「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:2011年7月( 31 )

懸賞 懸賞

7月31日イザヤ22-24章『裁きの中の喜びと悲しみ』

懸賞 2011年 07月 31日 懸賞

7月31日イザヤ22-24章『裁きの中の喜びと悲しみ』
【24:1 見よ。【主】は地を荒れすたらせ、その面をくつがえして、その住民を散らされる。24:2 民は祭司と等しくなり、・・・24:4 地は嘆き悲しみ、衰える。世界はしおれ、衰える。天も地とともにしおれる。

・・・24:14 彼らは、声を張り上げて喜び歌い、海の向こうから【主】の威光をたたえて叫ぶ。24:15 それゆえ、東の国々で【主】をあがめ、西の島々で、イスラエルの神、【主】の御名をあがめよ。24:16 私たちは、「正しい者に誉れあれ」という地の果てからのほめ歌を聞く。しかし、私は言った。「私はだめだ、私はだめだ。なんと私は不幸なことか。裏切る者は裏切り、裏切り者は、裏切り、裏切った。」・・・】

①24章は「全世界の裁き」が預言された箇所です。
時至るとすべての人々が「平等に裁かれる時」が来ることを聖書は教えています。

②その時、イザヤは救い主を信じる者の喜びの声を聞きましたが、
裁きにあう人の声を聞く時に、恵みを単純に喜ぶことができずにいたのです。

それほどまでに裁きは厳しく、悲しいものだったからです。

③黙示録19章を見ると、この世の終わりの裁きについて聖書は教えています。
これは逃げることができない厳粛な事実です。

④主は「すべての人が救われること」を願っておられます(1テモテ2:4)。
日本ではクリスチャンが少ない現実がありますが、
イエスキリストの救いの福音を、
選ばれた多くの人に伝えることが創造主の願いであり、
私たちの願いでもあるのです。

d0155777_2313547.jpg
救いの素晴らしさを理解し、その恵みを多く体験しましょう。
そしてそれを伝えるチャンスがあれば伝えましょう。
主はあなたの証しを通じて、
周りの人々を助け、幸せへと導かれることがあるのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-07-31 00:59 | 2011年7月 | Trackback

7月30日イザヤ19-21章『主は力強いお方』

懸賞 2011年 07月 30日 懸賞

『主は力強いお方』
【19:18 その日、エジプトの国には、カナン語を話し、万軍の【主】に誓いを立てる五つの町が起こり、その一つは、イル・ハヘレス(滅亡の町)と言われる。 19:19 その日、エジプトの国の真ん中に、【主】のために、一つの祭壇が建てられ、その国境のそばには、【主】のために一つの石の柱が立てられ、19:20 それがエジプトの国で、万軍の【主】のしるしとなり、あかしとなる。彼らがしいたげられて【主】に叫ぶとき、主は、彼らのために戦って彼らを救い出す救い主を送られる。
19:22 【主】はエジプト人を打ち、打って彼らをいやされる。彼らが【主】に立ち返れば、彼らの願いを聞き入れ、彼らをいやされる。】

①この個所は、主が働かれる時、
主を信じていなかった国が主を信じるようになり、
滅ぼされるような町が救い出されることが書かれています。

・・・主が働かれると不可能が可能になります。
そして【主】に立ち返るならば、
主は願いを聞かれ、悪いものから癒されるのです。

d0155777_945964.jpg
・・・主は力強いお方です。全能者です。
私たちはもっと主の働きを期待しましょう。
現実の問題を見ながらも、
それよりも大きな【主】に注目しましょう。

主はあなたの「信仰」を見ておられます。
あなたがどんな状況でも、
主に「立ち返れば」、
その信仰によって、あなたの目の前に「主の奇跡」を進めて下さるのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-07-30 09:05 | 2011年7月 | Trackback

7月29日イザヤ16-18章『苦しみの中で最も頼りとなる者』

懸賞 2011年 07月 29日 懸賞

『苦しみの中で最も頼りとなる者』
【17:1 ダマスコに対する宣告。見よ。ダマスコは取り去られて町でなくなり、廃墟となる。17:3 エフライムは要塞を失い、ダマスコは王国を失う。アラムの残りの者は、イスラエル人の栄光のように扱われる。──万軍の【主】の御告げ──
17:7 その日、人は自分を造られた方に目を向け、その目はイスラエルの聖なる方を見、17:8 自分の手で造った祭壇に目を向けず、自分の指で造ったもの、アシェラ像や香の台を見もしない。・・・】

①ダマスコはアラムの首都です。
アラムは創造主を退け、偶像の神を礼拝し、滅亡しました。
それはエフライム(北イスラエル王国)創造主を信じていながら
偶像礼拝に陥り、アッシリヤに滅ぼされたと同じなのです。

②創造主を初めから信じていてもそうでなくとも、
創造主以上に大切なものを抱えていると国が滅び、人々が弱くなるのです。
これが歴史に現された事実なのです。
大義と正義を忘れ、高慢になった国はどれも滅びているのです。

③クリスチャンは創造主以上のものを持っているでしょうか?
頭では創造主が一番と知っていても、
心が違うものを握っていることがあります (コロサイ3:5) 。

④しかし、もし何かを握っていたとしても、
大きな問題の中ではそれは役に立ちません。
そして「その日(主の働かれる日)」に
創造主以外には頼りとできるものがないことを悟るのです。

d0155777_81863.jpg
・・・自分の支えとなっているものが役に立たないことを知ることは、
心の痛みを伴う作業です。
しかしその作業を乗り越えた人は、
自分の限界さえも越える人となるのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-07-29 08:01 | 2011年7月 | Trackback

7月28日イザヤ13-15章『主の民を攻める者への宣告』

懸賞 2011年 07月 28日 懸賞

『主の民を攻める者への宣告』
【14:24 万軍の【主】は誓って仰せられた。「必ず、わたしの考えたとおりに事は成り、わたしの計ったとおりに成就する。14:25 わたしはアッシリヤをわたしの国で打ち破り、わたしの山で踏みつける。アッシリヤのくびきは彼らの上から除かれ、その重荷は彼らの肩から除かれる。14:26 これが、全地に対して立てられたはかりごと、これが、万国に対して伸ばされた御手。14:27 万軍の【主】が立てられたことを、だれが破りえよう。御手が伸ばされた。だれがそれを戻しえよう。」】

①主の民、南ユダの周りには強国アッシリヤがあり、
主の民を脅迫し、高慢と暴虐によって圧力をかけていました。

②しかし主の民は守られ、奇跡的な回復を得ました。
これは歴史的な事実です。

③主は「ご自分の計画通り」に事を進めせられます。

問題が、大きな壁のようであったとしても、
主はその問題を乗り越え、
計画を実現されるのです。

主の計画を破ることができる者は一人もいないのです。

・・・今朝も主に祈りましょう。
そしてあなたの人生に「主が働いて下さるように」お願いしましょう。

d0155777_852935.jpg
・・・主が言葉を語られたならば、それが「為る」のです。
そのことを信じましょう。

この世界で最も力強いお方を信じていることに感謝しましょう。
主は神の民を守られるのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-07-28 08:05 | 2011年7月 | Trackback

7月27日イザヤ10-12章『メシヤ(救い主)のお考え』

懸賞 2011年 07月 27日 懸賞

『メシヤ(救い主)のお考え』
【11:1 エッサイの根株から新芽が生え、その根から若枝が出て実を結ぶ。11:2 その上に、【主】の霊がとどまる。それは知恵と悟りの霊、はかりごとと能力の霊、主を知る知識と【主】を恐れる霊である。
11:3 この方は【主】を恐れることを喜び、その目の見るところによってさばかず、その耳の聞くところによって判決を下さず、11:4 正義をもって寄るべのない者をさばき、公正をもって国の貧しい者のために判決を下し・・・
12:1 その日、あなたは言おう。「【主】よ。感謝します。あなたは、私を怒られたのに、あなたの怒りは去り、私を慰めてくださいました。」12:2 見よ。神は私の救い。私は信頼して恐れることはない。】

①メシヤ(救い主)は11章に書かれているようなご性質を持っておられます。

「主の霊に満たされ」「主を恐れることを願い」「正しく裁かれ」・・・。
私たちは、このような主イエスキリストによって救われ、
信仰生活を頂いているのです。

②人間関係もお相手の性格を理解する中で良いお付き合いができるように、
キリストとの関係も主のお考えを理解する時に、
良い信仰生活を送ることができるのです。

③あなたは主がどのようなお方か、知っていますか?

④12章を見る時に、主の怒りは一時的であり、
その日(終末の日)には、主の赦しと慰めを私たちは感謝するのです。

⑤主が地上に置いて私たちに訓練をされるのは、
私たちの地上の生活が、良いものとなるためです。

d0155777_817640.jpg
・・・救い主のお考えを知りましょう。
そしてそれを意識して生活に生かしましょう。
そうすれば、あなたの生活は向上し、
平安の中で良い生活ができるのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-07-27 08:17 | 2011年7月 | Trackback

7月26日イザヤ7-9章『救い主の誕生の預言』

懸賞 2011年 07月 26日 懸賞

『救い主の誕生の預言』
【9:6 ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。ひとりの男の子が、私たちに与えられる。主権はその肩にあり、その名は「不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君」と呼ばれる。
9:7 その主権は増し加わり、その平和は限りなく、ダビデの王座に着いて、その王国を治め、さばきと正義によってこれを堅く立て、これをささえる。今より、とこしえまで。万軍の【主】の熱心がこれを成し遂げる。】

①預言者イザヤはBC700年前後に活躍した人物です。
そして既に主は後に来られる救い主「イエスキリストの誕生」を計画し、
預言によって人々に示されました。

②「不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君」は
どれも神ご自身のご性質を現した名前です。

③そしてイエス様の到来は、人に知恵や力ではなく
「万軍の主の熱心さ」によって成し遂げられるのです。

・・・「救い主」が一方的な主の恵みであるのと同じように、
「私たちの救い」も主からの一方的な恵みです。
そして主が私たちの思い以上に情熱を持って私たちを救い、
聖めようとされているのです。

この主の働きを素直に受け取りましょう。
私たちが、主に向き主の働きを止めさえしなければ、
主の祝福はあなたに流れ、あなたの生活に注がれるのです。

d0155777_916523.jpg
「万軍の主の熱心」によって物事が進んでいることに心を留めましょう。

主はあなたに素晴らしいものを既に計画しておられるのです。
私たちはただ「受け取るだけ」なのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-07-26 09:17 | 2011年7月 | Trackback

7月25日イザヤ4-6章『主の呼びかけに答える』

懸賞 2011年 07月 25日 懸賞

『主の呼びかけに答える』
【6:1 ウジヤ王が死んだ年に、私は、高くあげられた王座に座しておられる主を見た。そのすそは神殿に満ち、6:2 セラフィムがその上に立っていた。6:3 互いに呼びかわして言っていた。「聖なる、聖なる、聖なる、万軍の【主】。その栄光は全地に満つ。」6:5 そこで、私は言った。「ああ。私は、もうだめだ。私はくちびるの汚れた者で、くちびるの汚れた民の間に住んでいる。しかも万軍の【主】である王を、この目で見たのだから。」6:6 すると、私のもとに、セラフィムのひとりが飛んで来たが、その手には、祭壇の上から火ばさみで取った燃えさかる炭があった。 6:7 彼は、私の口に触れて言った。「見よ。これがあなたのくちびるに触れたので、あなたの不義は取り去られ、あなたの罪も贖われた。」6:8 私は、「だれを遣わそう。だれが、われわれのために行くだろう」と言っておられる主の声を聞いたので、言った。「ここに、私がおります。私を遣わしてください。」】

①イザヤは、主と出会ったこの時、恐れました。
なぜなら当時、罪ある人間が主と出会うと打たれて死ぬと考えていたからです。

②しかしイザヤは燃える炭に触れられ、
罪が赦され、神の前に立つことができたのです。
この炭はイエスキリストの「十字架の赦し」を現しています。

③罪を赦されたイザヤは、主の語りかけに対して
「私を遣わして下さい」と答えました。
これは強制ではなくイザヤの感謝と喜びの応答でした。

・・・私たちは旧約の時代と比べる時に、
信じられないほどの罪の赦しと恵みを受けています。

そして今の時代も、主は多くの人に
「誰が主の働きの為に行くだろうか」と語りかけておられるのです。

・・・もしあなたが主の声を聞いたならばどうしますか?
あなたはイザヤのように応答しますか?

d0155777_2137720.jpg
主は力も才能も私たちに与えておられ、
それを主の為に用いることを願っておられます。

もしあなたの準備ができているならば、
応答をしてみましょう。

それが「小さな一歩」でも、
主が共におられる時に
「大きな一歩」となるのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-07-25 00:34 | 2011年7月 | Trackback

7月24日イザヤ1-3章『主の喜ばれること』

懸賞 2011年 07月 24日 懸賞

『主の喜ばれること』
【1:6 足の裏から頭まで、健全なところはなく、傷と、打ち傷と、打たれた生傷。絞り出してももらえず、包んでももらえず、油で和らげてももらえない。
1:16 洗え。身をきよめよ。わたしの前で、あなたがたの悪を取り除け。悪事を働くのをやめよ。
1:18 「さあ、来たれ。論じ合おう」と【主】は仰せられる。「たとい、あなたがたの罪が緋のように赤くても、雪のように白くなる。たとい、紅のように赤くても、羊の毛のようになる。1:19 もし喜んで聞こうとするなら、あなたがたは、この国の良い物を食べることができる。」】

①イザヤは、神を信じる南ユダの人々にこれらの言葉を語りました。
それは人々が神に立ち返り、赦され、祝福の回復を受けるためでした。

②人々は神から離れ、傷つき、弱り切っていました。
しかし主に助けを求めていながらも、
悪事から離れず、形式的に主を礼拝していたのです。

③主ははっきりと語られました「さあ来たれ。論じあおう」と。

④主は形式的な宗教儀式を望んではおられません。
あなたが主を信じ、主に生で叫び、正直に助けを求めることを願っておられるのです。

そして主に「赦しと聖め」を求めるならば「雪のように白くなる」と約束されているのです。
そこで初めて真に主に喜ばれることができるのです。

d0155777_23521934.jpg
・・・あなたの神との関係は「生きたもの」となっているでしょうか?
主にすべてをぶつけてみましょう。そこから何かが始まるのです。

主があなたの叫びを受け止めて下さる時、
素晴らしい「主の業」が進むのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-07-24 00:50 | 2011年7月 | Trackback

7月23日雅歌5-8章『愛の強さと激しさ』

懸賞 2011年 07月 23日 懸賞

『愛の強さと激しさ』
【8:4 エルサレムの娘たち。私はあなたがたに誓っていただきます。揺り起こしたり、かき立てたりしないでください。愛が目ざめたいと思うときまでは。
8:6 私を封印のようにあなたの心臓の上に、封印のようにあなたの腕につけてください。愛は死のように強く、ねたみはよみのように激しいからです。その炎は火の炎、すさまじい炎です。8:7 大水もその愛を消すことができません。洪水も押し流すことができません。もし、人が愛を得ようとして、自分の財産をことごとく与えても、ただのさげすみしか得られません。】

①ソロモンの雅歌は、
「神と人間の愛」
「イエス様と信者の愛」
を現したものです。

②愛は強制されて起きるものではありません。
自然にわき上がるものです。
しかしそこには「誓い」という意思が要求されるのです。

③愛は強くなると激しく、どんな力も消すことはできません。
それは金銭では買うことができない純粋なものなのです。

・・・父なる神様とイエス様は、あなたをそのように愛しておられます。
聖書の中に「ねたむ神」とも表現されているのは、
あなたをそれほどまでも愛しておられるので、
あなたの愛が違うところに向かった時に、主は悲しみを現されるのです。

d0155777_1023482.jpg
・・・主のあなたに対する愛を知りましょう。
そしてその深さを教えて頂きましょう。

主の愛を知れば知るほど、
私たちは安定し、恐れることなく生きていけるのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-07-23 10:23 | 2011年7月 | Trackback

7月22日雅歌1-4章『キリストと教会の関係』

懸賞 2011年 07月 22日 懸賞

7月22日雅歌1-4章『キリストと教会の関係』
【1:1 ソロモンの雅歌・・1:2 あなたの愛はぶどう酒よりも快く、1:3 あなたの香油のかおりはかぐわしく、あなたの名はそそがれる香油のよう。それで、おとめらはあなたを愛しています。1:4 私を引き寄せてください。私たちはあなたのあとから急いでまいります。王は私を奥の間に連れて行かれました。私たちはあなたによって楽しみ喜び、あなたの愛をぶどう酒にまさってほめたたえ、真心からあなたを愛しています。・・・】

①ソロのンの雅歌は、
「創造主と選ばれた民」、「キリストと教会」
の関係について描かれています。

それは愛の関係です。

②私たちは主によって、
今の時代に今の個性として生まれるように定められていました。
そして「主との愛の交わり」の中で、
信仰と希望と愛でもって生きるように計画されていたのです。
この創造主との愛の交わりは「異性の愛」以上の深いものです。

③「神は愛」と聖書に書かれています。
また「愛のないものには神は分からない」とも書かれています。
私たちが愛情豊かになればなるほど、愛の神を知ることができるのです。

d0155777_974772.jpg
愛を深めましょう。
そして神との愛の関係を豊かなものとしましょう。

・・・「神を知ること」と「あなたの愛が深まること」は正比例なのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-07-22 09:08 | 2011年7月 | Trackback