「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:2017年( 51 )

懸賞 懸賞

2月24日レビ記25章 使徒8:9-40

懸賞 2017年 02月 24日 懸賞

『安息の年の恵み』
【レビ25:4 七年目は、地の全き休みの安息、すなわち【主】の安息となる。あなたの畑に種を蒔いたり、ぶどう畑の枝をおろしたりしてはならない。25:5 あなたの落ち穂から生えたものを刈り入れてはならない。あなたが手入れをしなかったぶどうの木のぶどうも集めてはならない。地の全き休みの年である。25:6 地を安息させるならあなたがたの食糧のためになる。すなわち、あなたと、あなたの男奴隷と女奴隷、あなたの雇い人と、あなたのところに在留している居留者のため、25:7 また、あなたの家畜とあなたの地にいる獣とのため、その地の収穫はみな食物となる。】①7日目に安息日があるように、当時7年目には、土地の安息の年が設けられていました。そしてそれは、貧しい人々のためにも用いられたのです。②主は定期的に「休む時」を設けておられます。それをすることにより、様々な恵みが与えられるのです。

『御霊の導き』
【使徒8:29 御霊がピリポに「近寄って、あの馬車といっしょに行きなさい」と言われた。8:30 そこでピリポが走って行くと、預言者イザヤの書を読んでいるのが聞こえたので、「あなたは、読んでいることが、わかりますか」と言った。・・・
8:32 彼が読んでいた聖書の個所には、こう書いてあった。「ほふり場に連れて行かれる羊のように、また、黙々として毛を刈る者の前に立つ小羊のように、彼は口を開かなかった。・・・
8:34 宦官はピリポに向かって言った。「預言者はだれについて、こう言っているのですか。どうか教えてください。自分についてですか。それとも、だれかほかの人についてですか。」8:35 ピリポは口を開き、この聖句から始めて、イエスのことを彼に宣べ伝えた。】①御霊に導かれて、ピリポはエチオピア人にイエス様のことを語り、洗礼を授けました。これは御霊の導きがなければ「不可能なこと」でした。イエス様はこのように、「私たちにとって不可能な環境」に導かれることがあるのです。その時には「御霊に導かれ」なければ、解決はありません。「御霊の導き」に敏感になりましょう。それはいつも「御霊を意識すること」から始まるのです。YccFuji






20170224
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-02-24 05:49 | 2017年 | Trackback

2月23日レビ記24章 使徒7:54-8:8

懸賞 2017年 02月 23日 懸賞

『ともしびを備える』
【レビ24:2 「あなたはイスラエル人に命じて、ともしびを絶えずともしておくために、燈火用の質の良い純粋なオリーブ油を持って来させよ。24:3 アロンは会見の天幕の中、あかしの箱の垂れ幕の外側で、夕方から朝まで【主】の前に絶えず、そのともしびを整えておかなければならない。これは、あなたがたが代々守るべき永遠のおきてである。24:4 彼は純金の燭台の上に、そのともしびを絶えず【主】の前に整えておかなければならない。」】①主はイスラエル人にともし火をいつも整えていくようにと命じました。それも純粋なオリーブ油を用いるように命じられたのです。「主の前に」祈り備え、整えることは非常に大切です。主はそれを代々守るべき永遠の掟と定められたのです。

『究極の聖霊の力』
【使7:54 人々はこれを聞いて、はらわたが煮え返る思いで、ステパノに向かって歯ぎしりした。7:55 しかし、聖霊に満たされていたステパノは、天を見つめ、神の栄光と、神の右に立っておられるイエスとを見て、7:56 こう言った。「見なさい。天が開けて、人の子が神の右に立っておられるのが見えます。」・・・
7:59 こうして彼らがステパノに石を投げつけていると、ステパノは主を呼んで、こう言った。「主イエスよ。私の霊をお受けください。」7:60 そして、ひざまずいて、大声でこう叫んだ。「主よ。この罪を彼らに負わせないでください。」こう言って、眠りについた。】①ステパノは、迫害の中、石を投げられ、死の間際で「主イエスよ。私の霊をお受け下さい」と叫びました。そして「この罪を彼らに負わせないでください」と叫んだのです。このような言葉は、聖霊が働いていなければ、不可能です。人間的にいくらがんばっても、やせ我慢にしかなりません。聖霊の働きを求めましょう。限界を越えそうな時こそ、聖霊が働かれる時なのです。YccFuji








20170223
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-02-23 05:29 | 2017年 | Trackback

2月19日レビ記15章 使徒4:32-5:11

懸賞 2017年 02月 19日 懸賞

『生活の中の聖めの教え』
【レビ 15:5 また、だれでもその床に触れる者は自分の衣服を洗い、水を浴びなければならない。その者は夕方まで汚れる。・・・】

①11-15章には、神の民の肉体的な健康と幸せについて書かれています。
神様は私たちに対し、そのような目で見て下さっているのです。

②当時の衛生状態は非常に悪く、
人々は、沐浴の重要性や伝染病の予防に関して、ほとんど何も知らなかったのです。

③神の律法は、このようなことに対しても、
適切に注意を払うようにさせ、
生活のあらゆる面で聖くあるようにさせたのです。


『互いに分かち合う精神』
【使4:32 信じた者の群れは、心と思いを一つにして、だれひとりその持ち物を自分のものと言わず、すべてを共有にしていた。4:33 使徒たちは、主イエスの復活を非常に力強くあかしし、大きな恵みがそのすべての者の上にあった。4:34 彼らの中には、ひとりも乏しい者がなかった。地所や家を持っている者は、それを売り、代金を携えて来て、4:35 使徒たちの足もとに置き、その金は必要に従っておのおのに分け与えられたからである。】

①聖霊に満たされた初代教会の弟子たちは、
持ち物を共有し、互いに必要を支えあっていました。
そのことによって「乏しい者がなかった」のです。

今の私たちの時代は、同じ境遇にないかもしれません。
しかしこのような「互いに分かち合う精神」は消してはならないのです。YccFuji








20170219
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-02-19 05:04 | 2017年 | Trackback

2月18日レビ記13-14章 使徒4:1-31

懸賞 2017年 02月 18日 懸賞

『聖めの宣言』
【14:1 ついで【主】はモーセに告げて仰せられた。14:2 「ツァラアトに冒された者がきよめられるときのおしえは次のとおりでなければならない。彼を祭司のところに連れて来る。・・・
14:8 きよめられる者は、・・・しかし七日間は、自分の天幕の外にとどまる。・・・14:10 八日目に彼は、傷のない雄の子羊二頭と傷のない一歳の雌の子羊一頭と、穀物のささげ物としての油を混ぜた小麦粉十分の三エパと、油一ログとを持って来る。・・・14:20 祭司は祭壇の上で、全焼のいけにえと穀物のささげ物をささげ、祭司は彼のために贖いをする。彼はきよい。】

①「ツアラート」とは「重い皮膚病」で、罪のために起きることと考えられていました。
ですからその「癒しの宣言」は、祭司が公けに宣言した後に、
その人は共同体にもう一度入ることができたのです。

②いけにえを捧げた後、7日間様子を見て、
その上でさらなる儀式をして「きよい」と宣言されたのです。
このように念入りに確認がなされたのです。

③私たちの「聖め」も同じように、時間をかけて確認すべきものでもあります。
一瞬で乗り越たように見えても、
数日間見ていると変わっていないようなことが有り得るのです。
「御霊の実」は聖めの結果です。
それは長い期間見続けたとしても、「変わらない聖さ」が輝くのです。


『聖霊に満たされる力』
【使徒 4:8 そのとき、ペテロは聖霊に満たされて、彼らに言った。「民の指導者たち、ならびに長老の方々。 4:9 私たちがきょう取り調べられているのが、病人に行った良いわざについてであり、その人が何によっていやされたか、ということのためであるなら、4:10 皆さんも、またイスラエルのすべての人々も、よく知ってください。この人が直って、あなたがたの前に立っているのは、あなたがたが十字架につけ、神が死者の中からよみがえらせたナザレ人イエス・キリストの御名によるのです。」】

①ペテロは、ペンテコステ以降「聖霊に満たされて」大胆にみ言葉を語りました。
それは以前なら恐れて逃げ出してしまうような、指導者たちの前でも、語り続けたのです。

②私たちは正しいことを知っていても、できないことが多くあります。
しかし、聖霊が働かれると「助けられる」のです。
今までできなかった「愛や喜び・・・」御霊の実に属することも、出来るようになるのです。
聖霊に満たされることは「非常に大切なこと」なのです。YccFuji








20170218
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-02-18 05:23 | 2017年 | Trackback

2月17日レビ記11-12章 使徒3章

懸賞 2017年 02月 17日 懸賞

『聖別の教え』
【レビ11:44 わたしはあなたがたの神、【主】であるからだ。あなたがたは自分の身を聖別し、聖なる者となりなさい。わたしが聖であるから。地をはういかなる群生するものによっても、自分自身を汚してはならない。11:45 わたしは、あなたがたの神となるために、あなたがたをエジプトの地から導き出した【主】であるから。あなたがたは聖なる者となりなさい。わたしが聖であるから。」】

①清い(適切な)食べ物と汚れた(不適切な)食べ物に関する教えは、
健康上の理由と共に、
イスラエルが周りの神を敬わない社会の生活習慣を受け入れないための基準として与えられたものです。

②新約聖書では、この食物法にとらわれる必要はないですが、
それは律法の背後にある目的をキリストが成し遂げて下さったからなのです。

③クリスチャンは、自分の身体をもって「神の栄光を現すように」
周りの社会から自分を区別(聖別)することが大切です。
道徳的な汚れから「自分の身」を清く保つ必要があるのです。


『聖霊が働かれる時』
【使3:18 しかし、神は、すべての預言者たちの口を通して、キリストの受難をあらかじめ語っておられたことを、このように実現されました。3:19 そういうわけですから、あなたがたの罪をぬぐい去っていただくために、悔い改めて、神に立ち返りなさい。3:20 それは、主の御前から回復の時が来て、あなたがたのためにメシヤと定められたイエスを、主が遣わしてくださるためなのです。・・・】

①ペンテコステの日に聖霊が下り、
弟子たちは聖霊に満たされて、証をしました。

聖霊が働かれ、癒しが起こり、
語るメッセージに聖霊が働かれて、
人々がイエス様を信じるように変えられたのです。

②聖霊が働かれなければ、人は変えられません。
人間はそれだけ頑固なのです。

しかし聖霊が働き始めると、
人々の心が柔らかくなり、
神を求め、悔い改めへと導かれるのです。
それが回復の時なのです。YccFuji








20170217
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-02-17 05:30 | 2017年 | Trackback

2月16日レビ記9-10章 使徒2:22-47

懸賞 2017年 02月 16日 懸賞

『主が応えられる時』
【レビ記9:21 アロンが、モーセの命じたとおりに奉献物として【主】に向かって揺り動かした。9:22 それから、アロンは民に向かって両手を上げ、彼らを祝福し、罪のためのいけにえ、全焼のいけにえ、和解のいけにえをささげてから降りて来た。9:23 ついでモーセとアロンは会見の天幕に入り、それから出て来ると、民を祝福した。すると【主】の栄光が民全体に現れ、9:24 【主】の前から火が出て来て、祭壇の上の全焼のいけにえと脂肪とを焼き尽くしたので、民はみな、これを見て、叫び、ひれ伏した。】

①アロンが、主の命じられた通りにいけにえを捧げ、民を祝福すると、
主の栄光が現れ、主の火によっていけにえが焼き尽くされました。

②人々はそれを見て、叫びひれ伏したのです。
主は私たちを見ておられ、私たちに応えて下さいます。
主はいつも見ておられますが、
「主の定めた時」に応えられることを知りましょう。
主は生きておられます。私たちはどんな時も、そのことを覚えるのです。


『聖霊の力』
【使2:36 ですから、イスラエルのすべての人々は、このことをはっきりと知らなければなりません。すなわち、神が、今や主ともキリストともされたこのイエスを、あなたがたは十字架につけたのです。」2:37 人々はこれを聞いて心を刺され、ペテロとほかの使徒たちに、「兄弟たち。私たちはどうしたらよいでしょうか」と言った。2:38 そこでペテロは彼らに答えた。「悔い改めなさい。そして、それぞれ罪を赦していただくために、イエス・キリストの名によってバプテスマを受けなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けるでしょう。」】

①ペンテコステの日に聖霊が下った後、
ペテロは聖霊に満たされて「今何が起きているか」を解き明かしました。
すると聞いた多くの人々に「聖霊が働かれ」、
心刺されて「悔い改め」に導かれたのです。

聖霊が働く前には「まったく変化がおきなかった」のですが、
聖霊が働かれると「今まで起きなかったこと」が起こり始めたのです。

私たちにも聖霊が働き始めると、
「今まで起きなかったこと」が起こることを知りましょう。YccFuji







20170216
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-02-16 05:29 | 2017年 | Trackback

2月15日レビ記8章 使徒2:1-21

懸賞 2017年 02月 15日 懸賞

『アロンとその子らの祭司の任職』
【レビ8:2 「アロンと彼とともにいるその子らを連れ、装束、そそぎの油、罪のためのいけにえの雄牛、二頭の雄羊、種を入れないパンのかごを持って来、8:3 また全会衆を会見の天幕の入口の所に集めよ。」8:4 そこで、モーセは【主】が命じられたとおりにした。会衆は会見の天幕の入口の所に集まった。・・・】

①主は、アロンとその子らに祭司職の任命のための「7日間の儀式」をすることを命じました。
罪が赦されずに、働きをするならば「死ななければならない(8:35)」と言われたからです。

②旧約では、礼拝をする人が神に近づくには、
捧げものと神と人との仲介者としての祭司の働きが必要でした。

③私たちの信じるイエス様は、
完成された大祭司として、私たちと神との間を仲介して下さるお方なのです。
このイエス様を通じて、私たちは「大胆に神様に近づくこと」ができるのです。


『ペンテコステの恵み』
【使2:17 『神は言われる。終わりの日に、わたしの霊をすべての人に注ぐ。すると、あなたがたの息子や娘は預言し、青年は幻を見、老人は夢を見る。2:18 その日、わたしのしもべにも、はしためにも、わたしの霊を注ぐ。すると、彼らは預言する。・・・』】

①ペテロは、ペンテコステの聖霊に満たされた現象を、
ヨエルの預言の成就であると語りました。
聖霊が下るのは、昔からの預言の成就なのです。

私たちは、聖霊が豊かに注がれる時代に生きているのです。YccFuji






20170215
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-02-15 05:16 | 2017年 | Trackback

2月14日レビ記6-7章 使徒1章

懸賞 2017年 02月 14日 懸賞

『火を燃やし続ける』
【レビ6:12 祭壇の火はそのまま燃え続けさせ、それを消してはならない。かえって、祭司は朝ごとに、その上にたきぎをくべ、その上に全焼のいけにえを整え、和解のいけにえの脂肪をその上で焼いて煙にしなさい。6:13 火は絶えず祭壇の上で燃え続けさせなければならない。消してはならない。】

①祭司は、全焼のいけにえが一晩中焼けるように、
夜通し灰を取り除き、たきぎを補給して火を消さないようにしないといけませんでした。
そうでなければ、いけにえが焼き尽くされないからでした。

②焼き続くには、「火を消さない努力」をしなければならないのです。
いけにえは、私たちの象徴です。
私たちが、自らを主に、捧げ続けるためにも、
祈りと聖霊の火を消してはいけないのです。

消してしまうならば、生焼けのいけにえとなり、
「主に喜ばれる奉仕」が出来なくなるのです。


『キリストの証人』
【使1:7 イエスは言われた。「いつとか、どんなときとかいうことは、あなたがたは知らなくてもよいのです。それは、父がご自分の権威をもってお定めになっています。1:8 しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」】

①主は、権威をもって時を支配しておられます。
ですから、すべて主の時に物事が起きるのです。

②聖霊が下られる時も、「主の定めた時」があります。
使徒たちに時があったように、私たちにも時があるのです。

・・・時を見分けましょう。(あきらめずに待ち望みましょう)
そして約束の聖霊の力を頂きましょう。
聖霊が働き始めると、今まで起きなかったことが起き始めるのです。
聖霊の力によって、私たちは「キリストの証人」となれるのです。YccFuji







20170214
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-02-14 05:00 | 2017年 | Trackback

2月13日レビ記4-5章 マタイ28章

懸賞 2017年 02月 13日 懸賞

『罪の犠牲の規定』
【レビ5:11 もしその人が山鳩二羽あるいは家鳩のひな二羽さえも手に入れることができなければ、その犯した罪のためのささげ物として、十分の一エパの小麦粉を罪のためのいけにえとして持って来なさい。その人はその上に油を加えたり、その上に乳香を添えたりしてはならない。これは罪のためのいけにえであるから。】

①神様は、罪のためには犠牲のいけにえが必要であり、
動物の血を流さなければ、罪は赦されないと教えられました。
しかし貧しくて、買うことが出来ない者には、
小麦粉の犠牲を命じられたのです。
神様は、その犠牲を受け入れて下さったのです。

②当時このように捧げものが詳しく規定されましたが、
本当の罪を取り除くことが出来るのは、
「十字架上のキリストの死」だけなのです。

私たちは、「キリストの恵みの大きさ」を知り、
罪を告白し(5:5)、
精一杯の悔い改めを捧げ、方向転換をしていくようになるのです。


『一切の権威を持っておられるお方』
【マタイ28:18 イエスは近づいて来て、彼らにこう言われた。「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。28:19 それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、28:20 また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」】

①この御言葉は、イエス様の大宣教命令です。
弟子つくりの命令とも呼ばれています。

②イエス様が、どんな場所においても、
「一切の権威」を持っておられることをもう一度知りましょう。
そして「救いの御言葉」を語りましょう。
イエス様は「いつも共にいて」下さるのです。

イエス様の願いを知り、
聖霊の助けを受けるならば、
私たちは「主に喜ばれる者」となるのです。YccFuji







20170213
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-02-13 05:32 | 2017年 | Trackback

2月12日レビ記1-3章 マタイ27:45-66

懸賞 2017年 02月 12日 懸賞

『罪が赦されるための犠牲』
【レビ記1:3 もしそのささげ物が、牛の全焼のいけにえであれば、傷のない雄牛をささげなければならない。それを、彼が【主】の前に受け入れられるために会見の天幕の入口の所に連れて来なければならない。1:4 その人は、全焼のいけにえの頭の上に手を置く。それが彼を贖うため、彼の代わりに受け入れられるためである。1:5 その若い牛は、【主】の前でほふり、祭司であるアロンの子らは、その血を持って行って、会見の天幕の入口にある祭壇の回りに、その血を注ぎかけなさい。】

①「全焼のいけにえ」とは、すべてを捧げ尽くす「いけにえ」です。
私たちは自我が強いので、なかなか捧げ尽くすことはできません。
しかしイエス様は、私たちのために「ご自分の身」をそのようにして下さったのです。

②罪の赦しは、血が流されないとなされないのです。
私たちの罪を、「イエス様が背負って」下さったことにより、
「私たちが赦された事実」をもう一度、感謝しましょう。

牛の命では、支払えなかった「大きな代価」を
イエス様は、私のために捧げて下さったのです。


『イエス様の痛みと悲しみ』
【マタイ27:46 三時ごろ、イエスは大声で、「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」と叫ばれた。これは、「わが神、わが神。どうしてわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。・・・
27:50 そのとき、イエスはもう一度大声で叫んで、息を引き取られた。】

①イエス様は、十字架の上で「わが神、わが神・・・」と叫ばれたのです。

②王であるイエス様が、神にさえ捨てられて、
三時間以上、十字架の上でさらされたのです。

イエス様は、私たち人間では「分からない」深い痛みと悲しみを「経験された」のです。
だからこそ「私たちが経験する深い痛み」をすべて分かって下さるのです。

③私たちは、「イエス様が死んでくださった」お陰で、
霊的に生きることが出来るようになりました。
ですから「希望を見失わない」ようにしましょう。
イエス様が共におられるならば
「必ず脱出の道」がある筈だからです。YccFuji







20170212
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-02-12 05:05 | 2017年 | Trackback