6月19日2歴代33-34章 ルカ19:1-27

懸賞 2017年 06月 19日 懸賞

『悔い改める時に、素直に悔い改める恵み』

【Ⅱ歴代34:18 ついで、書記シャファンは王に告げて、言った。「祭司ヒルキヤが私に一つの書物を渡してくれました。」そして、シャファンは王の前でそれを朗読した。34:19 王は律法のことばを聞いたとき、自分の衣を裂いた。・・・
34:32 彼はエルサレムとベニヤミンにいるすべての者を堅く立たせた。エルサレムの住民は、その父祖の神である神の契約に従って行動した。34:33 ヨシヤはイスラエル人の全地から、忌みきらうべきものを除き去り、イスラエルにいるすべての者を、その神、【主】に仕えさせた。彼の生きている間、彼らはその父祖の神、【主】に従う道からはずれなかった。】

①ヨシヤ王は、8歳で王になり、16歳からダビデの神に求め始めた、純粋な王でした。

25歳の頃、神殿で「モーセの律法の書」が発見されました。
彼はその律法の言葉を知り、
自分たちが神様の願っていない状態であったことに気がついて、深く悔い改めました。
そして主の願いを益々し続けたのです。

③気がついた時に「悔い改めること」が、自然な悔い改めです。
反対に、悔い改める時に「頑なになること」は、「避けなければならない」のです。

・・・主の言葉を求めましょう。
聖霊によって示された「自分と自分たちの罪」を「素直に悔い改め」ましょう。
主は、悔い改めるものを赦し、癒し、特別な方法で、導かれるのです。
それが信仰者の受ける恵みなのです。




『与えられてものを活用する人の、恵み』

【ルカ19:24 そして、そばに立っていた者たちに言った。『その一ミナを彼から取り上げて、十ミナ持っている人にやりなさい。』19:25 すると彼らは、『ご主人さま。その人は十ミナも持っています』と言った。19:26 彼は言った。『あなたがたに言うが、だれでも持っている者は、さらに与えられ、持たない者からは、持っている物までも取り上げられるのです。』】

①イエス様は、ミナの例えで、持っている者はさらに与えられ、
持っていない者は持っている物までも取り上げられる、と言われました。

②持っている者は、益々与えられるのです。
主人から預かったものを「上手に活用している者」は、益々託されるのです。

・・・あなたは自分が与えられているものを、活用していますか。
主は良い神、努力する人を見て下さるお方です。
恐ろしい神ではないのです。

ですから、失敗を恐れることなく「主から頂いたもの」を用いで、
神様に喜ばれるように「活用して」いきましょう。

あなたが活用すればするほど、
主はあなたに多くの物を任せて下さるのです。




20170619


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-06-19 05:23 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/24515312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 6月20日2歴代35-36章 ...   6月18日2歴代31-32章 ... >>