カテゴリ:2011年1月( 31 )

懸賞 懸賞

1月31日レビ記1‐3章『自分を全て捧げるいけにえ』

懸賞 2011年 01月 31日 懸賞

『自分を全て捧げるいけにえ』
【1:1 【主】はモーセを呼び寄せ、会見の天幕から彼に告げて仰せられた。1:2 「イスラエル人に告げて言え。もし、あなたがたが【主】にささげ物をささげるときは、だれでも、家畜の中から牛か羊をそのささげ物としてささげなければならない。1:3 もしそのささげ物が、牛の全焼のいけにえであれば、傷のない雄牛をささげなければならない。・・1:4 その人は、全焼のいけにえの頭の上に手を置く。それが彼を贖うため、彼の代わりに受け入れられるためである。・・1:9祭司はこれら全部を祭壇の上で全焼のいけにえとして焼いて煙にする。これは、【主】へのなだめのかおりの火によるささげ物である。」】

①レビ記は、幕屋完成の後、主が祭司の捧げもののために与えられた手引書です。
ここには「全焼のいけにえ」について書かれています。

②頭の上に手を置くとは、捧げた者の家畜とが一体であることを表します。
ですから主への全焼の捧げものは、自分を全て捧げ、燃やし尽くすと言う意味なのです。

・・・新約では、イエス様が犠牲を支払って下さったおかげで、
家畜のいけにえを捧げる必要はなくなりました。
しかし「全焼のいけにえの精神」は受け継がれています。
それは自分の心も体も、自分のすべてでもって神を礼拝することです。

d0155777_1124055.jpg

・・・あなたは神様の前で、神と交わりながらも、心の奥で隠している部分(領域)はないでしょうか?
あなたの心に、自分で握り続け、神様にゆだねていない部分はないでしょうか?
もしそれがあるならば、全焼のいけにえではないのです。

・・・主の前で、心を捧げつくしてお祈りし自分を主に捧げましょう。
全てを捧げつくす礼拝が、あなたに対する「主の願い」なのです (ロマ12:1)。

・・・心からの賛美を主に捧げましょう (へブル13:15)。
そして心から主を愛し、隣人を愛しましょう。

イエス様は
『心を尽くし、知恵を尽くし、力を尽くして主を愛し、また隣人をあなた自身のように愛する』ことは、どんな全焼のいけにえや供え物よりも、ずっとすぐれています(マルコ 12:33)」
と語っておられるからです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-01-31 11:24 | 2011年1月 | Trackback

1月30日出エジプト37‐40章『主が共におられる恵み』

懸賞 2011年 01月 30日 懸賞

『主が共におられる恵み』
【40:16 モーセはそのようにした。すべて【主】が彼に命じられたとおりを行った。40:17 第二年目の第一月、その月の第一日に幕屋は建てられた。・・・40:33 また、幕屋と祭壇の回りに庭を設け、庭の門に垂れ幕を掛けた。こうして、モーセはその仕事を終えた。40:34 そのとき、雲は会見の天幕をおおい、【主】の栄光が幕屋に満ちた。40:35 モーセは会見の天幕に入ることができなかった。雲がその上にとどまり、【主】の栄光が幕屋に満ちていたからである。40:36 イスラエル人は、旅路にある間、いつも雲が幕屋から上ったときに旅立った。40:37 雲が上らないと、上る日まで、旅立たなかった。40:38 イスラエル全家の者は旅路にある間、昼は【主】の雲が幕屋の上に、夜は雲の中に火があるのを、いつも見ていたからである。】

①モーセと民は主の命令である、幕屋建設を短期間で完成しました。
それは主への信仰と情熱のゆえでした。

②幕屋が完成し、主の御臨在によって栄光が幕屋に満ちました。
これは主が共におられる証拠でした。
神の命令に従った時、主は栄光を現して下さいました。
そしてこの栄光の雲に従い続ける時に、
荒野での困難の中にあっても、約束の地へと進むことができたのです。

d0155777_033780.jpg
・・・新約の現在、イエス様が共にいて下さり、主を信じる私たちに聖霊が内住しておられます。
この「主の導き」にいつもお従いすることが大切です。
進む時には進みますが、待たなければならない時は動かないことが大切なのです。

主が私たちの先頭におられ、私たちを導き続けて下さっていることを知りましょう。
イスラエルの民が情熱をもって主に仕えたように、私たちも情熱をもって主を愛しましょう。

新約の現在、異邦人である私(あなた)と、「確かな導き手」の【主】が
共におられることが最高の恵みなのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-01-30 00:33 | 2011年1月 | Trackback

1月29日出エジプト34‐36章『感動した心で、主のために』

懸賞 2011年 01月 29日 懸賞

『感動した心で、主のために』
【35:4 モーセはイスラエル人の全会衆に告げて言った。「これは、【主】が命じて仰せられたことである。・・35:10 あなたがたのうちの心に知恵のある者は、みな来て、【主】が命じられたものをすべて造らなければならない。35:11 幕屋、その天幕と、そのおおい、その留め金とその板、その横木、その柱と、その台座、・・・」
36:2 モーセは、ベツァルエルとオホリアブ、および、【主】が知恵を授けられた、心に知恵のある者すべて、すなわち感動して、進み出てその仕事をしたいと思う者すべてを、呼び寄せた。36:3 彼らは、聖所の奉仕の仕事をするためにイスラエル人が持って来たすべての奉納物をモーセから受け取った。しかしイスラエル人は、なおも朝ごとに、進んでささげるささげ物を彼のところに持って来た。36:4 そこで、聖所のすべての仕事をしていた、知恵のある者はみな、それぞれ自分たちがしていた仕事から離れてやって来て、・・・】

①主はモーセに、十戒を再度与え、主に礼拝するための「幕屋一式」を作るように命じました。
②人々は感動し、喜んで必要なものを捧げ、主の働きのために奉仕をしました。
それはあふれるほどの感動であり、必要はあふれるほど満たされたのです。

・・・人々は感動したもののためには喜んで犠牲を払いました。
これは旧約でも新約でも同じなのです。

私たちも神様のためにいくつかのことをしますが、
それはその意味と目的を知り、喜んで行う犠牲でなければなりません。
d0155777_10104191.jpg
・・・あなたは神様のために行う奉仕がどれほど、偉大なものであることを知っていますか。
人が一人救われ天国に入ることが、どれ程の神様の喜びであり、
素晴らしいことであるかを知っていますか?

私たちが祈り、捧げものをし、人々を救いに導くことの意味を理解しましょう。
幕屋を通じて素晴らしいことが起きたように、
あなたの神様への「喜びの奉仕」を通じて、素晴らしいことが起こるのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-01-29 10:11 | 2011年1月 | Trackback

1月28日出エジプト31‐33章『主が私に与えた使命を果たすために』

懸賞 2011年 01月 28日 懸賞

『主が私に与えた使命を果たすために』
【31:1 【主】はモーセに告げて仰せられた。31:2 「見よ。わたしは、ユダ部族のフルの子であるウリの子ベツァルエルを名ざして召し、31:3 彼に知恵と英知と知識とあらゆる仕事において、神の霊を満たした。・・・
33:12 さて、モーセは【主】に申し上げた。「ご覧ください。あなたは私に、『この民を連れて上れ』と仰せになります。しかし、だれを私といっしょに遣わすかを知らせてくださいません。しかも、あなたご自身で、『わたしは、あなたを名ざして選び出した。あなたは特にわたしの心にかなっている』と仰せになりました。33:13 今、もしも、私があなたのお心にかなっているのでしたら、どうか、あなたの道を教えてください。そうすれば、私はあなたを知ることができ、あなたのお心にかなうようになれるでしょう。この国民があなたの民であることをお心に留めてください。」33:14 すると主は仰せられた。「わたし自身がいっしょに行って、あなたを休ませよう。」】

①主は、モーセをリーダーとして召し、様々な者たちを、働きのために召し出されました。
②主は、彼らの働きをする前から準備していた能力を、彼らから引き出し、特別の働きのために用いられたのです。

・・・新約時代に生まれた私たちも、神様から特別の使命を受けて生かされています。
そしてイエス様が「世の終わりまであなたがたと共にいます」と約束されたように、モーセの時のようにいつも共にいて下さるのです。

・・・あなたの命が偶然でないならば、あなたにはどんな使命が与えられているのでしょうか?
神様を土台として、あなたの人生の目的を考えてみましょう。
d0155777_0563935.jpg
・・・モーセが神の召しに従う中で才能が発揮されたように、
私たちも神様との関係が深まるにつれ、
与えられた才能が磨かれ、
「心」も「思い」も「知力」も強められるのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-01-28 00:57 | 2011年1月 | Trackback

1月27日出エジプト28‐30章『なぜ私たちは主を愛するのか』

懸賞 2011年 01月 27日 懸賞

『なぜ私たちは主を愛するのか』
【29:38 祭壇の上にささげるべき物は次のとおりである。毎日絶やすことなく一歳の若い雄羊二頭。29:39 一頭の若い雄羊は朝ささげ、他の一頭の若い雄羊は夕暮れにささげなければならない。29:40 一頭の若い雄羊には、上質のオリーブ油四分の一ヒンを混ぜた最良の小麦粉十分の一エパと、また注ぎのささげ物として、ぶどう酒四分の一ヒンが添えられる。29:41 もう一頭の若い雄羊は夕暮れにささげなければならない。これには朝の穀物のささげ物や、注ぎのささげ物を同じく添えてささげなければならない。それは、なだめのかおりのためであり、【主】への火によるささげ物である。29:42 これは、【主】の前、会見の天幕の入口で、あなたがたが代々にわたって、絶やすことのない全焼のいけにえである。その所でわたしはあなたがたに会い、その所であなたと語る。29:43 その所でわたしはイスラエル人に会う。そこはわたしの栄光によって聖とされる。】

①私たちの主は、旧約において祭壇を指定通りに作らせ、
特別な犠牲の儀式によって祭司をたてました。
そして祭司に民のため捧げものをさせました。

②この祭司が毎日、朝と夕の「捧げもの」をすることによって、
民は主と出会うことできたのです。
これは大変な犠牲であり、負担です。

③しかし新約時代は、
イエス様によって、
これらのすべての犠牲は支払われ、
私たちは父なる神と親しく交わることができるようになりました。
d0155777_23424058.jpg
・・・この犠牲の価値を全て理解することはできませんが、
あなたのために
どれほど大きな犠牲が捧げられたかを
想像することはできます。

・・・そして「私に与えられた犠牲の価値」が分かるほどに、
私たちは主を愛するようになるのです。

・・・新約では私たちの「心の犠牲」を捧げるのです。
あなたを強く愛し、犠牲を支払われた「あなたの神である主」を
力の限り愛しましょう。

そして(朝と夕に毎日、捧げものをしたように)
感謝と賛美のいけにえを、
今日も捧げましょう。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-01-27 00:01 | 2011年1月 | Trackback

1月26日出エジプト25‐27章『主の願いを行うとは』

懸賞 2011年 01月 26日 懸賞

『主の願いを行うとは』
【25:1 【主】はモーセに告げて仰せられた。25:2 「わたしに奉納物をささげるように、イスラエル人に告げよ。すべて、心から進んでささげる人から、わたしへの奉納物を受け取らなければならない。25:3 彼らから受けてよい奉納物は次のものである。金、銀、青銅、・・・
25:39 純金一タラントで燭台とこれらのすべての用具を作らなければならない。25:40 よく注意して、あなたが山で示される型どおりに作れ。・・・
27:20 あなたはイスラエル人に命じて、燈火用に上質の純粋なオリーブ油を持って来させ、ともしびを絶えずともしておかなければならない。27:21 アロンとその子らは、あかしの箱の前の垂れ幕の外側にある会見の天幕で夕方から朝まで、【主】の前にそのともしびを整えなければならない。これはイスラエル人が代々守るべき永遠のおきてである。】

①この個所で、3つのことを学ぶことができます。

主への捧げものは心から捧げるものであること、
主が命じた通りに燭台(幕屋)を作ること、
そして油を絶やさず灯火を燃やし続ける(祈り続ける)こと、
です。

②新約においても同じ精神で、主の願いを行うことが大切です。

・・・この数日間『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。(マタイ22:37)』を取り上げていますが、
特に知力を尽くすとは、知性を活用して主を愛することです。
それは、神の願うことを知り、それを(祈りの中で)毎日実行することなのです。
・・・祈りは主を愛する原動力です。
d0155777_0423519.jpg
・・・私たちは様々な環境で、
知力を尽くして主の願いを知り、主を愛しましょう。
主を愛することは、人生の土台です。

・・・あなたの置かれている環境で、
主を愛するとは何をすることかを考え、
今日一つでも実行してみましょう。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-01-26 00:43 | 2011年1月 | Trackback

1月25日出エジプト22-24章『主を愛するとは』

懸賞 2011年 01月 25日 懸賞

『主を愛するとは』
【22:20 ただ【主】ひとりのほかに、ほかの神々にいけにえをささげる者は、聖絶しなければならない。22:21 在留異国人を苦しめてはならない。しいたげてはならない。あなたがたも、かつてはエジプトの国で、在留異国人であったからである。 22:22 すべてのやもめ、またはみなしごを悩ませてはならない。22:23 もしあなたが彼らをひどく悩ませ、彼らがわたしに向かって切に叫ぶなら、わたしは必ず彼らの叫びを聞き入れる。・・22:26 もし、隣人の着る物を質に取るようなことをするのなら、日没までにそれを返さなければならない。22:27 なぜなら、それは彼のただ一つのおおい、彼の身に着ける着物であるから。彼はほかに何を着て寝ることができよう。彼がわたしに向かって叫ぶとき、わたしはそれを聞き入れる。わたしは情け深いから。 22:28 神をのろってはならない。また、民の上に立つ者をのろってはならない。】

①昨日も書いたように、イエス様は律法の本質を、
『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。(マタイ22:37)』『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ(38節)』と言われました。

②主を愛するとは、主の願いを自主的に行うことです。

③あなたはどのように主を愛しておられるでしょうか?
今日の個所は、在留外国人や貧しいものに対する主の心遣いが書かれています。
また人々や指導者に対する態度も書かれています。
あなたの人々に対する態度はどのようなものでしょうか?
d0155777_11133647.jpg
・・・私たちは主を愛することを、人生を通じて学ぶのです。
「心を尽くして」「思いを尽くして」「知力を尽くして(最善を考えて)」
あなたを愛して守っておられる、神である主を、愛していきましょう。

それが人生のテーマでもあるのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-01-25 11:14 | 2011年1月 | Trackback

1月24日出エジプト19-21章『モーセの十戒』

懸賞 2011年 01月 24日 懸賞

『モーセの十戒』
【20:2 「わたしは、あなたをエジプトの国、奴隷の家から連れ出した、あなたの神、【主】である。20:3 あなたには、わたしのほかに、ほかの神々があってはならない。20:4 あなたは、自分のために、偶像を造ってはならない。・・・20:5 それらを拝んではならない。それらに仕えてはならない。あなたの神、【主】であるわたしは、ねたむ神、わたしを憎む者には、父の咎を子に報い、三代、四代にまで及ぼし、20:6 わたしを愛し、わたしの命令を守る者には、恵みを千代にまで施すからである。20:7 あなたは、あなたの神、【主】の御名を、みだりに唱えてはならない。・・・20:8 安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ。20:9 六日間、働いて、あなたのすべての仕事をしなければならない。20:10 しかし七日目は、あなたの神、【主】の安息である。・・・」】

①主はモーセに十戒を授けました(今日取り上げた箇所は1‐4戒までです)。
この個所は、神と人との関係について書かれたところです。
神は愛の関係を人とつくるために、戒めを授けました。
(5‐10戒は、人間関係に関することです)

②イエス様は『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。(マタイ22:37)』『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ(38節)』とおっしゃいました。
律法の究極の真理は、神と人を愛する事なのです。

・・・あなたは神を愛しておられますか?
(神に愛されている、ではないことに注意して下さい!)
もしあなたが神を愛しておられるならば、主の十戒を守りたくなるはずです。
d0155777_0132184.jpg
・・・あなたの神様との関係はどのようなものでしょうか?
神に命令されるだけの関係でしょうか。
それとも神を愛する(神の喜ばれることをし続ける)親子の関係ですか? 

あなたの信仰のバロメーターは、あなたが神をどれほど愛しているかどうかで計れるのです。
・・・愛は実行を伴います。
神を愛していることを、私たちの人生通じて示そうではありませんか。

「あなたが神を愛する時」に全てが導かれるのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-01-24 00:15 | 2011年1月 | Trackback

1月23日出エジプト16-18章『毎日、毎日の恵みを覚える』

懸賞 2011年 01月 23日 懸賞

『毎日、毎日の恵みを覚える』
【16:2 そのとき、イスラエル人の全会衆は、この荒野でモーセとアロンにつぶやいた。16:3 イスラエル人は彼らに言った。「エジプトの地で、肉なべのそばにすわり、パンを満ち足りるまで食べていたときに、私たちは【主】の手にかかって死んでいたらよかったのに。事実、あなたがたは、私たちをこの荒野に連れ出して、この全集団を飢え死にさせようとしているのです。」16:4 【主】はモーセに仰せられた。「見よ。わたしはあなたがたのために、パンが天から降るようにする。民は外に出て、毎日、一日分を集めなければならない。これは、彼らがわたしのおしえに従って歩むかどうかを、試みるためである。16:5 六日目に、彼らが持って来た物を整える場合、日ごとに集める分の二倍とする。」・・・16:35 イスラエル人は人の住んでいる地に来るまで、四十年間、マナを食べた。彼らはカナンの地の境に来るまで、マナを食べた。】

①主はイスラエルの民に、荒野にいる40年間、マナを与え続けました。
そして主は、安息日以外は毎日一日分を集めるようにと命じました。
②このことによって、民は毎日主の恵みと奇跡を覚えることができたのです。

③民が主の恵みを覚え、主に従い続けるためには一朝一夕にはできませんでした。
民は安息日にもマナを集めようとし、飲み水がない時には不平を言いました。
④不信仰の民も多くいましたが、
ヨシュア(17:9)のように神の訓練の中で信仰を成長させていった人物もいたのです。
d0155777_23471989.jpg
・・・私たちはどちらの立場でしょうか。
恵みを受けつつも何時もつぶやく民ですか。
それとも恵みを毎日覚えて成長するヨシュアのような人なのでしょうか。

信仰生活は様々なことが起こります。
つぶやきたくなるような状況も何度も経験することでしょう。
しかし当時マナを降らせた主は、今の時代も私たちの必要は備えて下さるお方だと信じましょう。

・・・信仰は積み重ねです。毎日毎日の積み重ねが、
大切な時の信仰の応答の準備なのです。
(ヨシュア【民13章】がそのことを物語っています)。

・・・毎日毎日を大切にしましょう。
足りないことに目を奪われるのではなく、
恵みを見続けるのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-01-23 00:41 | 2011年1月 | Trackback

1月22日出エジプト13-15章『主には道が見えている』

懸賞 2011年 01月 22日 懸賞

『主には道が見えている』
【13:21 【主】は、昼は、途上の彼らを導くため、雲の柱の中に、夜は、彼らを照らすため、火の柱の中にいて、彼らの前を進まれた。彼らが昼も夜も進んで行くためであった。13:22 昼はこの雲の柱、夜はこの火の柱が民の前から離れなかった。14:1 【主】はモーセに告げて仰せられた。14:2 「イスラエル人に、引き返すように言え。・・・」
14:10 パロは近づいていた。それで、イスラエル人が目を上げて見ると、なんと、エジプト人が彼らのあとに迫っているではないか。イスラエル人は非常に恐れて、【主】に向かって叫んだ。・・・
14:15 【主】はモーセに仰せられた。「なぜあなたはわたしに向かって叫ぶのか。イスラエル人に前進するように言え。14:16 あなたは、あなたの杖を上げ、あなたの手を海の上に差し伸ばし、海を分けて、イスラエル人が海の真ん中のかわいた地を進み行くようにせよ。」】

①主はエジプト脱出の後、昼は雲の柱、夜は火の柱で民を導きました。
しかし民の「迷いやすい心」をよく御存じであった神は、
一番ふさわしい道へと民を導いたのでした。

②神の導いたのは、前は海であり後ろには敵の兵隊が襲い来る、
絶体絶命の状況でした。
民もモーセも主に叫びますが、
主は見えない海の道を、前進するようにと語られたのです。

③主が命じた通りモーセが杖を伸ばすと、
海が分かれ道ができ、
民は無事に渡ることができました。
しかし敵はおぼれ死にました。

④これらの奇跡を見て、民は主の偉大な力を畏れ、
モーセを信じたのです(14:31)。

・・・主は私たちと共におられ、奇跡を行う力を持たれた神です。
そして主は道無きところに道を作られるお方なのです。
しかし、道は主には見えていますが、私たちには見えていないことが多いのです。
d0155777_1251347.jpg
・・・道を戻るように見えても、主に導きの中で歩んでいるならば、
その先に道が続いていることを、信じましょう。
そして主と共に、前進しましょう。

・・・主は私たちの守り(14:20)、
私たちがゴールまで進むように、
昼も夜も導いて下さる神なのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-01-22 12:51 | 2011年1月 | Trackback