7月17日詩編7-10篇 1コリント10:1-13

懸賞 2017年 07月 17日 懸賞

『不当に扱かわれた人の祈り(ダビデ)』

【詩7:8 【主】は諸国の民をさばかれる。【主】よ。私の義と、私にある誠実とにしたがって、私を弁護してください。7:9 どうか、悪者の悪があとを絶ち、あなたが正しい者を堅く立てられますように。正しい神は、心と思いを調べられます。7:10 私の盾は神にあり、神は心の直ぐな人を救われる。7:11 神は正しい審判者、日々、怒る神。7:12悔い改めない者には剣をとぎ、弓を張って、ねらいを定め、7:13 その者に向かって、死の武器を構え、矢を燃える矢とされる。】

①この詩もダビデの祈りです。
ダビデは「主は正しいお方」であると知っていました。
そして、主によって、正しい人は守られ、
主の計画に反発し続ける人には、正しい裁きが起きることを知っており、
その実現を祈ったのです。
主の義が実現することは、信仰者の願いなのです。



『試練と同時に、脱出の道がある』

【Ⅰコリント10:7 あなたがたは、彼らの中のある人たちにならって、偶像崇拝者となってはいけません。聖書には、「民が、すわっては飲み食いし、立っては踊った」と書いてあります。
10:12 ですから、立っていると思う者は、倒れないように気をつけなさい。10:13 あなたがたの会った試練はみな人の知らないものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを、耐えられないほどの試練に会わせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます。10:14 ですから、私の愛する者たちよ。偶像礼拝を避けなさい。】

①パウロは主によって、「耐えられない試練はない」
「試練と同時に脱出の道がある」、と語りました。

しかし気をつけなければならないことがあります。
それは偶像礼拝です。
偶像礼拝とは、神ではないものに頼り、執着することです。
神ではないもの(自分の欲やお金、名誉など)を一番として、
神に従うことを「放棄すること」が偶像礼拝の大きな罪なのです。

・・・偶像を取り除きましょう。
主に従いましょう。
そうすれば、脱出の道を通り、試練を乗り越え、
「すべてが益となる」恵みを受け取ることができるのです。





20170717


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-07-17 05:21 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/24926234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 7月18日詩編11-16篇 1...   7月16日詩編1-6篇 1コリ... >>