カテゴリ:2011年11月( 30 )

懸賞 懸賞

11月30日Ⅱコリント4-6章『新しく造られた者』

懸賞 2011年 11月 30日 懸賞

『新しく造られた者』

【5:17 だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。5:18 これらのことはすべて、神から出ているのです。神は、キリストによって、私たちをご自分と和解させ、また和解の務めを私たちに与えてくださいました。5:19 すなわち、神は、キリストにあって、この世をご自分と和解させ、違反行為の責めを人々に負わせないで、和解のことばを私たちにゆだねられたのです。5:20 こういうわけで、私たちはキリストの使節なのです。ちょうど神が私たちを通して懇願しておられるようです。私たちは、キリストに代わって、あなたがたに願います。神の和解を受け入れなさい。・・・】

①イエス様を信じると、父なる神様との関係がつくられ、
私たちは「新しく造られた者」となります。

そして深い平安が与えられ、与える愛を知り、知恵が与えられ、
人生が変えられるのです。

・・・「新しく造られた者」としてどのように生きるのかを、私たちは学ぶのです。

②その最も大きな一つは、「和解の務め」です。
イエス様を信じたことによって罪が赦され、私たちは神と和解しました
(神との関係がつくられました)。
そして他の人にも「神との和解」を伝える使命が与えられているのです。

重要なことは、この和解を受け入れた者は、人々とも「和解する力」が与えられるのです。

・・・神様から「平安を与えられた分」、
人に平安を伝えることができます。
神様に「自分を理解して頂いていることに気が付いた分」、
人を理解する力が深まるのです。

d0155777_8544089.jpg
あなたは新しく造られた者です。
その恵みを味わいましょう。
そして新しく造られた者として自分を見、人と接しましょう。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2011-11-30 08:55 | 2011年11月 | Trackback

11月29日Ⅱコリント1-3章『慰めの神と私たちの姿』

懸賞 2011年 11月 29日 懸賞

『慰めの神と私たちの姿』

【1:4 神は、どのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。こうして、私たちも、自分自身が神から受ける慰めによって、どのような苦しみの中にいる人をも慰めることができるのです。・・・
3:15 かえって・・彼らの心にはおおいが掛かっているのです。3:16 しかし、人が主に向くなら、そのおおいは取り除かれるのです。3:17 主は御霊です。そして、主の御霊のあるところには自由があります。3:18 私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、鏡のように主の栄光を反映させながら、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられて行きます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。】

①この世界をつくられた神は、私たちが試練の時には慰め支えて下さる神です。
ですからその慰めを受けて、私たちは人を支え慰めることができるのです。

この慰めを受け続けることができることがクリスチャンの特権です。
主を信じ祈り続けると、このような助けを頂くことができるのです。

②また、自分だけを見ている間は、
「自分の課題」や特徴は気が付きにくいものです。
しかし主の方を向くと、「自分の覆い」に気がつくのです。

そして気がつくばかりか、その覆いが取りのけられ、
私たちは成長し、主の姿に近づくことができるのです。

d0155777_8422840.jpg
・・・自分にばかり目を向けないように気をつけましょう。
いつも主の方を向き続けましょう。

そうすれば主はあなたに慰めを与え、
「あなたの課題」を克服できる力を与えて下さるのです。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2011-11-29 08:42 | 2011年11月 | Trackback

11月28日Ⅰコリント13-16章『最も大切なもの』

懸賞 2011年 11月 28日 懸賞

『最も大切なもの』

【13:3 また、たとい私が持っている物の全部を貧しい人たちに分け与え、また私のからだを焼かれるために渡しても、愛がなければ、何の役にも立ちません。13:4 愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。13:5 礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、13:6 不正を喜ばずに真理を喜びます。13:7 すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。・・・
13:11 私が子どもであったときには、子どもとして話し、子どもとして考え、子どもとして論じましたが、おとなになったときには、子どものことをやめました。
・・・15:58 ですから、私の愛する兄弟たちよ。堅く立って、動かされることなく、いつも主のわざに励みなさい。あなたがたは自分たちの労苦が、主にあってむだでないことを知っているのですから。】

①イエス様を信じ、クリスチャンとして生活していく中で、
私たちは愛について学びます。
そして今までの自分の愛がいかに小さなものであったかを悟るのです。

②愛が子供の状態の時には、好きなことだけをしていきますが、
愛が成熟していくと子供のことをやめて、
行動が変わっていくのです。

d0155777_844586.jpg
・・・人を愛しやすい環境に置かれている人は感謝ですが、
愛しにくい環境に置かれている人は「神様の愛」を頂く時が来ているのです。

・・・主に祈りましょう。
そして主からの愛を頂き、実行しましょう。
愛は自我を越えた、
崇高な神様からのプレゼントなのです。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2011-11-28 08:46 | 2011年11月 | Trackback

11月27日Ⅰコリント10-12章『能力は皆の益となるために』

懸賞 2011年 11月 27日 懸賞

『能力は皆の益となるために』

【12:1 さて、兄弟たち。御霊の賜物についてですが、私はあなたがたに、ぜひ次のことを知っていていただきたいのです。・・・
12:4 さて、賜物にはいろいろの種類がありますが、御霊は同じ御霊です。
12:7 しかし、みなの益となるために、おのおのに御霊の現れが与えられているのです。
12:8 ある人には御霊によって知恵のことばが与えられ、ほかの人には同じ御霊にかなう知識のことばが与えられ、・・・12:11 しかし、同一の御霊がこれらすべてのことをなさるのであって、みこころのままに、おのおのにそれぞれの賜物を分け与えてくださるのです。・・・
12:27 あなたがたはキリストのからだであって、ひとりひとりは各器官なのです】

①私たちはイエス様を救い主として信じると、自分たちに与えられている能力(賜物)が神様から与えられているものであることが良く分かってきます。
そしてその能力は「みなの益になるため」に与えられていることを悟るのです。

②ですから自分と他人の能力を比較して、自慢をしたり卑屈になることは間違った考え方です。
同じ身体(チーム)の一員として共同の財産としての賜物なのです。
そして聖書は、比較的に弱いと見られる器官が無くてはならないものだと教えます。

d0155777_7542154.jpg
・・・・教会の中の交わりや小グループの交わりを通じて、私たちは自分が必要とされており、
能力が他の人に役立つものでもあることを学ぶのです。

聖書の価値観は共同体が土台です。
私たちは教会で「愛し合う中」でこれらの価値観を学ぶのです。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2011-11-27 05:45 | 2011年11月 | Trackback

11月26日Ⅰコリント7-9章『賞を受けるように走る』

懸賞 2011年 11月 26日 懸賞

『賞を受けるように走る』

【9:19 私はだれに対しても自由ですが、より多くの人を獲得するために、すべての人の奴隷となりました。・・・
9:24 競技場で走る人たちは、みな走っても、賞を受けるのはただひとりだ、ということを知っているでしょう。ですから、あなたがたも、賞を受けられるように走りなさい。9:25 また闘技をする者は、あらゆることについて自制します。彼らは朽ちる冠を受けるためにそうするのですが、私たちは朽ちない冠を受けるためにそうするのです。・・・9:27 私は自分のからだを打ちたたいて従わせます。それは、私がほかの人に宣べ伝えておきながら、自分自身が失格者になるようなことのないためです。】

①昨日はクリスチャンは解放されており、すべてのことをしても良いが
「神の栄光」を現すために行動することを学びました。
そしてその基準は、自分の利益ではなく、「他人の利益」を心がけることでした。

②今日の個所は、私たちは自分の評価で「賞」をもらえるのではなく、
他の存在(神様)からの評価で「賞」をもらえること、
そのために自制と努力をすることを教えています。

③「自分の考え」が評価の基準の人は人とぶつかります。
しかしクリスチャンは自分を越えた存在の評価を知り、
その評価に自分を合わせることによって、人に仕え、
自分も満足する判断をすることができるのです。

d0155777_9254952.jpg
・・・賞を受けるように走りましょう。
そのために周りを良く見て、状況を正しく判断しましょう。

主はあなたに智恵を与え、
人に喜ばれるようにあなたを用いて下さるお方なのです。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2011-11-26 09:26 | 2011年11月 | Trackback

11月25日Ⅰコリント4-6章『自分の身体をもって神の栄光を現す』

懸賞 2011年 11月 25日 懸賞

『自分の身体をもって神の栄光を現す』

【6:12 すべてのことが私には許されたことです。しかし、すべてが益になるわけではありません。私にはすべてのことが許されています。しかし、私はどんなことにも支配されはしません。・・・
6:19 あなたがたのからだは、あなたがたのうちに住まれる、神から受けた聖霊の宮であり、あなたがたは、もはや自分自身のものではないことを、知らないのですか。6:20 あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。ですから自分のからだをもって、神の栄光を現しなさい。】

①クリスチャンになると罪が赦され、罪から解放され自由になります。
しかしその後、
主に助けを求めて新しい生き方を歩むのか、
罪の習慣を続けるのかは、
私たち一人一人の決断にかかっています。

②イエス様を知った後、聖書は
「全てのことは許されているが、自分の利益を求めず、他人の利益を求めなさい(10:23,24)」
と教えるのです。

③しかしこれは人間的な頑張りでできるものではありません。
むしろ頑張りすぎることは、自分に取っても人にとっても害になることが多いのです。

④私たちの内側に聖霊が住んでおられ、その聖霊の導きを求めることを通じて
「神の栄光」を現すことができるのです。

⑤私たちは「イエス様の犠牲」によって罪が赦されました。
これはイエス様によって「買い取られた」と言うことなのです。

d0155777_93024.jpg
・・・ですから自分に執着することなく、神の栄光を求めましょう。
あなた方の内側には「助け主」である聖霊が住んでおられるからです。
YCCFuji

ヤコブ書には
「なすべき正しいことを知っていながら、それを行わないならそれはその人の罪です(4:17)」
とあります。
解放された後、どのように生きるかが私たちには問われているのです。
[PR]

by Happiness-eachday | 2011-11-25 09:03 | 2011年11月 | Trackback

11月24日1コリント1-3章『成長させて下さる神』

懸賞 2011年 11月 24日 懸賞

『成長させて下さる神』

【3:6 私が植えて、アポロが水を注ぎました。しかし、成長させたのは神です。3:7 それで、たいせつなのは、植える者でも水を注ぐ者でもありません。成長させてくださる神なのです。・・・
3:11 その土台とはイエス・キリストです。3:12 もし、だれかがこの土台の上に、金、銀、宝石、木、草、わらなどで建てるなら、3:13 各人の働きは明瞭になります。その日がそれを明らかにするのです。というのは、その日は火とともに現れ、この火がその力で各人の働きの真価をためすからです。3:14 もしだれかの建てた建物が残れば、その人は報いを受けます。3:15 もしだれかの建てた建物が焼ければ、その人は損害を受けますが、自分自身は、火の中をくぐるようにして助かります。・・・】

①コリント教会は、賜物の豊かな教会でしたが、派閥や賜物の混乱がありました。
神の家族である教会も、しばしば問題が生じます。
しかし問題を単に批判するのではなく、
どのように対処し、愛と一致によってキリストの心で行動するかが、
私たちには問われているのです。

②神はさまざまな人を用いて人を育てられますが、
しかし成長させてくださるのは人の力ではなく、神ご自身の力なのです。
そのことを知りへりくだるならば、分裂や争いが生まれることが無くなるのです。

③私たちは何をするにも自由ですが、
しかし最後の時に、「どのような動機で行動したか」を
弁明しなければならない時がやってきます。

愛と一致の動機で行動したものは報いを受け残りますが、
しかし名誉や自己中心の動機で行ったものは、
聖霊の火によって燃えてしまい、燃えカスしか残らないのです。

d0155777_8474369.jpg
・・・私たちの行動の源にある動機が、愛と一致なのか、
自己満足なのかを吟味しましょう。
そして成長させてくださる神に助けを求めましょう。

・・・主はあなたをさまざまなことを通じて成長させ、
あなたの行いを「価値あるもの」として
永遠に残したいと願っておられるからです。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2011-11-24 08:47 | 2011年11月 | Trackback

11月23日ローマ13-16章『望みを与える神』

懸賞 2011年 11月 23日 懸賞

『望みを与える神』

【15:11 さらにまた、「すべての異邦人よ。主をほめよ。もろもろの国民よ。主をたたえよ。」・・・
15:13 どうか、望みの神が、あなたがたを信仰によるすべての喜びと平和をもって満たし、聖霊の力によって望みにあふれさせてくださいますように。15:14 私の兄弟たちよ。あなたがた自身が善意にあふれ、すべての知恵に満たされ、また互いに訓戒し合うことができることを、この私は確信しています。】

①イエス様の誕生以前は、救いはユダヤ人にのみ与えられていました。
しかしイエス様の「十字架と復活」以降は、
「全ての人々」に救いの道が開かれたのです。

②そしてイエス様を信じる者は、
聖霊の力によって「望み」に満ちあふれる体験ができるのです。

・・・聖霊の働きによって私たちはイエス様を信じることができました。
そして聖霊に満たされることを通じて「キリストの証し人」になれるほどの力が与えられます。
そして更に聖霊と共に歩むことを通じて、喜びと平和と望みにあふれさせ、
他の人を導くほどに成長させて頂けるのです。

d0155777_937977.jpg
・・・「望み」に満ちあふれさせて下さる神に感謝しましょう。
聖霊に満たされて生きる時に、あなたは成長し
「聖書の約束」を数多く頂くことができるのです。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2011-11-23 09:37 | 2011年11月 | Trackback

11月22日ロマ10-12章『神につながった者ができること』

懸賞 2011年 11月 22日 懸賞

『神につながった者ができること』

【12:5 大ぜいいる私たちも、キリストにあって一つのからだであり、ひとりひとり互いに器官なのです。12:6 私たちは、与えられた恵みに従って、異なった賜物を持っているので、もしそれが預言であれば、その信仰に応じて預言しなさい。12:7 奉仕であれば奉仕し、教える人であれば教えなさい。
12:8 勧めをする人であれば勧め、分け与える人は惜しまずに分け与え、指導する人は熱心に指導し、慈善を行う人は喜んでそれをしなさい。
・・12:15 喜ぶ者といっしょに喜び、泣く者といっしょに泣きなさい。
・・12:18 あなたがたは、自分に関する限り、すべての人と平和を保ちなさい。
・・12:21 悪に負けてはいけません。かえって、善をもって悪に打ち勝ちなさい。】

①キリストを信じ、神の子となり「父なる神」につながった者は、
多くの良いことをする力が与えられます。
クリスチャンとしての考え方、人との接し方が書かれているのが今日の箇所です。

②現代は個人主義の考え方が主流ですが、
聖書は互いに愛し合う関係、「共同体」を大切にすることを主張しています。
「一つのからだ」のように互いを考えることを教えているのです。

③ですから与えられた能力(賜物)を自分のためだけに使うのではなく、
共同体のために使うことを心がけるのです。
そして「自分の関する限り」「平和を保つ」ように心がけるのです。(17-21節)

d0155777_8473172.jpg
・・・人間関係の基本は互いに愛し合うことです。
私たちは教会(信仰の仲間の中で)でそれを練習します。

・・・難しい時にこそ、神に祈りましょう。
そうすれば神から、あなたが良いと思うことができる力が与えられ、
あなたの愛が成長するのです。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2011-11-22 08:47 | 2011年11月 | Trackback

11月21日ローマ7-9章『全てを益にし、勝利を与える神』

懸賞 2011年 11月 21日 懸賞

『全てを益にし、勝利を与える神』

【8:28 神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。・・・
8:35 私たちをキリストの愛から引き離すのはだれですか。患難ですか、苦しみですか、迫害ですか、飢えですか、裸ですか、危険ですか、剣ですか。8:37 しかし、私たちは、私たちを愛してくださった方によって、これらすべてのことの中にあっても、圧倒的な勝利者となるのです。】

①イエス様を信じる者には、父なる神様とつながることを通じて、
いろいろな恵みが与えられます。

②そのうちの一つが「すべてが益となる恵み」です。
全能者はマイナスさえもプラスに変える力を持った神です。
たとえ失敗したとしても問題の中でも、
そこから主は最善の方向に導くことのできる神なのです。

③また聖霊を通じて「主の愛」を受けることで、
いかなる状況でも「圧倒的な勝利者」になれる力を頂けるのです。

聖霊が働かれると、主と親密な関係になれます。

d0155777_6565455.jpg
・・・イエス様を信じることで、
キリストの愛を受けるという素晴らしい恵みを頂くことができるのです。

この恵みを感謝しましょう。
そしてこの大きな「愛」と「勝利の力」を
ますます受け取り続けましょう。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2011-11-21 06:57 | 2011年11月 | Trackback