつけるのをご覧になると、汚れた霊をしかって言われた。「口をきけなくし、耳を聞こえなくする霊。わたしがおまえに命じる。この子から出て行け。二度とこの子に入るな。」】

①「悪い霊の影響を受けていた息子」の父親は、失望のため、イエス様に不信仰な言葉を出してしまいました。
しかしイエス様からその不信仰を指摘されると、
すぐに不信仰を悔い改め、「信じます、助けて下さい」とイエス様に願ったのです。
その結果、息子は癒され、恵みを頂いたのです。

②私たちは、「悲しや挫折のために」、
前もダメだったから「今もダメだ」と信じ込んでしまうことがあります。
しかしイエス様はその不信仰を取り去って下さり、新しい信仰を与えて下さるのです。

・・・自分こころを正直に見つめましょう。
そして不信仰は不信仰として認め、助けを求めましょう。
主は生きておられ、私たちの必要を見て、助けて下さるのです。YccFuji







20170416


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-04-16 04:56 | 2017年 | Trackback

4月15日士師記19-21章 マルコ8:27-9:13

懸賞 2017年 04月 15日 懸賞

『自分たちのゆがんだ判断の末路』

【士21:23 ベニヤミン族はそのようにした。彼らは女たちを自分たちの数にしたがって、連れて来た。踊っているところを、彼らが略奪した女たちである。それから彼らは戻って、自分たちの相続地に帰り、町々を再建して、そこに住んだ。21:24 こうして、イスラエル人は、そのとき、そこを去って、めいめい自分の部族と氏族のところに帰って行き、彼らはそこからめいめい自分の相続地へ出て行った。21:25 そのころ、イスラエルには王がなく、めいめいが自分の目に正しいと見えることを行っていた。】

①士師記は、イスラエルの問題を引き起こした根源を再び示して、終えられています。
それは「神の基準を無視」して「自分たちの道を歩み」、
自分たちのゆがんだ判断を「正しい」と思い込んでいたのです。

②そのような雰囲気を「正しい方向に向かわせること」は非常に大きな力を必要とします。
しかしイエス様の十字架は、その為のすべての代価を支払って下さったのです。
私たちは「自分の間違い」を認め告白し、
「主の憐みによって」聖めと回復の道を歩むことが出来るように、主の助けを必要としているのです。



『十字架を負って、主についていく』

【マルコ8:31 それから、人の子は必ず多くの苦しみを受け、長老、祭司長、律法学者たちに捨てられ、殺され、三日の後によみがえらなければならないと、弟子たちに教え始められた。・・・
8:34 それから、イエスは群衆を弟子たちといっしょに呼び寄せて、彼らに言われた。「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。8:35 いのちを救おうと思う者はそれを失い、わたしと福音とのためにいのちを失う者はそれを救うのです。8:36 人は、たとい全世界を得ても、いのちを損じたら、何の得がありましょう。」】

①イエス様は、ご自分が人々に捨てられ、苦しみの後に復活の勝利をすることを、前もって話されました。
そして「イエス様についていきたい人」は、
「自分を捨て」「自分の十字架を負って」ついていくようにと語られたのです。

・・・クリスチャン生活は「イエス様がモデル」です。
それは楽で楽しいこともありますが、
責任と苦しみを通らなければなりません。
人から理解されず「捨てられたような経験」を通ることもあるのです。

しかし最後までついていく人は、
「主の祝福の勝利」を味わうことが出来るのです。YccFuji







20170415


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-04-15 05:28 | 2017年 | Trackback

4月14日士師記17-18章 マルコ8:14-26

懸賞 2017年 04月 14日 懸賞

『罪と赦し』

【士17:4 しかし彼は母にその銀を返した。そこで母は銀二百枚を取って、それを銀細工人に与えた。すると、彼はそれで彫像と鋳像を造った。それがミカの家にあった。17:5 このミカという人は神の宮を持っていた。それで彼はエポデとテラフィムを作り、その息子のひとりを任命して、自分の祭司としていた。17:6 そのころ、イスラエルには王がなく、めいめいが自分の目に正しいと見えることを行っていた。・・・】

①この時代は、それぞれが「自分の目に正しい」と思うことを行い、
「神の目に悪」となることをし続けていました。
自分の目に正しいことを行う人は、
神の御言葉によって示されたことでさえも「憤慨する」のです。

「神の基準」を無視する人々は、
その生涯に「霊的」「道徳的」「社会的」混乱を
「自分だけ」でなく、「周りに人々」にも与えるのです。

・・・今日は受難日です。
イエス様が私たちの罪のため「十字架にかかられた日」です。
私たちは「自分の罪」を悔い改め、
「イエス様にあって」「主に赦され」「主に従う者」として生きていくことを願うのです。



『一瞬の癒しと時間がかかる癒し』

【マルコ8:24 すると彼は、見えるようになって、「人が見えます。木のようですが、歩いているのが見えます」と言った。8:25 それから、イエスはもう一度彼の両目に両手を当てられた。そして、彼が見つめていると、すっかり直り、すべてのものがはっきり見えるようになった。】

①イエス様の奇跡は、一瞬で起こることもありますが、徐々に起きることもあるのです。
今朝の個所は、後者のケースです。

②イエス様の十字架によって「罪赦され」「病が癒される奇跡」を私たちは頂いています。
罪の赦しは一瞬ですが、罪からの解放や、心や体の癒しは、時間のかかることもあるのです。

・・・イエス様の十字架の恵みは「完全であり」「絶対」です。
しかしその恵みを完全に受け取るには「信仰を持ち続ける必要」があるのです。YccFuji







20170414


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-04-14 00:47 | 2017年 | Trackback

4月13日士師記14-16章 マルコ7:24-8:13

懸賞 2017年 04月 13日 懸賞

『誘惑の悲しみ』

【士16:4 その後、サムソンはソレクの谷にいるひとりの女を愛した。彼女の名はデリラといった。16:5 すると、ペリシテ人の領主たちが彼女のところに来て、彼女に言った。「サムソンをくどいて、彼の強い力がどこにあるのか、またどうしたら私たちが彼に勝ち、彼を縛り上げて苦しめることができるかを見つけなさい。私たちはひとりひとり、あなたに銀千百枚をあげよう。」】

①デリラは、怪力サムソンが自分を愛していることを知っていました。
そして銀貨によって誘惑され、デリラはサムソンを売ったのです。

自分の欲のために「人を利用とする心」は非常に悲しいものです。
しかし悪しき誘惑を受け「確信犯として」人を利用し続けようとする人が、現実にいるのです。

②一方、サムソンは、デリラから言い寄られ、泣き落としによって秘密を話してしまいました。
その結果、目を奪われ、最後は死ななければなりませんでした。
誘惑を与えることも、落ちることも悲しいことです。

・・・しかし、主がすべて見ておられること(隠れたこともすべて)に気がついた人は、
自分の心をごまかさず、(聖霊の力によって)誘惑を退け、実直に生きていくようになるのです。
ごまかすことが出来ると、思い込んでいる人は「愚かで悲しい」のです。



『切実に求めた異邦人の信仰』

【マルコ7:28 しかし、女は答えて言った。「主よ。そのとおりです。でも、食卓の下の小犬でも、子どもたちのパンくずをいただきます。」7:29 そこでイエスは言われた。「そうまで言うのですか。それなら家にお帰りなさい。悪霊はあなたの娘から出て行きました。」7:30 女が家に帰ってみると、その子は床の上に伏せっており、悪霊はもう出ていた。】

①イエス様は、助けを求めてきた異邦人の母親に(あえて)一旦拒否したような態度を取られました。
この母親の信仰に強さを知っていたからです。
そして母親の強い信仰を「引き出し」、最後に娘を癒されたのです。

②私たちは、「主に祈りを拒否」されたように感じることがあります。
しかしこの時は「ますます祈り求める時」なのです。
主の憐みは「私たちの考えより」遥か深く、広いのです。

主は私たちが心から求め続け、
「主の求める信仰」まで行くことを願われるのです。Yccfuji






20170413



[PR]

by Happiness-eachday | 2017-04-13 05:11 | 2017年 | Trackback

4月12日士師記12-13章 マルコ7:1-23

懸賞 2017年 04月 12日 懸賞

『主の約束に備える大切さ』

【士 13:24 その後、この女は男の子を産み、その名をサムソンと呼んだ。その子は大きくなり、【主】は彼を祝福された。13:25 そして、【主】の霊は、ツォルアとエシュタオルとの間のマハネ・ダンで彼を揺り動かし始めた。】

①主は、子供が与えられなかった両親から、サムソンを誕生させました。
サムソンを通じて、ペリシテ人から救い出すためでした。
②しかしその誕生までに主が命じた準備は「聖い状態でいるように」という命令だったのです(13:4)。
・・・主の計画を実行するためには「聖く備える」必要があるのです。
能力があっても、「神の喜ぶことを忘れ」、「自分のわがままに生きる」ようになると、
「祝福を落とす」ことがあり得るからです。
これが後にサムソンの人生を象徴しているのです。



『自分や人を汚すもの』

【マルコ 7:20 また言われた。「人から出るもの、これが、人を汚すのです。7:21 内側から、すなわち、人の心から出て来るものは、悪い考え、不品行、盗み、殺人、7:22 姦淫、貪欲、よこしま、欺き、好色、ねたみ、そしり、高ぶり、愚かさであり、7:23 これらの悪はみな、内側から出て、人を汚すのです。」】

①イエス様は、食べ物が人を汚すのではなく、人の心から出るものが人を汚す、とはっきりと言われました。
②神様の聖さに反する心は「人を汚す」のです。

自分こころの聖さに対して「敏感」になりましょう。
汚れたものを蒔くことが無いように努めましょう。
汚れに気がつく度に、イエス様の十字架に告白して、聖めて頂くのです。
この受難週は特に、「自分のこころの状態」に注目してみましょう。YccFuji





20170412


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-04-12 05:25 | 2017年 | Trackback

4月11日士師記10-11章 マルコ6:33-56

懸賞 2017年 04月 11日 懸賞

『憐み深い主』

【士10:13 しかし、あなたがたはわたしを捨てて、ほかの神々に仕えた。だから、わたしはこれ以上あなたがたを救わない。10:14 行け。そして、あなたがたが選んだ神々に叫べ。あなたがたの苦難の時には、彼らが救うがよい。」10:15 すると、イスラエル人は【主】に言った。「私たちは罪を犯しました。あなたがよいと思われることを何でも私たちにしてください。ただ、どうか、きょう、私たちを救い出してください。」10:16 彼らが自分たちのうちから外国の神々を取り去って、【主】に仕えたので、主は、イスラエルの苦しみを見るに忍びなくなった。・・・】

①主は、正しいお方です。
主に反してほかの神々に仕えたならば、その悪い行為の刈り取りをさせるお方なのです。
②しかし同時に、憐み深いお方でもあるのです。
犯した罪を悔い改め、助けを求める者には、主は手を伸ばされるのです。
・・・主の憐みにすがりましょう。
主の御性質を知って、主が「良いとされること」をしていくのです。



『求める者に応えて下さるお方』

【マルコ6:34 イエスは、舟から上がられると、多くの群衆をご覧になった。そして彼らが羊飼いのいない羊のようであるのを深くあわれみ、いろいろと教え始められた。6:35 そのうち、もう時刻もおそくなったので、弟子たちはイエスのところに来て言った。「ここはへんぴな所で、もう時刻もおそくなりました。6:36 みんなを解散させてください。そして、近くの部落や村に行って何か食べる物をめいめいで買うようにさせてください。」6:37 すると、彼らに答えて言われた。「あなたがたで、あの人たちに何か食べる物を上げなさい。」・・・】

①主は、お疲れに中でも「求めてくる群衆」に対して、
憐みの心を持ち、真理と慰めの御言葉を語り続けました。
そして霊的な助けだけでなく、具体的な食事も準備しようと考えられたのです。

主は私たちの霊肉の必要をご存知のお方です。
信じて、求める者には、
主の恵みを「あふれる程」に、与えて下さるお方なのです。YccFuji








20170411


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-04-11 05:38 | 2017年 | Trackback

4月10日士師記9章 マルコ6:1-29

懸賞 2017年 04月 10日 懸賞

『悪行の報い』

【士 9:55 イスラエル人はアビメレクが死んだのを見たとき、ひとりひとり自分のところへ帰った。9:56 こうして神は、アビメレクが彼の兄弟七十人を殺して、その父に行った悪を、彼に報いられた。9:57神はシェケムの人々のすべての悪を彼らの頭上に報いられた。こうしてエルバアルの子ヨタムののろいが彼らに実現した。】

①ギデオンの息子、アビメレクは、自分の兄弟たちを殺して王になりました。
しかし最後には、悪行の報いを受けたのです。
②正しいことと間違っていることは、主の前に明らかです。
それを正当化したとしても、悪は悪なのです。
悔い改めることをせずに、自己正当化の道を歩み続けるならば、
報いを受けるのが、聖書の教えなのです。



『主の訓練』

【マルコ6:7 また、十二弟子を呼び、ふたりずつ遣わし始め、彼らに汚れた霊を追い出す権威をお与えになった。・・・6:12 こうして十二人が出て行き、悔い改めを説き広め、6:13 悪霊を多く追い出し、大ぜいの病人に油を塗っていやした。】

①イエス様は、ご自分の弟子に、二人ずつ遣わし、
「悔い改め」を伝え「癒し」と「悪霊追い出し」をさせました。
これは「イエス様の権威」を用いる「訓練」でした。

②弟子たちは、イエス様の働きを「継承」することを願われ、主の訓練を受けたのです。
・・・イエス様は、主の計画を実現させるために「私たちを訓練される」のです。
弟子たちは、十字架前は、皆逃げ去ってしまいましたが、
復活後、「大きな働き」をしました。

訓練は、すぐには実を結ばないこともあるのですが、
後には「大きな働きをする土台」となるのです。YccFuji





20170410



[PR]

by Happiness-eachday | 2017-04-10 05:32 | 2017年 | Trackback

4月8日士師記5-6章 マルコ5:1-20

懸賞 2017年 04月 08日 懸賞

『主と共に歩む時、成長する』

【士6:6 それで、イスラエルはミデヤン人のために非常に弱くなっていった。すると、イスラエル人は【主】に叫び求めた。6:7 イスラエル人がミデヤン人のために【主】に叫び求めたとき、6:8 【主】はイスラエル人にひとりの預言者を遣わした。預言者は彼らに言った。「イスラエルの神、【主】はこう仰せられる。わたしはあなたがたをエジプトから上らせ、あなたがたを奴隷の家から連れ出した。」・・・
6:11 さて【主】の使いが来て、アビエゼル人ヨアシュに属するオフラにある樫の木の下にすわった。このとき、ヨアシュの子ギデオンはミデヤン人からのがれて、酒ぶねの中で小麦を打っていた。】

①民が主に叫んだ時、主は預言者を遣わし、民に信仰の言葉を語りました。
そしてその後「ギデオン」を勇者として召し出したのです。
主は新しいリーダーを立てられるお方です。
その人物が最初は弱くても、主の助けによって「勇者」として成長していくのです。
・・・私たちは、最初は弱い存在です。
しかし主と共に歩む時、主は信仰者を育てて下さるのです。



『イエス様の命令』

【マルコ5:18 それでイエスが舟に乗ろうとされると、悪霊につかれていた人が、お供をしたいとイエスに願った。5:19しかし、お許しにならないで、彼にこう言われた。「あなたの家、あなたの家族のところに帰り、主があなたに、どんなに大きなことをしてくださったか、どんなにあわれんでくださったかを、知らせなさい。」】

①主は悪霊につかれて、解放された男性が「お供をしたい」と願った時、
「あなたは証をするように」と命じられたのです。
主には計画があります。
私たちがしようとする「別の方法」を主が命じられる時があるのです。
しかしその言葉に従う時、
イエス様のことが「多くの人々に伝わる」奇跡が起きるのです。YccFuji





20170408


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-04-08 05:46 | 2017年 | Trackback

4月7日士師記3-4章 マルコ4:21-41

懸賞 2017年 04月 07日 懸賞

『主は神の民を継続して守っておられる』

【士 4:1 その後、イスラエル人はまた、【主】の目の前に悪を行った。エフデは死んでいた。4:2 それで、【主】はハツォルで治めていたカナンの王ヤビンの手に彼らを売り渡した。ヤビンの将軍はシセラで、彼はハロシェテ・ハゴイムに住んでいた。4:3 彼は鉄の戦車九百両を持ち、そのうえ二十年の間、イスラエル人をひどく圧迫したので、イスラエル人は【主】に叫び求めた。4:4 そのころ、ラピドテの妻で女預言者デボラがイスラエルをさばいていた。・・・】

①主は、エフテの死後、デボラを通じて、イスラエルの民を救い出しました。
②主は神の民を継続して守り続けています。
一人が働けなくなったとしても、それで終わりではないのです。
③主は民の叫びを聞き、新しい救済者を起こされるのです。



『助け出して下さるお方』

【マルコ4:38 ところがイエスだけは、とものほうで、枕をして眠っておられた。弟子たちはイエスを起こして言った。「先生。私たちがおぼれて死にそうでも、何とも思われないのですか。」4:39 イエスは起き上がって、風をしかりつけ、湖に「黙れ、静まれ」と言われた。すると風はやみ、大なぎになった。4:40 イエスは彼らに言われた。「どうしてそんなにこわがるのです。信仰がないのは、どうしたことです。」】

①イエス様は、嵐に命じられると、嵐は静まりました。
イエス様はそのような権威をもっておられるお方なのです。
イエス様が動いて下さると、人の理解を越えた奇跡が起きるのです。
私たちも「困難の中」でイエス様に訴えましょう。
イエス様は「助け出して下さるお方」なのです。YccFuji






20170407


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-04-07 05:51 | 2017年 | Trackback