7月14日ヨブ36-39章 1コリント7章

懸賞 2017年 07月 14日 懸賞

『求めていた主に、ようやく出会えたヨブ』

【ヨブ 38:1 【主】はあらしの中からヨブに答えて仰せられた。38:2 知識もなく言い分を述べて、摂理を暗くするこの者はだれか。38:3 さあ、あなたは勇士のように腰に帯を締めよ。わたしはあなたに尋ねる。わたしに示せ。38:4 わたしが地の基を定めたとき、あなたはどこにいたのか。あなたに悟ることができるなら、告げてみよ。38:5 あなたは知っているか。だれがその大きさを定め、だれが測りなわをその上に張ったかを。】

①エリフの言葉を通じて、ヨブは嵐の中で神の言葉を聞く、備えができたと思われます。
ヨブは、心から願っていた「主とお会いすること」ができたのです。

②この時、主は、ヨブの質問に直接答えられた訳ではなく、
天でおきていた神とサタンとのやり取りを説明した訳でもありません。
ただ主の愛と憐みを現し、御臨在をもって直接語られたのです。
ヨブはこのことによって「深い満足」を得るのです。

③主の答えは、必ずしも理性的に納得できるものではないのです。
最も大切なことは「神の御臨在の確かさ」であり、
「神と良い関係にあること」なのです。

ヨブは混乱し、絶望し、文句を言うように見えても、
実は最後まで神を求め、訴え続けたのです。

・・・求める者は、受けるのです。
この真理はいつも変わらないのです。





『大事なことは、主の命令を守ること』

【Ⅰコリ7:17 ただ、おのおのが、主からいただいた分に応じ、また神がおのおのをお召しになったときのままの状態で歩むべきです。私は、すべての教会で、このように指導しています。7:18 召されたとき割礼を受けていたのなら、その跡をなくしてはいけません。また、召されたとき割礼を受けていなかったのなら、割礼を受けてはいけません。7:19 割礼は取るに足らぬこと、無割礼も取るに足らぬことです。重要なのは神の命令を守ることです。
7:22 奴隷も、主にあって召された者は、主に属する自由人であり、同じように、自由人も、召された者はキリストに属する奴隷だからです。7:23 あなたがたは、代価をもって買われたのです。人間の奴隷となってはいけません。7:24 兄弟たち。おのおの召されたときのままの状態で、神の御前にいなさい。】

①使徒パウロは、召された状態で歩むこと、
大事なことは神の命令を守ること、であると伝えました。
パウロは7章で結婚のことについて語っています。
(主の命令としてよく読まれたらよろしいかと思います)

②私たちは主のものです。
主の所有なのです。
ですから自分の命や人生が「自分のもの」と思い込んではいけません。
主から与えられたものであり、地上の生活で「主に従うように」託されたものなのです。







20170714


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-07-14 05:40 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/24874201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 7月15日ヨブ40-42章 1...   7月13日ヨブ32-35章 1... >>