カテゴリ:2013年7月‐9月( 85 )

懸賞 懸賞

10月1日ヨナ1-4章『どこに目を止めるのか』

懸賞 2013年 10月 01日 懸賞

『どこに目を止めるのか』

【4:6 神である【主】は一本のとうごまを備え、それをヨナの上をおおうように生えさせ、彼の頭の上の陰として、ヨナの不きげんを直そうとされた。ヨナはこのとうごまを非常に喜んだ。4:7 しかし、神は、翌日の夜明けに、一匹の虫を備えられた。虫がそのとうごまをかんだので、とうごまは枯れた。】

①ヨハネ間違った愛国心の為に、
敵国アッシリヤの首都「ニネベの滅び」を預言するのを拒否しました(1章)。

しかし主の計画の中で、彼は悔い改め(2:5)、
ニネベ宣教に向かったのです。

その結果、ニネベの人々は悔い改め、滅びから守られました。
主は、どんな人も愛しておられ、
悔い改めたならば、救いたいと考えておられるからです。

②しかしこの時も、ヨナは「自分の考え(感情)」で腹を立てました。
そして影を造ったトウゴマが枯れても、腹を立てたのです。

③ヨナは自分自身の「感情」に目を止め、
主の計画を考えませんでした。

「感情」は時に主の計画を「邪魔」をします。
しかし主はそんなヨナが分かるように、
様々なしるしを以て、ヨナのこころ(感情)を正しい方向に導かれたのです。

・・・私たちも、
自分の感情に目を止め、主の計画を無視し易い者です。
信仰を持っていても、主を無視することは実は多くあるのです。

ヨナが悔い改めたように、
私たちも悔い改め(方向転換)をしましょう。

そうすれば、主が準備して下さった「幸い」を
受け取ることが出来るのです(2:8)。

そして「自己満足」ではなく、
「主に喜ばれる人生」を送ることができるのです。
YccFuji















20131001
[PR]

by Happiness-eachday | 2013-10-01 09:34 | 2013年7月‐9月 | Trackback

9月30日アモス7-9章『災いを思い直して下さる主、を信じる』

懸賞 2013年 09月 30日 懸賞

『災いを思い直して下さる主、を信じる』

【7:2 そのいなごが地の青草を食い尽くそうとしたとき、私は言った。「神、主よ。どうぞお赦しください。ヤコブはどうして生き残れましょう。彼は小さいのです。」
7:3 【主】はこのことについて思い直し、「そのことは起こらない」と【主】は仰せられた。】

①アモスは、北イスラエルが、いなごで滅ぼされそうなのを見て、
主に「お赦し下さい」と懇願しました。
すると主はその裁きを止めて下さったのです。

主は、主を信じるものを特別に見て下さり、願いを聞いて下さいます。

②イエス様は、人類の代表として木に架かり、
呪いを受け、「呪いを打ち砕いて」下さいました(ガラテヤ3:13)。

そしてそのイエス様が、私たちの為にとりなして下さっているのです。

ですから、主はイエス様の願いを聞いて下さり、
私たちはそのことを信じる「信仰」によって
「主の救い」と「助け」を受けることができるのです(ガラテヤ2:20)。

・・・「信仰」が大切であることをもう一度、確認しましょう。
信仰によって、「主に願うこと」ができ、
信仰によって「奇跡を受け取ること」ができるからです。
YccFuji











20130930
[PR]

by Happiness-eachday | 2013-09-30 09:19 | 2013年7月‐9月 | Trackback

9月29日アモス4-6章『善を求め、主を求めよ』

懸賞 2013年 09月 29日 懸賞

『善を求め、主を求めよ』

【5:14 善を求めよ。悪を求めるな。そうすれば、あなたがたは生き、あなたがたが言うように、万軍の神、【主】が、あなたがたとともにおられよう。】

①主は私たちにいつも語られています。
状況は良い時も、そうでない時も、
私たちのコンディションに関係なく、主は語っておられるのです。

「神に近づきなさい。そうすれば神は近づいて下さる」とあるように、
私たちが神と出会うためには、神を求め、善を求めることが必要です。

人間は限界があります。
実は突き詰めるならば『最も大切なことの解決』を人間は何も持っていないのです。
生きがいも寿命も生きる目的も、人間が作り出せることは一部であって、
根幹は創造主が握っておられるのです。

すべてを握っておられる【主ご自身】を求め、主が喜ばれる「善」を行いましょう。
主の御許に「最も安全な道」も、
「災いを回避する道」もあるからです。YccFuji









20130929
[PR]

by Happiness-eachday | 2013-09-29 08:56 | 2013年7月‐9月 | Trackback

9月28日アモス1-3章『計画を教え、実現される主』

懸賞 2013年 09月 28日 懸賞

『計画を教え、実現される主』

【3:7 まことに、神である主は、そのはかりごとを、ご自分のしもべ、預言者たちに示さないでは、何事もなさらない。3:8 獅子がほえる。だれが恐れないだろう。神である主が語られる。だれが預言しないでいられよう。】

①アモスの活躍した時代は、
国は落ち着いてはいましたが、
裕福なものが貧しいものから搾取することによって、
富裕層のみが栄えていました。

豊かな人々は自分たちは大丈夫と思っていましたが、
しかし主は「選ばれたものには責任がある」と語られたのです(2節)。

②アモスは、主の語りかけを聞き、それを民に語りました。
なぜなら「主の圧倒的な権威と力」の前では、人間は抗することができないからです。

・・・表面は良い状態でも、主は中身を見られることを知りましょう。
見せかけだけの良いものでは、主は満足されないのです。主

は私たちにも、ご自分の計画を伝えられます。
それは幸いの計画、将来に希望を与える計画です。

主はバラバラになったような状況下からも、
私たちを救い出して下さいます(12節)。

主の救いを信じ、受け取りましょう。
主は力ある神、私たちを愛しておられる主なのです。
YccFuji










20130928
[PR]

by Happiness-eachday | 2013-09-28 05:53 | 2013年7月‐9月 | Trackback

9月27日ヨエル1-3章『回復を起こされる主を、信じる』

懸賞 2013年 09月 27日 懸賞

『回復を起こされる主を、信じる』

【2:17 【主】に仕える祭司たちは、神殿の玄関の間と祭壇との間で、泣いて言え。「【主】よ。あなたの民をあわれんでください。あなたのゆずりの地を、諸国の民のそしりとしたり、物笑いの種としたりしないでください。国々の民の間に、『彼らの神はどこにいるのか』と言わせておいてよいのでしょうか。」2:18 【主】はご自分の地をねたむほど愛し、ご自分の民をあわれまれた。
2:25 いなご、ばった、食い荒らすいなご、かみつくいなご、わたしがあなたがたの間に送った大軍勢が、食い尽くした年々を、わたしはあなたがたに償おう。】

①この書簡は、南ユダのヨアシュの時代に書かれたと考えられています。
敵国の侵入によって決定的に打ち破られた後、
主は素晴らしい回復を約束され、
民はそれを受け取りました。

②全能者である創造主を信じても、
期間限定で「お前たちの神を信じても何のメリットもない」と言われる
不毛な時代(1章)を経験する時があるのです。

信じても求めても、全く苦しみから解放されない
「冬の時代」を経験する時があるのです。

③しかし後に、「主の回復の時」がくると
「今までのマイナス」がすべて埋め合わされる程の
「大きな恵み」がやってきます。

これは必ず実現するのです。

・・・信じて受け取りましょう。
そして主と交わる「霊的なアンテナ」を研ぎ澄ましましょう。

これは(祈り・御言葉を黙想し)毎日コツコツと主に聞き続けることで磨かれます。

 今日も主に祈り、導きを受け取りましょう。
冬の時代こそ大切なのです。

「主の言葉」を聞き続けるならば、
あなたは主の時を知ることができ、
「奇跡」と思えるようなことを、受け取れるのです。
YccFuji











20130927
[PR]

by Happiness-eachday | 2013-09-27 05:58 | 2013年7月‐9月 | Trackback

9月26日ホセア11-14章『主に立ち返る恵み』

懸賞 2013年 09月 26日 懸賞

『主に立ち返る恵み』

【14:1 イスラエルよ。あなたの神、【主】に立ち返れ。あなたの不義がつまずきのもとであったからだ。14:2 あなたがたはことばを用意して、【主】に立ち返り、そして言え。「すべての不義を赦して、良いものを受け入れてください。私たちはくちびるの果実をささげます。14:3 アッシリヤは私たちを救えません。私たちはもう、馬にも乗らず、自分たちの手で造った物に『私たちの神』とは言いません。みなしごが愛されるのはあなたによってだけです。」14:4 わたしは彼らの背信をいやし、喜んでこれを愛する。わたしの怒りは彼らを離れ去ったからだ。・・・】

①主は、歴史上、私たち人間に何度も「立ち返るように」語りかけられました。
しかし私たちは、創造主を無視し、
気がつかずに自分の思いのままをしてしまうことが多いのです。

そして壁ぶつかり上手くいかなくなくなり、
悩み、呻き、時に呪いのような言葉を出してしまうのです。

②しかし創造主はいつも待っておられます。
そして語り続けておられるのです。

・・・主に祈りましょう。わたしの人生を導いて下さいと。
そして主を第一にする「具体的な行動」と取り始めましょう。

祈ること、聖書を読むこと、教会の集会に参加すること、
これらはすべて主を第一にする「具体的な行動」です。

難しい状況だからこそ、
あなたが主に立ち返ることが、貴重な決断になるのです。

主に立ち返るならば、
主は全てを赦し、すべてを癒し(4節)、
あなたの人生のすべてを「良い方向」に導かれるのです。
YccFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2013-09-26 11:27 | 2013年7月‐9月 | Trackback

9月25日ホセア7-10章『休耕地を開拓する』

懸賞 2013年 09月 25日 懸賞

『休耕地を開拓する』

【10:12 あなたがたは正義(救い)の種を蒔き、誠実の実を刈り入れよ。あなたがたは耕地を開拓せよ。今が、【主】を求める時だ。ついに、主は来て、正義をあなたがたに注がれる。・・・】

①主は、ホセアを通じて、
主に反逆するものに与えられる裁きを忠告しました。
蒔いた種が悪ければ、悪い刈り取りをしてしまうことは、
自然の法則なのです。

どれだけ言い訳をしたとしても、刈り取りは厳然とした事実なのです。

②しかしイエス様は、正直に悪を告白し、
悔い改めて立ち返るならば、
罪を赦し、回復を与えて下さると約束して下さいました。

私たちはその恵みの中に生きているのです。

③救いの為に種を蒔くこと、正しことをし続けること・・・どちらもしていきましょう。
あなたが今までしてきた「良いこと」を再開するのです。

耕地とは休耕地のことです。
今まで世話をしてこなかった為に荒れた地を、
もう一度、良い地に作り変えるのです。

土地は「私たちのこころ」のことを現しています。

忙しくても、あなたがコツコツと『耕地を開拓』し続けるならば、
あなたは「創造主の祝福」を受け継ぎ、
「素晴らしいプレゼント」を受け取ることができるのです。

それは創造主抜きで「我力で得る」成果の、
「何十倍何百倍」も素晴らしいものなのです。
YccFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2013-09-25 05:10 | 2013年7月‐9月 | Trackback

9月24日ホセア4-6章『主に立ち返る』

懸賞 2013年 09月 24日 懸賞

『主に立ち返る』

【6:1 「さあ、【主】に立ち返ろう。主は私たちを引き裂いたが、また、いやし、私たちを打ったが、また、包んでくださるからだ。6:2 主は二日の後、私たちを生き返らせ、三日目に私たちを立ち上がらせる。私たちは、御前に生きるのだ。・・・」】

①この個所は、ホセアの民への勧めです。
ホセアは、主から特別の使命が与えられ、結婚へと導きれました。

そして「変わらない創造主の愛」を教えられたのです。

すべての解決のカギは、創造主を信頼して「立ち返る」ことです。

「朝もやのように(4節)」口先だけの行動は意味がありません。
主は「誠実」を喜ばれ(6節)、「主を知ること」を喜ばれるのです。

考えている「良いこと」と、「行動」を、一つにしましょう。
「主の喜ばれること」を「行い続けること」が私たちには大切なのです。
YccFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2013-09-24 05:27 | 2013年7月‐9月 | Trackback

9月23日ホセア1-3章『主の愛と忍耐』

懸賞 2013年 09月 23日 懸賞

『主の愛と忍耐』

【1:2 【主】がホセアに語り始められたとき、【主】はホセアに仰せられた。「行って、姦淫の女をめとり、姦淫の子らを引き取れ。この国は【主】を見捨てて、はなはだしい淫行にふけっているからだ。」】

①主は、ホセアを通じて、
「創造主が民を愛し続けておられること」を知らしめしました。

どれ程、民が「霊的姦淫(創造主以外を慕う)」をしていようとも、
主の願いに背を向けておられようとも、
主はそれでも、私たちを愛し続けておられるのです。

・・・主の「この愛のまなざし」に目を向けましょう。

そして主の愛を受け取り、助けを頂きましょう。

主に従うことは、
あなたの願いができなくなることではなく、
あなたが力を受け、「世の光」として、この世に「良いもの」を輝かせる為なのです。

このことは流された人生ではなく、
しっかりとした土台に立つ人生なのです。
YccFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2013-09-23 10:37 | 2013年7月‐9月 | Trackback

9月22日ダニエル10-12章『主はすでに働いておられる』

懸賞 2013年 09月 22日 懸賞

『主はすでに働いておられる』

【10:12 彼は私に言った。「恐れるな。ダニエル。あなたが心を定めて悟ろうとし、あなたの神の前でへりくだろうと決めたその初めの日から、あなたのことばは聞かれているからだ。私が来たのは、あなたのことばのためだ。10:13 ペルシヤの国の君が二十一日間、私に向かって立っていたが、そこに、第一の君のひとり、ミカエルが私を助けに来てくれたので、私は彼をペルシヤの王たちのところに残しておき・・・」】

①創造主は、
ダニエルが祈りはじめた時からその祈りを聞き、
手を打っておられました。

しかし悪い力が天使ミカエルを邪魔していたために、
ようやく21日後にミカエルは
ダニエルの元に来ることができたのです。

・・・創造主はいつも最善のことをされます。
それが遅いように思えても、最終的には間に合うのです。

②イエス様がラザロの元にやってきたのは、死後4日たった時でした。
もう遅いと誰もが思いました。
しかしイエス様はラザロをよみがえらせ、
「最高の神の栄光」を現わされたのです。

・・・私たちも主に助けを待つ時があります。
長く待っているようでも、信頼して待ち続けましょう。

あなたの祈りの最初から、主は聞いておられ、
最善のタイミングで、あなたを助けようと計画されているのです。

主は一流のお方、
あなたを一流の計画で、導いておられるのです。
YccFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2013-09-22 01:43 | 2013年7月‐9月 | Trackback