6月24日エズラ9-10章 ルカ22:1-38

懸賞 2017年 06月 24日 懸賞

『一人の悔い改めが・・・』

【エズラ9:3 私はこのことを聞いて、着物と上着を裂き、髪の毛とひげを引き抜き、色を失ってすわってしまった。9:4捕囚から帰って来た人々の不信の罪のことで、イスラエルの神のことばを恐れている者はみな、私のところに集まって来た。私は夕方のささげ物の時刻まで、色を失ってじっとすわっていた。・・・10:1 エズラが神の宮の前でひれ伏し、涙ながらに祈って告白しているとき、イスラエルのうちから男や女や子どもの大集団が彼のところに集まって来て、民は激しく涙を流して泣いた。】

①エズラは、民の不信仰と主の願いに反している行為を聞いて、
色を失い、茫然とし、心から主に「お詫び」をしました。

そのエズラの信仰を見て、多くの人々が共感しました。
そして民族全体の悔い改めへと、異教との決別へと導かれたのです。

・・・一人の悔い改めも、他の人々に影響を与えます。
一人の人物の「本気の悔い改め」が民族全体に影響することがあるのです。

私たちは「現実を直視」しましょう。
そして良くないことは良くないと認めて、主に「真心から」祈りましょう。

主はあなたの祈りを用い、
あなたな環境を、善へと導びこうとされているのです。





『失敗は赦される』

【ルカ22:31 シモン、シモン。見なさい。サタンが、あなたがたを麦のようにふるいにかけることを願って聞き届けられました。22:32 しかし、わたしは、あなたの信仰がなくならないように、あなたのために祈りました。だからあなたは、立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。」22:33 シモンはイエスに言った。「主よ。ごいっしょになら、牢であろうと、死であろうと、覚悟はできております。」22:34 しかし、イエスは言われた。「ペテロ。あなたに言いますが、きょう鶏が鳴くまでに、あなたは三度、わたしを知らないと言います。」】

①イエス様は、ペテロの気持ちを知ると同時に、
「ペテロの本当の姿」をご存知でした。
そしてこれからペテロが経験することを「知っておられて」、
その上でとりなし祈られたのです。

②私たち人間は、実は「自分のことを良く分かっていない」のです。
余裕のある時には「できるつもり」でも、
究極に追い詰められた時には「どのような行動をするのか」を分かっていないのです。
しかしイエス様は、そのすべてを知っておられます。

・・・イエス様のとりなしの祈りを感謝しましょう。
その導きを「拒否さえしなければ」
私たちは「主の願いの方向」に進むことができるのです。
失敗は赦されるのです。








20170624


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-06-24 05:45 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/24598125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 6月25日ネヘミヤ1-3章 ル...   6月23日エズラ7-8章 ルカ... >>