8月13日詩篇94-98篇  ローマ5:12-21

懸賞 2017年 08月 13日 懸賞

『創造主の主権』

【詩97:10 【主】を愛する者たちよ。悪を憎め。主は聖徒たちのいのちを守り、悪者どもの手から、彼らを救い出される。97:11 光は、正しい者のために、種のように蒔かれている。喜びは、心の直ぐな人のために。97:12 正しい者たち。【主】にあって喜べ。その聖なる御名に感謝せよ。】

①神は平等であり、善は評価され、悪は裁かれます。
ですから私たちは「悪を憎む」のです。



『罪の増し加わるところ、恵みも満ちる』

【ロマ5:18 こういうわけで、ちょうどひとりの違反によってすべての人が罪に定められたのと同様に、ひとりの義の行為によってすべての人が義と認められ、いのちを与えられるのです。5:19 すなわち、ちょうどひとりの人の不従順によって多くの人が罪人とされたのと同様に、ひとりの従順によって多くの人が義人とされるのです。5:20 律法が入って来たのは、違反が増し加わるためです。しかし、罪の増し加わるところには、恵みも満ちあふれました。】

①人類始祖アダムの違反により、「すべての人が罪人」となりました。
どんなに立派な人にも「罪」があるのです。
しかしキリストの恵みは、すべての人の「すべての罪が赦される」のです。
これが究極の恵みなのです。

②罪が大きい程、赦される恵みは大きいのです。
それを素直に受ける信仰があれば、その人の恵みとなるのです。




20170813


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-08-13 05:13 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/25287878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 8月14日詩篇99-101篇 ...   8月12日詩篇90-93篇 ロ... >>