カテゴリ:2016年1-3月( 88 )

懸賞 懸賞

3月1日申命記28-30章『信仰のバロメーター』

懸賞 2016年 03月 01日 懸賞

『信仰のバロメーター』

【30:11 まことに、私が、きょう、あなたに命じるこの命令は、あなたにとってむずかしすぎるものではなく、遠くかけ離れたものでもない。
30:14 まことに、みことばは、あなたのごく身近にあり、あなたの口にあり、あなたの心にあって、あなたはこれを行うことができる。30:15 見よ。私は、確かにきょう、あなたの前にいのちと幸い、死とわざわいを置く。
30:19 私は、きょう、あなたがたに対して天と地とを、証人に立てる。私は、いのちと死、祝福とのろいを、あなたの前に置く。あなたはいのちを選びなさい。あなたもあなたの子孫も生き、・・・】

①この28章から30章は、祝福と呪いについて書かれている箇所です。
(とても大事な個所ですので、熟読をお勧めします)。

そのポイントは、主に従うならば祝されるという点です。

②主の言葉は、知っているだけでは役に立ちません。
その言葉を自分の生活に取り入れ、
主が喜ばれることを「選び取る」ことが大切なのです。

③旧約時代は残念ながら、主に対する「恐れ」は与えられても、
「主に対する激しい愛」は、ほとんどの人が持つことが出来ませんでした。
(モーセと一部のリーダー以外は)

④しかし新約の現代は、
私たちの内側に住んでおられる「聖霊」によって、
誰もが、主に対する愛を感じ、持つことが出来るのです。

⑤主の言葉は、旧約だけでなく新約の現代でも「身近に」あります。
その言葉を聞き、「主への愛」によって応答することが、
主の願いであり、祝福の道なのです。

あなたはみ言葉を大切にしていますか?
主を愛しておられますか?

「主への愛」が信仰のバロメーターなのです。YccFuji






20160301
[PR]

by Happiness-eachday | 2016-03-01 05:43 | 2016年1-3月 | Trackback

2月29日申命記25-27章『私たちの人格と生活を、配慮されるお方』

懸賞 2016年 02月 29日 懸賞

『私たちの人格と生活を、配慮されるお方』

【25:1 人と人との間で争いがあり、彼らが裁判に出頭し、正しいほうを正しいとし、悪いほうを悪いとする判決が下されるとき、25:2 もし、その悪い者が、むち打ちにすべき者なら、さばきつかさは彼を伏させ、自分の前で、その罪に応じて数を数え、むち打ちにしなければならない。25:3 四十までは彼をむち打ってよいが、それ以上はいけない。それ以上多くむち打たれて、あなたの兄弟が、あなたの目の前で卑しめられないためである。25:4 脱穀をしている牛にくつこを掛けてはならない。・・・】

①主は、人としての尊厳を保つように命じました。
裁判によって、むち打ちにされたとしても、40回までとしました。
それは、罪を犯したとしても、
その人格を尊重し、卑しめてはならないと主は教えたのです。

②人間は、相手への尊厳を忘れると
「限度を超えて攻撃してしまう」ことがあるのです。

悪は悪として認識し、時には処罰も必要ですが、
しかし人格を否定してはいけないのです。

相手も主によって造られ、主から愛されている人であることを、
自覚することが大切です。

③また脱穀している牛に、くつこ(口輪)をつけなはならないとは、
働きによって得られる生活の糧を止めてはいけない、と言う意味です。

使徒パウロはこの個所を通じて、
福音のために働く者がそこから報酬を得ても良いと解釈しました。

私たちも、仕事を通じて生活の糧を得ているのです。
牛にさえ配慮をする創造主は、
「あなたの生活の糧」も心配して下さるお方なのです。YccFuji






20160229
[PR]

by Happiness-eachday | 2016-02-29 05:38 | 2016年1-3月 | Trackback

2月28日申命記22‐24章『創造主の大きな愛』

懸賞 2016年 02月 28日 懸賞

『創造主の大きな愛』

【24:14 貧しく困窮している雇い人は、あなたの同胞でも、あなたの地で、あなたの町囲みのうちにいる在留異国人でも、しいたげてはならない。・・・
24:19 あなたが畑で穀物の刈り入れをして、束の一つを畑に置き忘れたときは、それを取りに戻ってはならない。それは、在留異国人や、みなしご、やもめのものとしなければならない。あなたの神、【主】が、あなたのすべての手のわざを祝福してくださるためである。
24:21 ぶどう畑のぶどうを収穫するときは、後になってまたそれを摘み取ってはならない。それは、在留異国人や、みなしご、やもめのものとしなければならない。24:22 あなたは、自分がエジプトの地で奴隷であったことを思い出しなさい。だから、私はあなたにこのことをせよと命じる。】

①主は、私たち造られた人間を「愛して」下さっています。
その愛は大きく、様々な形で「感じること」ができるのです。

②神の民でも、不幸にも主人が早く亡くなったり、
両親が亡くなったり(やもめ。みなしご)になる時もあります。

これは悲しいことですが、
だからと言って「創造主の愛」が無くなった訳ではないのです。

③創造主は、このような「精神的・経済的」に困窮している者たちを、
助け出す方法を備えて下さっているのです。

・・・「目の前の苦しみだけ」に目を留めないようにしましょう。
創造主の愛は変わりません。

そして様々な「社会的・血縁的方法」を用いて、
助け出そうとされているのです。YccFuji







20160228
[PR]

by Happiness-eachday | 2016-02-28 05:06 | 2016年1-3月 | Trackback

2月27日申命記19-21章『精神的な勝利の後、実際的な勝利を得る』

懸賞 2016年 02月 27日 懸賞

『精神的な勝利の後、実際的な勝利を得る』

【20:1 あなたが敵と戦うために出て行くとき、馬や戦車や、あなたよりも多い軍勢を見ても、彼らを恐れてはならない。あなたをエジプトの地から導き上られたあなたの神、【主】が、あなたとともにおられる。20:2 あなたがたが戦いに臨む場合は、祭司は進み出て民に告げ、20:3 彼らに言いなさい。「聞け。イスラエルよ。あなたがたは、きょう、敵と戦おうとしている。弱気になってはならない。恐れてはならない。うろたえてはならない。彼らのことでおじけてはならない。20:4 共に行って、あなたがたのために、あなたがたの敵と戦い、勝利を得させてくださるのは、あなたがたの神、【主】である。」】

①モーセは「主と共に進む戦い」に対する心構えを語りました。
彼らは、戦いを、信仰によって戦ったのです。

②5節以降は、戦いが免除される人々のことが書かれています。
新しい家を建てたばかりだったり、ブドウ畑を作ったばかりだったり、
婚約中だったり、恐れて弱気になっている人たちは、戦いが免除されました。

戦いは、信仰によって確信と勇気をもって出て行くものだからです。

③物事を始める時には、同じような心構えが必要です。
十分に精神的な準備ができていない時には、
戦いに出て行くことを控えるのも必要なのです。

・・・いつも祈り、主との交わりの中で気力を充実していきましょう。

戦いは、「精神的な面」で勝利をしてから、
「実際的な戦い」を勝ち取ることができるものなのです。YccFuji








20160227
[PR]

by Happiness-eachday | 2016-02-27 05:30 | 2016年1-3月 | Trackback

2月26日申命記16-18章『ルールを破っても良いと考える人に、対処するために』

懸賞 2016年 02月 26日 懸賞

『ルールを破っても良いと考える人に、対処するために』

【16:18 あなたの神、【主】があなたに与えようとしておられるあなたのすべての町囲みのうちに、あなたの部族ごとに、さばきつかさと、つかさたちを任命しなければならない。彼らは正しいさばきをもって民をさばかなければならない。16:19 あなたはさばきを曲げてはならない。人をかたよって見てはならない。わいろを取ってはならない。わいろは知恵のある人を盲目にし、正しい人の言い分をゆがめるからである。16:20 正義を、ただ正義を追い求めなければならない。そうすれば、あなたは生き、あなたの神、【主】が与えようとしておられる地を、自分の所有とすることができる。】

①モーセは、約束の地に入った後に、
裁判のための「裁き司」を立てるように、と命じました。

神の民にあって、
正しいことが平等に裁かれる必要があったのです。

②どうして裁判が必要なのでしょうか。
それは人の中に「悪」があるからです。

人類始祖の堕落以降、
人間には「ぬぐうことのできない」悪と罪が入っているのです。

③「主に従おう」と考える人は、
まだ信頼できます(完全と言う訳ではない)。
しかし、「人が見ていなければ何をしても良い」と考える人に対しては、
「罪の結果の罰」を明示する必要があったのです。

④「悪い種」の結果は「悪い実」を結ぶ・・・この単純なことを、
人は「忘れ」「ごまかし続けて」きたのです。

神は「良い種」をまくことを「選択させる」ために、
神がすべてを見ておられるという「信仰」を与え、
悪いことをすれば「裁判がある」という
具体的な処罰を与えたのです。YccFuji







20160226
[PR]

by Happiness-eachday | 2016-02-26 05:14 | 2016年1-3月 | Trackback

2月25日申命記13-15章『美しい誘惑を避ける』

懸賞 2016年 02月 25日 懸賞

『美しい誘惑を避ける』

【13:1 あなたがたのうちに預言者または夢見る者が現れ、あなたに何かのしるしや不思議を示し、13:2 あなたに告げたそのしるしと不思議が実現して、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言っても、13:3 その預言者、夢見る者のことばに従ってはならない。あなたがたの神、【主】は、あなたがたが心を尽くし、精神を尽くして、ほんとうに、あなたがたの神、【主】を愛するかどうかを知るために、あなたがたを試みておられるからである。13:4 あなたがたの神、【主】に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕え、主にすがらなければならない。】

①モーセは誘惑に対する警告を語りました。
もし、私たちが何か特別なしるしを見たとしても、
その者が「主を信じることをやめよう(主に反することを主張)」したならば、
注意しなければなりません。

②主は、私たちが「本当に主を愛して従っているか」
それとも「人についているだけで、実際は自分の信仰を持っていないか」
を明確にされる時があるのです。

③あなたの信仰に影響を与えた人は
「主に用いられた」のであって
「主ご自身ではないこと」を強く心に刻みましょう。

あなたの周りの人も同様です。

④その人が「主の御言葉に沿ったこと」を語っているならば、
「安心」です。

しかしそうでないならば、
いくら親しい人でも「注意」しなければなりません。

人類始祖「アダム」を誘惑に導いたのは、
一番近く親しい「エバ」だったことを忘れてはいけないのです。YccFuji







20160225
[PR]

by Happiness-eachday | 2016-02-25 05:16 | 2016年1-3月 | Trackback

2月24日申命記10‐12章『一瞬の成功に、迷わされない』

懸賞 2016年 02月 24日 懸賞

『一瞬の成功に、迷わされない』

【12:28 気をつけて、私が命じるこれらのすべてのことばに聞き従いなさい。それは、あなたの神、【主】がよいと見、正しいと見られることをあなたが行い、あなたも後の子孫も永久にしあわせになるためである。12:29 あなたが、入って行って、所有しようとしている国々を、あなたの神、【主】が、あなたの前から絶ち滅ぼし、あなたがそれらを所有して、その地に住むようになったら、12:30 よく気をつけ、彼らがあなたの前から根絶やしにされて後に、彼らにならって、わなにかけられないようにしなさい。彼らの神々を求めて、「これらの異邦の民は、どのように神々に仕えたのだろう。私もそうしてみよう」と言わないようにしなさい。】

①モーセは、民が「幸せになる」ために、
「主に従うように」と奨励しました。

②聖書の教えはシンプルです。
主に従い、主の願いに応えるならば「祝福される」のです。

③なぜなら、主は創造主であって
「世界のすべてのシステム」を造られたお方だからです。

そして何より素晴らしいことは、
「私たちを愛し、幸せにさせよう」と願っておられるのです。
このことをイエス様は、「創造主は『父なる神』である」と地上で教えて下さいました。

④もし聖書を知らない人々から、
上手くいった方法を見せられた時、
吟味する必要があります。

⑤それが創造主の喜ばれる方法ならば、良いですが、
そうでないものだと分かったならば、それを潔く「拒否」することが大切です。

一見、成功するように見えても、
「長い目で見る時」に「恐ろしい破滅」につながる道はあるのです。

「一瞬の成功(誘惑)」に惑わされないように注意しましょう。
「本当に良いもの」だけに固く目をとめるのです。

それが長い目でみた「本当の成功」につながるのです。YccFuji








20160224
[PR]

by Happiness-eachday | 2016-02-24 05:44 | 2016年1-3月 | Trackback

2月23日申命記7-9章『主の愛を知った者が、主の願いに応えるようになる』

懸賞 2016年 02月 23日 懸賞

『主の愛を知った者が、主の願いに応えるようになる』

【7:7 【主】があなたがたを恋い慕って、あなたがたを選ばれたのは、あなたがたがどの民よりも数が多かったからではない。事実、あなたがたは、すべての国々の民のうちで最も数が少なかった。7:8 しかし、【主】があなたがたを愛されたから、また、あなたがたの先祖たちに誓われた誓いを守られたから、【主】は、力強い御手をもってあなたがたを連れ出し、奴隷の家から、エジプトの王パロの手からあなたを贖い出された。7:9 あなたは知っているのだ。あなたの神、【主】だけが神であり、誠実な神である。主を愛し、主の命令を守る者には恵みの契約を千代までも守られるが、・・・】

①モーセは、民に自分たちがどれほど主に愛され、祝福されているかを
思い起こさせようとしました。

主は一方的に民を愛して下さり、
エジプトの苦しみから助け出して下さったのです。

そしてこの主に対して「誠実に応答する」ならば、
主からの恵みが子々孫々にまで及ぶと、モーセは伝えたのです。

②このことはクリスチャンとして導かれた、私たちにも当てはまります。

主はあなたを一方的に愛し、
罪の苦しみから助け出し、神の子供として下さいました。

③あなたは「神の子供としての恵み」を、実感していますか。
罪の赦しだけでなく、主の愛を感じることは素晴らしいことです。
そして主に祈ると答えて頂けることも素晴らしいです。
そして何よりも、最終的に天国(罪赦された者が入る場所)に行けることは、
最大級の恵みです。

④すべてが「主の愛」から始まったことです。
この愛を私たちは「知識」で知るだけでなく、
「感情」で体験するのです。

あなたが、主から与えられたこれらの「特権」を知り、
主を喜び、
主の願いに応答することが、
主の願いであり、私たちの自然な方向なのです。YccFuji








20160223
[PR]

by Happiness-eachday | 2016-02-23 05:28 | 2016年1-3月 | Trackback

2月22日申命記4-6章『創造主の祝福を受ける方法』

懸賞 2016年 02月 22日 懸賞

『創造主の祝福を受ける方法』

【6:3 イスラエルよ。聞いて、守り行いなさい。そうすれば、あなたはしあわせになり、あなたの父祖の神、【主】があなたに告げられたように、あなたは乳と蜜の流れる国で大いにふえよう。
6:6 私がきょう、あなたに命じるこれらのことばを、あなたの心に刻みなさい。6:7 これをあなたの子どもたちによく教え込みなさい。あなたが家にすわっているときも、道を歩くときも、寝るときも、起きるときも、これを唱えなさい。6:8 これをしるしとしてあなたの手に結びつけ、記章として額の上に置きなさい。】

①モーセは、イスラエルの人たちが祝福を保ち続けるために、
『創造主の言葉』を聞いて守り行うようにと、命じました。

「私たちの考え」が神から離れると、否定的になり、
おかしな方向に進んでしまうことが多いのです。

②創造主の言葉は、「非常に肯定的」です。
すべての問題の「解決の力」を持っています。

ですからその言葉をいつも「心で唱え続けること」が大切なのです。

③創造主の言葉を、朝も昼も夜も唱えているならば、
教えを生活化することができます。
私たちが教えを生活に生かしていることを見るならば、
子供たちは「神の言葉の価値を知る」ようになるのです。
(子供たちに福音が伝わるのです)

・・・聖書の言葉をいつも覚えましょう。
聖書の言葉を「自分の生活の信念」としていきましょう。

主の願いは、あなたと子孫が「しあわせ」となり、
様々な分野で「大きく祝福」されることなのです。
そのために、あなたの命が与えられたのです。YccFuji






20160222
[PR]

by Happiness-eachday | 2016-02-22 05:38 | 2016年1-3月 | Trackback

2月21日申命記1-3章『向きを変えて出発せよ~主についていく訓練と、実践の時~』

懸賞 2016年 02月 21日 懸賞

『向きを変えて出発せよ~主についていく訓練と、実践の時~』

【1:6 私たちの神、【主】は、ホレブで私たちに告げて仰せられた。「あなたがたはこの山に長くとどまっていた。1:7 向きを変えて、出発せよ。そしてエモリ人の山地に行き、その近隣のすべての地、アラバ、山地、低地、ネゲブ、海辺、カナン人の地、レバノン、さらにあの大河ユーフラテス川にまで行け。1:8 見よ。わたしはその地をあなたがたの手に渡している。行け。その地を所有せよ。これは、【主】があなたがたの先祖アブラハム、イサク、ヤコブに誓って、彼らとその後の子孫に与えると言われた地である。」】

①主は、モーセを通じて、
約束の地カナンに入る「直前」、これから入る民たちに、大切なメッセージを語りました。
それがまとめられたものが申命記です。

②主は出エジプトから数えて40年目に、
「向きを変えて出発せよ」と語られました。

「40年前の不信仰」による償いの期間が終わり、
主は民に、約束の地に入りその土地を支配するようにと語られたのです。

③40年いつも雲の柱を見続けてきた民は、
「主の臨在の雲の進む通り」に進みました。

そしてようやく、今まで入ることができなかった場所に、入る時がやってきたのです。

・・・主が語って下さらないならば、それは起こりません。
しかし反対に主が語って下されば、
今まで起こらなかったことが起きるのです。

私たちは「今までできない」と「これからもできない」ように考えがちです。
しかし主が語られた後には「すべてが変わる」のです。

その信仰を持ちましょう。

荒野で主についていくことの「訓練の延長」が、
約束の地への「前進」でもあるのです。YccFuji






20160221
[PR]

by Happiness-eachday | 2016-02-21 05:16 | 2016年1-3月 | Trackback