10月19日イザヤ50-51章 1テモテ5章

懸賞 2017年 10月 19日 懸賞

『主は救い出す力を持っておられる』

【イザヤ50:2 なぜ、わたしが来たとき、だれもおらず、わたしが呼んだのに、だれも答えなかったのか。わたしの手が短くて贖うことができないのか。わたしには救い出す力がないと言うのか。見よ。わたしは、しかって海を干上がらせ、多くの川を荒野とする。その魚は水がなくて臭くなり、渇きのために死に絶える。50:3 わたしは天をやみでおおい、荒布をそのおおいとする。」】




『隠れたものも明らかになる』

【Ⅰテモテ5:24 ある人たちの罪は、それがさばきを受ける前から、だれの目にも明らかですが、ある人たちの罪は、あとで明らかになります。5:25 同じように、良い行いは、だれの目にも明らかですが、そうでない場合でも、いつまでも隠れたままでいることはありません。】

①罪は、すぐに明らかになる罪もあれば、後で明らかになる罪もあります。
同じように、善行も隠れていたとしても、いつかは明らかになるのです。
ですから罪は避け、善行に努めましょう。
人は見ていない時がありますが、主はすべて見ておられるのですから。



20171019


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-10-19 05:29 | 2017年 | Trackback

10月18日イザヤ48-49章 1テモテ4章

懸賞 2017年 10月 18日 懸賞

『幸せを与える主』

【イザヤ48:17 あなたを贖う【主】、イスラエルの聖なる方はこう仰せられる。「わたしは、あなたの神、【主】である。わたしは、あなたに益になることを教え、あなたの歩むべき道にあなたを導く。
48:18 あなたがわたしの命令に耳を傾けさえすれば、あなたのしあわせは川のように、あなたの正義は海の波のようになるであろうに。48:19 あなたの子孫は砂のように、あなたの身から出る者は、真砂のようになるであろうに。その名はわたしの前から断たれることも、滅ぼされることもないであろうに。」】




『敬虔と成熟』

【Ⅰテモテ4:7 俗悪で愚にもつかぬ空想話を避けなさい。むしろ、敬虔のために自分を鍛練しなさい。
4:8 肉体の鍛練もいくらかは有益ですが、今のいのちと未来のいのちが約束されている敬虔は、すべてに有益です。4:9 このことばは、真実であり、そのまま受け入れるに値することばです。
4:16 自分自身にも、教える事にも、よく気をつけなさい。あくまでそれを続けなさい。そうすれば、自分自身をも、またあなたの教えを聞く人たちをも救うことになります。】

①敬虔とは、神を信じる姿勢・態度を現す言葉です。
知識で知っていても、生き方が真実(誠実)でなければ、敬虔とは言えないのです。

自分自身に教えることをし続けましょう。
知っていることが、敬虔を伴なう時に、
人は成熟し、人の救いを助けることができるのです。





20171018


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-10-18 05:10 | 2017年 | Trackback

10月17日イザヤ46-47章 1テモテ3章

懸賞 2017年 10月 17日 懸賞

『生まれる前から知り、年をとっても支えて下さる主』

【イザヤ46:3 わたしに聞け、ヤコブの家と、イスラエルの家のすべての残りの者よ。胎内にいる時からになわれており、生まれる前から運ばれた者よ。46:4 あなたがたが年をとっても、わたしは同じようにする。あなたがたがしらがになっても、わたしは背負う。わたしはそうしてきたのだ。なお、わたしは運ぼう。わたしは背負って、救い出そう。】
『真理と敬虔』

【Ⅰテモテ3:15神の家とは生ける神の教会のことであり、その教会は、真理の柱また土台です。3:16 確かに偉大なのはこの敬虔の奥義です。「キリストは肉において現れ、霊において義と宣言され、御使いたちに見られ、諸国民の間に宣べ伝えられ、世界中で信じられ、栄光のうちに上げられた。」】

①教会の柱・土台は、真理です。
イエス様は「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。(ヨハネ14:6)」と言われました。
真理(キリストご自身)を土台にしていることが大切なのです。

また私たちが、ごまかさずに生きる(真実な)姿勢も大切です。
その結果、神を敬う「敬虔さ」へとつながるのです。


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-10-17 05:04 | 2017年 | Trackback

10月16日イザヤ42-45章  1テモテ1-2章

懸賞 2017年 10月 16日 懸賞

『新しいことを成される主』

【イザヤ43:18 先の事どもを思い出すな。昔の事どもを考えるな。43:19 見よ。わたしは新しい事をする。今、もうそれが起ころうとしている。あなたがたは、それを知らないのか。確かに、わたしは荒野に道を、荒地に川を設ける。】




『すべての人が救われることを願う主』

【Ⅰテモテ2:4 神は、すべての人が救われて、真理を知るようになるのを望んでおられます。2:5 神は唯一です。また、神と人との間の仲介者も唯一であって、それは人としてのキリスト・イエスです。2:6 キリストは、すべての人の贖いの代価として、ご自身をお与えになりました。これが時至ってなされたあかしなのです。】

①主は全ての人が救われることを願っておられます。
そして真理を知ることを願われているのです。
大切なことは、私たちが「主の心」をどれだけ受け止めているかという点なのです。

・・・あなたは「大切な周りの人々」が「救われること」を願っていますか。
救いのためにぜひ祈りましょう。
そしてあなた自身は益々「真理を知ること」を益々願いましょう。
これはただ「知識」として表面的に知るという意味ではなく、
「生活の中で活用できる知識」として、自分のものにする、という意味なのです。




20171016


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-10-16 05:03 | 2017年 | Trackback

10月14日イザヤ40-41章 テトス3章

懸賞 2017年 10月 14日 懸賞

『主の約束の言葉』

【イザヤ40:28 あなたは知らないのか。聞いていないのか。【主】は永遠の神、地の果てまで創造された方。疲れることなく、たゆむことなく、その英知は測り知れない。40:29 疲れた者には力を与え、精力のない者には活気をつける。40:30 若者も疲れ、たゆみ、若い男もつまずき倒れる。40:31 しかし、【主】を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない。

41:10 恐れるな。わたしはあなたとともにいる。たじろぐな。わたしがあなたの神だから。わたしはあなたを強め、あなたを助け、わたしの義の右の手で、あなたを守る。】



『十字架による救いと聖め』

【テトス3:2 また、だれをもそしらず、争わず、柔和で、すべての人に優しい態度を示す者とならせなさい。3:3私たちも以前は、愚かな者であり、不従順で、迷った者であり、いろいろな欲情と快楽の奴隷になり、悪意とねたみの中に生活し、憎まれ者であり、互いに憎み合う者でした。3:4 しかし、私たちの救い主なる神のいつくしみと人への愛とが現れたとき、3:5 神は、私たちが行った義のわざによってではなく、ご自分のあわれみのゆえに、聖霊による、新生と更新との洗いをもって私たちを救ってくださいました。】

①私たちは、どれ程正しいことをしている人間であっても、
心の中をすべて見られたならば、「隠したくなるような心」があると言わなければなりません。
神様はそれらをすべて見ておられます。
その上で、十字架の贖いによって「赦し聖め」て下さっているのです。




20171014


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-10-14 05:02 | 2017年 | Trackback

10月13日イザヤ38-39章 テトス1-2章

懸賞 2017年 10月 13日 懸賞

『祈りを聞かれる神』

【イザヤ38:1 そのころ、ヒゼキヤは病気になって死にかかっていた。そこへ、アモツの子、預言者イザヤが来て、彼に言った。「【主】はこう仰せられます。『あなたの家を整理せよ。あなたは死ぬ。直らない。』」38:2 そこでヒゼキヤは顔を壁に向けて、【主】に祈って、38:3 言った。「ああ、【主】よ。どうか思い出してください。私が、まことを尽くし、全き心をもって、あなたの御前に歩み、あなたがよいと見られることを行ってきたことを。」こうして、ヒゼキヤは大声で泣いた。38:4 そのとき、イザヤに次のような【主】のことばがあった。38:5 「行って、ヒゼキヤに告げよ。あなたの父ダビデの神、【主】は、こう仰せられます。『わたしはあなたの祈りを聞いた。あなたの涙も見た。見よ。わたしはあなたの寿命にもう十五年を加えよう。』」】




『イエス様の教えにふさわしい言葉を話す』

【テトス2:1 しかし、あなたは健全な教えにふさわしいことを話しなさい。2:2 老人たちには、自制し、謹厳で、慎み深くし、信仰と愛と忍耐とにおいて健全であるように。2:3 同じように、年をとった婦人たちには、神に仕えている者らしく敬虔にふるまい、悪口を言わず、大酒のとりこにならず、良いことを教える者であるように。2:4 そうすれば、彼女たちは、若い婦人たちに向かって、夫を愛し、子どもを愛し、2:5 慎み深く、貞潔で、家事に励み、優しく、自分の夫に従順であるようにと、さとすことができるのです。それは、神のことばがそしられるようなことのないためです。2:6 同じように、若い人々には、思慮深くあるように勧めなさい。】




20171013


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-10-13 05:00 | 2017年 | Trackback

10月12日イザヤ35-37章 ヘブル13章

懸賞 2017年 10月 12日 懸賞

『ヒゼキヤの祈りに応える神』

【イザヤ37:1 ヒゼキヤ王は、これを聞いて、自分の衣を裂き、荒布を身にまとって、【主】の宮に入った。37:2彼は、宮内長官エルヤキム、書記シェブナ、年長の祭司たちに荒布をまとわせて、アモツの子、預言者イザヤのところに遣わした。37:3 彼らはイザヤに言った。「ヒゼキヤはこう言っておられます。『きょうは、苦難と、懲らしめと、侮辱の日です。子どもが生まれようとするのに、それを産み出す力がないのです。37:4 おそらく、あなたの神、【主】は、ラブ・シャケのことばを聞かれたことでしょう。彼の主君、アッシリヤの王が、生ける神をそしるために彼を遣わしたのです。あなたの神、【主】は、その聞かれたことばを責められますが、あなたはまだいる残りの者のため、祈りをささげてください。』」】

①ヒゼキヤは、強国アッシリアから脅迫を受けた時、主にすがり、主に懇願しました。
主は、預言者イザヤを通じて、「わたしは助ける」と伝え、実際に主は助けて下さったのです。

②主は私たちの状況を知り、叫びを聞いておられる神です。
どれほど、問題が大きくても、主は解決することができるお方なのです。
そして祈り続ける中で、誰もが納得をするしるしが与えられ、
主の素晴らしさを私たちは、ほめたたえるようになるのです。

しかし最も大切なことは、
信じて祈り続ける、ヒゼキヤのような人がいるということです。




『天国を意識して生きる』

【ヘブル13:14 私たちは、この地上に永遠の都を持っているのではなく、むしろ後に来ようとしている都を求めているのです。13:15 ですから、私たちはキリストを通して、賛美のいけにえ、すなわち御名をたたえるくちびるの果実を、神に絶えずささげようではありませんか。13:16 善を行うことと、持ち物を人に分けることとを怠ってはいけません。神はこのようないけにえを喜ばれるからです。13:17 あなたがたの指導者たちの言うことを聞き、また服従しなさい。この人々は神に弁明する者であって、あなたがたのたましいのために見張りをしているのです。ですから、この人たちが喜んでそのことをし、嘆いてすることにならないようにしなさい。そうでないと、あなたがたの益にならないからです。】




20171012


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-10-12 04:53 | 2017年 | Trackback