カテゴリ:2017年( 211 )

懸賞 懸賞

8月8日詩篇79-81篇 ローマ1:18-32

懸賞 2017年 08月 08日 懸賞

『神の慈しみ』
【詩81:6 「わたしは、彼の肩から重荷を取り除き、彼の手を荷かごから離してやった。81:7 あなたは苦しみのときに、呼び求め、わたしは、あなたを助け出した。わたしは、雷の隠れ場から、あなたに答え、メリバの水のほとりで、あなたをためした。 セラ81:8 聞け。わが民よ。わたしは、あなたをたしなめよう。イスラエルよ。よくわたしの言うことを聞け。81:9 あなたのうちに、ほかの神があってはならない。あなたは、外国の神を拝んではならない。81:10 わたしが、あなたの神、【主】である。わたしはあなたをエジプトの地から連れ上った。あなたの口を大きくあけよ。わたしが、それを満たそう。81:11 しかしわが民は、わたしの声を聞かず、イスラエルは、わたしに従わなかった。81:12 それでわたしは、彼らをかたくなな心のままに任せ、自分たちのおもんぱかりのままに歩かせた。81:13 ああ、ただ、わが民がわたしに聞き従い、イスラエルが、わたしの道を歩いたのだったら。81:14 わたしはただちに、彼らの敵を征服し、彼らの仇に、わたしの手を向けたのに。」】

①主は助けを求める、神を信じる者たちを助けて下さいます。
しかし私たちが、神ではないものを求めることを悲しまれるのです。
②主の言葉を聞きましょう。主に信頼しましょう。
主を信じ、「口を大きく開ける(求める)」者は、「満たされる」のです。



『神を悲しませるリスト』

【ロマ1:29 彼らは、あらゆる不義と悪とむさぼりと悪意とに満ちた者、ねたみと殺意と争いと欺きと悪だくみとでいっぱいになった者、陰口を言う者、1:30 そしる者、神を憎む者、人を人と思わぬ者、高ぶる者、大言壮語する者、悪事をたくらむ者、親に逆らう者、1:31 わきまえのない者、約束を破る者、情け知らずの者、慈愛のない者です。1:32 彼らは、そのようなことを行えば、死罪に当たるという神の定めを知っていながら、それを行っているだけでなく、それを行う者に心から同意しているのです。】





20170808


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-08-08 05:54 | 2017年 | Trackback

8月7日詩篇78篇  ローマ1:1-17

懸賞 2017年 08月 07日 懸賞

『憐れみ深い神』

【詩78:36 しかしまた彼らは、その口で神を欺き、その舌で神に偽りを言った。78:37 彼らの心は神に誠実でなく、神の契約にも忠実でなかった。78:38 しかし、あわれみ深い神は、彼らの咎を赦して、滅ぼさず、幾度も怒りを押さえ、憤りのすべてをかき立てられはしなかった。78:39 神は、彼らが肉にすぎず、吹き去れば、返って来ない風であることを心に留めてくださった。】

①主は憐れみ深いお方です。
イスラエルの民が何度も神につぶやき、反逆しても、
主は「幾度も怒りを抑え」民を愛し続けられたのです。

主は、私たちクリスチャンに対しても「憐れみ深い神」です。
その憐れみを受けていることが分かった者は、
人に対しても「忍耐深く」なっていくのです。


『福音の力』

【ロマ1:16 私は福音を恥とは思いません。福音は、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、信じるすべての人にとって、救いを得させる神の力です。1:17 なぜなら、福音のうちには神の義が啓示されていて、その義は、信仰に始まり信仰に進ませるからです。「義人は信仰によって生きる」と書いてあるとおりです。】


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-08-07 05:17 | 2017年 | Trackback

8月6日詩篇74-77 2コリント13章

懸賞 2017年 08月 06日 懸賞

『救済の訴え(アサフ)』

【詩74:18 【主】よ。どうか、心に留めてください。敵がそしり、愚かな民が御名を侮っていることを。74:19あなたの山鳩のいのちを獣に引き渡さないでください。あなたの悩む者たちのいのちを永久に忘れないでください。74:20 どうか、契約に目を留めてください。地の暗い所には暴虐が横行していますから。74:21 しいたげられる者が卑しめられて帰ることがなく、悩む者、貧しい者が御名をほめたたえますように。】



『パウロの勧めの言葉』

【Ⅱコリ13:5 あなたがたは、信仰に立っているかどうか、自分自身をためし、また吟味しなさい。それとも、あなたがたのうちにはイエス・キリストがおられることを、自分で認めないのですか。
13:8 私たちは、真理に逆らっては何をすることもできず、真理のためなら、何でもできるのです。
13:11 終わりに、兄弟たち。喜びなさい。完全な者になりなさい。慰めを受けなさい。一つ心になりなさい。平和を保ちなさい。そうすれば、愛と平和の神はあなたがたとともにいてくださいます。】

13:11の言葉は、パウロの信仰者への助言です。
私たちが「目指すべきところ」です。
特に「一つこころ」になって「平和を保つこと」は非常に重要です。
そのことを意識していれば、慰めを受け、信徒の助けと支えを受けることができるのです。
それがキリストの身体である、クリスチャンが恵みを受ける視点なのです。
それを外しては、わがままな信仰になり、イエス様を悲しませてしまうことが起こり得るのです。




20170806


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-08-06 05:22 | 2017年 | Trackback

8月4日詩篇68-69章 2コリント11:16-33

懸賞 2017年 08月 04日 懸賞

『重荷を担い、救いを与える主(ダビデ)』

【詩68:19 ほむべきかな。日々、私たちのために、重荷をになわれる主。私たちの救いであられる神。 セラ68:20 神は私たちにとって救いの神。死を免れるのは、私の主、神による。68:21 神は必ず敵の頭を打ち砕かれる。おのれの罪過のうちを歩む者の毛深い脳天を。】

①ダビデの祈りは、苦しみに出会っている人の叫びであり、
それを聞く人にとって慰めになるのです。
主はダビデの祈りを聞かれ、その心を受け止められたように、
苦しんでいる人の叫びを聞かれ、痛みを受け止めて下さいます。
そして、正しい裁きをされるお方なのです。




『苦難についてのパウロの考え』

【Ⅱコリ11:27 労し苦しみ、たびたび眠られぬ夜を過ごし、飢え渇き、しばしば食べ物もなく、寒さに凍え、裸でいたこともありました。
11:29 だれかが弱くて、私が弱くない、ということがあるでしょうか。だれかがつまずいていて、私の心が激しく痛まないでおられましょうか。11:30 もしどうしても誇る必要があるなら、私は自分の弱さを誇ります。11:31 主イエス・キリストの父なる神、永遠にほめたたえられる方は、私が偽りを言っていないのをご存じです。】

①パウロは、神に喜ばれるように努めていましたが、
その結果多くの苦しみを経験しました。
パウロはそれを嘆くのではなく、
むしろ苦しみを通じて「自分に弱さ」に出会ったこちを
「良いことだ」と受け止めていたのです。

神と共に生きる人生には、しばしば苦しみが伴います。
しかしその苦しみが、それを遥かに超えた「主の恵み」を体験できる道でもあるのです。 






20170804


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-08-04 05:21 | 2017年 | Trackback

8月3日詩篇64-67篇 2コリント11:1-15

懸賞 2017年 08月 03日 懸賞

『信仰を養われる神(ダビデ)』

【詩 指揮者のために。ダビデの賛歌。歌
65:1神よ。あなたの御前には静けさがあり、シオンには賛美があります。あなたに誓いが果たされますように。65:2 祈りを聞かれる方よ。みもとにすべての肉なる者が参ります。65:3 咎が私を圧倒しています。しかし、あなたは、私たちのそむきの罪を赦してくださいます。65:4 幸いなことよ。あなたが選び、近寄せられた人、あなたの大庭に住むその人は。私たちは、あなたの家、あなたの聖なる宮の良いもので満ち足りるでしょう。】



『表面だけの素晴らしさに気をつける』

【Ⅱコリ11:14 しかし、驚くには及びません。サタンさえ光の御使いに変装するのです。11:15 ですから、サタンの手下どもが義のしもべに変装したとしても、格別なことはありません。彼らの最後はそのしわざにふさわしいものとなります。】

①サタンの働きを見極める一番の手段は、嘘かどうかです。
いくら素晴らしいことを言っていても、
その中に嘘があれば、本当の事ではないのです。
言っていることと行動がバラバラであれば、気をつけなければなりません。

②光の天使に気をつけましょう。
表面だけの素晴らしさ(誘惑)に目を奪われないようにしましょう。

神様に従うことは、時に不都合なことに出会うことがあります。
しかし良心に正直に生きるのです。

「イエス様が喜ばれること」という観点で見るならば、
「正しいこと」、「選ぶべきこと」が見えてくるのです。






20170803


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-08-03 05:10 | 2017年 | Trackback

8月2日詩篇60-63篇 2コリント10章

懸賞 2017年 08月 02日 懸賞

『渇いたたましい(ダビデ)』

【詩63:1 神よ。あなたは私の神。私はあなたを切に求めます。水のない、砂漠の衰え果てた地で、私のたましいは、あなたに渇き、私の身も、あなたを慕って気を失うばかりです。63:2 私は、あなたの力と栄光を見るために、こうして聖所で、あなたを仰ぎ見ています。63:3 あなたの恵みは、いのちにもまさるゆえ、私のくちびるは、あなたを賛美します。63:4 それゆえ私は生きているかぎり、あなたをほめたたえ、あなたの御名により、両手を上げて祈ります。】




『私たちの戦いの武器(パウロ)』

【Ⅱコリ10:3 私たちは肉にあって歩んではいても、肉に従って戦ってはいません。10:4 私たちの戦いの武器は、肉の物ではなく、神の御前で、要塞をも破るほどに力のあるものです。10:5私たちは、さまざまの思弁と、神の知識に逆らって立つあらゆる高ぶりを打ち砕き、すべてのはかりごとをとりこにしてキリストに服従させ、10:6 また、あなたがたの従順が完全になるとき、あらゆる不従順を罰する用意ができているのです。】

①私たちの戦いの現場は、私たちの心の中です。
この戦いに勝利をするためには、この世の権威や人間的なものではなく、
「神の御言葉の力」が必要なのです。

そのためには「深く祈り」「神の言葉への徹底した服従」が必要です。
聖書を知っているだけでは「無力」なのです。
むしろ知ってい「悪の性質と戦っていない」ならば、
知らないよりもひどい状態になることがあるのです。

・・・主に祈り、自分をキリストに服従させましょう。
悪の働きに敏感になることが、勝利への第一歩なのです。






20170802


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-08-02 05:24 | 2017年 | Trackback

8月1日詩篇56-59篇 2コリント8-9章

懸賞 2017年 08月 01日 懸賞

『苦しみの中での歌(ダビデ)』

【詩56:8 あなたは、私のさすらいをしるしておられます。どうか私の涙を、あなたの皮袋にたくわえてください。それはあなたの書には、ないのでしょうか。56:9 それで、私が呼ばわる日に、私の敵は退きます。神が私の味方であることを私は知っています。56:10 神にあって、私はみことばをほめたたえます。【主】にあって、私はみことばをほめたたえます。56:11 私は、神に信頼しています。それゆえ、恐れません。人が、私に何をなしえましょう。56:12 神よ。あなたへの誓いは、私の上にあります。私は、感謝のいけにえを、あなたにささげます。】


『豊かに蒔くこと』
【Ⅱコリ9:6 私はこう考えます。少しだけ蒔く者は、少しだけ刈り取り、豊かに蒔く者は、豊かに刈り取ります。9:7ひとりひとり、いやいやながらでなく、強いられてでもなく、心で決めたとおりにしなさい。神は喜んで与える人を愛してくださいます。9:8 神は、あなたがたを、常にすべてのことに満ち足りて、すべての良いわざにあふれる者とするために、あらゆる恵みをあふれるばかり与えることのできる方です。】




20170801


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-08-01 05:31 | 2017年 | Trackback

7月31日詩篇52-55篇 2コリント7:2-16

懸賞 2017年 07月 31日 懸賞

『主は助けて下さる(ダビデ)』

【詩55:16 私が、神に呼ばわると、【主】は私を救ってくださる。55:17 夕、朝、真昼、私は嘆き、うめく。すると、主は私の声を聞いてくださる。55:18 主は、私のたましいを、敵の挑戦から、平和のうちに贖い出してくださる。私と争う者が多いから。・・・
55:22 あなたの重荷を【主】にゆだねよ。主は、あなたのことを心配してくださる。主は決して、正しい者がゆるがされるようにはなさらない。】

①ダビデは、12-15節で親しい者からの裏切りの痛みを告白しています。
主はそんなダビデを助けられました。
主は正しいものを助けて下さるお方なのです。



『御心に添った悲しみ』

【Ⅱコリ7:10 神のみこころに添った悲しみは、悔いのない、救いに至る悔い改めを生じさせますが、世の悲しみは死をもたらします。7:11 ご覧なさい。神のみこころに添ったその悲しみが、あなたがたのうちに、どれほどの熱心を起こさせたことでしょう。また、弁明、憤り、恐れ、慕う心、熱意を起こさせ、処罰を断行させたことでしょう。あの問題について、あなたがたは、自分たちがすべての点で潔白であることを証明したのです。】

①悲しみには、神の御心に添ったものと、そうでないもの(世の悲しみ)があります。
聖霊に導かれ「悔い改め」を伴う悲しみは、その人を神に近づけ、成長(成熟)させるのです。
これが御心に添った悲しみです。

しかし自我を主張し、自分の思い通りにならない悲しみで終わるならば、
それは益にはならないのです。

②あなたの悲しみはどちらになりますか。
主に祈りましょう。聖霊に触れて頂きましょう。
主は様々な問題の上に「主の御計画」を持っておられるのです。

祈り、信仰の目で現実と将来を見つめましょう。
「信仰で見て」、「信仰で歩む」ならば、すべて良い方向に導かれるのです。






20170731


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-07-31 05:33 | 2017年 | Trackback

7月30日詩篇49-51篇 2コリント6:3-7:1

懸賞 2017年 07月 30日 懸賞

『感謝のいけにえ(アザフの賛歌)』
【詩 50:13 わたしが雄牛の肉を食べ、雄やぎの血を飲むだろうか。50:14 感謝のいけにえを神にささげよ。あなたの誓いをいと高き方に果たせ。50:15 苦難の日にはわたしを呼び求めよ。わたしはあなたを助け出そう。あなたはわたしをあがめよう。】


『悪いものからの分離』
【Ⅱコリ6:16 神の宮と偶像とに、何の一致があるでしょう。私たちは生ける神の宮なのです。神はこう言われました。「わたしは彼らの間に住み、また歩む。わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となる。6:17 それゆえ、彼らの中から出て行き、彼らと分離せよ、と主は言われる。汚れたものに触れないようにせよ。そうすれば、わたしはあなたがたを受け入れ、6:18 わたしはあなたがたの父となり、あなたがたはわたしの息子、娘となる、と全能の主が言われる。」
7:1 愛する者たち。私たちはこのような約束を与えられているのですから、いっさいの霊肉の汚れから自分をきよめ、神を恐れかしこんで聖きを全うしようではありませんか。】

①悪いものを分離せずに、そのままにしておけば、信仰は必ず落ちます。
私たちは悪と分離することを通じて信者として「信仰に固く立つこと」を学ぶのです。

②しかしながら、この世と完全に切り離して生活することは不可能です。
その葛藤の中で、悪を見極め、その影響から距離を置くのです。
これは祈り無くしてはできないことです。





20170730



[PR]

by Happiness-eachday | 2017-07-30 07:53 | 2017年 | Trackback

7月29日詩篇45-48篇 2コリント5:1-6:2

懸賞 2017年 07月 29日 懸賞

『災難の中での神の臨在(コラの子たち)』

【詩46:1 神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。46:2 それゆえ、われらは恐れない。たとい、地は変わり山々が海のまなかに移ろうとも。46:3 たとい、その水が立ち騒ぎ、あわだっても、その水かさが増して山々が揺れ動いても。 セラ
46:7 万軍の【主】はわれらとともにおられる。ヤコブの神はわれらのとりでである。46:8 来て、【主】のみわざを見よ。主は地に荒廃をもたらされた。46:9 主は地の果てまでも戦いをやめさせ、弓をへし折り、槍を断ち切り、戦車を火で焼かれた。46:10 「やめよ。わたしこそ神であることを知れ。わたしは国々の間であがめられ、地の上であがめられる。」46:11 万軍の【主】はわれらとともにおられる。ヤコブの神はわれらのとりでである。】

①私たちは時に霊的に弱く、虚しく感じる時があります。
しかしそんな時こそ、主に求め、主に訴える時です。
その祈りを通じて・・・私たちは神と出会うのです。そして益々の確信を頂くのです。 




『和解の務め』

【Ⅱコリ5:9 そういうわけで、肉体の中にあろうと、肉体を離れていようと、私たちの念願とするところは、主に喜ばれることです。5:10 なぜなら、私たちはみな、キリストのさばきの座に現れて、善であれ悪であれ、各自その肉体にあってした行為に応じて報いを受けることになるからです。
5:17 だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。5:18 これらのことはすべて、神から出ているのです。神は、キリストによって、私たちをご自分と和解させ、また和解の務めを私たちに与えてくださいました。5:19 すなわち、神は、キリストにあって、この世をご自分と和解させ、違反行為の責めを人々に負わせないで、和解のことばを私たちにゆだねられたのです。】

①私たちはキリストを信じたことによって、
「新しく造られた者」です。
そしてキリストが私たちを赦し作り変えて下さったことを体験し、和解の務めを頂いています。

②人は一度死ぬことと、死後の裁き(正しい主の判断)を受けることは定まっています。
それから逃れることはできません。
ですから、永遠の命(天国)に入るものとしては、
主が喜ばれることを行うようになるのです。

それが、信仰生活をしていく中で、自然なことなのです。
これは苦行のような自己犠牲ではなく、主の愛に対する応答なのです。






20170729


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-07-29 00:58 | 2017年 | Trackback