カテゴリ:2017年( 313 )

懸賞 懸賞

9月4日箴言14-15章 ガラテヤ5:16-26

懸賞 2017年 09月 04日 懸賞

『知恵深いもの』

【箴15:30 目の光は心を喜ばせ、良い知らせは人を健やかにする。15:31 いのちに至る叱責を聞く耳のある者は、知恵のある者の間に宿る。15:32 訓戒を無視する者は自分のいのちをないがしろにする。叱責を聞き入れる者は思慮を得る。15:33【主】を恐れることは知恵の訓戒である。謙遜は栄誉に先立つ。】



『御霊によって歩む』

【ガラテヤ5:16 私は言います。御霊によって歩みなさい。そうすれば、決して肉の欲望を満足させるようなことはありません。5:17 なぜなら、肉の願うことは御霊に逆らい、御霊は肉に逆らうからです。この二つは互いに対立していて、そのためあなたがたは、自分のしたいと思うことをすることができないのです。
5:24 キリスト・イエスにつく者は、自分の肉を、さまざまの情欲や欲望とともに、十字架につけてしまったのです。5:25 もし私たちが御霊によって生きるのなら、御霊に導かれて、進もうではありませんか。】





20170904


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-09-04 05:20 | 2017年 | Trackback

9月3日箴言12-13章 ガラテヤ4:21-5:15

懸賞 2017年 09月 03日 懸賞

『知恵あるものとなる』

【箴12:15 愚か者は自分の道を正しいと思う。しかし知恵のある者は忠告を聞き入れる。12:16 愚か者は自分の怒りをすぐ現す。利口な者ははずかしめを受けても黙っている。12:17 真実の申し立てをする人は正しいことを告げ、偽りの証人は欺き事を告げる。12:18 軽率に話して人を剣で刺すような者がいる。しかし知恵のある人の舌は人をいやす。12:19 真実のくちびるはいつまでも堅く立つ。偽りの舌はまばたきの間だけ。12:20 悪をたくらむ者の心には欺きがあり、平和を図る人には喜びがある。】




『キリストにある自由』

【ガラテヤ5:1 キリストは、自由を得させるために、私たちを解放してくださいました。ですから、あなたがたは、しっかり立って、またと奴隷のくびきを負わせられないようにしなさい。・・・
5:13 兄弟たち。あなたがたは、自由を与えられるために召されたのです。ただ、その自由を肉の働く機会としないで、愛をもって互いに仕えなさい。5:14 律法の全体は、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」という一語をもって全うされるのです。5:15 もし互いにかみ合ったり、食い合ったりしているなら、お互いの間で滅ぼされてしまいます。気をつけなさい。】

①主は私たちが救われたことを通じて、自由を与えて下さいました。
そしてその自由を「主が喜ばれるように」用いることを願い、導いておられるのです。

隠れているように見えることも、いつかすべて、明らかになります。

主は全て見ておられ、判断しておられることに気がついたならば、
私たちは「主が喜ばれるように」生きようと願うようになるはずです。





20170903


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-09-03 05:43 | 2017年 | Trackback

9月2日箴言10-11章 ガラテヤ3:26-4:20

懸賞 2017年 09月 02日 懸賞

『ソロモンの箴言』
【箴10:28 正しい者の望みは喜びであり、悪者の期待は消えうせる。10:29 【主】の道は、潔白な人にはとりでであり、不法を行う者には滅びである。10:30 正しい者はいつまでも動かされない。しかし悪者はこの地に住みつくことができない。10:31 正しい者の口は知恵を実らせる。しかしねじれた舌は抜かれる。10:32 正しい者のくちびるは好意を、悪者の口はねじれごとを知っている。】



『子としての身分』

【ガラテヤ4:4 しかし定めの時が来たので、神はご自分の御子(イエスキリスト)を遣わし、この方を、女から生まれた者、また律法の下にある者となさいました。4:5 これは律法の下にある者(私たち)を贖い出すためで、その結果、私たちが子としての身分を受けるようになるためです。4:6 そして、あなたがたは子であるゆえに、神は「アバ、父」と呼ぶ、御子の御霊を、私たちの心に遣わしてくださいました。4:7 ですから、あなたはもはや奴隷ではなく、子です。子ならば、神による相続人です。】

①イエス様が定められた時に地上に来られ、十字架の贖いを成し遂げて下さいました。
私たちはイエス様の贖いを信じたことによって、
子としての身分を受けるばかりか、
「アバ父」と呼ぶことのできる御霊を受けたのです。

御霊を受けると、イエス様の愛が分かり、
イエス様と天の父が心から慕わしくなります。
それが自然なことであり、主の願いなのです。

イエス様との関係ができた者は、イエス様の願いに生きるようになります。
その気持ちは、生涯深まり続けるのです。

あなたはイエス様がどれほど、慕わしいですか?





20170902


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-09-02 05:53 | 2017年 | Trackback

9月1日箴言8-9章 ガラテヤ3:15-25

懸賞 2017年 09月 01日 懸賞

『主の知恵』

【箴8:12 知恵であるわたしは分別を住みかとする。そこには知識と思慮とがある。8:13 【主】を恐れることは悪を憎むことである。わたしは高ぶりと、おごりと、悪の道と、ねじれたことばを憎む。8:14 摂理とすぐれた知性とはわたしのもの。わたしは分別であって、わたしには力がある。8:15 わたしによって、王たちは治め、君主たちは正義を制定する。8:16 わたしによって、支配者たちは支配する。高貴な人たちはすべて正義のさばきつかさ。8:17 わたしを愛する者を、わたしは愛する。わたしを熱心に捜す者は、わたしを見つける。】




『律法は養育係』

【ガラテヤ3:23 信仰が現れる以前には、私たちは律法の監督の下に置かれ、閉じ込められていましたが、それは、やがて示される信仰が得られるためでした。3:24 こうして、律法は私たちをキリストへ導くための私たちの養育係となりました。私たちが信仰によって義と認められるためなのです。3:25 しかし、信仰が現れた以上、私たちはもはや養育係の下にはいません。】

①ルールがなければ、違反は起こりません。
律法があることによって、罪の自覚が起きるのです。
(律法は信仰の養育係なのです)

②罪責感を持つことは大切です。
なぜならそのことによって、罪の自覚を持ち、悔い改めることができるからです。
そして悔い改めれば、赦しと聖め《神の義》を頂けるのです。

・・・あなたは罪の自覚を持っていますか。
それは正しいことですが、しかし、そこに留まることはキリストの願いではありません。

信仰によって義を頂きましょう。
ただし中途半端な悔い改めではなく、完全な悔い改めにまで至ることが必要なのです。






20170901


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-09-01 05:14 | 2017年 | Trackback

8月31日箴言5-7章 ガラテヤ3:1-14

懸賞 2017年 08月 31日 懸賞

『みことばの力』

【箴7:1 わが子よ。私のことばを守り、私の命令をあなたのうちにたくわえよ。7:2 私の命令を守って、生きよ。私のおしえを、あなたのひとみのように守れ。7:3 それをあなたの指に結び、あなたの心の板に書きしるせ。7:4 知恵に向かって、「あなたは私の姉妹だ」と言い、悟りを「身内の者」と呼べ。7:5 それは、あなたを他人の妻から守り、ことばのなめらかな見知らぬ女から守るためだ。】

①誘惑から逃れるには、主の言葉をたくわえ、自分のものとしなければなりません。
誘惑が大きい程、主の力も大きいのです。
要は私たちが、「実際に使える力」として、みことばの力を活用する必要があるのです。

・・・あなたに誘惑があるにならば、
その力以上に「みことばを慕い求める」必要があります。

選ぶのはあなた自身です。
主は誘惑を退ける方法(み言葉)を準備しておられるのです。
もう一度書きますが、「選ぶのはあなた自身」なのです。





『純粋に受け取る信仰の大切さ』

【ガラテヤ3:1 ああ愚かなガラテヤ人。十字架につけられたイエス・キリストが、あなたがたの目の前に、あんなにはっきり示されたのに、だれがあなたがたを迷わせたのですか。3:2 ただこれだけをあなたがたから聞いておきたい。あなたがたが御霊を受けたのは、律法を行ったからですか。それとも信仰をもって聞いたからですか。3:3 あなたがたはどこまで道理がわからないのですか。御霊で始まったあなたがたが、いま肉によって完成されるというのですか。】

①「律法」では、人は救われません。
人はどれだけ努力しても、自分の罪の代価を支払いきることはできないのです。

②「救い」は、信仰によって、ただ純粋に受け取ることによって、頂くことができるのです。
そして私たちは天国での完成を体験できるのです。
(そのしるしとして「御霊を受けた」のです)

・・・「行い」よりも「信仰」が大切です。
信じて受け取ることによって、行いも、生活も、変えられていくのです。






20170831


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-08-31 05:28 | 2017年 | Trackback

8月30日箴言3-4章 ガラテヤ2章

懸賞 2017年 08月 30日 懸賞

『主を恐れる知恵』
【箴3:1 わが子よ。私のおしえを忘れるな。私の命令を心に留めよ。3:2 そうすれば、あなたに長い日と、いのちの年と平安が増し加えられる。3:3 恵みとまことを捨ててはならない。それをあなたの首に結び、あなたの心の板に書きしるせ。3:4 神と人との前に好意と聡明を得よ。3:5 心を尽くして【主】に拠り頼め。自分の悟りにたよるな。3:6 あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。3:7自分を知恵のある者と思うな。【主】を恐れて、悪から離れよ。】


『信仰による義』
【ガラテヤ2:16 しかし、人は律法の行いによっては義と認められず、ただキリスト・イエスを信じる信仰によって義と認められる、ということを知ったからこそ、私たちもキリスト・イエスを信じたのです。これは、律法の行いによってではなく、キリストを信じる信仰によって義と認められるためです。なぜなら、律法の行いによって義と認められる者は、ひとりもいないからです。
2:20 私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。いま私が肉にあって生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです。2:21 私は神の恵みを無にはしません。もし義が律法によって得られるとしたら、それこそキリストの死は無意味です。】




20170830


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-08-30 05:42 | 2017年 | Trackback

8月28日詩篇146-150篇 ロマ16章

懸賞 2017年 08月 28日 懸賞

『神に頼る勧め』

【詩146:1 ハレルヤ。私のたましいよ。【主】をほめたたえよ。146:2 私は生きているかぎり、【主】をほめたたえよう。いのちのあるかぎり、私の神に、ほめ歌を歌おう。146:3君主たちにたよってはならない。救いのない人間の子に。146:4 霊が出て行くと、人はおのれの土に帰り、その日のうちに彼のもろもろの計画は滅びうせる。146:5 幸いなことよ。ヤコブの神を助けとし、その神、【主】に望みを置く者は。146:6 主は天と地と海とその中のいっさいを造った方。とこしえまでも真実を守り、146:7 しいたげられる者のためにさばきを行い、飢えた者にパンを与える方。【主】は捕らわれ人を解放される。】




『ローマ人への手紙の最後の祈り』

【ロマ16:25 26 私の福音とイエス・キリストの宣教によって、すなわち、世々にわたって長い間隠されていたが、今や現されて、永遠の神の命令に従い、預言者たちの書によって、信仰の従順に導くためにあらゆる国の人々に知らされた奥義の啓示によって、あなたがたを堅く立たせることができる方、16:27 知恵に富む唯一の神に、イエス・キリストによって、御栄えがとこしえまでありますように。アーメン。】





20170828


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-08-28 05:44 | 2017年 | Trackback

8月27日詩篇142-145篇 ロマ15:14-33

懸賞 2017年 08月 27日 懸賞

『主は呼び求める者に、近くおられる』

【詩145:18 主を呼び求める者すべて、まことをもって主を呼び求める者すべてに【主】は近くあられる。145:19また主を恐れる者の願いをかなえ、彼らの叫びを聞いて、救われる。145:20 すべて主を愛する者は【主】が守られる。しかし、悪者はすべて滅ぼされる。145:21 私の口が【主】の誉れを語り、すべて肉なる者が聖なる御名を世々限りなくほめたたえますように。】




『パウロの使命』

【ロマ15:14 私の兄弟たちよ。あなたがた自身が善意にあふれ、すべての知恵に満たされ、また互いに訓戒し合うことができることを、この私は確信しています。15:15 ただ私が所々、かなり大胆に書いたのは、あなたがたにもう一度思い起こしてもらうためでした。15:16 それも私が、異邦人のためにキリスト・イエスの仕え人となるために、神から恵みをいただいているからです。私は神の福音をもって、祭司の務めを果たしています。それは異邦人を、聖霊によって聖なるものとされた、神に受け入れられる供え物とするためです。】

①パウロは、自分が異邦人にキリストの福音を伝える使命が与えられていることを自覚していました。
そしてローマの信徒たちが「互いに訓戒しあうこと」を願っていました。

②主は私たちが成長し、他の人を助け、
みことばの基準によって互いに教えあうことを願っておられるのです。

使命を知ることができた人は幸いです。
(試練と艱難はあっても)
それをすることで、主に喜ばれるならば、
(天国で地上の人生を振り返った時に)
意義があることなのです。





20170827


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-08-27 05:50 | 2017年 | Trackback

8月26日詩篇139-141篇 ロマ15:5-13

懸賞 2017年 08月 26日 懸賞

『信じる者の祈り(ダビデ)』

【詩139:1 【主】よ。あなたは私を探り、私を知っておられます。139:2 あなたこそは私のすわるのも、立つのも知っておられ、私の思いを遠くから読み取られます。139:3あなたは私の歩みと私の伏すのを見守り、私の道をことごとく知っておられます。139:4 ことばが私の舌にのぼる前に、なんと【主】よ、あなたはそれをことごとく知っておられます。139:5 あなたは前からうしろから私を取り囲み、御手を私の上に置かれました。139:6 そのような知識は私にとってあまりにも不思議、あまりにも高くて、及びもつきません。139:7 私はあなたの御霊から離れて、どこへ行けましょう。私はあなたの御前を離れて、どこへのがれましょう。・・・
139:23 神よ。私を探り、私の心を知ってください。私を調べ、私の思い煩いを知ってください。139:24 私のうちに傷のついた道があるか、ないかを見て、私をとこしえの道に導いてください。】




『望みの神(パウロ)』

【ロマ15:5 どうか、忍耐と励ましの神が、あなたがたを、キリスト・イエスにふさわしく、互いに同じ思いを持つようにしてくださいますように。15:6 それは、あなたがたが、心を一つにし、声を合わせて、私たちの主イエス・キリストの父なる神をほめたたえるためです。15:7 こういうわけですから、キリストが神の栄光のために、私たちを受け入れてくださったように、あなたがたも互いに受け入れなさい。・・・
15:13 どうか、望みの神が、あなたがたを信仰によるすべての喜びと平和をもって満たし、聖霊の力によって望みにあふれさせてくださいますように。】



20170826


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-08-26 05:13 | 2017年 | Trackback

8月25日詩篇135-138篇 ロマ14:1-15:4

懸賞 2017年 08月 25日 懸賞

『切実に求め、主と出会う』

【詩138:3 私が呼んだその日に、あなたは私に答え、私のたましいに力を与えて強くされました。
138:4 【主】よ。地のすべての王たちは、あなたに感謝しましょう。彼らがあなたの口のみことばを聞いたからです。138:5 彼らは【主】の道について歌うでしょう。【主】の栄光が大きいからです。138:6 まことに、【主】は高くあられるが、低い者を顧みてくださいます。しかし、高ぶる者を遠くから見抜かれます。138:7 私が苦しみの中を歩いても、あなたは私を生かしてくださいます。私の敵の怒りに向かって御手を伸ばし、あなたの右の手が私を救ってくださいます。138:8 【主】は私にかかわるすべてのことを、成し遂げてくださいます。【主】よ。あなたの恵みはとこしえにあります。あなたの御手のわざを捨てないでください。】

①主は生きておられるので、私たちが祈る祈りを聞いて下さいます。
しかし「わたしの魂に力を与えて下さる」ためには、
私たちが「魂が満たされるほどに」求める必要があります。
(人間は、神以外のものを偶像にして、真剣に神ご自身の助けを求めないことが多いのです)

②神は「苦しみ」を通じて(私たちの足りなさを自覚させ)
「主に出会わせようと」計画されているのです。

主の前でへりくだりましょう。
主にお出会いするまで、「祈り求める切実さ」が用いられるのです。



『主の為に生きること(パウロ)』

【ロマ14:7 私たちの中でだれひとりとして、自分のために生きている者はなく、また自分のために死ぬ者もありません。14:8 もし生きるなら、主のために生き、もし死ぬなら、主のために死ぬのです。ですから、生きるにしても、死ぬにしても、私たちは主のものです。14:9 キリストは、死んだ人にとっても、生きている人にとっても、その主となるために、死んで、また生きられたのです。
14:12 こういうわけですから、私たちは、おのおの自分のことを神の御前に申し開きすることになります。
14:19 そういうわけですから、私たちは、平和に役立つことと、お互いの霊的成長に役立つこととを追い求めましょう。
14:22 あなたの持っている信仰は、神の御前でそれを自分の信仰として保ちなさい。自分が、良いと認めていることによって、さばかれない人は幸福です。】




20180825


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-08-25 05:31 | 2017年 | Trackback