カテゴリ:2015年4-6月( 90 )

懸賞 懸賞

6月30日詩編114‐118篇『クリスチャンに絶対必要なこと』

懸賞 2015年 06月 30日 懸賞

『クリスチャンに絶対必要なこと』

【118:5 苦しみのうちから、私は主を呼び求めた。【主】は、私に答えて、私を広い所に置かれた。118:6 【主】は私の味方。私は恐れない。人は、私に何ができよう。
118:10 すべての国々が私を取り囲んだ。確かに私は【主】の御名によって、彼らを断ち切ろう。118:11 彼らは私を取り囲んだ。まことに、私を取り囲んだ。確かに私は【主】の御名によって、彼らを断ち切ろう。
118:19 義の門よ。私のために開け。私はそこから入り、主に感謝しよう。118:20 これこそ【主】の門。正しい者たちはこれより入る。118:21 私はあなたに感謝します。あなたが私に答えられ、私の救いとなられたからです。】

①私たちは主を求めています。
そして「主の語りかけを聞きたい」と願っています。

主の語りかけを聞きさえすれば、
私たちの心は「平安」となり、「確かな方向性」を歩むことができるからです。
(絶えず吟味する必要はありますが・・・)

②その時に大切なことは
「悪しきものが取り囲む時」に「主の御名」によって「悪しきものを断ち切る」ことです。

断ち切るのは主ではありません。
自分なのです。

③そして「義の門」から主の御そばに近づくことです。
義の門とは「イエス様によって赦された者」が入ることができる通路です。

あなたは主に近づきたいですか。
そうであればイエス様を受け入れ、「罪を認め」「へりくだり(悔い改め)ましょう」
そうすれば「大胆に主に近づく(へブル10:19)」ことができるのです。

「悪を断ち切ること」と
「へりくだって主に近づくこと」
この二つは、クリスチャンにとって「絶対に必要なこと」なのです。YccFuji







20150630
[PR]

by Happiness-eachday | 2015-06-30 05:20 | 2015年4-6月 | Trackback

6月29日詩編109‐113篇『祝福の約束(頂く事が約束されている恵み)』

懸賞 2015年 06月 29日 懸賞

『祝福の約束(頂く事が約束されている恵み)』

【112:1 ハレルヤ。幸いなことよ。【主】を恐れ、その仰せを大いに喜ぶ人は。112:2 その人の子孫は地上で力ある者となり、直ぐな人たちの世代は祝福されよう。112:3 繁栄と富とはその家にあり、彼の義は永遠に堅く立つ。112:4 主は直ぐな人たちのために、光をやみの中に輝かす。主は情け深く、あわれみ深く、正しくあられる。112:5 しあわせなことよ。情け深く、人には貸し、自分のことを公正に取り行う人は。112:6 彼は決してゆるがされない。正しい者はとこしえに覚えられる。・・・】

①主を畏れ、その教えを心から喜ぶ人は、
「主に祝福される」という約束がここに記されています。

②約束までしばらく待たなければならない時があったとしても、
しかし「約束の時」は必ずやってくるのです。

③約束を待っている時には
「何も持たない者」のように思われても、
しかし「約束の後」には
「多くを持ち与える者」としての働きを始めるのです。

・・・今あなたは「どの段階」でしょうか?

頂く前も後も「あなたは同じ人間」です。
ですから貧しくても豊かでも「同じように」主に忠実に仕えていくことが大切なのです。YccFuji










20150629
[PR]

by Happiness-eachday | 2015-06-29 05:16 | 2015年4-6月 | Trackback

6月28日詩編105‐108篇『感謝は、主の恵みを体験することによって』

懸賞 2015年 06月 28日 懸賞

『感謝は、主の恵みを体験することによって』

【107:1 「主に感謝せよ。主はまことにいつくしみ深い。その恵みはとこしえまで。」107:2 【主】に贖われた者はこのように言え。・・・107:4 彼らは荒野や荒れ地をさまよい、住むべき町へ行く道を見つけなかった。107:5 飢えと渇きに彼らのたましいは衰え果てた。107:6 この苦しみのときに、彼らが【主】に向かって叫ぶと、主は彼らを苦悩から救い出された。107:7 また彼らをまっすぐな道に導き、住むべき町へ行かせられた。107:8 彼らは、主の恵みと、人の子らへの奇しいわざを【主】に感謝せよ。107:9 まことに主は渇いたたましいを満ち足らせ、飢えたたましいを良いもので満たされた。・・・】

①創造主を信じる信仰は、
主の恵み深さが分かるほどに、深まっていきます。
それは「人間関係」と良く似ています。

主の恵みを体験すればするほどに、
「主への感謝」が湧き上がってくるのです。

②私たち人間は、
生きている中で「不毛な荒野」を通るような時があります。
その時は「どのようにあがいても」上手くいかないのです。

段々と忍耐の限界を越え、
最後には「身も心も」疲れ果ててしまうのです。

③そのような時、
主に叫び続けると「主は助けて」下さいます。

私を愛し(私を造って下さった)「造り主」は、
まっすぐな道を見せて下さり、
生き残ることのできるように「祝福のオアシス」に入れて下さるのです。

あなたは、クリスチャンになってどれぐらい経ちますか?
あなたも「主の恵み」を味わうほどに、
この詩編が「本当だ」と実感するのです。YccFuji







20150628
[PR]

by Happiness-eachday | 2015-06-28 05:06 | 2015年4-6月 | Trackback

6月27日詩編101‐104篇『受けた恵みを思いめぐらす効果』

懸賞 2015年 06月 27日 懸賞

『受けた恵みを思いめぐらす効果』

【ダビデによる103:1 わがたましいよ。【主】をほめたたえよ。私のうちにあるすべてのものよ。聖なる御名をほめたたえよ。103:2 わがたましいよ。【主】をほめたたえよ。主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。103:3 主は、あなたのすべての咎を赦し、あなたのすべての病をいやし、103:4 あなたのいのちを穴から贖い、あなたに、恵みとあわれみとの冠をかぶらせ、103:5 あなたの一生を良いもので満たされる。・・・】

①ダビデは、創造主が良いお方であることを知っていました。
そして、彼は自分自身に
「わがたましいよ。主をほめたたえよ」と語りました。

②自分が経験した「主の恵み」を思い起こすことは大切なことです。
何度も何度も思い巡らす中で、
「与えられた主の恵みの深さ」が
自分自身の心に染みてくるのです。

③あなたは主の恵みや愛、赦し、癒しをどのように受けましたか?
あなたがダビデの詩篇に「アーメン」と思えるならば、
何度もこの詩編をこころの中で唱えましょう。

そして「ダビデの感謝」をあなたの感謝にしていきましょう。

主は「あなたの信仰の通り」働かれます。
そして信仰の通り、
「あなたの一生を良いもので満たされる」お方なのです。YccFuji









20150627
[PR]

by Happiness-eachday | 2015-06-27 05:16 | 2015年4-6月 | Trackback

6月26日詩編96‐100篇『感謝しつつ、主に近づける理由』

懸賞 2015年 06月 26日 懸賞

『感謝しつつ、主に近づける理由』

【100:1 全地よ。【主】に向かって喜びの声をあげよ。100:2 喜びをもって【主】に仕えよ。喜び歌いつつ御前に来たれ。100:3 知れ。【主】こそ神。主が、私たちを造られた。私たちは主のもの、主の民、その牧場の羊である。100:4 感謝しつつ、主の門に、賛美しつつ、その大庭に、入れ。主に感謝し、御名をほめたたえよ。・・・】

①私たちは「主に造られたもの」です。
もともと主のものであり、主の民なのです。
ですから赤子が母親に全面的に信頼するように、
「本来」私たちは「主を全面的に信頼する」ように造られているのです。

②ではどうしたらその「本来の関係」に戻れるのでしょうか?
それは主に近づくことによってのみ、始まるのです。

「イエス様の十字架」は私たちにとって「最高の恵み」です。
なぜなら「罪を赦して頂くこと」によって
「大胆に主に近づくこと」ができるからです(へブル10:19)。

③あなたはイエス様を信じていますか?
信じているならば「大胆に近づいて」いますか?
もし近づいていなければ「非常にもったいないこと」をしているのです。

④この詩人の信仰にように
「喜びと感謝」をもって主に近づきましょう。

あなたにはすでに
「十分過ぎるほどの感謝の材料」を与えられています。
その事実を単純に受けとめましょう。

そして「自分の心」としてゆきましょう。YccFuji










20150626
[PR]

by Happiness-eachday | 2015-06-26 05:13 | 2015年4-6月 | Trackback

6月25日詩編91‐95篇『人の助けが全くない時に・・・』

懸賞 2015年 06月 25日 懸賞

『人の助けが全くない時に・・・』

【91:7 千人が、あなたのかたわらに、万人が、あなたの右手に倒れても、それはあなたには、近づかない。91:8 あなたはただ、それを目にし、悪者への報いを見るだけである。91:9 それはあなたが私の避け所である【主】を、いと高き方を、あなたの住まいとしたからである。・・・
91:14 彼がわたしを愛しているから、わたしは彼を助け出そう。彼がわたしの名を知っているから、わたしは彼を高く上げよう。91:15 彼が、わたしを呼び求めれば、わたしは、彼に答えよう。わたしは苦しみのときに彼とともにいて、彼を救い彼に誉れを与えよう。・・・】

①私たちに「支えとなる人」が一人もいない時、
私たちはどうしたらよいでしょうか?

ある人が、周りの人を見方につけ、
策略をもってあなたに攻撃を仕掛ける時、
私たちはどう対処したらよいのでしょうか?

そんな時の答えがここに書かれています。

それは「主に助けを求める」のです。

②人に助けを求めることのできる人はかわいそうです。
なぜなら「創造主に本気で助けを求めなくなる」からです。

③私たちが「主しかいない」と言う状況に追い詰められる時、
実は、私たちの信仰は「飛躍的に成長する時」なのです。

④主に助けを求め、支えて頂くと、「主を本気で愛する」ようになります。
そして「主を愛する人」を
主は本気で「助けて下さる」のです(14,15節)。

あなたは、人の助けを求めたいですか?
主の助けを求めたいですか?

・・・人の助けが全くない時は、実は「感謝な時」なのです。
(人の助けを求めたくても、主の助けしかないからです)

そんな時にこの詩編91篇を思い出すならば、
「飛躍的な信仰と恵み世界」に、あなたも進むことができるのです。YccFuji










20150625
[PR]

by Happiness-eachday | 2015-06-25 05:15 | 2015年4-6月 | Trackback

6月24日詩編87‐90篇『祝福が与えられているという原点』

懸賞 2015年 06月 24日 懸賞

『祝福が与えられているという原点』

【89:35 わたしは、かつて、わが聖によって誓った。わたしは決してダビデに偽りを言わない。89:36 彼の子孫はとこしえまでも続き、彼の王座は、太陽のようにわたしの前にあろう。89:37 それは月のようにとこしえに、堅く立てられる。雲の中の証人は真実である。」 セラ
89:38 しかし、あなたは拒んでお捨てになりました。あなたによって油そそがれた者に向かって、あなたは激しく怒っておられます。89:39 あなたは、あなたのしもべの契約を廃棄し、彼の冠を地に捨てて汚しておられます。89:40 あなたは彼の城壁をことごとく打ちこわし、その要塞を廃墟とされました。
89:46 いつまでですか。【主】よ。あなたがどこまでも身を隠し、あなたの憤りが火のように燃えるのは。】

①この詩は、「ダビデ契約」に基づくとりなしの祈りです。
素晴らしいダビデの契約が約束されていながらも、
現状がそうではない「うめきと訴え」の祈りです。

祈りには「穏やかな感謝の祈り」もありますが、
このような「切実な祈り」もあるのです。

②しかしこの祈りの土台は
「祝福が与えられている事実」なのです。

既に与えられているものをどうして
「奪われたような状況」になるのでしょうかという訴えなのです。

③主の約束は真実(のはず)です。
ですから私たちは「難しい現状の中」で
「主の解決と祝福」を求めるのです。

「私たちには祝福が与えられている」
このことがクリスチャンとしての原点です。

そして、
その「信仰の土台」の上に、「祈り求める」のです。YccFuji











20150624
[PR]

by Happiness-eachday | 2015-06-24 05:03 | 2015年4-6月 | Trackback

6月23日詩編83‐86篇『主に一日中、叫び求める』

懸賞 2015年 06月 23日 懸賞

『主に一日中、叫び求める』

【86:3 主よ。私をあわれんでください。私は一日中あなたに呼ばわっていますから。86:4 あなたのしもべのたましいを喜ばせてください。主よ。私のたましいはあなたを仰いでいますから。
86:7 私は苦難の日にあなたを呼び求めます。あなたが答えてくださるからです。86:8 主よ。神々のうちで、あなたに並ぶ者はなく、あなたのみわざに比ぶべきものはありません。
86:11 【主】よ。あなたの道を私に教えてください。私はあなたの真理のうちを歩みます。私の心を一つにしてください。御名を恐れるように。
86:16 私に御顔を向け、私をあわれんでください。あなたのしもべに御力を与え、あなたのはしための子をお救いください。86:17 私に、いつくしみのしるしを行ってください。そうすれば、私を憎む者らは見て、恥を受けるでしょう。まことに【主】よ。あなたは私を助け、私を慰めてくださいます。】

①この詩を通じて、
ダビデは主を求めるあまり、
一日中「主よ主よ」と叫んだことがあったことが記されています。

②そして「主の道を教えて下さい」と求め続けたのです。

③「主よ憐れんでください」と叫び、
「しるしを見せて下さい」と訴えたのです。

④私たちの人生には、「自分ではどうしようもない問題」に出会うことがあります。
その時は「主に訴える」しか私たちにはできません。
「主にすがる」しかないのです。

・・・しかしダビデは知っているのです。
主が助けて下さることを。慰めて下さることを(17節)。

だからこそ「一日中、主を求めて」叫び続けることができるのです。YccFuji










20150623
[PR]

by Happiness-eachday | 2015-06-23 05:00 | 2015年4-6月 | Trackback

6月22日詩編79-82篇『あなたの口を大きくあけよ。』

懸賞 2015年 06月 22日 懸賞

『あなたの口を大きくあけよ。』

【81:8 聞け。わが民よ。わたしは、あなたをたしなめよう。イスラエルよ。よくわたしの言うことを聞け。81:9 あなたのうちに、ほかの神があってはならない。あなたは、外国の神を拝んではならない。
81:10 わたしが、あなたの神、【主】である。わたしはあなたをエジプトの地から連れ上った。あなたの口を大きくあけよ。わたしが、それを満たそう。
81:11 しかしわが民は、わたしの声を聞かず、イスラエルは、わたしに従わなかった。81:12 それでわたしは、彼らをかたくなな心のままに任せ、自分たちのおもんぱかりのままに歩かせた。81:13 ああ、ただ、わが民がわたしに聞き従い、イスラエルが、わたしの道を歩いたのだったら。81:14 わたしはただちに、彼らの敵を征服し、彼らの仇に、わたしの手を向けたのに。」】

①主はいつも私たちの信仰に期待をされています。
信仰を与えるのは主ですし、
準備もすべて主がされます。
しかし、「信仰による恵み」を受け取れるかどうかの自由意思は、
「私たちに託されている」のです。

②主は、聖書の中で何度も
「信じるように」「求めるように」「期待するように」と語られています。
その理由は、「信じた者」だけが「受け取れる」からなのです。

③ここでは「あなたの口を大きくあけよ。わたしが、それを満たそう」と主は語られています。
「あなたの口を大きくあけよ」とは、「あなたにとって」どういうことでしょうか?
今信じていることを「もう一歩」求めるということでしょうか?
それとも「更に広く」求めるということでしょうか?

自分が主から受けないと「人に与えること」はできません。

・・・まずあなたが、受けましょう。
それも「軽く」ではなく「十分」に受けましょう。

その為には、まずあなたの意志で
「口を大きくあける(期待し続ける)」のです。YccFuji










20150622
[PR]

by Happiness-eachday | 2015-06-22 05:25 | 2015年4-6月 | Trackback

6月21日詩編75-78篇『親の務め、使命』

懸賞 2015年 06月 21日 懸賞

『親の務め、使命』

【78:3 それは、私たちが聞いて、知っていること、私たちの先祖が語ってくれたこと。78:4 それを私たちは彼らの子孫に隠さず、後の時代に語り告げよう。【主】への賛美と御力と、主の行われた奇しいわざとを。78:5 主はヤコブのうちにさとしを置き、みおしえをイスラエルのうちに定め、私たちの先祖たちに命じて、これをその子らに教えるようにされた。78:6 後の世代の者、生まれてくる子らが、これを知り、彼らが興り、これをその子らにまた語り告げるため、78:7 彼らが神に信頼し、神のみわざを忘れず、その仰せを守るためである。・・・】

①アサフは、ダビデと同じ時代の人物で、賛美の詠唱者でした。
彼もまた、主との深い交わりを経験した人物でした。
(詩編73以降~)

②彼は、この詩の中で、
「イスラエルの歴史と主の憐れみ」を語っています(9節以降~)。

主が恵み深いことをして下さっても、
民はその恵みをすぐに忘れ、主から離れてしまった歴史の事実です。
(これは私たちの現実と同じです)

しかしそれでも主は、助けを求める神の民を見捨てることなく、
助け続けて下さった事をアサフは記しています。

③アサフは、これらの失敗を繰り返さないために
「親が子供に信仰を教える大切さ」をここで語っているのです。

信仰は考え方ですから、
大人になって学ぶよりも、
子供のころに学ぶ方が理解は早まります。
まして親の価値観であれば、
子供はそれを「自然に吸収する」のです。

・・・昨日も語りましたが、
親の使命は「子どもへの信仰の継承」であることを心に銘記しましょう。

これは聖書が何度も語っていることでもあるのです。
(申命記6章その他)YccFuji










20150621
[PR]

by Happiness-eachday | 2015-06-21 05:38 | 2015年4-6月 | Trackback