「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:2011年2月( 28 )

懸賞 懸賞

2月28日申命記22‐24章『主にある愛の行動』

懸賞 2011年 02月 28日 懸賞

『主にある愛の行動』
【22:1 あなたの同族の者の牛または羊が迷っているのを見て、知らぬふりをしていてはならない。あなたの同族の者のところへそれを必ず連れ戻さなければならない。22:2 もし同族の者が近くの者でなく、あなたはその人を知らないなら、それを自分の家に連れて来て、同族の者が捜している間、あなたのところに置いて、それを彼に返しなさい。22:3 彼のろばについても同じようにしなければならない。彼の着物についても同じようにしなければならない。すべてあなたの同族の者がなくしたものを、あなたが見つけたなら、同じようにしなければならない。知らぬふりをしていることはできない。】

①主は、同族の者の紛失物等の規定を書いています。
②主の戒めは、罪を禁じるだけでなく、具体的な愛の行動を命じています。

③ここで主が命じているには「仕方がない」と言う義務感から行動するのではなく、積極的に「愛を動機」として行動することです。
パウロも(Ⅰコリント13章)で「愛のない行為は全く価値がない」と言っています。

・・・イエス様は、「神を愛する」と共に
「自分を愛するように、隣人を愛する」ことが、
旧約の律法の本質と語りました。

d0155777_18235039.jpg
・・・クリスチャンは、神を愛し、神の愛を知ることによって、
自分を真に受け入れ、愛することができるようになります。

そしてその愛でもって、隣人を愛するのです。
あなたも、愛を見える形で現しましょう。
愛することは主の願いなのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-02-28 00:20 | 2011年2月 | Trackback

2月27日申命記19-21章『主と共に戦いに出て、勝利を得る』

懸賞 2011年 02月 27日 懸賞

『主と共に戦いに出て、勝利を得る』
【20:1 あなたが敵と戦うために出て行くとき、馬や戦車や、あなたよりも多い軍勢を見ても、彼らを恐れてはならない。あなたをエジプトの地から導き上られたあなたの神、【主】が、あなたとともにおられる。20:2 あなたがたが戦いに臨む場合は、祭司は進み出て民に告げ、20:3 彼らに言いなさい。「聞け。イスラエルよ。あなたがたは、きょう、敵と戦おうとしている。弱気になってはならない。恐れてはならない。うろたえてはならない。彼らのことでおじけてはならない。20:4 共に行って、あなたがたのために、あなたがたの敵と戦い、勝利を得させてくださるのは、あなたがたの神、【主】である。」】

①主はこの個所で、戦いに出る時の教えを記しています。それは約束のカナンの地で、与えられた領域を正しく支配するための教えです

②ここで主は『戦いは、主の戦いであり』『戦う準備ができた者たち』が戦うべきであることを記しています。

③現在の私たちにとっても、この個所は『様々な問題と戦うために』大切な教えを含んでいます。
主は、ビジネスや様々な人間関係においても『主の支配する領域』を定め、その箇所を神の子供たちが正しくコントロール(管理)することを導かれます。

・・・その時の大切なことは『主と共に戦う』こと『準備をしてから戦う』ことです。

主に毎日祈りつつ、
神の栄光を求め(私利私欲ではなく)、
主の計画を追い求めるならば、
主は必ずあなたに御心を示され、あなたを通じて神の計画を進められることでしょう。

d0155777_0323197.jpg

・・・新しいことを始める場合、(祭司が御心を求めて進み、民を励ましたように)
あなたが『神の御心の中を歩んでいること』を確認してから始めましょう。

そうであれば、あなたは「勇気と確信」が与えられ、
「心身の備え」をもって、事を達成することができるのです。

主はあなたを助けて下さいます。
『御心の中』を歩むことが、一番『確かな道』なのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-02-27 00:34 | 2011年2月 | Trackback

2月26日申命記16-18章『救い主が来られる約束』

懸賞 2011年 02月 26日 懸賞

『救い主が来られる約束』
【18:15 あなたの神、【主】は、あなたのうちから、あなたの同胞の中から、私のようなひとりの預言者をあなたのために起こされる。彼に聞き従わなければならない。
18:17 それで【主】は私に言われた。「18:18 わたしは彼らの同胞のうちから、彼らのためにあなたのようなひとりの預言者を起こそう。わたしは彼の口にわたしのことばを授けよう。彼は、わたしが命じることをみな、彼らに告げる。」

①主はモーセに、後の時代に『私のようなひとりの預言者が起こる』と約束されました。この方はイエス様を現しています。

②イエス様はご自分の使命を、イザヤ書を通じて
「わたしの上に主の御霊がおられる。主が、貧しい人々に福音を伝えるようにと、わたしに油をそそがれたのだから。主はわたしを遣わされた。捕らわれ人には赦免を、盲人には目の開かれることを告げるために。しいたげられている人々を自由にし、主の恵みの年を告げ知らせるために。」(ルカ4:18‐19)と語られました。

③イエス様は「私たちを自由にするため」
「罪を赦し束縛から解放するため」
「恵みの人生を生きるため」、
私たちのところに来て下さったことが分かります。

そしてあなたは「そのことを知ることができた人」なのです。

・・・主がこの時代から救い主を計画して下さっていることに感謝しましょう。
そして聖書は教えます。それは、あなたも生まれる前から今の時代に生きるように計画されており、「イエス様と出会うように」 定められていたのです。

d0155777_10431470.jpg

・・・純粋な 「主の声」を聞きましょう。
その声は昔からあなたを導いておられた声なのです。
そして主の声と、それ以外の声を、はっきりと聞き分けましょう。
(それは毎日御言葉を読み、祈ることから始まります)

「イエス様の声」を聞いていくならば、
あなたは主の計画通り、
約束された「素晴らしい祝福」を受け取ることができるのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-02-26 10:44 | 2011年2月 | Trackback

2月25日申命記13-15章『創造主だけを頼り、祝福を受け、人を愛する』

懸賞 2011年 02月 25日 懸賞

『創造主だけを頼り、祝福を受け、人を愛する』
【13:1 あなたがたのうちに預言者または夢見る者が現れ、あなたに何かのしるしや不思議を示し、13:2 あなたに告げたそのしるしと不思議が実現して、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言っても、13:3 その預言者、夢見る者のことばに従ってはならない。・・・
14:1 あなたがたは、あなたがたの神、【主】の子どもである。・・・
15:5 ただ、あなたは、あなたの神、【主】の御声によく聞き従い、私が、きょう、あなたに命じるこのすべての命令を守り行わなければならない。15:6 あなたの神、【主】は、あなたに約束されたようにあなたを祝福されるから、あなたは多くの国々に貸すが、あなたが借りることはない。またあなたは多くの国々を支配するが、彼らがあなたを支配することはない。
15:7あなたの兄弟のひとりが、もし貧しかったなら、その貧しい兄弟に対して、あなたの心を閉じてはならない。また手を閉じてはならない。・・・】

①この個所にも、約束の地で祝福と幸せを受けるための「大切な教え」が書かれています。

②どれほど奇跡があっても、親しい人であっても、
『創造主から離れるようなものは、避けなければならない』のです。
最初は小さなものであっても、
道を見失ったら、益々迷うように、
どんな小さな誘惑でも、創造主に元に近付けなくなることがあるのです。

③あなたは創造主に愛されている時別な存在です。ですからいつも創造主に目を向けましょう。

④そして創造主にお従いするならば、15:6のように祝福されます。
この言葉を告白しましょう。
環境は、信仰の告白についてくるのです。
チャレンジの時こそ、御言葉に立ち「宣言」しましょう。
(この告白が大切です)

⑤そして何かを行う時には、「アガペーの愛の心」でもって、行うのです。

d0155777_8583861.jpg

・・・毎日の生活を御言葉でチャックしましょう。
そして機械の整備士が、毎日の微調整をして良い仕事をするように、
御言葉によって「あなたの心」を微調整しながら、今日一日を主と共に歩みましょう。

毎日の微調整をしっかりするならば、
大きな祝福を受けることができるのです(ルカ16:10)。
YCCFuji

参照・・・14章の食べ物については、イエス様は全ての食べ物はきよい(マルコ7:19)と言われていますから、旧約の期間限定の「聖め」のための教えです。ただし節度を持つことは大切です。
[PR]

by happiness-eachday | 2011-02-25 08:59 | 2011年2月 | Trackback

2月24日申命記10-12章『私たちが強くなるために・・』

懸賞 2011年 02月 24日 懸賞

『私たちが強くなるために・・』
【11:8 あなたがたは、私が、きょう、あなたに命じるすべての命令を守りなさい。そうすれば、あなたがたは、強くなり、あなたがたが、渡って行って、所有しようとしている地を所有することができ、11:9 また、【主】があなたがたの先祖たちに誓って、彼らとその子孫に与えると言われた地、乳と蜜の流れる国で、長生きすることができる。・・・11:22 もし、あなたがたが、私の命じるこのすべての命令を忠実に守り行い、あなたがたの神、【主】を愛して、主のすべての道に歩み、主にすがるなら、11:23 【主】はこれらの国々をことごとくあなたがたの前から追い払い、あなたがたは、自分たちよりも大きくて強い国々を占領することができる。11:24 あなたがたが足の裏で踏む所は、ことごとくあなたがたのものとなる。11:25 だれひとりとして、あなたがたの前に立ちはだかる者はいない。】

①申命記で主は何度も、主に従うならば『幸せになる』と語っています。
それは繰り返しになりますが、主ご自身が「あなたの幸せ」を願っておられるからです。

②しかし約束の地でも私たちは前進していかねばなりません。
そのためには『力』が必要なのです。

③この力は、主の御言葉に従う「信仰」によって与えられる力です。
これはかつてのエジプトでのように、自分の計画や我の力(11:10)ではありません。
(我の力では、自分があきらめたら終わりですが、信仰の力は神があきらめない限り、前進できるのです。そして神はあきらめることのないお方です)

・・・あなたは自分の力の限界(弱さ)を知っていますか?
それは素晴らしいことです。(なぜなら神に頼れるからです)
そして神の計画の力強さを知っていますか?
そうであれば一番の解決の道をあなたはつかんでいます。

・・・創造主に頼り、主の道を歩むならば、
あなたは昨日より今日、強められるのです。

・・・約束の地の中で、あなたが信仰で前進し「足で踏んだところ」があなたのものになると明言されています。
そして「大きく強い地」であっても、あなたが正しく管理することができるのです。

d0155777_992170.jpg
・・・主に従い『力』頂きましょう。
その力を頂くならば、悪いものが退けられ、
あなたは祝福と幸せの道を歩むことができるのです(12:25)。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-02-24 09:10 | 2011年2月 | Trackback

2月23日申命記7-9章『主が選ばれ愛された民(あなた)』

懸賞 2011年 02月 23日 懸賞

『主が選ばれ愛された民(あなた)』
【7:7 【主】があなたがたを恋い慕って、あなたがたを選ばれたのは、あなたがたがどの民よりも数が多かったからではない。事実、あなたがたは、すべての国々の民のうちで最も数が少なかった。7:8 しかし、【主】があなたがたを愛されたから、また、あなたがたの先祖たちに誓われた誓いを守られたから、【主】は、力強い御手をもってあなたがたを連れ出し、奴隷の家から、エジプトの王パロの手からあなたを贖い出された。7:9 あなたは知っているのだ。あなたの神、【主】だけが神であり、誠実な神である。主を愛し、主の命令を守る者には恵みの契約を千代までも守られる・・・】

①主が私たちを選ばれたのは、私たちの「存在そのもの」を主が愛しておられるからです。
(頑張ったからでも評価されたからでもないのです)

②主は私たちを(あなたを)絶対的に「愛しておられる」ことを、
聖書は何度も教えてくれます。
そして主は、「愛しておられる」からこそ、
主はあなたを選び、あなたに何度も語りかけておられるのです。

・・・主がそのまま受け入れて下さっていることが分かるので、
私たちは子供として正直に神様に祈ることができます。
(そして素直に助けを受けることができるのです)

・・・主があなたを選び愛しておられることを感謝しましょう。
そしてそれを毎日体験しましょう。
「体験させて下さい」と主に祈るならば、分かるように教えて下さるのです。

・・・時に主は、主を求めさせるために荒野の訓練をされます。
その時こそ、パン(見える支え)ではなく(見えないですが絶対的に助けて下さる)「主の言葉」にすがる時です(8:3)。
主の言葉と共に歩み続ける時に、悪いものは退けられていくのです(9:4)。

d0155777_9435151.jpg
・・・あなたが主に愛されている「民の一人」であることを自覚しましょう。
そして自分の感情ではなく、
御言葉(真理)に立って、
その事実を受け入れましょう。

「主に選ばれ、愛されていること」が分かる時、
人は力が与えられ、
自由になれるのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-02-23 09:44 | 2011年2月 | Trackback

2月22日申命記4-6章『与えられた使命を果たす』

懸賞 2011年 02月 22日 懸賞

『与えられた使命を果たす』
【4:7 まことに、私たちの神、【主】は、私たちが呼ばわるとき、いつも、近くにおられる。このような神を持つ偉大な国民が、どこにあるだろうか。4:9 ただ、あなたは、ひたすら慎み、用心深くありなさい。あなたが自分の目で見たことを忘れず、一生の間、それらがあなたの心から離れることのないようにしなさい。あなたはそれらを、あなたの子どもや孫たちに知らせなさい。・・・
5:2 私たちの神、【主】は、ホレブで私たちと契約を結ばれた。5:3 【主】が、この契約を結ばれたのは、私たちの先祖たちとではなく、きょう、ここに生きている私たちひとりひとりと、結ばれたのである。・・・5:33 あなたがたの神、【主】が命じられたすべての道を歩まなければならない。あなたがたが生き、しあわせになり、あなたがたが所有する地で、長く生きるためである。】

①主は私たちを愛しておられます。
そして祝福を受け継がせるために、主の言葉を与えられたのです。
②そして遠い昔の人への約束ではなく、今の私と共にいて下さると約束されているのです(5:2)。
このことは、どれ程恵まれた立場でしょうか。

③聖書を読む限り、私たちが幸せを受け取る秘訣は、主にお従いすることです。
申命記6章には、私たちと子供たちに対して「み言葉を心に刻み、口ずさみなさい(6:7)」
と命じられています。
それは主の言葉と生きることでもあります。
そしてそれは「唯一の主」を愛することにつながるのです。

d0155777_2223582.jpg
・・・主の言葉を大切にすることが、幸せの道を歩む必然条件ならば・・・、
私たちはできないことに目を向けるのではなく、できることに目を向けていきたいのです。

また「主を愛すること」が「主の命令を実行するための一番の力」であるなら、
(Ⅰヨハネ5:3)、
主を愛さない理由ではなく、愛する理由を考えようではありませんか。

強制では長続きしません。
主に目を開かせて頂いて、主があなたにして下さった「事実」を知り、応答しましょう。

・・・使命を果たしましょう。私たちの強いやる気を掘り起こしましょう。
それはただ、奥で眠っているだけなのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-02-22 00:54 | 2011年2月 | Trackback

2月21日申命記1‐3章『次の世代にバトンを渡す』

懸賞 2011年 02月 21日 懸賞

『次の世代にバトンを渡す』
【3:23 私(モーセ)は、そのとき、【主】に懇願して言った。3:25 「どうか、私に、渡って行って、ヨルダンの向こうにある良い地、あの良い山地、およびレバノンを見させてください。」3:26 しかし【主】は、あなたがたのために私を怒り、私の願いを聞き入れてくださらなかった。そして【主】は私に言われた。「もう十分だ。このことについては、もう二度とわたしに言ってはならない。3:27 ピスガの頂に登って、目を上げて西、北、南、東を見よ。あなたのその目でよく見よ。あなたはこのヨルダンを渡ることができないからだ。3:28 ヨシュアに命じ、彼を力づけ、彼を励ませ。彼はこの民の先に立って渡って行き、あなたの見るあの地を彼らに受け継がせるであろう。」】

①申命記は、ヨルダン川を前にして、これからカナンに渡る「新しい世代」に、モーセが告げた決別説教がまとめられたものです。

②彼らは、エジプト脱出の奇跡も、律法が与えられた状況も知らない世代だったからです。
(第一世代は荒野で不信仰のため死に絶えました)。

③モーセはこの個所で、約束の地に行って自分の目で見たいと主に願いましたが、それは叶いませんでした。主は山の上から約束の地を見せ、
後継者ヨシュアを励まし、
彼を通じて民にその地を受け継がせるように命じたのです。

・・・私たちの地上での人生には、限りがあります。
若い内はまだまだと思っていても、年をとるとその限界がはっきりと見えてくるのです。

モーセはヨシュアを励まし
『次の世代にバトンを渡すために』恵みの歴史と神の律法を民に語り、
民の信仰を励ましました。

なぜなら、共におられる「神の言葉」とそれを受け止める「信仰」さえあれば、
どんな苦しい時代も状況も乗り越えることができるからです。

d0155777_9441655.jpg
・・・あなたは「次の世代の人々」のことを考えていますか?
そしてあなたは「誰」を励まし、
次の世代に「どんな歴史」を語り、
「何」を残すのでしょうか?

人生は一度だけです。
主はあなたの一度しかない「大切な人生」を期待して見ておられます。

私たちは自分の人生を「何のため」に使うのかを考えていきたいのです。
そしてそれらの「大切な仕事」をするために、
主に「知恵と力」が与えられるように祈りたいのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-02-21 09:44 | 2011年2月 | Trackback

2月20日民数記34‐36章『あなたの領域をきよく保つ』

懸賞 2011年 02月 20日 懸賞

『あなたの領域をきよく保つ』
【34:1 【主】はモーセに告げて仰せられた。34:2 「イスラエル人に命じて、彼らに言え。あなたがたがカナンの地に入るとき、あなたがたの相続地となる国、カナンの地の境界は次のとおりである。34:3 あなたがたの南側は、エドムに接するツィンの荒野に始まる。南の境界線は、東のほうの塩の海の端に始まる。34:4 その境界線は、アクラビムの坂の南から回ってツィンのほうに進み、その終わりはカデシュ・バルネアの南である。またハツァル・アダルを出て、アツモンに進む。34:5 その境界線は、アツモンから回ってエジプト川に向かい、その終わりは海である。・・・」】

①主はここで、イスラエル民族が管理する、「カナンの土地」の東西南北の範囲を明確に定めました。
②くじで(神の計画によって)土地が配分され、責任者と各部族のリーダーが立てられました(23:16‐29)。
またその土地は代々その部族が管理したのです。

③そして主は「その境界線の内側」を「聖く保つように」と命じられました(33:55)。

・・・私たちはクリスチャンになっても、この世の様々な人との関わりを持ちます。
しかし私たちの境界線の外側に関して批判する必要はありません。
もし外側を攻撃するならば、ただ無意味な争いだけになります。

しかし境界線の内側に関しては「聖く」保つことが大切なのです。

d0155777_2246950.jpg
・・・私たちの境界線の「内側」に注目し、
その誘惑を追い払い、主に助けて頂いて「聖さ」を保ちましょう(33:55)。

・・・あなたの生活する中で境界線の「内」と「外」はどこまででしょうか? 
主によってあなたの「境界線」を明確にして頂きましょう。

・・・あなたが「内側」を聖く保つ時に、
(誘惑に引きずられずに)、主の祝福の道を歩むことができるのです。
※(大切なことは、あなたの内側に投げられた、または昔からある「悪い言葉」を
「自分のものである」と信じ込まないことです。
あなたには、それを「選択する権利」があるのです)

・・・「内側」の悪いものはいつでも外に出し続けましょう。
これが「聖さ」を保つ秘訣なのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-02-20 00:34 | 2011年2月 | Trackback

2月19日民数記31‐33章『個人の利益と全体の利益』

懸賞 2011年 02月 19日 懸賞

『個人の利益と全体の利益』
【32:16 彼らはモーセに近づいて言った。「私たちはここに家畜のために羊の囲い場を作り、子どもたちのために町々を建てます。32:17 しかし、私たちは、イスラエル人をその場所に導き入れるまで、武装して彼らの先頭に立って急ぎます。私たちの子どもたちは、この地の住民の前で城壁のある町々に住みます。32:18 私たちは、イスラエル人がおのおのその相続地を受け継ぐまで、私たちの家に帰りません。32:19 私たちは、ヨルダンを越えた向こうでは、彼らとともに相続地を持ちはしません。私たちの相続地は、ヨルダンのこちらの側、東のほうになっているからです。」】

①ルベン族とガド族は非常の多くの家畜を持っていました。
そしてヨルダン川の手前に家畜に適した場所を見つけました(32:1)。

②彼らはモーセたちに、
「ヨルダン川を越えてカナンで最前線で戦い、その後にこの地に戻ってきたい」
と願いを語り、許可されました。
彼らは自分たちの利益を願いましたが、全体の利益も忘れませんでした。

・・・神様のチームにとっても個人プレイは危険です。
そこには分裂と不満の危険性があるからです。
モーセはその問題点をはっきりと指摘しました(32:6)。

しかし彼らは「最前線で最後まで戦う」という困難な道を提案し、
認められたのです。

d0155777_1041109.jpg
・・・私たちに個人的な利益がある時、自分のことだけを考えることは良くありません。
その周りに対する影響を考え、判断することは非常に大切なのです。
神様の計画を求めるならば、いつも 「全体の利益」 を考える視点が必要です (1コリ10:24)。

・・・「全体の利益」を追求する中で、「個人の利益」を追求するのです。
神様は全体の益を考えておられますから、
神様に近い心であなたが判断するならば、

その考えは認められ、
非常に祝福されるのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-02-19 10:42 | 2011年2月 | Trackback