「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:2012年1月( 32 )

懸賞 懸賞

1月31日レビ記1-3章『神様に捧げものをする時の心』

懸賞 2012年 01月 31日 懸賞

『神様に捧げものをする時の心』

【1:3 もしそのささげ物が、牛の全焼のいけにえであれば、傷のない雄牛をささげなければならない。それを、彼が【主】の前に受け入れられるために会見の天幕の入口の所に連れて来なければならない。
1:4 その人は、全焼のいけにえの頭の上に手を置く。それが彼を贖うため、彼の代わりに受け入れられるためである。・・・1:9 内臓と足は、水で洗わなければならない。祭司はこれら全部を祭壇の上で全焼のいけにえとして焼いて煙にする。これは、【主】へのなだめのかおりの火によるささげ物である。・・】

①レビ記は、祭司がいけにえを捧げるの為の規定です。
捧げものには「感謝」や「罪の赦し」などいろいろありますが、
それらはすべて祭壇の上で燃え尽くされるのです。

②そして手を置くとは、「自分の捧げもの」として「自分の代わり」に捧げるという意味です。
ですからその精神は「自分を全て捧げる」という意味合いを持つのです。

新約聖書へブル人への手紙には、
イエス様が聖なる大祭司として
「自分自身を捧げ、
(人類すべての犠牲を)一度で成し遂げた(へブル7:27)」ことが書かれています。

ですから(イエス様の犠牲以降)新約では、罪の為のいけにえは無用なのです(10:18)。
そしてキリストの血の力によって「良心がきよめられ」「悪い行いから解放され」(9:14)ます。

私たちは、聖められたものとして、「大胆に主に近づいて恵みを受けるように」
と勧められているのです(10:22)。

d0155777_9491671.jpg
・・・イエス様の犠牲により、
迷うことなく「創造主に近づける」ことに感謝しましょう。

そして定期的に教会に集まり、
(互いに励まし合い、希望を告白し合って)、
良いものをたくさん受け取りましょう(10:23‐25)。

あなたが良いものを受け取れるかどうかは、
「あなたの心次第」だからです。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2012-01-31 09:49 | 2012年1月 | Trackback

1月30日出エジプト37‐40章『主がいつも導いて下さる』

懸賞 2012年 01月 30日 懸賞

『主がいつも導いて下さる』

【40:30 また彼は、会見の天幕と祭壇との間に洗盤を置き、洗いのために、それに水を入れた。40:31 モーセとアロンとその子らは、それで手と足を洗った。40:32 会見の天幕に入るとき、または、祭壇に近づくとき、彼らはいつも洗った。【主】がモーセに命じられたとおりである。・・・
40:36 イスラエル人は、旅路にある間、いつも雲が幕屋から上ったときに旅立った。40:37 雲が上らないと、上る日まで、旅立たなかった。40:38 イスラエル全家の者は旅路にある間、昼は【主】の雲が幕屋の上に、夜は雲の中に火があるのを、いつも見ていたからである。】

①主はイスラエルが荒野にいた期間、
いつも「昼は雲の柱」「夜は火の柱」によって導かれました。

そしてイスラエルの人たちは、その導きによって、
出発し、留まりました。
そのことによって200万人以上の人々が、
荒野の不足と危険の中を、乗り越えることができたのです。

・・・主が現代においても導きをされます。
雲の柱や火の柱は見えなくても、
様々なしるしと状況によって、私たちを導かれるのです。

そのしるしを見落とさないことが大切です。

②そして祭司は、いつも身を清めて、神の前に立ちました。
私たちも主の前にへりくだって、身を清めて近づく必要があります。
そうでなければ、肉(我)の力が反発し、近づくことができなくなります。

d0155777_854178.jpg
・・・神様をいつも覚えて生活しましょう。
特に朝は、祈って一日を出発しましょう。

そうすれば、あなたは「主の導き」を見出し、
導きの中を歩むことができるのです。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2012-01-30 08:54 | 2012年1月 | Trackback

1月29日出エジプト34‐36章『失敗を回復して下さる神』

懸賞 2012年 01月 29日 懸賞

『失敗を回復して下さる神』

【34:1 【主】はモーセに仰せられた。「前のと同じような二枚の石の板を、切り取れ。わたしは、あなたが砕いたこの前の石の板にあったあのことばを、その石の板の上に書きしるそう。34:2 朝までに準備をし、朝シナイ山に登って、その山の頂でわたしの前に立て。」
34:4 そこで、モーセは前のと同じような二枚の石の板を切り取り、翌朝早く、【主】が命じられたとおりに、二枚の石の板を手に持って、シナイ山に登った。34:6 【主】は彼の前を通り過ぎるとき、宣言された。「【主】、【主】は、あわれみ深く、情け深い神、怒るのにおそく、恵みとまことに富み、34:7 恵みを千代も保ち、咎とそむきと罪を赦す者、罰すべき者は必ず罰して報いる者。父の咎は子に、子の子に、三代に、四代に。」・・・】

①主はモーセに十戒の刻んだ石の板を与えましたが、
民の不信仰を見たモーセが怒りによって壊してしまいました。

しかし主はもう一度チャンスを与えて下さったのです。

②主は情け深いお方です。
善悪をはっきりさせる厳しさを持っておられますが、
問題を認め謝罪をし、へりくだる者には、
赦しと回復を与える神なのです。

d0155777_0245151.jpg
・・・神の愛がどのようなものかを知りましょう。
私たちの存在は深く愛されますが(造って下さったお方ですから)、
人間の反抗やわがままは、明らかにされるのが、造り主なのです。

・・・神の愛を正しく知りましょう。
そして正しい態度で主を崇めましょう。

正しい態度で歩むならば、
何度失敗したとしても「回復の道」はあるのです。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2012-01-29 05:22 | 2012年1月 | Trackback

1月28日出エジプト31‐33章『信じ続ける祝福』

懸賞 2012年 01月 28日 懸賞

『信じ続ける祝福』

【 32:1 民はモーセが山から降りて来るのに手間取っているのを見て、アロンのもとに集まり、彼に言った。「さあ、私たちに先立って行く神を、造ってください。私たちをエジプトの地から連れ上ったあのモーセという者が、どうなったのか、私たちにはわからないから。」・・・
32:3 そこで、民はみな、その耳にある金の耳輪をはずして、アロンのところに持って来た。32:4 彼がそれを、彼らの手から受け取り、のみで型を造り、鋳物の子牛にした。

32:31 そこでモーセは【主】のところに戻って、申し上げた。「ああ、この民は大きな罪を犯してしまいました。自分たちのために金の神を造ったのです。
32:32 今、もし、彼らの罪をお赦しくだされるものなら──。しかし、もしも、かないませんなら、どうか、あなたがお書きになったあなたの書物から、私の名を消し去ってください。」】

①主はシナイ山で、モーセに十戒を与え、細かな教えを伝えました。
しかしその時間に、民は不信仰を犯し、
違う神を造って崇めたのです。

・・・人間は願いが叶わなかったり、行くべき方向性が見えなくなると、
すぐに「目の前の支え」に飛びつく傾向があります。

しかし最後まで信じ続ける者は幸いです。

②モーセは民の罪を、造り主にとりなし、赦しを懇願しました。
・・・この心が「神を信じる者の心」なのです。
罪を見て、はっきりしと指摘はしますが、
その者の回復と祝福の為に、とりなし祈るのが、モーセの心だったのです。

d0155777_9462681.jpg
・・・人生には色々な状況があります。
信じるのが難しい時期であっても、主を信じ続けましょう。
それが生きる道だからです。

そして痛みを覚えている人には、とりなし祈りましょう。
主はあなたの祈りを用いても、
主の計画を進めるお方なのですから。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2012-01-28 09:46 | 2012年1月 | Trackback

1月27日出エジプト28‐30章『創造主に近づくためには(旧約時代)』

懸賞 2012年 01月 27日 懸賞

『創造主に近づくためには(旧約時代)』

【29:1 あなたは、彼らを祭司としてわたしに仕えるように聖別するため、次のことを彼らにしなければならない。すなわち、若い雄牛一頭、傷のない雄羊二頭を取れ。・・・
29:10 あなたが、雄牛を会見の天幕の前に近づけたなら、アロンとその子らがその雄牛の頭に手を置く29:11 あなたは、会見の天幕の入口で、【主】の前に、その雄牛をほふり、29:12 その雄牛の血を取り、あなたの指でこれを祭壇の角につける。その血はみな祭壇の土台に注がなければならない。・・・
29:14 ただし、その雄牛の肉と皮と汚物とは、宿営の外で火で焼かなければならない。これは罪のためのいけにえである。・・・
30:20 彼らが会見の天幕に入るときには、水を浴びなければならない。彼らが死なないためである。また、彼らが、【主】への火によるささげ物を焼いて煙にする務めのために祭壇に近づくときにも、30:21 その手、その足を洗う。彼らが死なないためである。これは、彼とその子孫の代々にわたる永遠のおきてである。】

①旧約時代、祭司が幕屋で仕えるためには、準備が必要でした。
その最も大切な準備は「罪の赦し」でした。

最も高価な雄牛に手を置き、罪を牛に託し、
命を犠牲にして、罪の赦しを頂いたのです。

なぜなら、罪あるままで主に近づくと死ぬ(28:35)からです。

②新約の現代は、
イエス様が十字架の犠牲で罪の代価を支払って下さったので、
動物の犠牲を捧げる必要はなくなりました。
そしてイエス様を信じる者は、罪によって打たれる心配はなくなりました。

d0155777_925887.jpg
しかし日々の「心の聖め」は必要です。

②旧約時代も、祭司は聖別された後も、
幕屋に入るためには、水で聖めなければなりませんでした。

・・・基準が与えられた時、私たちは行動も心も、基準に合せる中で学ぶのです。
毎日の生活で、葛藤を乗り越え、祈りつつへりくだる時、
基準を受け入れ、
主に近づき、目標に近づくことができるのです。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2012-01-27 09:03 | 2012年1月 | Trackback

1月26日出エジプト25‐27章『神様が教えて下さった犠牲と規定』

懸賞 2012年 01月 26日 懸賞

『神様が教えて下さった犠牲と規定』

【25:1 【主】はモーセに告げて仰せられた。 25:2 「わたしに奉納物をささげるように、イスラエル人に告げよ。すべて、心から進んでささげる人から、わたしへの奉納物を受け取らなければならない。・・・
25:8 彼らがわたしのために聖所を造るなら、わたしは彼らの中に住む。
25:9 幕屋の型と幕屋のすべての用具の型とを、わたしがあなたに示すのと全く同じように作らなければならない。・・・ 25:40 よく注意して、あなたが山で示される型どおりに作れ。26:1 幕屋を十枚の幕で造らなければならない。・・・ 27:20 あなたはイスラエル人に命じて、燈火用に上質の純粋なオリーブ油を持って来させ、ともしびを絶えずともしておかなければならない。・・】

①主はモーセに、幕屋(聖所・至聖所)の規定を伝え
、山で教えられた規定通りに造るように命じました。

なぜならそこは主が現れ、人々と会見する場所だったからです。

②主と出会う場所は、何でも良いのではありません。
人が率先して捧げた奉納物によって造られ
、細かい規定が定められていることを通じて、

民は神を畏れ、神の教えを学ぶことになるのです。

③新約の私たちも、この幕屋の精神は持つ必要があります。
すなわち、
主とお出会いするためには、
犠牲や規定が必要であり、
適切な敬いと畏れもつことです。

・・・この「犠牲」をイエス様が捧げて下さり、
神の定めた「規定通り」に罪の赦しを成し遂げて下さいました。

私たちは無償でそれを頂けるのです。

しかし無償だからと言って、何でも良いわけではありません。
犠牲も規定も無くなった訳ではないのです。

・・・私たちができない「犠牲や規定」を
イエス様が成し遂げて下さったことに感謝しましょう。

d0155777_850481.jpg
無償で頂いたからこそ、
イエス様を崇め、その価値を認め、
「灯火をいつも灯すように」
いつも祈りと感謝を捧げるのです。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2012-01-26 08:50 | 2012年1月 | Trackback

1月25日出エジプト22‐24章『創造主から教えられ、成長させて頂いた結果』

懸賞 2012年 01月 25日 懸賞

『創造主から教えられ、成長させて頂いた結果』

【21:1 あなたが彼らの前に立てる定めは次のとおりである。・・・
23:1 偽りのうわさを言いふらしてはならない。悪者と組んで、悪意ある証人となってはならない。
23:4 あなたの敵の牛とか、ろばで、迷っているのに出会った場合、必ずそれを彼のところに返さなければならない。23:5 あなたを憎んでいる者のろばが、荷物の下敷きになっているのを見た場合、それを起こしてやりたくなくても、必ず彼といっしょに起こしてやらなければならない。
23:25 あなたがたの神、【主】に仕えなさい。主はあなたのパンと水を祝福してくださる。わたしはあなたの間から病気を除き去ろう。・・・
23:30 あなたがふえ広がって、この地を相続地とするようになるまで、わたしは徐々に彼らをあなたの前から追い払おう。23:31 わたしは、あなたの領土を、葦の海からペリシテ人の海に至るまで、また、荒野からユーフラテス川に至るまでとする。】

①神様は、神の民を祝福し、
ある「定められた領域」で増え広げようとされています。

②しかしその祝福を受けるためには、私たち自身が学ばなければなりません。
そのままの知識では不足しているのです。
神を一番にし、主に仕え、主の知識を学ぶ中で(この知識は生き方の知識です)、
私たちに力がついてくるのです。

すると反対するものが退けられ、領土が広がるのです。

③昨日は「そのままで良いわけではない」と学びました。

d0155777_9195795.jpg
大自然の中で、力を頂き、学ぶように(この知識はごまかしがききません)、
主に仕え、
主の御言葉(神の国の価値観)から学ぶ時

・・・私たちは成長し、
「約束の祝福」を受け取る者となるのです。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2012-01-25 09:22 | 2012年1月 | Trackback

1月24日出エジプト19-21章『そのままで良い・・その問題点と課題』

懸賞 2012年 01月 24日 懸賞

『そのままで良い・・その問題点と課題』

【21:1 あなたが彼らの前に立てる定めは次のとおりである。・・・
21:22 人が争っていて、みごもった女に突き当たり、流産させるが、殺傷事故がない場合、彼はその女の夫が負わせるだけの罰金を必ず払わなければならない。その支払いは裁定による。21:23 しかし、殺傷事故があれば、いのちにはいのちを与えなければならない。21:24 目には目。歯には歯。手には手。足には足。21:25 やけどにはやけど。傷には傷。打ち傷には打ち傷。・・・
21:28 牛が男または女を突いて殺した場合、その牛は必ず石で打ち殺さなければならない。その肉を食べてはならない。しかし、その牛の持ち主は無罪である。21:29 しかし、もし、牛が以前から突くくせがあり、その持ち主が注意されていても、それを監視せず、その牛が男または女を殺したのなら、その牛は石で打ち殺し、その持ち主も殺されなければならない。21:30 もし彼に贖い金が課せられたなら、自分に課せられたものは何でも、自分のいのちの償いとして支払わなければならない。・・・】

①主はモーセを通じて十戒を与えました(20章)。
これは人間として生きるルールです。
人間は自己保身を考えますので、失敗を誤魔化し、
自分の思い通りに物事を進めようとするのです。

だからこそ主は十戒を定め、細かな規定を設けたのです。

②今週の礼拝会でも触れられましたが、
「そのままで良い」という言葉は危険を伴います。
存在そのものは神様に受け入れられているのですが(これが最も大切です)、

しかし行為にあっての問題点は「問題点」なのです。

もし仮にそのままで良いという言葉に逃れてしまい、
「自分は間違っていてもそのままで良い」と考えるならば、
大きなしっぺ返しを受けることとなります。

d0155777_922946.jpg
・・・まず主に祈り、心を落ち着けることが大切です。
そして聖書から何が正しく間違っているかを学びましょう。

考え方が健康的になれば、
行動も生き方も良いものとなるのです。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2012-01-24 09:02 | 2012年1月 | Trackback

1月23日出エジプト16-18章『毎日のマナの約束』

懸賞 2012年 01月 23日 懸賞

『毎日のマナの約束』

【 16:1 イスラエル人の全会衆は、エリムから旅立ち、エジプトの地を出て、・・シンの荒野に入った。
16:2 そのとき、イスラエル人の全会衆は、この荒野でモーセとアロンにつぶやいた。16:3 イスラエル人は彼らに言った。「エジプトの地で、肉なべのそばにすわり、パンを満ち足りるまで食べていたときに、私たちは【主】の手にかかって死んでいたらよかったのに。事実、あなたがたは、私たちをこの荒野に連れ出して、この全集団を飢え死にさせようとしているのです。」16:4 【主】はモーセに仰せられた。「見よ。わたしはあなたがたのために、パンが天から降るようにする。民は外に出て、毎日、一日分を集めなければならない。これは、彼らがわたしのおしえに従って歩むかどうかを、試みるためである。
・・・16:35 イスラエル人は人の住んでいる地に来るまで、四十年間、マナを食べた。彼らはカナンの地の境に来るまで、マナを食べた。】

①民は、神様の助けを何度も体験しながらも、
新しい問題が起こると「つぶやき」ました。
これはリーダーに対してと共に、神に対するつぶやきだったのです。

②このつぶやきを主は聞いて下さり、
荒野に滞在する40年間、必要な食物(マナ)与え続けて下さったのです。

③「マナが毎日ある」ということは、
毎日、神の恵みがあるということであり、
「マナを毎日集める」ということは、
毎日欠かさずに神の恵みを受け取るために応答するということなのです。

④主は「試す」と語られましたが、
毎日恵みを受け取ることによって、信仰が成長し、
小さな応答だけでなく、大きな応答もすることができるようになるのです。

・・・神様は毎日の「生きる力や糧」を与えて下さいます。
それを毎日応答し、
受け取り続けることが大切なのです。

d0155777_750499.jpg
あなたは今日、神様に期待していますが?

荒野とは助けも希望もない状況です。
創造主は荒野で、あなたを試し、
今日も信仰を成長させ、
約束された「祝福の地」に導こうとされているのです。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2012-01-23 07:51 | 2012年1月 | Trackback

1月22日出エジプト13-15章『人間心理をよく理解しておられる主』

懸賞 2012年 01月 22日 懸賞

『人間心理をよく理解しておられる主』

【13:17 さて、パロがこの民を行かせたとき、神は、彼らを近道であるペリシテ人の国の道には導かれなかった。神はこう言われた。「民が戦いを見て、心が変わり、エジプトに引き返すといけない。」13:18 それで神はこの民を葦の海に沿う荒野の道に回らせた。イスラエル人は編隊を組み、エジプトの国から離れた。・・・
14:10 パロは近づいていた。それで、イスラエル人が目を上げて見ると、なんと、エジプト人が彼らのあとに迫っているではないか。イスラエル人は非常に恐れて、【主】に向かって叫んだ。
14:13 それでモーセは民に言った。「恐れてはいけない。しっかり立って、きょう、あなたがたのために行われる【主】の救いを見なさい。あなたがたは、きょう見るエジプト人をもはや永久に見ることはできない。14:14 【主】があなたがたのために戦われる。あなたがたは黙っていなければならない。」】

①主はモーセをリーダーとして、
エジプトからイスラエル人を解放しました。
しかし主は、民の心が変わりやすいことを良く御存じだったのです。

そのため最短距離の海沿いの道をあえて通らせずに、
紅海を渡る道を通させたのです。
その道は神の奇跡が無ければ、通ることのできない道でした。

②民はパロの兵隊が追跡するのを見て、恐れ叫びますが、
主はモーセを通じて紅海をわたる奇跡を体験させました。

これは脱出の道であると同時に、
退路を断つ(二度と戻れない)という「覚悟」を
民にさせるということでもありました。

・・・神様は創造主ですから人間心理をよく理解されています。
そして人生の「決断」をするようにと導くのです。

d0155777_7554382.jpg
・・・今の状況で、神様はあなたに
何を決断させようとしているのでしょうか?

・・・主に祈って最善を選択しましょう。
そして逃げることなく前進し続けるのです。

「覚悟」して主に従うならば、
主はあなたを健康にさせ(15:26)、
「奇跡の道」に導かれるのです。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2012-01-22 07:56 | 2012年1月 | Trackback