7月18日詩編11-16篇 1コリント10:14-11:1

懸賞 2017年 07月 18日 懸賞

『悪い状況下での祈り(ダビデ)』

【詩 12:4 彼らはこう言うのです。「われらはこの舌で勝つことができる。われらのくちびるはわれらのものだ。だれが、われらの支配者なのか。」12:5 【主】は仰せられる。「悩む人が踏みにじられ、貧しい人が嘆くから、今、わたしは立ち上がる。わたしは彼を、その求める救いに入れよう。」12:6 【主】のみことばは混じりけのないことば。土の炉で七回もためされて、純化された銀。12:7 あなたが、【主】よ、彼らをお守りになります。あなたはこの時代からとこしえまでも彼らを保たれます。】

①ダビデは、悪が多い現状を、歎き、主に訴えました。
悪を行う人は、高慢で他を見下しています。
そして善人を踏みにじるのです。

②しかし悩む人を主は助けて下さいます。
そして守って下さるのです。

・・・私たちは、主に喜ばれる側にいるのか、そうでない側にいるのか、が大切です。
主にへりくだりましょう。
主に近づきましょう。
あなたは主に近づく人であれば、主はあなたを助けられるのです。




『どのように生きるのか』

【Ⅰコリント 10:23 すべてのことは、してもよいのです。しかし、すべてのことが有益とはかぎりません。すべてのことは、してもよいのです。しかし、すべてのことが徳を高めるとはかぎりません。10:24 だれでも、自分の利益を求めないで、他人の利益を心がけなさい。・・・
10:31 こういうわけで、あなたがたは、食べるにも、飲むにも、何をするにも、ただ神の栄光を現すためにしなさい。10:32 ユダヤ人にも、ギリシヤ人にも、神の教会にも、つまずきを与えないようにしなさい。10:33 私も、人々が救われるために、自分の利益を求めず、多くの人の利益を求め、どんなことでも、みなの人を喜ばせているのですから。11:1 私がキリストを見ならっているように、あなたがたも私を見ならってください。】

①パウロは、すべてのことをしても良いが、皆の益となることを求めなさい、と命じました。
そして神の栄光を考えて行動しなさい、と命じたのです。
そしてキリストを見習いなさい、とも命じたのです。
パウロは、その様に生き、人々にも勧めました。

・・・一般に人々は「自分の利益を優先」して行動します。
しかしクリスチャンは、違う価値観で生きるのです。
それは「皆の益の為」「神の栄光の為」です。





20170718


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-07-18 05:22 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/24942074
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 7月19日詩編17-18篇 1...   7月17日詩編7-10篇 1コ... >>