7月31日詩篇52-55篇 2コリント7:2-16

懸賞 2017年 07月 31日 懸賞

『主は助けて下さる(ダビデ)』

【詩55:16 私が、神に呼ばわると、【主】は私を救ってくださる。55:17 夕、朝、真昼、私は嘆き、うめく。すると、主は私の声を聞いてくださる。55:18 主は、私のたましいを、敵の挑戦から、平和のうちに贖い出してくださる。私と争う者が多いから。・・・
55:22 あなたの重荷を【主】にゆだねよ。主は、あなたのことを心配してくださる。主は決して、正しい者がゆるがされるようにはなさらない。】

①ダビデは、12-15節で親しい者からの裏切りの痛みを告白しています。
主はそんなダビデを助けられました。
主は正しいものを助けて下さるお方なのです。



『御心に添った悲しみ』

【Ⅱコリ7:10 神のみこころに添った悲しみは、悔いのない、救いに至る悔い改めを生じさせますが、世の悲しみは死をもたらします。7:11 ご覧なさい。神のみこころに添ったその悲しみが、あなたがたのうちに、どれほどの熱心を起こさせたことでしょう。また、弁明、憤り、恐れ、慕う心、熱意を起こさせ、処罰を断行させたことでしょう。あの問題について、あなたがたは、自分たちがすべての点で潔白であることを証明したのです。】

①悲しみには、神の御心に添ったものと、そうでないもの(世の悲しみ)があります。
聖霊に導かれ「悔い改め」を伴う悲しみは、その人を神に近づけ、成長(成熟)させるのです。
これが御心に添った悲しみです。

しかし自我を主張し、自分の思い通りにならない悲しみで終わるならば、
それは益にはならないのです。

②あなたの悲しみはどちらになりますか。
主に祈りましょう。聖霊に触れて頂きましょう。
主は様々な問題の上に「主の御計画」を持っておられるのです。

祈り、信仰の目で現実と将来を見つめましょう。
「信仰で見て」、「信仰で歩む」ならば、すべて良い方向に導かれるのです。






20170731


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-07-31 05:33 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/25117671
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 8月1日詩篇56-59篇 2コ...   7月30日詩篇49-51篇 2... >>