「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:2011年8月( 31 )

懸賞 懸賞

8月31日エレミヤ49-52章『主の計画の素晴らしさ』

懸賞 2011年 08月 31日 懸賞

『主の計画の素晴らしさ』
【50:18 それゆえ、イスラエルの神、万軍の【主】は、こう仰せられる。「見よ。わたしはアッシリヤの王を罰したように、バビロンの王とその国を罰する。50:19 わたしはイスラエルをその牧場に帰らせる。彼はカルメルとバシャンで草を食べ、エフライムの山とギルアデで、その願いは満たされる。50:20 その日、その時、─【主】の御告げ─イスラエルの咎は見つけようとしても、それはなく、ユダの罪も見つけることはできない。わたしが残す者の罪を、わたしが赦すからだ。」】

①神の民は、罪のためにバビロン捕囚の罰を受け、異国で長く苦しみました。

②しかし主は、「苦しみの時」には終わりがあることを教えています。

③時が至るならば、今までの罪が赦され、
「解放」と「回復」が与えられることを、主は約束されているのです。

④このバビロンからの解放は歴史において成就しました。

・・・主の計画は、わざわいではなく「平安を与える計画」です。
人々は、苦しみの中で主に祈り、罪を聖められる経験をし、
苦しみの終わりには
「すべての咎」が赦され「罪」から解放される奇跡を、経験するのです。

主の「計画の素晴らしさ」を期待しましょう。
主はあなたを、苦しみの中で練り聖め、
素晴らしい「信仰の人」へと育てておられるのです。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2011-08-31 21:44 | 2011年8月 | Trackback

8月30日エレミヤ46-48章『苦しみの中での主の守り』

懸賞 2011年 08月 30日 懸賞

8月30日エレミヤ46-48章『苦しみの中での主の守り』
【46:27 「わたしのしもべヤコブよ。恐れるな。イスラエルよ。おののくな。見よ。わたしが、あなたを遠くから、あなたの子孫を捕囚の地から、救うからだ。ヤコブは帰って来て、平穏に安らかに生き、おびえさせる者はだれもいない。46:28 わたしのしもべヤコブよ。恐れるな。─【主】の御告げ─わたしがあなたとともにいるからだ。わたしは、あなたを追いやった先のすべての国々を滅ぼし尽くすからだ。わたしはあなたを滅ぼし尽くさない。公義によって、あなたを懲らしめ、あなたを罰せずにおくことは決してないが。」】

①主は、解決を与える創造主を知りつつも、
安易な方向に流れてしまった人々に、報いを与えると語られました。

②しかし主は「愛する者たち」をそのままでは終わらせないのです。

③主は「恐れるな」と語られ、
「共にいて」「神の民を捕囚から解放する」と約束されたのです。

・・・私たちの主は「怒り続けられる方」ではありません。

公義はなされますが、へりくだり助けを求める者に
「赦し」を与え「回復」を与えられるお方なのです。

主のもとにへりくだりましょう。
主はあなたが、本当に「主の助けを求める」ならば、
攻撃する迫害者からあなたを守り、
助け出して下さるお方なのです。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2011-08-30 21:39 | 2011年8月 | Trackback

8月29日エレミヤ43-45章『楽な道を選んだ報い』

懸賞 2011年 08月 29日 懸賞

『楽な道を選んだ報い』

【43:4 カレアハの子ヨハナンと、すべての将校と、すべての民は、「ユダの国にとどまれ」という【主】の御声に聞き従わなかった。43:6・・それに・・・預言者エレミヤと、ネリヤの子バルクをも連れて、43:7 エジプトの国に行った。彼らは【主】の御声に聞き従わなかったのである。・・
43:8エレミヤに次のような【主】のことばがあった。43:10「 彼らに言え。イスラエルの神、万軍の【主】は、こう仰せられる。見よ。わたしは人を送り、わたしのしもべバビロンの王ネブカデレザルを連れて来て、・・43:11 彼は来てエジプトの国を打ち、死に定められた者を死に渡し、とりこに定められた者をとりこにし、剣に定められた者を剣に渡す。」】

①主は人々に、現実を受け入れて「ユダの国に留まれ」という命令を語りました。
しかし人々は主の言葉に聞くことなく、エジプトに逃げたのです。

②その結果、彼らはエジプトでバビロンからの攻撃を受けることになるのです。

・・・昨日語ったように、現実から逃げれば逃げるほど、状況は難しくなるのです。
楽な道を選んだ報いは、人生のどこかで受けることになります。

d0155777_7561342.jpg

・・・私たちはこのことを反面教師としましょう。
問題を直視して逃げずに主に導きを歩むのです。

あなたの環境で問題を直視しつつ
「上からの助け」を求めるならば、
主は「脱出の道」を与えて下さるのです。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2011-08-29 07:56 | 2011年8月 | Trackback

8月28日エレミヤ40-42章『逃げずに、覚悟する大切さ』

懸賞 2011年 08月 28日 懸賞

『逃げずに、覚悟する大切さ』

【42:7 十日の後、【主】のことばがエレミヤにあった。42:9(エレミヤは) 彼らに言った。「あなたがたが私を遣わして、あなたがたの願いを御前に述べさせたイスラエルの神、【主】は、こう仰せられる。
42:10 『もし、あなたがたがこの国にとどまるなら、わたしはあなたがたを建てて、倒さず、あなたがたを植えて、引き抜かない。わたしはあなたがたに下したあのわざわいを思い直したからだ。
42:11 あなたがたが恐れているバビロンの王を恐れるな。彼をこわがるな。─【主】の御告げ─わたしはあなたがたとともにいて、彼の手からあなたがたを救い、彼の手からあなたがたを救い出すからだ。』・・・】

①主は神の民にエレミヤを通じて、
エジプトに逃げずにユダの国に留まるようにと語りました。
なぜならバビロン捕囚が主の計画であり、ユダに留まり苦しみの中に歩むことが主の導きだったからです。

②主はここで「苦しみを覚悟して受け取る」ことを命じています。
苦しみから逃げることは一見「楽」に見えますが、
しかし後で大きな「悪い報い」を受けるのです。

③そして主はここで「主の導きの中を逃げずに歩む」ならば
「必ず助け出す」と、約束しているのです。

d0155777_2327346.jpg
・・・主が、今のあなたに与えているチャレンジは何でしょうか?
あなたはそれにどのような覚悟で臨んでいるでしょうか?

安易な逃れの道はかえって危険です。
「逃げずに」「覚悟して」現実にぶつかっていきましょう。

主が共にいて下さるならば、
難しい中でこそ、主の助けを体験できるのです。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2011-08-28 07:24 | 2011年8月 | Trackback

8月27日エレミヤ37-39章『主を信頼する中での奇跡』

懸賞 2011年 08月 27日 懸賞

『主を信頼する中での奇跡』

【39:15 エレミヤが監視の庭に閉じ込められているとき、エレミヤに次のような【主】のことばがあった。39:16 「行って、クシュ人エベデ・メレクに話して言え。『イスラエルの神、万軍の【主】は、こう仰せられる。見よ。わたしはこの町にわたしのことばを実現する。幸いのためではなく、わざわいのためだ。それらは、その日、あなたの前で起こる。39:17 しかしその日、わたしはあなたを救い出す。─【主】の御告げ─あなたはあなたが恐れている者たちの手に渡されることはない。39:18 わたしは必ずあなたを助け出す。あなたは剣に倒れず、あなたのいのちはあなたの分捕り物としてあなたのものになる。それは、あなたがわたしに信頼したからだ。─【主】の御告げ─』」】

①バビロンによってエルサレムが破壊され、
王たちがバビロンに連れて行かれた後、
エレミヤに語られた言葉が、今日の箇所です。

②恐ろしいほどの大変な状況に中にあっても、
【主】はエレミヤを「助け出す」と約束されたのです。
それはエレミヤが【主】を『信頼した』からでした。

d0155777_9413150.jpg
・・・主の助けを頂ける「カギ」は「信頼」です。
【主】に信頼することによって、折にかなった助けを頂くことができるのです。
多くのクリスチャンが主に信頼してたくさんの助けを受けています。

あなたも、今の状況の中で、主の助けがあることを『信頼』しましょう。
そうすれば主が準備して下さった素晴らしいものを、
今日受け取ることができるからです。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2011-08-27 09:41 | 2011年8月 | Trackback

8月26日エレミヤ34-36章『主の言葉は滅びない』

懸賞 2011年 08月 26日 懸賞

『主の言葉は滅びない』

【36:26 (ユダのエホヤキム)王は、王子エラフメエルと、アズリエルの子セラヤと、アブデエルの子シェレムヤに、書記バルクと預言者エレミヤを捕らえるよう命じたが、【主】はふたりを隠された。36:27 王が、あの巻き物、バルクがエレミヤの口述で書きしるしたことばを焼いて後、エレミヤに次のような【主】のことばがあった。36:28 「あなたは再びもう一つの巻き物を取り、ユダの王エホヤキムが焼いた先の巻き物にあった先のことばを残らず、それに書きしるせ。・・・」】

①エレミヤが主からの言葉を書物に書き記しましたが、
それを読んだユダのエホヤキム王は、恐れることもなく暖炉で燃やしたのでした。
そればかりか、エレミヤを殺そうとしたのです。

②しかし主はエレミヤたちを守りました。
そしてもう一度新しい巻物を作るように、と命じられたのです。

・・・主の言葉は迫害があったとしても人々の無理解があったとしても、
語り続けられます。

主があなたに語っておられる御言葉も同じです。
あなたの「状況」がどのようになったとしても
「こころ」がどう変化しても、
主は変わらずあなたを「愛し」「赦し」「導いておられる」のです。

d0155777_924369.jpg
この主の言葉を受け止めましょう。
「草はしおれ、花は散る。しかし、主のことばは、とこしえに変わることがない。(Ⅰペテロ1:24,25)」

主は変わらずにあなたを見守っておられるのです。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2011-08-26 09:03 | 2011年8月 | Trackback

8月25日エレミヤ31-33章『主の約束』

懸賞 2011年 08月 25日 懸賞

『主の約束』
【33:1 エレミヤがまだ監視の庭に閉じ込められていたとき、再びエレミヤに次のような【主】のことばがあった。33:3 「わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない、理解を越えた大いなる事を、あなたに告げよう。・・・
33:6 見よ。わたしはこの町の傷をいやして直し、彼らをいやして彼らに平安と真実を豊かに示す。33:7 わたしはユダとイスラエルの繁栄を元どおりにし、初めのように彼らを建て直す。・・・」】

①【主】の言葉は、確実な言葉です。
そして【主】が語られるならば絶対にそのことが起こります。

②エレミヤはこの言葉を、イスラエルの厳しい現実の中、
彼自身も「監視の庭」にいた不自由な時に聞きました。

【主】は「難しい状況」と思われる中でも、語られ、
そのことを実行されるのです。

③信仰を「行いがなければ死んだものだ(ヤコブ2:26)」と言われる【主】は、
『語られた』ならば、それを『実現』させるお方なのです。

d0155777_953249.jpg
・・・あなたの状況が長く変らなかったり、難しかったりしても、
【全能の主】に呼び求めましょう。
「わたしを呼べ。そうすればあなたに答え、あなたの知らない理解を越えた大いなる事を、あなたに告げよう」。

・・・そして『主の約束』の言葉を受け取るのです。
これが一番確かな方法なのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-08-25 09:06 | 2011年8月 | Trackback

8月24日エレミヤ28-30章『回復の約束』

懸賞 2011年 08月 24日 懸賞

『回復の約束』

【29:10 まことに、【主】はこう仰せられる。「バビロンに七十年の満ちるころ、わたしはあなたがたを顧み、あなたがたにわたしの幸いな約束を果たして、あなたがたをこの所に帰らせる。29:11 わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。─【主】の御告げ─それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。 29:12 あなたがたがわたしを呼び求めて歩き、わたしに祈るなら、わたしはあなたがたに聞こう。29:13 もし、あなたがたが心を尽くしてわたしを捜し求めるなら、わたしを見つけるだろう。29:14 わたしはあなたがたに見つけられる。─【主】の御告げ─わたしは、あなたがたの繁栄を元どおりにし、わたしがあなたがたを追い散らした先のすべての国々と、すべての場所から、あなたがたを集める。・・」】

①主はバビロン捕囚によって70年間の苦しみに会うことを語られました。
しかし同時に苦しみには「終わりがあること」を約束されたのです。

②主は約束をされたならばそれを必ず果たされます。
そして主の計画は、わざわいではなく「平安」を与える計画なのです。

③主の「約束の時」が来たならば、回復が始まります。
繁栄が回復し、人々が集められ、すべて良いことが起きるのです。

d0155777_91915100.jpg
・・・主の「回復の約束」を信じましょう。
その御言葉に立ち、感謝し、主の奇跡を待ち望みましょう。

主は約束されたことを果たされるお方なのです。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2011-08-24 09:19 | 2011年8月 | Trackback

8月23日エレミヤ25-27章『苦しみから逃げずに生きる』

懸賞 2011年 08月 23日 懸賞

『苦しみから逃げずに生きる』

【27:16 私はまた、祭司たちとこのすべての民に語って言った。「【主】はこう仰せられた。・・27:17 彼らに聞くな。バビロンの王に仕えて生きよ。どうして、この町(エルサレム)が廃墟となってよかろうか。27:21 まことに、イスラエルの神、万軍の【主】は、【主】の宮とユダの王の家とエルサレムとに残された器について、こう仰せられる。27:22 『それらはバビロンに運ばれて、わたしがそれを顧みる日まで、そこにある。─【主】の御告げ─そうして、わたしは、それらを携え上り、この所に帰らせる。』」】

①エレミヤは主の言葉を語りましたが、人々は彼の言葉を聞こうとしませんでした。
なぜならエレミヤの言葉は「バビロンに行き、王に仕えよ」という命令だったからです。

②人々はバビロンからの即時の解放を願っていましたが、
それはすぐには起こりませんでした。
現実は70年間バビロン王に仕えること(25:11)が主の計画だったのです。

③人は聞きたくない言葉を拒否しますが、
主が語られるならばそこには目的があるのです。
バビロン捕囚の主の目的は「民の聖め」でした(24:5)

・・・私たちはできれば苦しみを通りたくないと考えます。
しかし主があなたの人生にあえて苦しみを与えているならば、
「苦しみを通ること」が主の計画なのです。

苦しみには終わりの時が来ます(29:10)。
そして通過したものだけが学ぶことができる訓練(へブル12:7)があるのです。

d0155777_8561722.jpg
苦しみを直視しましょう。
逃げずに進めるように祈りましょう。

主の助けによって、
苦しみの現実の中で
「あなたの課題」を克服するこができるからです。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2011-08-23 08:56 | 2011年8月 | Trackback

8月22日エレミヤ22-24章『イエス様の預言』

懸賞 2011年 08月 22日 懸賞

『イエス様の預言』

【23:4 わたしは彼らの上に牧者たちを立て、彼らを牧させる。彼らは二度と恐れることなく、おののくことなく、失われることもない。─【主】の御告げ─23:5 見よ。その日が来る。─【主】の御告げ─その日、わたしは、ダビデに一つの正しい若枝を起こす。彼は王となって治め、栄えて、この国に公義と正義を行う。23:6 その日、ユダは救われ、イスラエルは安らかに住む。その王の名は、『【主】は私たちの正義』と呼ばれよう。・・・】

①エレミヤは、罪のために滅ぼされようとしているユダの人々に対して預言をしています。
苦しみの中に入ることを通じて信仰が聖められ、その後に解放が与えられることを。
そしてバラバラだった者たちが集められ、真の牧者が与えられることを。

②この真の牧者こそ『救い主イエス様』です。
この方は正しい方で「公義と正義」を行われるのです。

・・・人間的にどれ程策略を持っていても、言い訳を言い続けても
主は「良い」と「悪い」の基準を持って地を支配しておられます。
それは否定することができません。

そしてあなたが「イエス様のくびき」を負って共に歩む時に
(イエス様から学ぶ時に)、
あなたのこころの中の「良い」ことと「悪い」ことが明らかになるのです。

d0155777_10171058.jpg
・・・あなたの心の中の「良い」ことをし続けましょう。
「悪い」ことはイエス様に告白して、聖めて頂きましょう。

・・・主はあなたが「良い」ことを選ぶことを助けて下さいます。

苦しみと葛藤の中こそ
最も「主を知る」ことができる道なのです(24:7)。
YCCFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2011-08-22 10:18 | 2011年8月 | Trackback